もるせがの fun to ラーメン二郎(系)!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4周目巡回中。

カテゴリ: ラーメン富士丸 神谷本店

3月27日のことです。


FullSizeRender

18時30分くらいの到着で15番目くらいに接続。

富士丸はやはり脂耐性の無い方には少々キツいかもしれません。
僕も食べ終わった後は満足感に満たされますが、それと同時にそのヘビーさに「しばらくは……」となってしまいます(^_^;)


サブタイトルのように一定期間を過ぎた後に強烈な恋しさを感じます。
これが中毒というものなのでしょうね。

ということで春真っ盛りのポカポカ陽気の中、日が暮れても外待ちが快適になりました

約1時間くらいで店内へ。

IMG_9497

購入したのは

国産ブタメン(麺柔らかめ)+大盛り× 2+野菜増し+ブタカスアブラ+生卵× 2+烏龍茶。

食券は購入してすぐに回収されたので写真な無し。

しばらくして3塁側の角席に座ります。

外待ちの段階でスープの香りでやられていましたが、前ロットで配膳されるラーメンのビジュアルでもダブルでやられちゃいます(^_^;) (これだけでライスが食べられそうな)

その後マスターからのトッピング伺いに「お願いします」とコールして。

IMG_9502

着ド〜〜ン!
見た感じで麺は茹で前で1.5kgくらいかな?

IMG_9503

横からもド〜〜ン!
ほぐれた肉が多く含まれた脂が食欲をそそります

IMG_9506

野菜&豚ド〜〜ン!

この見た目が普通からシャキ気味な野菜ならそうは思いませんが、この量のクタ野菜は腰を据えて食べなければならないと気合いを入れて

いっただきま〜す

まずは麺から取りかかります。

スープに使っていない部分の麺を

IMG_9507

別で配膳されるブタカスアブラに

IMG_9508

つけ麺のように潜らせてから啜ります!

申請通り柔らかめな茹で加減の麺ですが、そこはやはり富士丸。

柔らかめでもキチンと主張してくるストロング麺で、とにかく美味しいです!

3割くらい麺を食べてから

IMG_9510

豚を広げてパシャリンコ

岩石豚と形容される仙川豚を凌駕するくらいのゴロッとした豪快なカットの豚なのですが、いかんせん僕に余裕がなくいっぱいいっぱいだったので、サイズ感の分かりやすい写真の撮り方はできず

その後、半分くらい食べてからは生卵ですき焼き風にしてズルズル!

このくらいからさらに余裕が無いので写真な撮れず(^_^;)


けっこういい感じの腹パンで

FullSizeRender

完飲はせずで

ごっちゃんシタ〜〜

いやぁ〜

最後のクタ野菜が破壊力がありましたが、なんとか完食しました(^_^;)


ゔ〜〜

しばらくはいいや! と食べた直後に思いますが、数日すれはまた恋しくなるんだろうな〜




ではでは




1月20日のことです。

IMG_8826

7時半くらいに店前に到着して少ししてから接続。

それから2時間くらいで店内へ。
ご一緒した方がいたので待ちはそれほど苦ではありませんでした。

IMG_8827

新料金になっているので要注意!

FullSizeRender

手がかじかんで助手さんに回収されると少々焦りながらパシャリ。

購入したのは

富士丸ラーメン+大盛り+生卵W+野菜マシ+豚かすアブラ+烏龍茶。

食券を渡す際に烏龍茶の現金を渡しながら「麺柔らかめ」を申請。
前回、麺柔を頼もうとして食べ終わってから申請するのを忘れていたのに気づいたので、今回はキッチリと頼めました。

まずは

IMG_8829

チンカチンカの冷っこい烏龍茶が

神谷に来たら頼んでしまいます。

次に

IMG_8830

生卵がサーブされます。


そしてまずはお隣さんの

FullSizeRender

デカイのが着ド〜〜ン!

そしてトッピング伺いに「にんにくお願いします」とコールして

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

IMG_8834

横からもド〜〜ン!

その後

FullSizeRender

そして両方合わせて

FullSizeRender

ド〜〜ン!

そして麺の上にある野菜から
いっただきま〜す

麺丼の方の野菜は上にチョンと乗っかっているだけなので2口で食べ終えます。
そして盛り上がっていてスープに浸かっていない部分の麺を

FullSizeRender

別皿の脂につけ麺のように潜らせてから啜ります。

食べる前に想像していたのですが、やはり柔らかめ申請しても富士丸麺は小麦感が強くボソゴワな美味いやつです。 この超ストロング麺はやはり食べる人を選ぶのでしょうね。

別皿脂はけっこうなショッパさなので、スープに浸かっていない部分の麺を潜らせて食べると僕のちょうどいいショッパさ加減でズルズルいけます。

計算していた訳ではないですが別皿脂が無くなるのとスープに浸かっていない部分の麺が無くなるタイミングがほとんど一緒でした。

その後
僅かにあるスープに浸かっていない部分の麺と丼の底の部分を

IMG_8840

天地返〜〜し!

それからは生卵に潜らせて

IMG_8842

すき焼き風でズルズルッと。

いつも食べる前には卓上の調味料で色々と楽しもうと思うのですが、未だに試さずに一心不乱に啜ります。

IMG_8841

今日は豚増しにしませんでしたが、それを後悔するくらい美味かったです。

そのまま食べるとショッパさがガツンときますが、生卵に潜らせて食べるとショッパさがマイルドになります。

麺を食べ終えてから

IMG_8843

別丼野菜を一気にスープに移して食べます。

やはり富士丸のクタ野菜も美味いです。そして野菜を移したのが功を奏して、スープの味も僕好みな濃さになって

FullSizeRender

KKにてご馳走さまでした!


前にも書いたかもしれませんが今年は神谷に来る頻度が上がると思います。


毎回思うのですが富士丸のラーメンは中毒性が高いと思います。



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月16日のことです。


去年に続き今年もこの集まりがやってきました

店内ジャックするべくいざお店に





















まだ明るいうちの神谷。


と、その前に














 
某高級レストランにて


その後1人また1人と集まりまして、19時過ぎにお店を後にします。






















先程とは一転ライトアップされた神谷本店。

今年は去年よりさらに多い30人オーバーが集まりました   賑やかです    

並びは土曜日にしては穏やかな15人程度で、そこに自宅が遠い方々が先の順番で接続します。

この人数が集まるので各々でラーメン話しに華を咲かせながら待ちます

談笑しながらなので長時間待ったという感覚が無いまま店内へ





















前回は富士丸ラーメンだったので今回は














国産ブタメン+大盛り×2+生卵×3+烏龍茶。

常連さんは食券の色ですぐに分かると思いますが、うっかりと富士丸ラーメンをポチッてしまい助手さんの食券回収時に現金を添えて「間違えて富士丸ラーメンを買ってしまったのですが国産ブタメンでお願いします」と恐縮しながら言って変更してもらい、それにプラス現金200円を渡して烏龍茶を頼みます

程なくしてカウンター席に誘導されます





















表面に霜をまとってチンカチンカに冷えた日本一美味しい烏龍茶が先にサーブされます

神谷本店に来たらやはりこれを頼んじゃいます

そしていよいよ刻がきます

















お隣のスピードスターな方のがド〜〜ン
ビジュアルもやはりラスボス的な凶暴さです   ワクワク度がマックスです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そうしてマスターからのトッピング伺いに「ヤサイニンニクアブラで」とコールして















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン

野菜から
いっただきま〜す

神谷の野菜は見た目でも分かるようにクタで、ただクタ野菜なだけではなく軽く味が入っています。

僕の勝手な想像ですが野菜はもちろんただのお湯でボイルしているだけではなく、透明脂だけではなくスープも入っているのかな? そこにグルとサッとカエシも入っていそうな感じがします。

あくまでも僕の勝手な想像です。

なので神谷の野菜は本当に美味しいです

たとえば中華料理などは野菜を油通しをしてから取り置いていて肉などの具材と最後に中華鍋に一緒にして、数度鍋を返して味を馴染ませて完成というのがセオリーで、野菜のシャキシャキ食感を残すのが大事です。

たしかにシャキシャキ食感の野菜は美味しいですが、それとは逆のベクトルのクタな野菜もそれはそれで堪らなく美味しいです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

こればかりは個々人の好みの問題になるので、好き嫌いが分かれると思います。

内心は野菜をお代わりしたいくらいなのですが、やはり並びのあるお店ではとにかくある一定の時間内に食べ終わらなければ、お店にも後ろに並んでいるお客さんにも迷惑になるのでお代わりは我慢です(^_^;)

野菜を9割がた食べてから





















豚を並べて
国産ブタメンになるとやはりボリュームが違います(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
そしてカットの豪快なこと

写真では伝わりづらいですが、とにかく「塊がゴロゴロ」という表現が的確です

食べると塊なのに柔らかく、豚出汁がジューシーでした
そしていつもよりはショッパさがマイルド気味で生卵に潜らせなくても食べられました(^_^;)

ショッパいのが得意ではないくせに富士丸が好きなんです(^_^;)


それから





















天地返〜〜し
今日の麺量は僕の体感で茹で前で1.2kgくらいでしょうか?
ただし僕の体感はかなり当てにならないので(^_^;) 1kg以上あったのは間違いないと思います

啜ると、ひと口目に小麦とかん水の香りがガツンときます
そして食感は富士丸の代名詞でもあるボソッゴワッなヘビーな強さがあります

そしてその麺の強さに負けないこれまた生姜の効いた乳化汁があり、そこにこれまたガツンと背脂があるので「強さvs強さvs強さ」でバランスがとれています。

ということでやはり神谷はラスボス級の強さがあり、その分中毒性が強いのだと思います。

ですからその個性故に食べる人を選ぶと思います。油耐性の無い方には少々キツいのかもしれません。


でもって中盤からは僕のいつもの





















すき焼き風でズルズルと

生卵が薄まったタイミングで割らずに残しておいた1個の生卵を





















ブーストしてから続行

そして残ったスープをひと口だけゴクンと飲んで




















完食


ご馳走さまでした


食べ終わった後は、しばらくはいいかなと思いますがまたすぐに食べたくなる中毒性が強い一杯を堪能しました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


年明けは訪問する頻度が増えそうだと思いながらお店を出ました。


その後に店内に入った中に僕の知る中で素人最強であろう(素人という表現が的確ではないかもです ) 新鋭の方が、なんとなんと総重量が7kgオーバーで麺量が茹で前で2.2〜2.3kgのどデカイ一杯を涼しい顔をしてKKしていました
ただただ凄い

ということで腹パンで帰途に着きました

ご一緒いただいた方々ありがとうございました。


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ