もるせがの fun to ラーメン二郎(系)!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4周目巡回中。

カテゴリ: 麺屋 桐龍

6月10日。

1ヶ月ちょいぶりのこちらへ

FullSizeRender

生憎の天気ですがザァザァ降りではなく、梅雨時にありがちなシトシト降りよりやや強いくらいの雨です。

先に店に入って食券を購入します。

購入したのは

IMG_0621

まぜそば+生卵2+マヨネーズ2+たまねぎ2。

そして憩いのベンチでしばし。

IMG_0625

それから時間になり店前に

外待ち5人に接続します。

やはり桐龍は回転が早く、それほどせずに店内へ。

店内に入ってからもそれほど待たずにカウンター席に誘導されます。

店内告知に「ほぐし豚」があったので、初のほぐしを。

ほぐし豚、ほぐし鳥ともに現金50円なので、着席時に食券に現金を添えます。麺増しは1kg申請です。

まずは

IMG_0628

生卵ダブルがサーブされて、これまた久々の、カラメ・コショウ・柑橘酢で3Kやっちゃいましょう!

そして助手さんからのトッピング確認に「ニンニクカリカリカツオブシ」とコールして

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

IMG_0632

横からもド〜〜ン!
量的にはぴったり1kgという感じです。

ということでまずは

FullSizeRender

まぜそばにデフォで乗ってくる生卵の黄身を潰して

いっただきま〜す

中間な茹で加減の野菜を食べ進めて

FullSizeRender

天地返〜〜し!

最近自分の好みがハッキリしてきて、このような扁平な麺が僕の好みのようです。
逆に断面が真四角な麺が僕の好みからは外れる感じです。

啜るとやはり間違いない美味しさです!

IMG_0635

豚は柔らかく味もキッチリと入っていて美味しいです

写真左上の端豚は持ち上げるとけっこうな大きさで大きく分厚いのに柔らかくて美味しいです

FullSizeRender

そしてほぐし豚は他の具材と一緒にシッカリめに混ぜ込んでから麺に絡めて啜ります。

やはりマヨネーズやカリカリなどが加わるとジャンクさマシマシで箸が進みます

半分くらいからは

IMG_0638

すき焼き風でズルリンコ。


8割くらいを食べ終えたところで「食べますか?」の店主さんのお言葉とともに平ザルに麺が!

すかさず「お願いします!」と答えて追い麺投入!

FullSizeRender

このような事を想定しての麺量申請だったので、ありがたくいただきます

僕は200gくらいかな? と思いましたが、お隣に座った方によると「300gはあったね」とのこと。

僕の目測よりお隣さんの目測の方が正しいと思うので300gはあったようです。

生卵が薄まってきて味が濃くなってきたなというタイミングだったので、嬉々として新たに投入された麺を混ぜ込むと、味の濃さがちょうど良くなりました

ということでやっぱり桐龍のラーメンは好きだなと思いつつ

FullSizeRender

完食!

ごっちゃんシタ


食後はまた憩いの場でご一緒された方々と談笑してから帰途に着きました。



ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月6日のことです。

恒例の集まりで

FullSizeRender

こちらへ

まずは食券を先買いします。

FullSizeRender

購入したのは

辛いつけ麺。
本来はまだなのですが気温が上がって暑くなる予報だったので、つけ麺を販売するとのことで行く前から辛いつけ麺一択でした。

忘れていましたが、つけ麺には魚粉が無料トッピングされるのをど忘れしてポチッてしまいました(^_^;)

食券購入後は待ち合わせ場所になっている桐龍の常連さんには憩いの場になっている、コモディーイイダというスーパーの入口脇にあるベンチへ。

お久しぶりな方々が集まっていました。

FullSizeRender


そして時間になり桐龍の並びに移動します。10人程度に接続しますが皆さんとお話しをしていると時間の流れが早く、すぐに店内待ちに。

店内に入ると本日が初参加のフォロワーさんが既にカウンター席に座っていました。その方は麺増し1.5kg申請のようです。

そして席に誘導されて僕は角席に座ります。あ

その後店員さんが食券の確認に来て麺増し1.2kg申請をして食券脇に麺増しの現金を添えます。
麺増しの料金は都度店員さんに聞いた方が確実だと思います。

そしてしばらくは厨房内のオペレーションをぼんやりと眺めていたら……

( ゚д゚)ハッ!

水〆用のザルに入れる麺の量が明らかに多い

「いいやこのロットはつけ麺の人が多いんだ」と自分に言い聞かせていると。

普通の丼に〆た麺を盛って、残り全部が……

これは久々に気合いを入れるパターンだと覚悟を決めて

トッピング伺いに「ニンニクアブラ」とコールして

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

サイズ感が分かりづらいと思いますが、去年の茹で前2.1kgを彷彿させるボリュームがありました

すぐに後ろの製麺室からkomaGさんが顔を出して「1.6kgは楽にあるな」と(^_^;)

別の方は「2kgありそうだな」と(^_^;)

僕自身は目測や体感で量を類推するのは苦手なのですが、ひとつだけ分かるのは最近食べていないくらいの量だというのは間違いないです。

加えて前日にどでんで1.1kgを食べているので、自分の腹の回復具合は食べてみなければ分かりません(^_^;)

戦々恐々としていると続いて

FullSizeRender

つけ汁ド〜〜ン!

いい感じで辛そうな色合いです


見た目などの感想を思い浮かべられるのはここまでで、とにかく完食するのと時間的に迷惑をかけないようにしなきゃというので頭がいっぱいいっぱいです。

ということで

いっただきま〜す

今回の記事で気づかれると思いますが、文章が多く写真が少ないです(^_^;)

はい。

余裕が無くとにかく必死のパッチでした(^_^;)

FullSizeRender

とにかく麺をつけ汁にドボンと入れて、それをひたすら啜ります。

FullSizeRender

つけ麺の場合は豚はサイコロに切ったものがつけ汁に入っています。

そして辛いつけ麺にしたのが正解だったようで、適度な辛さのピリッと感が食を鈍らせない方向に働かせていたと思います。


FullSizeRender

残り400gくらいかな?
このくらいで食べるスピードが落ち始めましたが、ここで落としたら完全にキツくなると思い何とか押し切って

FullSizeRender

22分かかっちゃいましたが何とか完食。

ご馳走さまでした

食べ終わりイイダのベンチに戻り汗を引かせるべく休憩をしましたが、あの2.1kgの時のようにベンチでダウンするほどのダメージはなく、普通に笑顔で会話をしていたので内心はホッとしていました(^_^;)


ということで、これから約半年間はつけ麺を食べられるようになりました。

次回はもう少し余裕を持って、そのままのプレーン麺、柑橘酢をかけた麺、カラメをかけた麺、などなどと色々な味のバリエーションを楽しみたいと思います!



ではでは





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月14日のことです。
1ヶ月ちょいぶりに

FullSizeRender
こちらへ

15時ちょい前に到着したのでお昼時からは遅く夕飯時よりはちと早いので、お知り合い遭遇率の高いこちらでも今日は




店前に着いて食券を買いましょうかというところで車道の自動車からお声が。

僕はド近眼なのでどなたかは分かりませんが、食券を購入してから店前で少し待ちます。

FullSizeRender

外待ちは無く店内待ち席が全て埋まっている状態でした。

購入したのは

FullSizeRender
辛いらーめん+バラハーフ+極上生卵 ×3。


食券を購入してからすぐに声の主が登場。 声の主は間違いなく桐龍でトップクラスの常連さんのフォロワーさんでした

5分も待たずして店内待ちに昇格!

店内待ちの時に厨房から「食券見せてください〜」のお声が。

その際に食券をかざしながら「1kgでお願いします」と申請します。
しかしここで今日の2つ目のミスのうちの1つ目を犯してしまいます。

その後カウンター席に誘導されて食券と麺増しの現金を上段に置きながら「辛さ控えめ……」と言ったくらいに食い気味に助手さんが振り返ったので全てを悟り(^_^;)

「遅かったですよね。では大丈夫です」と答えます。

辛さの増減は着席前に麺量確認がある場合は、そのタイミングで申請しなければなりませんでした(^_^;)

そして食券のバラハーフは持ち帰りかを訊かれたので「ラーメンに入れてください」とお願いしました。

するとショーン君が「切らずに乗せますか?」と(^_^;)

僕は「さすがにワイルドなので切ってください」と即答しました(^_^;)

しばしの後にトッピング伺いがあり、バラハーフのことを考慮して

「ニンニクアブラで」と野菜は増さずにコールして

FullSizeRender
着サカズキ〜〜!

お隣の常連さんの

FullSizeRender
青すり鉢とツーショット〜〜!

大きさの違いは遠近感です! 遠近感!

FullSizeRender
横からもド〜〜ン!

野菜は増さずに正解のようです(^_^;)

IMG_9738
トウガラシをふりかけて

いっただきま〜す

野菜は程よい茹で加減でホクホクと甘いです

野菜をほぼ食べてから

FullSizeRender
バラハーフ〜〜!

程よい食感残しで豚バラ肉の良さを引き出されていて美味しいです

豚を2切れほど食べてから

IMG_9740
辛いスープをまとったkoma-G麺が妖艶にきらめきます

扁平で縮れのあるkoma-G麺は芯残しのちょうど中間な茹で加減でズルズルと啜れます!

3啜りほどしてから辛さと熱さが相乗効果で口内を攻撃してくるので、お子ちゃまな僕は

FullSizeRender
生卵に潜らせて、すき焼き風を楽しみます。


麺を啜りながら2つ目のミスに気づきます。

「アレ」をコールしていなかった(^_^;)

アレとは限定の無料トッピングの短冊カットの生姜です。

短冊生姜は辛いらーめんに合うだろうな〜と行きしなにずっと考えていたのに(^_^;)

まぁ無くても美味しいのですぐに諦めて目の前のラーメンに集中します。

そしてやはり今日も濃厚な豚出汁に絶妙に脂が絡んでいて、そこに辛いアクセントのメリハリがあるスープは美味しさ満点です


そして

FullSizeRender
初めての結び麺にやっと出会えました

そうこうして

FullSizeRender
辛さの限界がくるまでスープを飲んで、大満足でご馳走さまでした〜〜


現在提供されている辛いらーめんはゴールデンウィークで一旦提供を中止して、ゴールデンウィーク明けからは、これまた桐龍ファン待望のつけ麺にチェンジします


もちろんつけ麺は楽しみですが、秋口までしばしの別れになる辛いらーめんを切り替え前にもう1度食べたいと思っています。






ではでは






更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ