もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店3周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: 麺処ほん田

3月30日のことです。

東十条でのラスト営業!

この日、3月30日をもって店舗移転のため、東十条での最終営業となる。

FullSizeRender

約1年ちょいぶりのこちらへ💨💨💨

こちら麺処ほん田さんは、『麺屋こうじグループ』で修業された店主さんが若干21歳でオープンさせたお店で、2月に12周年を迎えました。

そして、この日3月30日をもって東十条での営業を終えて、4月の中旬に秋葉原の駅近で移転オープンをする予定です。

麺屋こうじグループといえば『中華蕎麦とみ田』『麺屋一燈』など、日本を代表すると言っても過言ではない名店が名を連ねます。

ということで、秋葉原駅から近いということは僕の仕事場から近いので移転後でも食べられるのですが、やはり東十条でのラストほん田も味わいたいなと思っての凸です💨

ただ、以前のブログで『閉店前と新規開店後はお客さんが殺到して、どうしても味にブレが生じるので、なるべく行かない』と書きました。

が。

お店に行った方は分かると思いますが、ここの店主さんの真剣でありながら涼やかで飄々としたオペレーションを思い浮かべると『そのような懸念は杞憂に過ぎないと』いうことで、迷うことなく行こうと決めた次第です

正式にはアナウンスされていなく、どなたかのツイートで見たと思いますが、定時の11時よりも早い10時頃に開店していたという書き込みを見ていたので、早めの9時に到着しました。

するとすでに並びは10人くらいになっていました。

接続してからも行列はどんどん伸びていきます。

並んでいる時の、ダクトから漂ってくる吊るし焼きチャーシューのスモーキーフレーバーが、いやが上にも食欲を掻き立てます✨✨✨

そして、開店の前に助手さんが店頭に出てきてスプレー式の除菌剤を前から順番に手にプッシュしてくれます👍

その後いよいよ。

FullSizeRender

9時50分に開店しました。

購入したのは。

FullSizeRender

濃厚昆布水の淡麗つけ麺+特盛り+中盛り× 5❗️

ということで麺量は1kgです。

席に着いてからは店主さんのオペレーションをじっくりと見ていました。

僕は、昆布水つけ麺のみしか食べいないので注文したことがありませんが、こちらの人気メニューである手揉み中華蕎麦は、麺箱から出した麺を目の前で手揉みします😃

それらの一連の流れるようなオペレーションを見ていると麺上げが始まり。

待ちに待った。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

横からもド〜〜ン‼️

それではさっそく。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

​麺

FullSizeRender

まずはそのまま啜ります🍜

うんうん。

昆布水に絡んでいて美味い美味い😋😋😋

中細ストレートな麺は『心の味食品』という中華蕎麦とみ田さんのところのものですが、聞くところによると秋葉原に移転後は自家製麺に移行するようで、そちらも期待が膨らみます😊

FullSizeRender

麺丼には写真のように昆布水がかけられています。

この昆布水は前にも触れましたが、がごめ昆布が使われています👍

​がごめ昆布とは

僕の故郷である函館沿岸域が産地で、僕が小さな頃は朝ご飯のおかずの定番でした。

FullSizeRender

これは海中のがごめ昆布ですが、普通の昆布とは明らかに違い表面が凸凹になっていて、これが『籠の目』に見えることから名付けられたようです。

かごのめ→かごめ→がごめ

はい。

函館は、青森から移住して来た人が多く、同じ北海道でも特殊な地域で、方言は北海道弁と津軽弁がミックスされています。

テレビ番組でよくあるシーンで、青森で街頭インタビューをしていると字幕テロップが出るのを見たことがあると思いますが、僕はあのテロップ無しでも何を言っているのか普通に理解できます(^_^;)

上のがごめ昆布もそうですが、雪→ゆぎ、イカ→イガのように濁点が付くのも特徴です。

まぁ東北の地域なら大体こんな感じかなと。

話しを戻しまして。

その、がごめ昆布を干したものをハサミで細切りにして水に一晩浸しておくと、水がドロドロネバネバになります。

1番分かりやすいのは松前漬けですね。あのネバネバががごめ昆布です。

もちろん普通の昆布でもネバネバしますが、がごめ昆布はそのネバネバ具合がはるかに強いです。

僕の実家では、タッパーに大量のがごめ昆布をストックしていて、朝はそれをご飯にかけて食べたものです。

味付けは、まさにもずく酢のような感じだったり、松前漬けのように甘辛だったりとバリエーションがありました。

と。

話しをラーメンに戻しまして。


この麺丼に入っている昆布水には、軽めに塩味も感じられて、つけ汁を使わなくても完食してしまいそうな勢いなのですが、かろうじて3啜りくらいで、そのまま食いは、ほどほどのところでやめておきます(^_^;)

​チャーシュー

FullSizeRender

こちらは吊し焼きされたバラチャーシュー。

燻された香りが溜まりません😋😋😋

FullSizeRender

こちらは低温調理された肩ロース肉。

以前、とあるお店で低温調理されたピンク色をしたチャーシューを食べたら、もの凄い獣臭でトラウマになりつつあったのですが、そのトラウマを払拭して、お釣りがくるくらいの美味しさでした💯

そして。

​つけ汁 〜醤油〜

FullSizeRender

今回は、いつもと順序が逆で、つけ汁の順番は先に醤油からです。

まずは。

FullSizeRender

麺丼に添えられていた海苔で小松菜を巻いて食べます👍

そして。

FullSizeRender

つけ汁に。

潜らせるというよりも、チョン付で啜ります👍

この醤油味のつけ汁。淡麗なのですが色々な味と風味が折り重なっていて、さすがさすがな美味しさです😋😋😋

​つけ汁 〜塩〜

FullSizeRender

つけ汁の塩。

大きめに刻まれたネギが、またいい感じに風味と食感を出しています✨✨✨

塩加減も絶妙で、あっさりしている反面、味の奥行きを感じます👍

さらに食べ進めると。

FullSizeRender

写真のように、昆布水がつけ汁にどんどん移り、泡立ってきます。

昆布は、言わずと知れた天然のグルタミン酸なので、当然のこと味の深み旨味が増幅していきます😋😃😊

そして最後は。

FullSizeRender

塩と醤油のつけ汁を一緒にして。

FullSizeRender

麺丼に、わずかに残った昆布水をつけ汁に投入して、セルフのスープ割りをします👏👏👏

普段は、ごめんなさいをするのですが。

FullSizeRender

完飲完食〜〜‼️

美味し過ぎるのでスープも飲み干して、幸せな時間は10分で終了となりました😭

移転先は、秋葉原駅から近く僕の仕事場からは歩いて行ける立地になるので、新店舗では、まだ食べていないラーメンも食べてみたいと思います😊😊😊


ではでは👋




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。

1月30日のことです。


馬鹿なくせにインフルになり医者から外出禁止令が発令されて、それが解除されたら。

そりゃもう行くしかないべさぁ!

ってなことで。

IMG_1618

勢い勇んで向かったらすでに先行者が。

そして2番目に接続すると10分も経たないうちに3番目4番目5番目6番目7番目の人が接続して人気の高さをうかがわせます。

ほん田さんの定休日である水曜日になぜ来たかというと。

FullSizeRender

3ヶ月前から始まった限定メニューを提供する水曜日特別営業の日だからです。

しかも今月のテーマは「二郎リスペクト」

ほん田さんが手掛ける二郎となれば否が応でも食べたくなっちゃいます

正直、病み上がりなので『どうしようかなぁ?』との迷いはありましたが、この水曜特別営業は1カ月単位でテーマのメニューが変わり、したがって二郎リスペクトは今日が最後の提供になるのでやっぱり来ちゃいました

そして並んでいる途中で。

FullSizeRender

このようなツイートが。

俄然期待値は上昇します







ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月10日のことです。


夏季を過ぎたら終了するとばかり思っていた昆布水つけ麺がまだ提供されているということで。

FullSizeRender

到着!

月曜日は16時までの営業で、その30分くらい前に店前に着くと外待ちが2名いました。

まずは先に食券を購入します。購入したのは。

FullSizeRender

特製濃厚昆布水の淡麗つけ麺+特盛+スタミナ丼ダブル。

食券を購入して外に出ると店員さんがいて、食券を回収しながら、つけ汁をどうするのかの確認があります。 

つけ麺の場合は大盛り以上の注文で、つけ汁のおかわりができます。

つけ汁は塩と醤油の2種類があります。

そして迷わず最初のつけ汁は塩でお願いします


そうして塩コールをしてから振り向くと先客の親子連れがすでに入店していて、僕とRな方も店員さんに入店を促されます。

閉店間近の時間だったので厨房内ではスープを小さな寸胴に漉しながら移し替えたりする作業をしています。

それらの作業をボ〜〜ッとしながら眺めていると。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

麺ド〜〜ン!

綺麗な盛り付け

写真でも分かると思いますが、麺丼には薄っすらと味の付いている昆布水が注がれています

そして。

FullSizeRender

つけ汁は申請通りの塩

スープは透き通っていて、低温調理された豚肩ロースと、豚バラの吊るし焼きの2種類が入っています

それから。

FullSizeRender

限定のスタミナ丼ダブルがド〜〜ン!

すぐにスタミナ丼を食べたいのを一旦置いといて。

FullSizeRender

まずは麺を啜ります。

喉越しのいい細麺に昆布水のヌルヌルが絡み付いていて、やっぱりメチャクチャ美味いです

このヌルヌル。
メニュー名でも分かる通り昆布を使っているのですが、他の昆布となんと言ってもガゴメ昆布が使用されています

実はこのガゴメ昆布は僕のソウルフードで幼少期の朝ご飯のおかずでした

このガゴメ昆布を刻むとかなりなヌルヌルが出てきて、それを甘辛く味付けをしたものをご飯にぶっかけて食べます。

イメージとしてはもずく酢の甘さと酸味が抑えられたものです。

そして松前漬けのあのネバネバはガゴメ昆布から来るものです。

そして。

FullSizeRender

味玉の半熟加減もバッチリで堪りません

そして。

FullSizeRender

お隣のRな方のチャーシュートリプル!

店主さん曰くチャーシューのダブルを食べるお客さんはいたけどトリプルは初めてだそうです

それから。

FullSizeRender

つけ汁のチャーシューをスタミナ丼に移動させながら食べます。

両方とも、それぞれの特徴があり美味しいのですが、僕はなんと言っても吊るし焼きチャーシューの燻された香りが堪らなく食欲を増進させてくれてお気に入りです

これを「ちょっと焦げくさい」と言う人もいたりするので、人の好みは様々なんだなとつくづく思います。

そして満を持して。


FullSizeRender

つけ汁につけてから啜ります。

やっぱり塩はいいです

普段は二郎系を食べていますが僕の故郷は函館なので、塩スープは僕にとっては懐かしの味です。

ああ。

函館のあじさいの塩ラーメンが食べたくなったwww

ってことで塩つけ麺を楽しんでから。

IMG_0751

スタミナ丼を食べます

まずは黄身をつぶして。

うんうん。間違いない
特製ダレのかかったサイコロにカットされたチャーシューがご飯を進ませてくれます

その後。

IMG_0752

おかわりの醤油つけ汁がサーブされます

醤油つけ汁も淡麗でいて、スッキリの中にもビシッと醤油が効いていて美味しいです

合間に。

IMG_0754

スタミナ丼も食べ進めて。

IMG_0755

醤油つけ汁も食べ進めていくうちに昆布水が加わっていき写真のように泡立ってきます。

当然のごとく昆布のエキスが増えていくので旨味が増幅されていきます

天然のグルは美味いです

もちろん白い粉のグルも好きですが(^_^;)

でもって。

FullSizeRender

幸せな時間というものは、あっという間に過ぎ去っていくのが世の常で。

KKフィニッシュ

大変美味しゅうございました


またタイミングが合えば是非とも食べたいですし、この店ではまだ未食の手揉み麺のラーメンも食べたいなと思います


ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ