もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店2周制覇。3週目巡回中。

カテゴリ: 家麺

7月18日

本当は1日グルテン抜きをして、明日ヒバジで購入した生麺の食べ比べをしようと思っていましたが





















昨日の貼り紙にも「明日までに食べてください」と書いてあったので、泣く泣く(←嘘つけ〜www)今日食べることにしました。

持ち帰りの生麺は、昨日限定でラーメンに使用していた「麺無双」と、いつも使っている「オーション」の2種類を食べ比べてという店主さんのはからいで販売されました。












片方に「オ」の字があり一目瞭然です。























中身を見てみるとやはり手前のオーションの方が灰色がかっています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


食べ方は麺をダイレクトに味わいたいので、つけ麺にします















先につけ汁を作っておきます。
つけ汁は「白だし」を水で薄めて、そこに「あご出汁」も追加しました
野菜類はいっさい入れない身体に悪い食べ方です(^_^;)

というか外が雷雨で買い物に行くのはパスしたというのが真相だったり(^_^;)
ただ、さすがに味気無いなと





















とろろ昆布をチョロリンコと

実は昆布は、出汁に使われているのは問題ありませんが、固形のもの。
干した昆布をパリパリ食べるとか(実家で家族はよく干した昆布をレンチンして食べていました)、食べ物の上に昆布茶がふりかけられているとか、とろろ昆布とか。これらが一切食べられませんでした(^_^;)

僕の実家のあった辺りは昆布が名産で、近所は漁師さんが多く、家の脇の土地にけっこう大きめな玉石が敷き詰められていて、そこに前浜から採ってきた昆布を天日干しにするのですが、昆布が干されている日は窓を開けたり外に出ると辺り一面が昆布の匂いが充満します。

その匂いがダメだったのでしょうか(^_^;) 昆布はダメでした  
しかし何故か30代になったくらいから大丈夫になりました。
これって何なのでしょうね? 歳とともに好き嫌いが変わるのでしょうか?

それと引き換えに小さな頃からダントツで不動の地位を築いていた、1番好きな食べ物の「カレーライス」と2番目に好だった「鳥の唐揚げ」が、そうでも無くなってしまいました。
カレーライスも鳥の唐揚げも、今でも嫌いではなくむしろ好きな部類の食べ物なのは変わりませんが、かつてのダントツ感が無くなってしまっています。
どうしてなのかは自分でも分かりません(^_^;)

そして小さな頃からの不動の嫌いな食べ物が2つあります。
1つは「ホヤ」です。僕は嫌いな食べ物でも、嫌いだから食べないのではなく、いちおうは食べられるようになるかもしれないとトライはするのですが、ホヤは何度かは忘れてしまったトライをことごとく返り討ちにされています(^_^;)

もう1つはグリンピースです。
チャーハンや天津飯、シューマイのように、色どりで何粒かが乗っているのは大丈夫なのですが、あの「グリンピースご飯」のような大量のものは白旗ごめんなさいです(^_^;)
グリンピースご飯は炊いている匂いを嗅いだ瞬間に、思いっきりえずきます(^_^;)

ドリアンや茶碗蒸しのように何度もトライして克服して、今は逆に大好物になったものもあるのですが(^_^;)


と……


そうそう食べ比べ食べ比べ


鍋のお湯が沸いたので





















麺無双から先に茹でていきます
やはり色白ですね(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















あまり固めに茹でたら喉詰まりをするので、気持ち柔らかめに茹でます





















茹で上がったら流水で〆ます。
両手で麺をこすり合せる感じで〆ていくと、ある時点で手に感じられるヌメリが無くなります





















でもって丼へ。
同じ丼に半々で盛ることにしました。





















続いてオーションを茹でます。
ここでまた1つ気が付きましたが、やはりオーションの方が手触りがザラザラゴワゴワしていました。
















オーションも水〆してから盛りつけます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
はい。ハッキリと色が違いますね。
うどんと蕎麦くらいの違いがありますね。


ちなみに茹で後の重量を量ったら、1.3kgありました。(もちろん丼の重さは差し引きました)


そして実食

まずは何もつけずに食べ比べ(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
うんうん。やはり麺無双はツルツル感がありオーションはゴワゴワ感がありますね。ただし大差は感じられませんでした。

それと茹でる前と茹でた後の両方で比べてみましたが、麺の幅や厚さは同じでした。




















それからつけ汁に潜らせて。


やはり1番違いを感じるのは風味で、麺無双は癖の無い澄んだ味で、オーションは小麦の表皮側の風味が強いですね。


結論は昨日と同じで二郎のスープにはオーションが合う  と改めて感じました



昨日の開店前に少しですが店主さんとお話ししましたが、やはり仕入れ値の違いがあり、麺無双は普段の営業では使えないと言っていました。

ということで、こうやって麺無双で打った麺を食べるのは今後は無いかな? と思う暇も無く完食しました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎



そして既に二郎を欲している自分がいます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

6月18日

金曜日に購入した仙川麺が2日経って熟成効いてるんじゃね⤴︎  ということで食べることに

3玉購入した麺は2回に分けて使いましょう   な〜んて考えていましたが、途中で得意の超面倒くさがりが発動して、え〜い全部茹でちゃえと

茹でる直前に「ところで何グラムあるの?」と、クッキングスケールのようなシャレオツなものはウチには無いので体重計でwww

「1.1kg」と表示されました。
TANITAさんを信用して、誤差があっても1kg以上はあるのかな? と





















鍋にぶち込みます

僕は食道がお子ちゃまで、あまり固いと胃にすんなりと落ちていかないので柔らかくなるように10分茹でました。

ザルに上げて水でシッカリと〆ます。





















けっこうプニュンと茹で上がりました
麺肌のベロベロはご勘弁なので、両手で擦るように水〆したせいで、ブチブチと切れちゃっているのはご愛嬌(^_^;)





















惰性でモヤシとキャベツもチョロッと油を垂らしたお湯で茹でちゃいます。





















手間なんてかけちゃいられないので、白だしを水で少し薄めて煎りごまダレを合わせて、ごま油も少しだけ追加してブラックペッパーも足しちゃいます。
でもって冷蔵庫に柚子こしょうがあったので、チョロッと入れました。

さっぱりとこってりの同居を狙ったのですが、結果さっぱりしていました(^_^;)














別にお店の人や並びの人に気を使わなくていいので、ノンビリ食べていればいいのですが(^_^;)
てかテレビでサル番長のバス釣りを観ながらノンビリ食べていたつもりでしたが、後から撮影時間を見ると












14分でごっさんした。



また仙川麺買いに行こっと


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ