もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店1周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: 家二郎

時系列が前後しますが6月3日のことです。

辛い大つけ麺❗️

東京アラートが発動された翌日。

蟄居老人なもるちゃんは、せっせとお家で、つけ麺を作ったわけさ。

ということで。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

麺ド〜〜ン‼️

麺丼は10号の青すり鉢。

麺は茹で前1.2kgなのですが、10号すり鉢だとあまり多くは見えませんね。

FullSizeRender

つけ汁ド〜〜ン‼️

つけ汁丼は茶塗りの8号すり鉢。

それでは刻を戻そう。

​下準備

調理過程は似たような絵面なので、ダイジェストでいきます。

まずは。

IMG_2550

Twitterで仙川二郎さんが推奨されていた、大阪は八尾の『旭ポン酢』で、つけ汁の酸味をつけましょうかね👍

そして。

FullSizeRender

お湯で温めたすり鉢に、早めに冷蔵庫から出して常温にしておいたスイートチリソース、韓国粉唐辛子、自家製ラー油を入れておきます🌶

あ💦 

あと謎の白い粉も入れてあります。

ということで再び。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

それではさっそく。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

​野菜&脂

FullSizeRender

写真でも分かると思いますが、野菜はガッツリと茹でたクタクタなやつで、前回はちとショッパかった味付け脂も改良して、ちょうどな味加減になりました😋😋😋

そして。

FullSizeRender

つけ汁丼の底から引っ張り出した野菜は、赤黒く染まっていてピリ辛でいい感じです👍

粉唐辛子もラー油も見た目ほど辛くはないので、お口痛い痛いマンにはなりません😃😃😃

​麺

次に。

FullSizeRender

つけ麺の際の恒例になっている、何も付けずにプレーンでズルリ✨

今回の麺も、栃木県の中沢製麺さんから取り寄せたものです👍

今回のものは、限定販売で従来のオーション中華麺よりバキボキ度をアップさせた『オーション中華麺EX(エクストラハード)』というもので、水〆を見越して長めの10分間茹でましたが、それでもシッカリとバキボキでした🍜

ちょっと以前の野猿のプリパツ麺を彷彿とさせるものですね😋😋😋

それから。

​豚

FullSizeRender

豚並べ〜〜‼️

今回も巻きバラ肉を惜しみなく、ひと塊を厚めなカットにしてみました。

FullSizeRender

豚に関しては、もう失敗する気がしないな👍

言い過ぎ? 

天狗?www


次に。

​つけ汁

FullSizeRender

つけ汁は、強過ぎない辛さに、旭ポン酢の柑橘系の風味をまとった柔らかな酸味が絶妙で、今回はぬるくならないようにするのがテーマでしたが、手前味噌ですが成功でした✨✨✨

それから。 

FullSizeRender

麺をつけ汁に潜らせでズルズルと🍜

そして、あっという間に。

FullSizeRender

完食〜〜‼️

って、あっという間には大袈裟で完食時間は17分でした。

何も家で食べているんだから、もっとゆっくりでもと自分でも思いますが、物事ついた頃からの習慣なので、もぅ一生このままだと思います(^_^;)


そういえば、この記事を書いている日に、テレビドラマの『ごくせん』をやっていましたが、そこに僕の力士時代の同期生が出演していたのを思い出しました。

僕の知っている両國宏さん(あえて芸名で)は、当時からシュッとしたイケメンで、いつもはにかんだ感じでとにかく大人しいイメージだったのですが、テレビや舞台などでは当時とは別人のようですね。(舞台だとももクロ一座などに出演)


って。

そういえば最近、このブログを開設したての頃のような相撲界の裏話や、懐かしばなしをしていないなと、はたと気づきました。

ということで、相撲の話し意外にも築地市場時代の話しや肉屋の頃の話し、犬屋にいた頃の話しなんかを、思い出した時に都度、小出しに書いていきますかね。



ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月24日のことです。


そこそこな種類を作ってきた、お家麺もそろそろおしまいかな?

と思いつつ。

今回は、千里眼や鷹の目のような冷やし中華というよりも完全にではなく、ある程度は町中華の冷やしにも寄せたものを作ろうかなというコンセプトでやってみる。(もちろん全ては、行き当たりばったりの、その場の思い付きです)

ということで。

ゴマ冷や二郎!

をば。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

斜めからド〜〜ン‼️

FullSizeRender

横からもド〜〜ン‼️


それでは刻を戻して。


​タレ作り

5月21日のことです。

まずは。

FullSizeRender

冷凍している豚スープと鶏スープをフライパンで火入れして溶かします。(割合は豚スープの方が若干多く入れました。

そこに。

FullSizeRender

カエシと。

FullSizeRender

リンゴ酢を。

割合は、【スープ 2 ・カエシ1・リンゴ酢1】

にしてみました。

ちなみに味見をして後から砂糖を少し足しました。 

そこに。

FullSizeRender

すりチューブの生姜と。

FullSizeRender

ゴマ坦々の時に使っていて、余っていたねりゴマの残りを全部投入❗️

そして、すりゴマも入れました。

最後は、ひと煮立ちした後に。

FullSizeRender

ゴマ油を。

その後、粗熱を取ってから容器に入れて冷蔵庫へ💨

​食べた当日

5月24日のことです。

FullSizeRender

何年ぶりかに錦糸卵を作ったりして。

その他の下準備は割愛します。

FullSizeRender

こんな感じで揃えました。

左上から、紅生姜、クラゲ、カニカマ、錦糸卵、キュウリ、トマト(皮も好きなので湯剥きはせず)、肩ロース(チャーシュー)の太めな短冊切り。

茹で湯が沸騰したので。

FullSizeRender

水〆を考慮して10分茹でました。

ということで。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

ということで。

実食!

まずはベジファで。

FullSizeRender

キュウリから。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

ちなみに僕は、卵焼きは甘くしない派なので、錦糸卵は水溶き片栗粉を混ぜただけで味付けは一切していません。

次に。

FullSizeRender

カニカマ🦀

カニカマは、日本人が作り出した中でも歴代トップクラスの発明品だと強く思います👍

続いて。

FullSizeRender

クラゲ。

クラゲは前日に塩抜きをしてから、冷や中ダレを絡ませていりゴマをふりかけて味を染み込ませています。

コリコリという食感がいいですね✨✨✨

そして。

FullSizeRender

短冊豚〜〜‼️

豚はお家麺の特権で、丸々1本を惜しみなく使いました👍

今回は湯煎ではなくレンチンしたのですが、柔らかくなり過ぎずに、いい感じです😋😋😋

このくらいの食感の残り具合がいいかなと思いました✨

その豚に。

FullSizeRender

ガリマヨをつけて食べます。

こりゃ美味い😋

『ジャンクここに極まれり』という感じです🎉🎉🎉

それから。

​天地返し&麺

FullSizeRender

麺を引っ張りだしますが、平打ちややウェーブの越谷麺は茹で時間10分でも。

FullSizeRender

しっかりとコシがあって旨旨し‼️

そこに。

FullSizeRender

追いラー油をば✨

最近、辛いもの好きに復活しつつあります🌶🌶🌶

そして。

FullSizeRender

やっぱり、すき焼き風も✨✨✨

これが好きなんです😋😋😋

そして、せっかくだからと。

FullSizeRender

粉チーズをふりかけました。

が。

これはいらなかったかな(^_^;)

ちと悪ノリをばしちゃいました💦

ってなことで。

FullSizeRender

完食〜〜‼️


今回も、段取りもそれなりにスムーズにいって、あらかた成功かなと思います🎊



ではでは👋



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月13日のことです。


1カ月ぶりに外食をしましたが、やはりお家麺と交互に食べていこうかなと思っております。

それではさっそく。

汁なし坦々二郎!タンジロー?

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

アップでド〜〜ン‼️


それでは調理過程を足早に。

​Let's!クッキング!

まずは。

FullSizeRender

豚(チャーシュー)が冷凍庫にまだたくさんストックされているので、本来坦々麺だと挽き肉を使いますが、肩ロースのチャーシューを角切りにしまして。

もうカエシに漬け込んで味は付いているので、ごま油をしいたフライパンで炒めてから酒を投入してからラー油でピリ辛に。

続いて、坦々麺のタレを作ります。

FullSizeRender

フライパンにごま油をしいて。

すりおろしたニンニクとショウガ、オイスターソース。

そして、本来なら豆板醤と甜麺醤を入れるのですが、冷蔵庫にあるコチュジャンを入れました。

そして、弱火でニンニクをはじめとするそれぞれの素材の風味を十分に引き出してから。

FullSizeRender

手作りラー油を。

それから。

FullSizeRender

豚スープと鶏スープを投入。

それが沸騰したら最後に。

FullSizeRender

練りゴマを投入‼️

そして仕上げにすりゴマも多めにいるました。

写真では撮っていませんが、この時は同時進行で麺を茹でています。

僕は、あくまでも映えよりも食べた時の美味しさを優先するので、その辺は写真では追いきれません(^_^;)

麺が茹で上がる目安の1分ほど前に。

FullSizeRender

あらかじめ、お湯で温めていたすり鉢に坦々ダレを投入‼️

もちろん温めていたお湯は捨てています。

そして麺上げをして。

FullSizeRender

シッカリとタレを混ぜ込みます。

ということで。

​完成〜〜!


FullSizeRender

あらためまして着ド〜〜ン‼️

​豚〜〜!

まずは。

FullSizeRender

ベジファではなく角切り肩ロースから。

うんうん。

ほんのりピリ辛で美味しいです✨✨✨

​アイヌネギ〜〜!

そして。

FullSizeRender

この青菜は『行者ニンニクの醤油漬け』です。

北海道生まれの僕としては、やはり行者ニンニクというワードには少なからず違和感があります。

ウチの地方では、やはり『アイヌネギ』です。

北海道にいた頃は、よく釣りの帰りに採ってきて醤油漬けにしたものです。

僕の場合は、アイヌネギのシーズンの把握は、何月の中旬頃などという覚え方ではなく『あそこの山の残雪が半分以下になったから、あそこの畑のあぜ道でアイヌネギが取れるな』という覚え方をしていました。

話しを戻します。

​ピーナッツクラッシャー!

FullSizeRender

トッピングに、ピーナッツ🥜を砕いたものを。

普通のピーナッツをビニール袋に入れて棒で叩いて砕いたものです。

写真でも分かるように、わざと大きさを大小にして食感の違いを楽しもうってな段取りですわな✨

​麺〜〜!

そして。

FullSizeRender

麺は、前に言ったように茹でる前の水洗いを軽めにしたので、ボソ感が気持ち残っていて、いい出来栄えです😋😋😋

ちなみにこの麺は栃木県の中沢製麺というところから生パスタとともに取り寄せたものです。
ここは一般の小ロットでも通販ができるのでオススメです👍
そして現在、夏季限定の生そうめんを売り出し始めたので要チェック👈❗️

​坦々ダレ〜〜!

次に。

FullSizeRender

坦々のタレ。

最近、辛さ耐性が復活しつつあるのですが、まだ焼き肉屋の頃までには戻っていないので、ラー油はお口痛い痛いマンにならない程度に控えめに。

あと今回は、練りゴマのみでしたが、豆乳を入れてまろやかにするのもいいかなと思いました✨

同じものでも色々とバージョンを変えるのは楽しいですね😃

ということて近々またカルボナーラを作る予定なのですが、その際は原理主義的なものではなく、生クリームや牛乳を入れるバージョンを作ろうかなと企てております✨

続いて。

FullSizeRender

追いピーナッツをしてズルズル。

美味いですね😋

そういえば作る際に練りゴマの味見をしましたが、やはり練りゴマは、砂糖などの味付けをしていないピーナッツバターに味がにていますよね。

今度はピーナッツバターバージョンもありなのかな?

そして。

FullSizeRender

坦々麺でもすき焼き風をやっちゃいました(^_^;)

そして終盤ショッパさが来たので。

FullSizeRender

追い生卵で味をマイルドに。

そして。

FullSizeRender

完食〜〜‼️

幸せな時間は儚くも12分で終了と相成りました。

かなり久しぶりに坦々麺を食べましたが、坦々麺っていいですね

また作ろうと思います👍



ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ