もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店3周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: 家麺

10月4日のことです。

トムヤムフォー‼️

今回は、今まで作ったことのないジャンルであるタイ料理の。

image

こちら〜✨✨✨


ということで、またまた時間を巻き戻して。

まずは。

image

ライスヌードル(フォー)を水で戻します。

これが作る前日にウォーキングの時にいつも通るインド料理&東南アジア料理の食材店があり、そこを覗いてみるとライスヌードルが手頃な値段だったので、オーション麺で作る予定を急遽変更しました👍

そして。

image

ハーブ類。

こちらは作る当日の仕事終わりに、ちょくちょく下調べしていたタイ料理食材店(おそらく日本最大級かも)に、冷凍していないフレッシュハーブのセットが格安でありました👍

左上の長細いやつから時計周りで、レモングラス、ガランガル(カー/タイの生姜)、ホームデーン(タイのエシャロット/赤玉ねぎ)、マナーオ(タイのレモン/ライム)、パクチーの根、バイマックルー(こぶみかんの葉)。

やはり冷凍物よりもフレッシュの方が香りが良い。と思う(笑)

image

パクチー。

image

ブナしめじとフクロダケの代用品のマッシュルーム。

フクロダケは同じ食材店で缶詰がありましたが、少量が無かったのでマッシュルームにしました。

まずは。

image

パクチーの根を包丁の柄で叩いて潰したり。

image

バイマックルーは、葉脈の真ん中の太いやつを外すとフンワリと柑橘系のいい香りがします🍊

image

プチトマトは半切りに。

種と果肉部分が均等になるよう、ヘタを上にして縦半分つだはなく横半分にカット。

ということで。

image

ハーブ類の下ごしらえ終了👍

続いて。

image

海老の頭を取り、胴体部分は尻尾の部分を残して剥いて、背ワタを取り除きます。

写真を撮っていませんが、背ワタは包丁で背中の中央に浅く切れ目を入れてから、こそぎ取ります。

よく竹串などの尖ったものを背中に刺して取るのがありますが、僕の経験上けっこうな確率で尻尾側のあたりで切れて残ってしまうので、切れ目を入れるようにして完全かつ不可逆的に取り除きます。

最近の養殖エビは出荷時に餌抜きをするので、黒ずんだ内容物が無いことが多いですが万が一残っていた時の、あのジャリッとしたのはダメなので、そこは徹底します👍

二郎で野菜がテーブルに落ちた時くらいにテンションが下がるので😅

そして背ワタを取り除いたエビを。

image

塩をして揉み込み水分が出たところに片栗粉を振って、また揉み込みます。

image

たっぷりと汚れが出ました🤮

片栗粉には漂白効果もあると聞きましたが、正しいのかどうは分かりません😅

それから。

image

エビの頭と胴体の殻を乾煎りして香り出しをします。

甲殻類の殻のあのいい香りが立ったら。

image

鶏スープを投入‼️

スープはお湯に鶏ガラスープの素を溶いたやつです。

エビに色が付いたら。

image

胴体の殻のみを取り出し、ここで殻はお役御免です。

頭はまだ味噌が出てくるので入れっぱなしで👍

そこに。

image

ハーブ類を投入‼️

スープはブクブクに沸騰させないで、端っこがフツフツする程度にしておいて、ゆっくりとハーブの香りをスープに出します✨✨✨

しばらくするとアクが出てくるので。

image

色の濃い部分を1回だけ取ります。

全部掬うとエビ味噌の美味しいエキスも取り除いてしまうので、ほどほどに。

それから。

image

トムヤムクンの味の要のひとつであるナムプリックパオ(チリインオイル)。

タイの甘さと辛さがあるエビ味噌ペーストです。

それを。

image

器にスープを入れて溶かしてから鍋にドボン‼️

続いて。

image

ザク切りしたパクチーと、きび砂糖を投入‼️

続いて。

image

ナンプラーを投入‼️

塩味はナンプラーで決めます。

そして。

image

バイマックルーと。

image

マナーオの絞り汁を投入‼️

一気に爽やかな柑橘系の香りが立ち上ります✨✨✨

そして仕上げに。

image

牛乳を入れて、まろやかに。

本来タイでは甘くない練乳を入れたりするようですが、ここも牛乳で代用します。

スープの味が決まったら。

image

1時間くらい水で戻していたフォーを沸騰したお湯に1分ほど入れます。

1分というのは、あくまでも目安で透き通ったらOK👍

水で戻すのが不十分だと変に芯が残るようです。

ということで。

image

完成〜〜‼️

image

アップでド〜ン‼️

ってなことでさっそく。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

まずは。

image

フォーを引っ張り上げてズルズル。

うんうん。

オーション麺を食べてばかりいるので、こういう軽さは真逆のベクトルでいいですね。

image

エビは火が入りすぎたら硬くパサパサになるので、余熱でピッタリに火が入るように8割がた火が入ったであろうタイミングで取り出しておいたのでプリプリです✨✨✨

え?

プリプリという表現はベタ過ぎる?

じゃあブリンブリンだ🤣🤣🤣

image

マッシュルームやブナしめじも旨し😋😋😋

どの料理でもキノコは外さない説😊

image

スープは、甘くて辛くて酸っぱくて複雑だけど美味しいです😋😋😋

ただ、やはりお口痛い痛いマンになりヒィ〜ヒィ〜しながら食べました🌶🌶🌶

そして。

image

出来上がる前に取り出そうかとも思いましたが、そのまま入れておいたハーブ類は、取り出しながら食べ進めます。

生まれて初めてトムヤムクンを食べた時に、レモングラスを思いっきり噛んでガリッという罠にハマって軽くトラウマになっているので、慎重に取り分けます😅

現地では普通に食べちゃう人もいるそうですが、僕は無理です🤣

ということで。

image

完食〜〜‼️


初めて作りましたが僕が食べた記憶に照らし合わせて、けっこうな出来栄えな気がしました👍

大満足で、ごちそうさまでした✨✨✨


流行り病の災禍の中で、お家麺をやり始めましたが、当ブログを読んでいただいている方なら分かると思いますが、完全にスイッチが入ってしまっています😅

イタリアンを作る頻度が高いのですが、それは比較的に材料費が安価だというのもあります。

これで中華に手を出したら……

中華は材料を切ったりと下準備さえすればパパッと短時間で作れるので食べるのも作るのも好きなのですが、けっこう調味料などが多くて材料費がかさばったりするんですよね💦

ですが、次に予定しているのは中華です👍




ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

9月29日のことです。

久々のデフォラーメン🍜

色々と、お家麺をやっておりますが、久々にデフォのラーメンが食べたくなり。

image

着ド〜〜ン‼️

そもそもラーメン作ろうと思い立ったきっかけは。

ほぼ毎日チェックしているスーパーの一軒で。

image

これを見たからです👍

月曜金曜は、こうなるのであります👍👍


ということで刻を巻き戻して。

まずは1度スープを加熱します。

image

これは前に紹介した、ミキシングでスープと背脂を強制乳化させた、豚ポタなド乳化汁です😊

博多の豚骨ラーメンみたい🐙

そして。

image

麺茹で用の寸胴で先に野菜を茹でます。

と。

工程は何度も重複しているのでバッサリと端折って💦

image

着ド〜〜ン‼️

image

横からもド〜〜ン‼️

それではさっそく。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

まずは。

image

ゴマ油を利かせた味付けのネギと野菜を一緒に食べます✨

野菜はクッタクタに茹でたので、バクバクいけちゃいます😋😋😋

そこに。

image

別皿で用意していた自家製のラー油を投入‼️

ラー油がカルダモンとスターアニスが効いている特有の癖がありますが、スパイス好きには堪らない味😋😋😋

​豚

image

豚は見ての通り炙りを入れておきました🔥

image

味はもちろん美味しいです😋😋😋

冷凍庫の豚のストックが、あと1回分になってしまったので、また作ろうか考え中です🤔

image

常備菜の半熟味玉。

箸休めには間違いないやつ。

​天地返し&麺

image

天地返しをすると平打ちウェーブ麺が……

って……

前回のお家麺で、ここの製麺所のオーション麺はストレート過ぎ&麺肌がスベスベ過ぎで「これは明らかに二郎麺とは別物だ」と言いましたが、そんな理由で麺を茹でる前に、これでもかと体重をかけて手揉みをしたら、それなりに格好がつきました(^_^;)

image

実際に啜ると、許容範囲にはなりました😅

​スープ

image

スープは、トロミがあるほどの乳化で、最近は非乳化寄りのラーメンを食べつけているので、こちらのベクトルのスープもやはり好きなんですよね〜😄😄😄

あそこの二郎が、そろそろ恋しくなってきた😊

image

別皿の味付けアブラに潜らせてズルズル🍜

やっぱり美味い😋😋😋

味付けアブラも何度かの失敗を経て、ちょうどいい塩梅のものができるようになりました😄

image

スープにラー油をかけたら、坦々麺のようなビジュアルに🌶

そして中盤からは。

image

すき焼き風でズルズル🍜

次に。

image

これまた別皿で用意した辛揚げをパラパラと🦑

一味のあの風味がして、これまたいい感じです👍

ってなこって。

image

完食〜〜‼️

スープがオレンジがかってる(^_^;)

ん? オレンジ? 🤔

まぁいいっか(^_^;) 


今回の麺は茹で前1kgだったのですが、長期の節制のせいか、この量で腹パンになりました。


そろそろ麺増しも「ちょい増し」くらいになっていくのかな?


ちなみに普段、ラーメンを食べに行ったり、お家麺を作る日以外の食生活ですが。


朝食→味玉1個、納豆1パック。


昼食→お茶やブラックコーヒーのみで固形物は無し。


夕食→味玉1個、納豆1パックor味噌汁。


ちなみに味玉は顆粒出汁がほとんどで、ほぼ味のしないやつで、味噌汁も飲食店だとクレームがつくくらいの超薄味です。

そして減量の天敵である便秘になったら、バナナかヨーグルトかキムチを食べます。

犬の仕事をしていた時は、よくお客さんにヨーグルトよりもバナナの方が整腸作用には良いとアドバイスしていました。

よく業者の謳い文句で「ビフィズス菌を生きたまま腸内へ」と喧伝していますが、あんなのは嘘で胃酸によりビフィズス菌は死滅します。

それでも、死んだ状態でも腸を通過する際には、腸を刺激して効果はゼロでは無いようです。

それよりかはバナナやゴボウの皮に含まれるフラクトオリゴ糖を摂取する方が効果は高いそうです。

以上は「善玉菌」「悪玉菌」という言葉の生みの親である光岡教授のお言葉です。

以上は犬の仕事をしている際に、人間の管理栄養士でありラブラドール・レトリバーの犬種クラブの代表者をしていた方から教わったことです。

その方からはドッグフードの見分け方から酵素サプリなど、犬の食についてを色々教わりました。



話しを戻します(^_^;)

あとは空腹感が強く出たら、ひたすらお茶などで空腹を回避する感じです。

そしてウォーキングは膝のご機嫌次第で距離は変わりますが、ほぼ毎日10kg以上は歩きます。

まぁこれくらいしなきゃウバババ🤢🤮🤢🤮🤢🤮 しないで体重を落としていくのは不可能だと強く断言しておきます。


ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

9月25日のことです。

ペンネ・アル・アラビアータ

辛い奴🌶を食べたくなり。

image

着ド〜〜ン‼️


ということで時を戻して作っていきましょう✨✨✨

まずは。

image

タマネギをみじん切りにして。

image

色づくまで炒めてから。

image

一旦避難💨

image

面倒なので、ガッツリとみじん切りにしてオリーブオイルに漬けておいたニンニクを。

image

弱火で加熱してオリーブオイルに香りを移します👍

そして。

image

鷹の爪の種を取り除いてから細かくカットします。

それをフライパンに投入して。

image

先ほどのタマネギも投入‼️

今回は実験的に、ニンニクの色づけ方をいつもより強めにしてみましたが、このくらいの色づきでは苦くはなっていませんでした👍

ただし、このくらいが限界なのでしょうね。

このタイミングで。

image

パスタをお湯に。

今回使用したのはデ・チェッコのペンネ・リガーテをば。

それから。

image

ヘタの部分を取り除いたホールトマトを豆乳‼️

image

ローリエを入れて詰めます。

煮詰まったところにパスタを投入して。

image

出っ来上っがり〜〜‼️

仕上げに上から、粉チーズとオレガノをふりかけています👍

image

横からもド〜〜ン‼️

それではさっそく。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

image

やはりペンネは、中心の空洞になっている部分にソースが入り込むので、いつまでも熱々です🔥🔥🔥

僕のような早食いは噛んだ際に中から熱々で辛いソースがブチュ〜ッと飛び出してくるので、警戒はしていたものの、口の中を軽くヤケドをしてしまいました😅

辛さは、これ以上だとヒィ〜ヒィ〜言ってしまうという手前くらいで、今の僕にはこれくらいがいい感じでした👍

そしてやっぱりトマトのソースには粉チーズとオレガノは、僕の中での鉄板です😋😋😋

ということで。

image

完食〜〜‼️

いやはや美味しかったです😋😋😋

あとは、これにアンチョビを入れていたら更に味の深さが出ていたなと思いました👍



ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ