もるせがの Road to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店5周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: 孫作@内幸町

5月6日のことです。
ここのところつけ麺率が高いのですが、この日もつけ麺欲が出てきて、ハテどこに行こうかと思案していたのですが、かといって根性無しのもる蔵は出来ることなら並びが少ない方がいいと考えて。

オフィス街のあそこならゴールデンウィークでもイケるんじゃなかろうかと。

FullSizeRender

いざ逆さ舎鈴の孫作へ

読みは当たったようで昼時をズラしたのも手伝って外待ちは無し。

FullSizeRender

入り口に手彫りと思しき屋号の表札と、その脇に券売機が。

購入したのは。

FullSizeRender

辛つけめんの株主盛り。

店内は6割の客の入りでゆったりとしています。


食券を渡すとまず先に。

FullSizeRender

別皿の辛味がサーブされます。


そして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

FullSizeRender

つけ汁。

大葉(しそ)と一緒に刻んだ鷹の爪がちらしてあります。

まずは。

FullSizeRender

プレーンで。

口に含むと真っ先に茹で卵のようなかん水の香りがして、続いて小麦の香りがします。

かん水の香りが先行して感じられるのは直系二郎では野猿のソレですね。
野猿といえばこのブログでも一時期、麺の感じが変わったと書きましたが、その理由を聞いて納得しました。

話しを戻して。

つけ汁につけて啜ります。

FullSizeRender

デフォの動物系オンリーのつけ汁にほんのりとピリ辛が加わって美味しいです

FullSizeRender

チャーシューは短冊に切ってあり柔らかくて美味しいです

とにかくつけ麺の時はチャーシュー(豚)はこのくらいの付け合わせ程度でオッケ〜オッケ〜ベリ〜オッケ〜です

それから。

FullSizeRender

辛味を投入します

辛いのを加えると他のものが負けちゃうかな? と思いましたが、シッカリとスープの出汁や大葉の風味も感じられてバッチリ旨いです

それから店員さんにスープ割を所望すると。

FullSizeRender

アルマイトな感じの薬缶に入っているスープを席まで持ってきて注いでくれます。

「味が濃かったら言ってください」と言われましたが、ちょうどな塩梅の味になっていて最後の一滴まで味わって。

FullSizeRender

KKゴチッス


いやはや美味しかったです

こちらでは昼の部がつけ麺で夜の部がラーメンを提供するのですが、ラーメンの方も気になっているので次に来る時はラーメンにしようかなと思いながら帰途に着きました。


ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

1月14日のことです。


こちらも前々から行ってみたいなと思っていたところです

六厘舎のサードブランドなお店のようで、セカンドブランドである舎鈴という屋号の看板が逆さまになっています。

サードブランドだから孫作という店名なのかな?

な〜んて言っておりますが僕はラヲタでもなんでもないので大元の六厘舎も行ったことが無いのですが

FullSizeRender

こちらは僕の前の職場から歩いて5分程度のところにあり、なんだか懐かしい。

FullSizeRender

昼の部はつけ麺で夜の部がラーメンを提供しているようです。


定時に店員さんが出てきて入り口隣の引き戸を開けると。


FullSizeRender

タッチパネル式の券売機が。

購入したのは。

FullSizeRender

ねぎつけ(株主)。

店内には店主の三田氏がいました。

そして三田店主が麺〆をして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

FullSizeRender

つけ汁もド〜〜ン!

普通に食券でこの量が購入できる幸せを噛み締めながら。

いっただきま〜す

まずはつけ麺を食べる際のルーチンな。

FullSizeRender

プレーンズルズル。略してプレズル

麺は中太ストレートで水で〆られてシッカリはしているのですがパッツンパッツンというほどではなく、お子ちゃま食道でタートルネックボーイなもるちゃんにはメチャクチャ食べやすいです


FullSizeRender

こんもりと盛られたネギはつけ汁に沈めました。お前も沈めたろか?!



ただ今取り乱してしまったことを深くお詫び申し上げます。


ってなことで。

FullSizeRender

つけ汁に潜らせてズルズル。略してくぐズル

美味い美味い

キツくないショッパさで豚のコクと鷄の粘り気を感じます。

そして。

FullSizeRender

つけ汁丼の底からは、細かな豚とメンマ、それに細かく刻まれた大葉が出てきます

やはりつけ汁も強過ぎない程度に大葉が香り、大好物な僕はテンションが上がります

なので自宅でちゃんこ鍋をやる時に肉団子には大葉マシマシで入れちゃいます


ということで美味い美味いと食べ進めて。

FullSizeRender

完飲完食のKKフィニッシュ!

この幸せは8分で終わったのでありました。

三田店主に「ご馳走さまでした。美味しかったです」と言い、日差しが良く実際の気温より体感温度の高い西新橋の街を後にしました。






ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ