もるせがの Road to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店5周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: ねいろ屋@荻窪

9月22日のことです。

21日にこのようなツイートがありまして。


FullSizeRender
ラーメンは泣く泣く我慢して。

FullSizeRender

翌日に行っちゃいました。


こちらのお店は開店からラーメンとかき氷を提供していますが、かき氷の提供は平日は14時からで休日は16時からとなっています。

でもって少し早めに行ったのですが店頭に。

FullSizeRender

かき氷目当てで時間前に並ぶのは禁止のようで少し離れたところにあるベンチに腰掛けて時間を潰してから、時間になってからまた戻ります。

時計を見てジャスト16時になってから入店します。
店内はテーブル席が埋まっていてカウンター席がちょうど空になったタイミングでした。

FullSizeRender

定番メニューにも目が行きますが。

アジロンが気になりました。

FullSizeRender

やはり初志貫徹でツイートで見た、橋本梨園の梨のかき氷にしました。

梨は大好物で、市川に住んでいた頃は(←色んなところに住んでるw)、市川大野駅から松戸に抜ける、その名も大町梨街道の街道筋にたくさんの梨農園があり、時期になるとよく梨を買っていました。

ってなことで久々の。

FullSizeRender

ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!


見た目は白一色でただの氷に見えますがさっそく。

いっただきま〜す


店内にメニューと一緒に置いてあるお店のこだわりにも書いてあるように、余計な添加物を使用していないという通り、豊水梨そのものの味が濃厚に感じます。

食べ進めていくと。

FullSizeRender

中側からは賽の目切りの梨の果肉がたっぷり出てきました。

正直言って、かき氷のシロップで梨というのはあまりピンと来ませんが、梨特有のシャリシャリとした食感と氷のシャリシャリとした食感が相性抜群でした。

FullSizeRender

早く食べ進めると頭がキ〜〜ンとなるので、バクバクと早く食べ進めるのを、なんとかかんとか抑えるのに苦労します。

それでも至福のひとときは早く過ぎ去るもので……

FullSizeRender

完食〜〜!


いやはや満足度の高いかき氷でした。

もともと美味しいのにプラスして最近の味の薄い療養食生活のおかげで、味覚が敏感になっているのは間違いないと思います。

やはり他のイチゴやアジロン(ブドウ)のかき氷も気になりますし、店主さんの生まれ故郷の瀬戸内の食材にこだわったラーメンも食べたいのですが、ラーメンの方は年明けまで我慢我慢です(^_^;)




ではでは





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

8月19日のことです。

こちらのお店もいつも店前を通っていて行こう行こうと強く思ったままの。

IMG_4254

おあずけ店でやっと行けたという感じです。

店前はラーメン屋さん! というような大きな看板は無く。

FullSizeRender

写真のように布に刺繍をしたものが掲げられています。
この人は開店15分前の到着で8番目に接続です。

こちらのお店の特徴としては、無添加・無化調で店主さんの故郷である瀬戸内の食材にこだわっています。

そしてもうひとつは、かき氷。

店主さんが直接農園などに行って手摘みをするこだわりよう。

そんなこんなで先日のテレビ放送で数人のかき氷有識者なる方々が決めた、かき氷のランキングでラーメン屋さんにもかかわらず3位に輝くという凄いことに。

そして昨年には神保町にもオープンしており勢いのあるお店です。

その後も後続が伸びつつの開店となりました。

FullSizeRender

水はガラスポットに箸と紙ナプキンはHARIOのビーカーに入っています。

FullSizeRender

ラーメンのメニュー。
お店のこだわりが書かれています。

そして裏面には。

FullSizeRender

かき氷のメニュー。

こちらも季節によってラーメン同様に変動があるようです。

かき氷は終日提供していますが、かき氷のみの注文は16時からという注意書きがツイッターにてアナウンスされています。

FullSizeRender

お店のこだわり。

FullSizeRender

アレルギーについて。

FullSizeRender

壁には剥製風の鹿のぬいぐるみが。

などとキョロキョロしていると。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

アップでド〜〜ン!

FullSizeRender

スープは濁りのない醤油色。

飲むと、口に入れたタイミングで煮干しの風味が先行して押し寄せて来ます。

ラーメンでの煮干し出汁は好き嫌いが分かれるようですが、小さな頃の味噌汁の出汁は煮干しだったので僕はホッとする味です。

スープには、伊吹いりこ・鯵・太刀魚などの煮干しに媛っこ地鶏の出汁を合わせていて、カエシの醤油も天然醸造丸大豆"巽醤しょうゆ"・再仕込みしょうゆ"鶴醤"・いかなご魚醤などをブレンドしているそうです。

スープは鶏感よりも煮干しの魚感が前面に出ている印象でした。

FullSizeRender

鶏チャーシューはうっすらとピンク色をしていて、おそらく低温調理をしているようです。

味染みは極々ソフトなので鶏肉の味がしっかりと感じられます。

FullSizeRender

麺は、中細ストレートの硬めな茹で加減で、プツリと歯切れのいい食感が楽しめます。

ということで。

FullSizeRender

KKでご馳走さまでした!

ラーメン完食後、それほど間を置かずに、かき氷が。

FullSizeRender

ド〜〜ン!

実はお店に来て注文する段までは三温糖スイカのかき氷を食べようと思っていたのですが、メニューを見て「桃」の字に反応して、反射的に桃のかき氷に。

FullSizeRender

こちらも余計なものは入れていないようでダイレクトにが口の中に飛び込んできます。


とにかくネットリと濃厚なシロップは、これまた夏を感じることができます。

ってなことで。

FullSizeRender

完食〜〜!


いやはやラーメンもかき氷も両方美味しくて再訪確定です。

そして次回は三温糖スイカを食べたいと思いました。


そしてラーメンですが、いつも二郎系で化調にどっぷり浸かっているので、たまには無化調なラーメンで舌をリセットするのもいいのかなと。

って、1度無化調ラーメンを食べたからって簡単に味覚がリセットされる訳はないとは思いますが、気持ちの問題で(^_^;)

ではでは




関連ランキング:ラーメン | 荻窪駅


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ