もるせがの Road to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店5周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: ラーメン二郎 京都店

9月8日のことです。





















とうとうこちらへ(写真は午前中に撮りました)
開店1時間ほど前に到着したらPPのようです。





















正面に向かって左側に入り口があります。 正面の戸は出口専用です。





















こちらからソロリと入ります。





















僕のようなデブだとすれ違えません(^_^;)



















デブには嬉しい扇風機

今日の京都は、昨日とは打って変わって湿度が下がっていて、気温は上がりましたが日陰だと風が涼しいです。
ただし扇風機の涼しさには敵いません

こちらでしばし小説の世界にのめり込みます

開店30分ほど前に店員さんから麺量確認をされます。
すわ、前倒し開店かと思いましたがその後音沙汰無し。













ロールシートの向こうの券売機の上には豚が縛られて大口を開けて焦っています(^_^;)

と、定時5分前に開店ガラガラ





















正直まだ胃の調子が万全ではないので、購入したのは

大ラーメン+生卵W+九条ねぎ。
と、豚増しは避けました

そして券売機の反対側の自販機でお茶を買い、水を汲んでから入り口側の、オープン当初には使っていなかった、カウンター1塁側の最奥の席に座ります。











いつものように高台に上げる前にカウンターテーブルで食券をパシャってたら、助手さんに「食券は上にあげてください」と教育的指導が入りました(^_^;)
あと2回で反則負けだ

負けたかないので慌てて食券を高台に上げます。  アブアブ





















ねぎと生卵がサーブされて

助手さんからのトッピング伺いに「ヤサイニンニクアブラで」とコールして


















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン





















粗唐辛子をパラリンコして

いっただきま〜す

野菜は中間の茹で加減でホクホク美味しいです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















早めに九条ねぎをチョットだけ乗っけてみます

うんうん。ねぎの風味がします。
しますが。九条ねぎってお上品どすなぁ〜〜

通常のねぎの感覚で、あまり入れ過ぎたらラーメンの味がねぎの風味に支配される  と思っていましたが、逆に物足りなさを感じます。

ということで残りのねぎも全部投入します(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

僕は日頃から京都店のレポを見て「このねぎの量だと味が支配されないか?」と思っていましたが、それを加味してのこの量だったのですね
育ちが公家の出ではないもので九条ねぎのような高級なものは口にしていないもので(^_^;)





















写真上の巻豚と下の赤身の部分が入っておりました。
巻豚にかぶりつくと柔らかジューシーでバラ肉の良い部分が出ておりまする    旨旨し(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















麺はこれまたオープン当初からは違っていて芯残しのシツカリめな食感で美味しいです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そしてスープは非乳化に寄っていて修業先に似てきているのかなと思いました…… このみ(←古っ )

それから僕の好きなすき焼き風で生卵に潜らせて啜るを繰り返して



















ねぎも全て掬って食べたかったのですが、飽満感でここまで掬って、ご馳走様をしました。
普段ならこの半分量をゴクゴクッといくのですが、やめておきました(^_^;)

食べ終わって店を出ると、なんとなんと  京都店のオープンの当初に隣に並んでお話しをした方がおりました
くれぐれも京都や大阪の人ではなくて首都圏在住の方です。

こんな偶然もあるのですね


その後一乗寺駅のベンチで、時間を開けて池田屋に行こうか思案していましたが、正直二郎の最後の方は飽満感で食べるのに苦しさを感じていました。
池田屋でもこうなら作り手に失礼だなと思い、泣く泣く今回は断念しました。

次に来られるのがいつになるのか分かりませんが、次に来た際には必ず行きたいと思います。

そして西方遠征旅は明日に続きます。



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月8日

京都で一夜を過ごして、早めにお店に









並びは無く、どうやらPP。
その後ポツリポツリと並びができて、前日「○○時くらいから整理券を配ります」と言っていたのとほぼ同じ時間に配布開始

そして一斉に並びは解散。
えいでんに乗り込んだりと各々が店前を後にする中、僕は雨が降っているので一乗寺駅のホームベンチで時間を過ごすことに。
すると川越店でお会いした方がホームに現れて、しばしお話しを

その後その方は宮本武蔵決闘之地に行きますと駅を後に。

整理券に指示されていた開店10分前の11時50分に店前に戻り並びます

そして数分後に、昨日と同じ店横の通路に誘導されます。
そうしている間にも整理券を貰う方々が引っ切り無しにやって来ていました。

そして定時に開店しました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎



















昨日撮り忘れた京都らしいデザインのこれをパチリ

今日は豚増しや豚ダブルがありましたが











後のことを考えて昨日と同じ大ラーメンにしました(^_^;)

入り口側から見て、1塁側の3席は使っていないようで、3塁側のストレッチのみ使用となっていました。
入り口に1番近い席に座ります

しばし待ってから助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニク」とコールします(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎  そしてすぐに



















着ド〜〜ン















横からもド〜〜ン

野菜に唐辛子を振りかけてから
いっただっきま〜す


熱々ホクホクの甘みのある野菜に唐辛子がピリリと効いていて箸が進みます



















豚は厚さが2センチ強のガッチリとしたボリュームのある切り方で食べるとホロホロと柔らかく、脂部分はトロリと甘みのある間違いない美味しさです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
それから



















昨日と同じくらいの幅と厚みの平打ち麺なのですが



















ところどころに強縮れが混ざっていて、昨日とはまた表情の違った食感になっていました

そしてスープは昨日と同程度の乳化具合だったのですが、昨日よりもカエシが効いていてキリリと醤が立っています

麺にも醤油が染みていて、ズバズバと啜ります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

最後にまた2口程度スープを飲んで



















完食
昨日よりは醤油色のスープ。
油の玉は細かめです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


これにて立川店を抜かした全40店舗の2周目が終わりました

これでようやく一区切りがつきました。
今まで応援していただいた方々に感謝します



…… to be continued

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月7日

オープンではなく今日来ました
昨日は
















このようなツイートが流れて、あら
と思いましたが、スケジュールはズラせないので……  ズラせない? ああなんでもありません
臨休なら仕方がないので別のインスパでと覚悟を決めて向かいました。















ここ通って














ここも通って



















ダ〜っつって





















ドッスン   と降り立ち時間まで



















いざ伝説の地へ




















暗くて見づらいですね(^_^;)





















んでもって京都らしいところへ





















こういうのを撮っていたら時間が





















帰りしなにもう1枚





















でもって戻RING

横の細い通路に誘導されて、暫くするとその先から店内へと案内されます。
落ち着いた感じでスムーズな入店ができました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


















購入したのは大ラーメンで、豚切れでした。










赤い食券を朱色のテーブルに置いてパチリ  













卓上セットもパチリ

それから助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」とコールをして



















着ド〜〜ン  真ん中の豚が塊なやつでした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎



















横からもド〜〜ン   つって

種は入っていませんでしたが、粗唐を野菜にふりかけてから
いっただっきま〜す
  つって

野菜は中間の茹で加減で、なまらウメェ〜〜べさぁ〜〜



















豚は脂身の多いやつと赤身の多いやつの混合(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
豚出汁はシッカリしていて、カエシは優しめな染み具合です
そして箸とレンゲの宮本武蔵ばりの二刀流で



















やや幅のあるふっくら平打ち麺

啜るとオープン当日に見ていたデロではなく、食感残しなちょい固麺(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

スープは、乳化していてカエシの効きははマイルドです

麺、豚、野菜と食べ進めて



















スープを2口飲んで、ご馳走様でした〜

「また来ます」と固い約束を交わしてお店を後にします(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

約束してしまった〜〜


印象としては三田本店と神保町の雰囲気を感じました。

これはまた約束を果たしに来なきゃいけなくなりました。


*これにて40店舗制覇です



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ