もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店1周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: 家二郎

4月14日のことです。
さっそく。

大豚ダブル塩ラーメン

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

横からもド〜〜ン‼️
ということで今回も『時を戻そう!』byぺこぱ

​塩ダレ

まずは。

FullSizeRender

雪平に水を張って。

FullSizeRender

するめ投入。

が、画面が黄色い……

こ、ここは桜台?……


じゃなくて(^_^;)

普通に台所の蛍光灯が切れかかっておりますwww

(後日、無事購入済み)

続いて。

FullSizeRender

昆布をハサミで細かく切って投入。

FullSizeRender

干しエビ……

というか、このサイズは干しアミですね。

そして。

FullSizeRender

これを一晩置いておきます。

続いて。

鶏ハムを作る際にむいた鶏皮が冷凍庫にあったなと思い出して。

FullSizeRender

弱火で焼き焼き。

FullSizeRender

できるだけ焦げ付かないよう、フライパンから離れずにひっくり返して。

FullSizeRender

思ったより多めに鶏油(チーユ)が取れました

​翌日

日が変わり。

FullSizeRender

各エキスが出ているようで、いい感じで水が色付いています。

そして、雪平を弱火にかけて。

FullSizeRender

沸騰したら昆布を取り出します。

FullSizeRender

干しエビを潰すイメージでかき混ぜます。

しばらくコトコトした後。

FullSizeRender

日本酒。

FullSizeRender

みりん。

FullSizeRender

藻塩。

を入れようとしたけど、あまりにも多いなとカメラ越しに気付いて

この半分以下くらいを入れてから、味見をしつつ少しずつ足していきました。あぶね〜💦

塩は、スープで割ることをイメージして、けっこうショッパめに味を決めます。

最後に。

FullSizeRender

ホンマもんの干貝柱は、よろしい値段なので顆粒ダシで我慢(^_^;)

それからまた少しコトコトしてから。

FullSizeRender

容器に濾します。

FullSizeRender

容器がデカかった(^_^;)

​当日

いよいよ食べる日です。

FullSizeRender

冷蔵庫で冷え固まった鶏油を。

FullSizeRender

タッパーに移してからラップをして。

FullSizeRender

命の塩ダレもタッパーに移して、両方をレンチンします。

そして。

FullSizeRender

デカ鍋でも麺肌のヌルつきが少し気になっていたので、デカ寸胴の再登場です。

寸胴を火にかけてから。

FullSizeRender

生姜をみじん切り。

FullSizeRender

ニンニクもみりん切り。

FullSizeRender

水で戻した、きくらげのキクちゃんを。

FullSizeRender

良きサイズに。

FullSizeRender

長ネギは、白髪よりも太めに切って水に晒しておきます。

そして。

FullSizeRender

もやしは、肉のハナマサに定番で置いてある1kgのやつを。

これで95円なので、やっぱり生卵と並んで価格の優等生👍

寸胴かフツフツしてきたら。

FullSizeRender

豚を泳がせます。

そして。

FullSizeRender

冷凍してあったスープをチビ寸胴で火入れします。

FullSizeRender

野菜はこの量。

ボウルの下にキチンとキャベツもあります👍

そして。

FullSizeRender

蒼の彗星が登場‼️

水道のお湯ではイマイチ温度が低いので。

FullSizeRender

寸胴のお湯を張って温めます。

次に。

FullSizeRender

野菜を寸胴に。

今回は中間よりも、やや柔らかめに茹でました。

続いて。

FullSizeRender

麺を冷凍のままドボン❗️

最初はとにかく鍋底にこびりつかないように菜箸でかき混ぜます。

麺を茹でている間に。

FullSizeRender

命の塩ダレ。

FullSizeRender

魂の鶏油。

FullSizeRender

鶏油の風味を消さない程度に、炎の背脂🔥

そして。

FullSizeRender

グツグツに煮だったスープを投入‼️

レードルで4杯ほど入れた後は、小まめに味見をしながらベストな味の濃さに調整します。

そして。

FullSizeRender

麺上げ。

今回は5分半でタイマーをかけました。

FullSizeRender

青すり鉢にピッタリな感じ✨✨✨

そこに。

FullSizeRender

野菜。

FullSizeRender

ごま油と塩ダレとグルで味付けをしたネギを盛り付けて。

次に、豚、ニンニク、生姜、味玉、キクちゃんと盛り付けますが、全てを写真に収めていたら冷めそうなので、写真は割愛しました。

​実食

ってなことで。

FullSizeRender

再度、着ド〜〜ン‼️

ということで。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

FullSizeRender

まずは、味ネギから。

いい感じで、ごま油の風味があり旨旨し😋😋😋

FullSizeRender

味玉。

これは僕の冷蔵庫の常備菜なので、いつもの味です。

それから。

​豚

FullSizeRender

豚並べ〜〜✨✨✨

FullSizeRender

ウデ肉はプルンプルン✨✨✨

そして。

FullSizeRender

バラ肉。

タコ糸をキツく縛らないと言いましたが、さすがに緩すぎて、スープをかき混ぜている時に緩んじゃって。

パックマン豚に(^_^;)

なんだか『ぬぁ〜〜〜』って言っているように見えるwww

お味は。

10人が10人、美味い!って言うだろうという出来栄えです。

え?

もう少し謙遜しろって?

美味ぇもんは美味ぇんだがら、しゃ〜ねぇべした!

ああ。

強いて言えば『カエシの入りが薄い』って言う人がいるかもですね(^_^;)

それから。

​天地返し

FullSizeRender

麺は、前回のつけ麺よりは柔らかめに茹でたので、ふっくらした感じでズバズバいけます😋😋😋

FullSizeRender

きくらげと一緒に啜ると食感のアクセントがいい感じです👍

続いて。

FullSizeRender

すき焼き風を、やるよね〜🍜

​スープ

FullSizeRender

スープは黄金色で、鶏油の玉がいい感じです✨✨✨

慎重に味を決めたので、味の濃さはドンピシャリでした👍

風味としては、するめが1番強く感じます。

そして終盤には。

FullSizeRender

柚子こしょうをシッカリめに✨

この味変で全体の味と風味がガラリと変わって、箸を持つ手が早まりました🍜

といった感じて。

FullSizeRender

完食〜〜‼️

いやはや、初めての塩二郎は手前味噌ながら及第点でした😊



ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月9日のことです。
あのね。ホントはね。この日はね。

インターバルをとる日だったのね。

でもね。んとね。

FullSizeRender

着ド〜〜ン❗️❗️❗️❗️❗️

つけ麺+ちょい辛


ってなわけで時間を巻き戻して。

​Let's クッキング!

FullSizeRender

冷凍庫から、豚と600グラムに小分けした麺2袋を出して。

FullSizeRender

スープを。

FullSizeRender

プチ寸胴に入れてから。

FullSizeRender

別の鍋でお湯を沸かして。

FullSizeRender

冷凍豚をドボ〜〜ン‼️

豚を湯煎している隙を見て。

FullSizeRender

いつもの白い粉をファッサ〜‼️

ヴィダルサッス〜ン✨✨✨

あっ💦

それ髪の毛か(^_^;)

FullSizeRender

瓶詰めしていたカエシをドボリ。

FullSizeRender

そこにスイートチリソースをトロ〜〜リ✨

それから。

FullSizeRender

チリパウダーをチョイチョイ🌶

お口痛〜い痛〜いマンになるので、辛さの加減は控えめに(^_^;)

FullSizeRender

ラー油もちょっぴり。

そしていよいよ。

FullSizeRender

麺を茹でます。

なにやら冷凍した麺は解凍をせずに、そのまま茹でるべしということなので、そのままドボン✨✨✨

冷水で〆ることを計算して、ラーメンよりも長めに茹でました。

そして。

FullSizeRender

麺肌の滑りを取るように冷水で〆〼

FullSizeRender

ブサイクなザク切りのネギ(いくらなんでも太すぎたw)に白い粉少々とカエシ少々にゴマ油を少々。

スープが沸騰したので。

FullSizeRender

つけ汁の丼に注ぎます。

FullSizeRender

仕上げにリンゴ酢をば。

FullSizeRender

もやしは前回のラーメンを作った後に、悪くならないうちにナムルにしておいたものを入れました。

その上に。

FullSizeRender

ざく切りネギを。

そして。

FullSizeRender

厚めに切った豚を入れて。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

横からもド〜〜ン‼️

10号すり鉢だと、麺量が茹で前1.2kgでも、あまり多くは感じませんね(^_^;)

まぁ割り箸との対比で、すり鉢の大きさは類推してください。

まずは。

FullSizeRender

つけ麺の際の恒例の、何もつけずにプレーンでズルズルっと🍜

はい!

硬〜〜い(^_^;)

気にしていたつもりでしたが、水で〆る分の予測が甘かったようで、あと1〜2分長く茹でればよかったようです(^_^;)

人はこうやって成長していくんだね〜@加山雄三

FullSizeRender

ネギと野菜を一緒に。

分かりきったことですが、もやしを温めておくべきでした💦

​豚


FullSizeRender

豚は麺屋味方さんをイメージして、これでもかと厚めに切りました。

それでも中心までフワフワなので、豚は今回成功だったようです👍

そして。

FullSizeRender

つけ汁に潜らせて啜ります。

が。

先述したように、もやしを温めなかったので、つけ汁がぬるいことぬるいこと(^_^;)

それに加えて、お口痛〜い痛〜いマンになるのを警戒し過ぎたせいか、もう少し辛くても良かったのかなと(^_^;)

そういうとこだぞ❗️ヲレ❗️

ということで。

FullSizeRender

完食〜〜‼️

いやはや、やはり『満足がいく一杯』とはいきませんが、まあ普通に食べられました😋

ただし、やはり麺がパツパツで、なかなか胃に落ちなくて、麦茶をガンガン飲んだので、超腹パンで(^_^;)

ごっちゃんシタ‼️

けっこう食べるのに手こずったなと、撮影した時間を見たら、18分で食べていました。とさ。


次はもっと完成度を高くしたいです😊😊😊


ではでは👋



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月7日のことです。

ということで、けっこう引っ張ってきましたがw

いよいよ実食!

いきなり。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

横からもド〜〜ン‼️

それではさっそく。

いっただきま……

と、その前に。

着丼までの道のりをどうぞ💁‍♂️

引っ張るね〜〜(^_^;)

​Let's もる'Sキッチン!

まずは。

FullSizeRender

デカいタッパーに入れて冷蔵庫で冷やされた、煮こごり状態のスープを。

FullSizeRender

鍋に入れて。着火はぜずに待機。

FullSizeRender

別の鍋に水を張り、着火🔥

お湯が沸くまでに。

FullSizeRender

冷蔵庫から取り出した豚の片方をビニール袋に移します。

ちなみに、写真に写っているビニール袋は湯煎の高温でも溶けづらい、湯煎に関してはジップロックよりも優れものではなかろうかなやつです。

写真奥のビニール袋に入れた方は冷蔵庫に戻して。

FullSizeRender

使う方の豚のネットを切って。

FullSizeRender

前日に、つまみ食いしたバラ肉と一緒にビニール袋に入れて。

FullSizeRender

フツフツし始めた鍋にドボン‼️

FullSizeRender

前回、カエシに漬け込んでいた味付けアブラをレンチンします。

家二郎も3度目なので、今のところ段取りはスムーズに行っています😊

そして。

FullSizeRender

青の10号すり鉢君にお湯を入れて温めます。

こ、このすり鉢って……

まぁいいっか(^_^;)

FullSizeRender

IHヒーターのスープ鍋もスイッチオンして、だいぶ温まってきました。急がなきゃ。

次に。

FullSizeRender

キャベツをカット。

自分の家なのだからキャベツ多めでも全然OKなのですが。

FullSizeRender

本家に倣って細めのカットで、このくらいの量。

FullSizeRender

もやしと混ぜてザルに入れ、沸騰した鍋に投入。

この鍋にジャストフィットの小さなザルが無く、ギリギリお湯に浸かっている状態(^_^;)

野菜を茹でている間に。

FullSizeRender

すり鉢に、謎の白い粉を投入✨✨✨

そして。

FullSizeRender

カエシも豆乳‼️

このくらいで麺茹で用の鍋と、スープの鍋が沸騰し始めたので急ぎます。

FullSizeRender

バラ肉のカット。

切れない包丁だと、グシャリと潰れるだろうなというくらいの柔らかさです。

FullSizeRender

ウデ肉。

こちらもプルプルな柔らかさで、人によってはハズレだと言う人もいるかなという脂身の多い部位です。

僕は脂身大好きなので無問題です👍

そして、麺茹で用の鍋が沸騰したので。

FullSizeRender

麺を豆乳‼️


豆乳豆乳うるさい? ゴメンナサイ……

FullSizeRender

タイマーを5分でセットして。

FullSizeRender

ビックリ水を、ちょいちょい入れながら茹でていきます。

次に、スープもブクブクと沸いたので、麺のタイマーがゼロになる少し前にすり鉢にスープを投入します。

FullSizeRender

スープは。そこそこな乳化加減です。

厳密に科学的に言えば、乳化はしていないのですが、その話しはまたの機会で。

そして。

FullSizeRender

麺上げ‼️

とにかく、まごつかないように。

FullSizeRender

麺を入れて。

FullSizeRender

野菜を……

完全に量を間違えましたね(^_^;)

『ヤサイスクナメ』コールということでwww

続いて豚を並べて。(写真は撮り忘れ)

FullSizeRender

仕上げにニンニクを。

​正真正銘いよいよ実食!

ということで冒頭の。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

野菜の上には味付けアブラも乗せています😋😋😋

それでは、あらためまして。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

FullSizeRender

まずは量を間違えた野菜から。

味付けアブラと一緒に食べます✨✨✨

茹で加減は中間くらいのホクホクなやつ👌

そして。

​豚


FullSizeRender

豚並べ……

って、ポートレートモードなので、ほとんどピンボケな写りに(^_^;)

まずは。

FullSizeRender

ウデ肉から。

写真でも分かるように、箸で持ち上げるとホロリと崩れてしまう柔らかさ。

食べるとフワフワしていて、味付けは僕の好みな薄めなやつで、手前味噌で恐縮ですが美味い✨✨✨

誰がなんと言おうが、美味いものは美味いのよ✨✨✨

次いて。

FullSizeRender

巻きバラ肉。

こちらも前回の、中心部分が硬かった失敗をリカバーできています👌

そして。

​天地返し&麺

FullSizeRender

天地返〜し‼️

FullSizeRender

平打ちウェーブ麺は、中間よりもやや柔らかめ寄りな茹で加減で、やっぱりこのお店の麺は僕の好みです😋😋😋

中盤以降は。

FullSizeRender

お得意の、すき焼き風も楽しんで🍜

FullSizeRender

完食〜〜‼️

写真でも分かるように、スープの量がレードル1〜2杯分くらい多かったようです(^_^;)

と。

次につなげる反省材料もありつつ、概ね成功な『家二郎のようなもの』でした👌

この記事を書いている日に緊急事態宣言が正式に発効されました。

直系二郎の何店舗かは既に長めの休業をアナウンスしています。

早く事態の終息を願うばかりです。


ではでは👋



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村


このページのトップヘ