もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店2周制覇。3週目巡回中。

カテゴリ: 麺屋 桐龍

8月20日

今日は皆さんで桐龍さんへ











(写真は、お喋りばかりして看板を撮り忘れたので前回の )

今日は幹事さんの差配で、総勢25人オーバーの参加者さんの中の麺増しな方を連続しないよう、2人づつくらいを離して接続。

僕は最初のグループで入店(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

購入したのは、辛いつけ麺+とろ〜り半熟玉子+カレー。

中待ちの時に助手さんから麺量確認があり「1kg申請」を。

それほど間をおかずにカウンター席に誘導されます。
今日は角席に座りました

それから厨房内のオペレーションを見ていると店主さんが麺の水〆をしています

それから水を切りザルを盛り付け台に持っていきます
それから僕の分は何掴みかな〜と見ていたら……



















はへ

ザルの中の麺を全部ド〜〜ン

内心ちょっぴりビビリが入りました(^_^;)

それからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクギョフン」とコールして





















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン

まずは野菜から
いっただきま〜す

と、野菜を食べ始めたくらいに製麺室からKomaGが来て「これは2kgはあるな〜」と(^_^;)
内心またまたまた〜と思いながら麺を持ち上げた時に、麺のすり鉢への詰まり具合から「これは冗談抜きにヤバいやつだ」とビビリが倍増していきます(^_^;)

よくよく見ると、つけ汁の丼が大ラーメンの丼だぁ(^_^;)















これが隣のTwitterのフォロワーさんとの、すり鉢2ショット写真ですが、僕の黒すり鉢と隣の方の白すり鉢の間にあるのが僕のつけ汁です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















半熟玉子をパクリと

僕に余裕のあったのはここまでで、この先は写真を撮れていません(^_^;)

ただひたすら啜り続けます

そうしたら食べ終わったお知り合いな方が店主さんに、僕のつけ麺の麺量を尋ねたら……     店主さんのご回答が


「2.1kgです」


えええ〜〜

多いとは思っていましたが実際にキロ数を聞いた瞬間に僕のビビリは最高潮に(^_^;)


それからはひたすらに口に詰める作業を繰り返し、途中いい感じで箸が止まりながら、重ねて水をかなりなお代わり汲みをして


大袈裟ではなく途中て3回くらい「ごめんなさいか? これ」というセリフが頭に浮かびましたが白目を剥きながらなんとか






















ご馳走様でした〜〜

店主さんにお礼を言い(←苦しかったのでハッキリとした声にはなっていませんでしたが)、虫の息でお店を後にします(^_^;)


お店を出ると外並びもあったので迷惑にならないよう、すぐに隣にあるスーパーの「コモディイイダ」さんのベンチに移動














それからは腹パンを通り越すくらいの腹のキツさで、ベンチに仰け反るような体勢で動けない状態に(^_^;)

いやぁ〜

苦しかったですが、総勢30人近くのお祭りのような桐龍会(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

Twitterでいつも麺活レポを見ているお初のフォロワーさんとご挨拶できたり、レジェンドな方のサプライズな登場と、色々と賑やかなひと時を過ごさせていただきました

桐龍の店主さんKomaGさん、スタッフの皆さん。
この会の取りまとめをしていただいた幹事さん。


本当にありがとうございました


そしてまたよろしくお願いします(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

8月8日のことです。

末広がりの今日はどこに行きましょうかと思っていましたが、そういえば桐龍さんが夏期休店が終わり今日から営業再開ではありませんか(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

ということで、Twitterのフォロワーさんと待ち合わせて












ドッスンコ〜〜

11時30分過ぎに到着すると外待ちが20人ほどはいたかと(数えていません)

列に接続する前に食券を先買いに店内へ。
すると券売機前の席に超常連さんが   やはり外せないですよね(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















券売機が新しくなっていたのですが、写真は安定の撮り忘れ(^_^;)

購入したのは、まぜそば+御用卵×2+マヨ×3。

今日はマヨネーズでジャンク祭りじゃ〜〜

そして待ち合わせていた方とは別のTwitterのフォロワーさんもいて、お話をしながらその時間を待ちます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















ラーメン話しをしていると、やはり時間の進みが早く待ちが苦になりませんね

そして中待ちになってすぐに麺量確認があり、800gと申請します。
それからほとんど待たずしてカウンターに誘導されます

カウンター高台に食券を置いてから、水を汲みに行って、給水機脇にある製麺室で作業をしている麺打ち職人のこまめさんにご挨拶
腰の調子をお聞きしたら、完調ではないようです。くれぐれもご無理はなさらずに。


そして麺増しの現金を置くのをスッカリ忘れていて、慌てて100円を高台に置きます(^_^;)  

僕が今まで食べてきたのをまとめると麺増しの追加料金は、800gまでが100円で1kgまでが200円、1.2kgまでが300円となっているようです。
これが確実な情報だとは断言はできませんので、どうなかなか? と思った場合は迷わずに店員さんに聞くのが1番間違いないと思います。

カウンターに戻ると麺上げが始まり、トッピング伺いに「ニンニクカリカリかつお節」とコールして





















着ド〜〜ン



















横からもド〜〜ン



















お隣のお2方のもド〜〜ン
お2方ともに2重丼です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そして自分の丼に目を戻し、野菜に卓上唐辛子をふりかけて
いっただきま〜す

野菜はシャキシャキで食べ応えがあります





















豚をパシャリ

豚は特に右側のがぱっと見硬そうなのですが、食べると柔らかくカエシの染み込みのいいキレのある味染みと濃厚な豚出汁をしていて、やはり上質なものです  豚を増せばよかったと思いました(^_^;)   そうして





















天地返〜〜し
タレの色に染まったkomaG 謹製麺が現れます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
平打ちちぢれ麺は啜るとやはり小麦の存在感があり、コシとプルプルが共存していて、どんどん啜れてしまう堪らないやつ

それから、カリカリ(イカフライ&フライドガーリック)を麺と一緒に啜ったり、かつお節と一緒に啜ったり





















マヨネーズと一緒に啜ったりと楽しみながら食べ進めます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

やっぱりマヨネーズは合いますね

それから那須御用卵の生卵に潜らせて、すき焼き風を楽しみながら、どんどん啜ります





















あと残り3口くらいのところで、そういえば3Kをしていないことに気づいて、遅ればせながら柑橘酢+カラメ+コショウをふりかけて慌てて3Kにして、フィニッシュムーブ(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















完食・完飲のKKでご馳走様でした

この量ですとKK時間が12分で、もう少し食べたいなと思ったりしますが、腹8分目ということで大満足でお店を後に……

する前にお店の入り口の券売機脇に





















お土産のおすそ分けがあり













ひとついただきました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


またまた今日も強く感じましたが、ここ桐龍さんは地元に愛されているなぁ〜と、つくづく思います

桐龍さんへは次の訪店の日程も決めているので、それまでまた楽しみにしておきます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

7月7日


七夕二郎さんはどこに行こうかねと考えていたら、昨夜はTwitterのタイムラインに桐龍さんのレポートが立て続けに
これは行くしかなかんべさ〜  と

東川口駅からお店を目指してトボトボと
そして、いつも集合場所として使われているコモディイイダというスーパーの、入口脇にあるベンチでジワリとにじんだ汗を引かせようかいなと思っていたら、見覚えのある人影が

お久しぶりのフォロワーさんで、しばし歓談を


あっ


以前は様々な二郎系の常連さんやブロガーさんなどにお会いしたらハンドルネームなどをリンクしたりしていましたが、お気づきの方もいるとは思いますが、お店以外の名前は書かないと決めています。

僕は何かとターゲットになっているようなので、その火の粉が行ってしまったら何だか気分が良くないですからね(^_^;)


まぁイイダ(いいやw)

そのフォロワーさんと別れてお店に向かうと





















トリャア〜〜




















って誰もいない。と思っていたらすぐに後続が。

でも今日は角席または3塁側の1番角寄りの席に座りたかったので、8人が並んだ時点で9番目に接続

そして定時に開店です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

購入したのは

辛いつけ麺+カレー粉+マヨネーズ×2。
写真は、いつものモタつきで撮れず(^_^;)

ってか、桐龍さんは客席のスペースがゆったりしているし中待ち外待ち共にイスやベンチを用意されているので、開店前に並ばなくてもノンビリ来ればいいのですが(^_^;)  
そこはまあ僕のような学習能力の無いバカは開店前に並びガチwww

座席の前の高台に食券を提出しながら「辛さ3倍」と「麺増し1.2kg」と申請して、麺増しの現金を添えます





















食べログの百名店2017に選出されています
それを見て僕がすかさず思ったのは「そりゃあ当然のように選ばれるでしょ」です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

厨房内を見ると、有料・無料のトッピングが多いですし、雪平鍋に移して加熱するなど、細かな手間がかかるので、右に左にの動きをしています

そして助手さんからトッピング伺いがあり「ニンニクギョフン」とコールして
















つけ汁と麺すり鉢が同時に着ド〜〜ン
僕の撮影技術の拙さゆえにサイズ感が分かりづらいですが、けっこうな迫力です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

まずは野菜に一味をパラリンコして
いっただきま〜す

野菜は中間茹ででホクホクと甘い……
って、増していないので3口で無くなりました(^_^;)

それから、こま爺謹製麺を何もつけずにプレーンで啜ります。ズル  ズル  ズル

やっぱり美味いkomaG麺
思わずプレーンで3啜りしました
今日はパツパツ過ぎない茹で加減で、啜りやすい僕好みの固さでした





















次に魚粉エリアを啜り、次にカレー粉エリア
それぞれの味と風味が楽しめて箸が進みます
次に満を持してマヨネーズを混ぜ込んで、そこに魚粉とカレー粉のすり鉢のへりに残っているのをこそぎ取るようにして混ぜ込んでから啜ります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

いやいやいや
様々な味と風味を楽しめて、麺の半分くらいをつけ汁をつけずに食べてしまいました

それからつけ汁に潜らせて啜ります


うん


辛いwww


けど食が進む辛さです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

食べた事のある方は分かると思いますが、桐龍さんのつけ麺のつけ汁はとにかく濃厚でトロントロンとしていて、複雑で深い味わいです

あとこれはあくまでも僕の好みの話しですが、つけ麺の時はあまり豚の量を求めません。





















つけ麺の時の豚は、このように角煮のような四角いのから短冊に切ってあるものが入っています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
この他にもほぐれている豚もけっこう入っていて、全てトロンととろける柔らかなものです

そうして、あと3啜りで食べ終わるというくらいに店主さんが水〆されてザルに入っている麺を

僕は「ありがとうございます」と最敬礼して、すり鉢を高台に上げて入れてもらいました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















目測でも200gや300gではきかないくらいの大量追い麺です

それからは、辛いつけ汁に潜らせて啜ります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

量的にはけっこうありますが、やはり楽しみながらのトッピングバリエーションと、つけ汁の美味さ麺の美味さで、自然と箸が進みます

そうして一拍遅れて満腹感を感じながら















大満足の完食です

ご馳走様を言ってテーブルを拭いていたら、店主さんが「合わせて1.7kg」と教えていただきました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

その量を聞いてから何だか腹パン度が増した気がしながらお店を後にしました

これで桐龍のつけ麺を続けて食べたので次回の訪店時は、「らーめん」「まぜそば」「辛いつけ麺」のどれを食べようか迷うのは必至ですね

この迷う時間も「ラーメンを楽しむ」ことの一部で、とにかく嬉しい時間です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ