もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         現行のラーメン二郎直系全41店舗5周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: ラーメン二郎 前橋千代田町店

1月6日のことです。

第5章 〜完〜‼️

年明け外ラー初日にして3軒目の。

FullSizeRender

こちらへ💨💨💨

関連ランキング:ラーメン | 中央前橋駅城東駅



いやね。

前橋駅前のロータリーを抜けてケヤキ通りを歩いている時は、確かにひんやりと寒いことは寒いのですが予想していた北風ぴゅーぴゅーとはなっていなかったので、正直言って元グンマー民としては拍子抜けしたのも束の間……

その先の5叉路にぶち当たって建物の連なりが切れると……

キタ〜〜❗️❗️❗️❗️❗️

けっこう強烈な赤城おろし空っ風かって奴が(^_^;)

思わず手袋をしていた手をさらにポケットに突っ込みました🥶🥶🥶🥶🥶

普段はバランス感覚やアレなので恐くてポケットに手を突っ込むという行為はしませんが、とにかく無意識の条件反射で自衛の動きが発動しましたwww  

そんなことがありつつ夜の部開店前の到着で2番目に接続しました。

その後、開店10分ほど前になると並びが伸びて定時に開店します。

購入したメニュー

FullSizeRender

購入したのは。

FullSizeRender

大豚ラーメン。

食券提出時に100円を添えて『麺増し』を申請しました👍

淡々とオペレーションが進みトッピング伺いに『ニンニクで』とコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

横からもド〜〜ン‼️

それではさっそく。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

FullSizeRender

野菜は野菜クタで透明脂が絡まり甘さを強めに感じます😋

スープ

FullSizeRender

スープはそこそこに乳化していて、こちらの麺丼の方も透明脂がしっかりと入っています。

FullSizeRender

豚は、真ん中上の塊豚が筋張っていましたが硬いとか噛みきれないとかは無く、セーフでした👍

他はホロホロで当たりな奴😋😋😋

天地返し&麺

FullSizeRender

麺は平打ちなのですが気持ちふっくらと厚めでした。

前回はもう少し扁平だったので微妙ですがマイナーチェンジをしているのかな?

FullSizeRender

啜るとややパツンとしていて野猿系統の雰囲気を感じる麺で、このタイプも美味しいですね😋😋😋

そんなこんなで。

FullSizeRender

完食〜〜‼️

そこそこな時間を費やして辿り着き、7分で食べ終わる。

『プチ遠征ここにあり』という感じです(^_^;)

ということで無事に。

㊗️直系二郎全41店舗5周目制覇㊗️

と相成り候😃


宣言が出る前になんとか青春18きっぷを消化でしました。とさ。


ちなみにこれ以上の周回は考えていません。

やはり最大の難関は札幌二郎ですね。

以前は頼みの綱であるLCC航空会社のバニラエアがあり会員登録をしてメルマガを受信できるようにしておくと、定期的にあるセール情報にて格安で航空チケットをゲットできていました。

ちなみにセールだと成田〜新千歳間が片道1,980円で購入できていました。

それがPeach Airと経営統合(実質的には吸収されたのかな?)となってしまい、Peachも安いことは安いのですが、さすがにバニラエアほどの値段ではないのと、やはり札幌二郎が大ラーメンの提供を廃止したというのが大きいですかね(^_^;)

さすがにあそこまで行って小ラーメンを啜るってのもwww

今後はやはり新店舗がオープンしたら、とりあえず5回は行くという感じかな?


まぁ予定は未定ということで、どうなるかは分かりませんが。



ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月22日のことです。


手袋が必要なほどの凍てつき具合の中。

ラス前な✨

FullSizeRender

こちらへ💨💨💨

関連ランキング:ラーメン | 中央前橋駅城東駅



開店15分後くらいの到着で、すぐに入店できました😊

購入したメニュー

FullSizeRender

購入したのは。

FullSizeRender

大豚ラーメン+麺増し(現金100円)


アリーナ席に座ってオペを見ているとトッピング伺いがあり『ニンニクアブラで』と、特別な何かがない限り僕のデフォなコールをして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

麺ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

野菜&豚ド〜〜ン‼️


それではさっそく。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

まずは。

FullSizeRender

野菜に背脂を絡めて食べます✨

野菜は中間よりもやや柔らかめな茹で加減でホクホクと美味しいです😋😋😋

それから。

FullSizeRender

トウガラシが無かったので、ブラックペッパーを野菜にかけて食べます👍

当ブログを読んでいただいている方なら分かると思いますが、仙川二郎のステーキ豚以外でラーメンにブラックペッパーをふりかけるのは珍しいことです😅

それには理由かあって、幼少期の頃、母親がとにかくラーメンにコショウをガンガンかける人で、初めて入ったお店でもそれをやっていました💦

僕はそれが嫌で嫌で(^_^;)

そこのラーメンの本来の味なんかそっちのけな感じがして、作った人に失礼なような気がして……

まぁ些細なことっちゃ些細なことなのでしょうが、トラウマ(とは言わないのかな?)のような感じが今だにあります😅


話しを戻して(^_^;)

スープ

FullSizeRender

乳化していて軽くトロミも感じます👍

飲むとショッパさはひかえめで豚出汁が芳醇でグビグビいけちゃうやつですが、そこはホレ。アレがアレなもんで、グッと堪える我慢の子ですわな🤣🤣🤣

続いて。

FullSizeRender

豚は端っこもありボリュームバッチリです👍

ちなみにこれは野菜&豚の丼のものですが、麺丼の方にも分厚いのが2切れ入っており申した😁😁😁

FullSizeRender

ウデ肉独特の凝縮された旨味の濃さがあり、サクサクっという歯切れの良さとホロホロな食感が同居していて旨旨し‼️

そして。

FullSizeRender

縮れの強い平打ち麺は、硬め寄りな茹で加減でグミグミっとした食感で、これはこれで美味しいですね😋😋😋

ってなことで。

FullSizeRender

スープはごめんなさいして完食〜〜‼️

いやはや美味かったです😋😋😋



これにて。


 直系二郎全店4周目制覇‼️  


となりましたでござるの巻〜〜🎊



ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

9月8日のことです。

中1週でまたまた


image

来ちゃった💨💨💨


ということで、春期はコロナが未知のウイルスだったので涙を飲んで中止をしましたが、今現在は、どのようなものかが明るみになってきたので、最大限の感染予防を心掛けながらの青春18きっぷを決行することにしました‼️

行き来する際のすったもんだは、また旅情編にて後から詳述したいと思います😊

ってなわけで。

開店10分後くらいの到着で、店内満席でしたので。

​購入したメニュー

image

食券を先買いして、外で待ちをます。

購入したのは。

image

大豚ラーメン。

外待ちしてから5分程度で店内へ💨

カウンター上段台に食券と現金100円をパチリと置きながら麺増し申請をします👍

その後のトッピング伺いに『ニンニクアブラ』とコールして。

image

着ド〜〜ン‼️

image

麺ド〜〜ン‼️

image

野菜&豚ド〜〜ン‼️


それではさっそく。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

まずは。

image

野菜から。

野菜は中間くらいの茹で加減でホクホクとしていて、トロトロな背脂と相まって美味しいです😋😋😋

​スープ

image

スープは、微乳化から乳化の間……

要するに軽めな乳化で、甘さとショッパさのバランスがいいですね✨✨✨

​豚

image

豚は、分厚いカットのものがゴロリと入っていましたが、いつものことですが僕の撮影技術では伝わらない(^_^;)

image

食べると肉々しいミチミチミチとした食感で、齧るとサクサクと歯切れが良くて、筋張った部分もありましたが、一切硬さは感じませんでした😋😋😋

この部分の火入れが甘いと硬い、いわゆるハズレのものになるのでしょうね。

特に、ミスジ部分がめちゃくちゃ美味かったです😋😋😋

​麺

image

麺は、平打ちの縮れの少なめなウェーブ麺で、硬めな茹で加減でゴリゴリの手前くらいで、例の香ばしい香りがバッチリしていました🍜

ということでズバズバと食べ進めて。

image

完食〜〜‼️

幸せな時間は8分で終了しました✨

ということで次の目的地に向かうべく汗をかきかき前橋駅に戻りました。とさ。


これにて直系二郎全店制覇の旅は3周目に突入しました。


ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ