もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店2周制覇。3週目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店

8月7日

週末に少しだけ体調を崩してしまいましたが、今朝大丈夫そうなのでレッツラ





















と、開店15分ほど前に到着して並びは無し。僕が着いてから3分ほどで後続の人が。

そして並びはポツリポツリと増えていき、開店ガラガラ。

食券を購入してから、いつもどうなんだろうと分からなかった難敵「追加券」について店員さんに質問しました。

僕「あの追加券というのは、つけ麺の豚増しの為のものなのですか?」

店「はい。豚を増せます」

僕「追加券で麺を増すことはできるのですか?」

店「はい。できますよ。通常1.5玉のところを(おそらく大の麺量)、2.5玉にできます」


というのを聞いて、カウンターから取って返して文字通り追加で追加券を購入しました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















ということで、大つけめん+追加券(麺増し)を提出しました

そしてやはり、つけ麺なのでロットの一番最後に助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクで」とコールして


















着ド〜〜ン





















麺丼の横からド〜〜ン

そこに一味をパラリンコして





















いっただきま〜す

野菜は中間よりもややシャキ寄りで、ホクホクと甘く、いくらでも食べられそうなやつ





















水で〆た麺を丼に盛り付けてから、刻み海苔をトッピングしているので、野菜を食べ進めると海苔が現れます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















麺は厚さは無くて幅広な、平打ちウェーブなやつ

柔らかめな茹で加減なのですが、芯が残っているのでシッカリと主張のある麺です
















豚は厚くはないですが、そこそこな伴のものが2枚入っていて、どちらかといえばホロホロ系で柔らかいです。


















つけ汁は酸味は感じなく、甘さがある程度感じるもので刻みネギがいい仕事をしています
その甘さの加減が絶妙で、これ以上甘かったらという手前の塩梅でした。人によっては好みが分かれるのかな? とは思いましたが(^_^;)

後半戦は





















卓上にあるラー油を回しかけると、また違った表情になって箸が進みます

そうしてあっという間に





















KKでご馳走様でした〜〜(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

初めてカブジのつけ麺を食べましたが、量的な不満も感じなく美味しく食べられました


こちらのお店は、線路を挟んだ逆側の小滝橋とともに営業時間が遅くまでやっているので行きやすさはありますが、カブジの方は移転後からビールの提供をしていないのが少々残念かなぁと思ったりしますが(^_^;)


ということでサッと食べて退店しましたが、汗はシッカリとかきながら新宿駅へと戻ります。


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

11月11日

今日はなんかの日だったかと……  ってたくさんあったような
面倒臭さがりの僕は調べもしない(^_^;)

今日は20時過ぎに埼玉界隈で用事があるのですが、その前に行きたくなっちゃって(^_^;)
荻窪店とも考えたのですが



















こちらに(^O^)  移転後、初訪になります

途中、前にあった店舗の近くに



















このような目立つ案内看板があり、まぁ迷わないですね。(超ピンボケw)

しっかし、この左側にある交番は警察官の数が多いですね。パッと見5人はいますね。(もう少しいるのかな?)

でもって到着すると内外ともに待ち無しで、すぐに食券を買って着席。すぐに店員さんに麺の固さを訊かれて「普通」申請をします。 
しっかし普通の人にはどうだっていいのでしょうが、僕みたいな体型の人間にはここのような固定イスはダメダメですね(^_^;)  
なんでこんなだだっ広い店内スペースにもかかわらず、狭い思いをしなきゃダメなんだと恨み言を頭でシャウトしながら厨房内のオペレーションを眺めます(^_^;)



















先に生とじ玉子がサーブされます。玉子を割り落とした状態ではなく、卵液になっていました。

それから引き続き厨房内を眺めます。オペレーションはけっこうノンビリな感じです。
そしてやっとトッピング伺いがあり「全マシ」とコールして



















着ド〜〜ン



















横からもド〜〜ン

ボリュームについては、あらかじめ知った上で行っているので特に言うことはありません。飲み屋街仕様というやつですね(^O^)

まずは野菜からいっただっきま〜〜す

野菜はシャキとバリの中間です。札幌店に次ぐ生感が(^_^;)
しかし、固形脂が甘くて美味しく箸が進みます

3口ほどで野菜があらかた無くなり



















天地返〜〜し
平打ちストレート麺が現れます(^O^)

普通申請でけっこうな柔らかさです。
まぁこれはこれで好きなのでズルズルッと啜ります

もう少し小麦の香りがブワ〜〜ッとしたのが…… とも思いますが、特別ダメダメではありません



















豚は全くと言ってもいいほど脂は無く、赤身の部分で身が締まった感じのもので、ショッパかったです。
が、身震いするようなヤバいショッパさでは無く、麺と豚とを交互に食べればちょうどいい感じのアクセントになりました(^O^) 食感は締まっているというだけで、パサではありません
それから生とじ玉子に麺をつけて



















すき焼き風にいただきますが、これを通すと一気に和風二郎になります
これはこれで好きな味です(^O^)

と、色々と楽しみながらやっているとあっという間に



















完食です


今日は後の予定があったので、これくらいでいいと思いましたが、やはり有料でいいので麺増しがあったらな〜とは思います(^_^;)

ただ、歌舞伎町店は酷評するのも目にしますが、そこまで酷いかな〜と今日も思いました。

逆に営業時間は長いし、近所だしで僕にとっては悪くない二郎だと思います(^O^)


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ