もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店1周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: ラーメン二郎 環七一之江店

6月26日。26dayのことです。

今年お初❗️

よく人に『好きな二郎はどこですか?』と聞かれることがありますが、優柔不断なもるちゃんは『ここが1番!』と明確な順位は付けられませんが。

間違いなく最初の方に出てくる店名が『一之江』です

ただし『純粋に味だけだと』という枕詞が付いてくるのも事実なもので(^_^;)

まぁこれを言い出したら長くなるので、この辺てwww

ちなみに僕の中での過去1番は、今は無き赤羽二郎です。ダントツで好みでした

ということで『好きな二郎』などと、ご一緒したりする人に言っておきながら、今年お初の上、実に1年近くぶりで、6月22日より店内営業を再開した。

FullSizeRender

こちらへ💨💨💨

10時過ぎの到着で6番目に接続します。

すると、一之江二郎ではけっこう多いのですがこのこの日も前倒し開店で、1040分くらいにオープンします👍

FullSizeRender

まぁ各店そうなのでしょうが、こちらもコロナ対策に気を遣っているようで席数を減らしての営業のようです。

そして。 

​購入したメニュー

FullSizeRender

豚ダブルが売り切れになっているのを残念がりながら購入したのは。

FullSizeRender

汁なし大ラーメン+豚増し+生卵ダブル。

そして、ぼんやりとオペレーションを眺めているとトッピング伺いがあり『ヤサイニンニクアブラギョフン』とコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン‼️

FullSizeRender

横からもド〜〜ン‼️

FullSizeRender

フワフワな背脂とホクホクな野菜を絡めて食べると、ふりかけたトウガラシの風味がアクセントになり美味しいです😋😋😋

FullSizeRender

魚粉も後にとっておかずに野菜に絡めて食べちゃいます👍

​豚

FullSizeRender

豚は厚めなカットのもので、全てが柔らかくて味染みは優しめで美味しいです😋👍

それはそうと、以前は豚の周りがピンク色だった気がするのですが、仕様を変えたのでしょうか? 

​天地返し&麺


FullSizeRender

天地返しにするとタレの醤油色に染まった平打ち麺が現れます。

FullSizeRender

そのままでは振られていないブラックペッパーをパラリンコしてから啜ります🍜

うんうん旨い👍

シッカリとコシが残っているけど、決して硬過ぎない麺はスルスルと入っていきます😋😋😋

そして終盤には恒例の。

FullSizeRender

すき焼き風〜‼️

気持ちショッパさが強めなので、これで僕にはちょうどな味の濃さです👌

ということで。

FullSizeRender

完食〜〜‼️

幸せな時間は5分で終了を迎えました。とさ。


味は好きなんだけど……

やっぱり量がね(^_^;)

って、いつも『お店お店のスタイルがあるから』な〜んて物知り顔で言っておきながら本音をゲロってしまったwww

冒頭の『純粋に味だけだと……』の後に続くのは上記の言葉です(^_^;)

一之江二郎は1度に2杯のオーダーができるのも知ってはいますが、そこはホレ。面倒臭いのが服を着て歩いているようなもるちゃんは、コスパを考えて大ラーメンと大汁なしと生卵をそれぞれの組み合わせで買って約2千円を払うのであれば、他の店をチョイスしていまいます(^_^;)

ということで、味は好きなんだけど今後も訪問頻度はそれほど上がらないのかなと思います。

とかなんとか言って、僕はひとつの店舗に集中して行かないで、あっちフラフラこっちフラフラしているので、だいたいどこに行っても『お久しぶり』になっちゃうんですけどね(^_^;)


いつになるかは分かりませんが、そのうち一之江二郎の2杯食いはしてみようかな?



ではでは👋


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村


7月5日のことです。
お気に入りのお店なのに5ヶ月近くぶりの。

FullSizeRender

こちらへ💨💨💨

13時過ぎの到着で8番目に接続します。

IMG_3700

一之江二郎での食券の買い方はこのようになっています。

このように目立つところに書いてあると助かりますね✨✨✨

ということで。

6番目以内になったので食券を購入します。

購入したのは。

FullSizeRender

大汁なし+豚増し+生卵。

食券を購入してから、まとまって食べ終りの人が出てきて待ち時間は短めで着席!

しばらくしてトッピング伺いがあり「カラメ以外全部」とコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

まずは。

FullSizeRender

トウガラシをふりかけてから。

いっただきま〜す‼️

野菜は中間くらいの茹で加減でホクホクと美味しいです✨✨✨

そしていつもの食べ方は、野菜を食べ進めて野菜を箸でつまんだ時に麺も一緒につまむようになったら豚に移行します。

なので野菜は先に食べ切らずに、だいたい1割残しくらいにしておくのがいつものルーチンです👍👍👍

FullSizeRender

豚は前のように表面が赤くなっていないですが、やはり安定していて、柔らかさや豚出汁の留まり具合、カエシの浸かり具合。
どれを取っても僕の中での直系二郎のトップクラスです✨✨✨

ご多聞にもれず、この日の豚もフワフワとサクサクが同居している食感で、ジューシーで大大大当たり🎯🎯🎯

それから。

FullSizeRender

天地返〜〜し‼️

麺はいつもよりもゴワゴワ感があり、あの某北区のあのお店が思い出されるもの👍👍👍

中盤からは。

FullSizeRender

すき焼き風で✨✨✨

ここの量を計算して生卵は1個にしたのですが、これが見事に抜群のバランスで大正解です💯

ということで。

FullSizeRender

KKにて、ご馳走さまでした✨✨✨


食べ終わり外に出ると行列は縮まることがなく、やはりこちらも人気店なんだなと再認識しました👍

ということでアメ車を眺めながら一之江駅に戻りました✨✨✨



ではでは





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

8月3日。


本日は直系二郎で僕の中ではトップ3に楽々入るお気に入りのこちらへ
これで「量が」とは思いはしますが、無い物ねだりを言ったらきりが無いですよね(^_^;)

ということで。

FullSizeRender

定時ちょうどくらいの到着でしたが早開けしたようで既に8割がた着席していました。

すぐに食券を購入して着席します。
購入したのは。

FullSizeRender

大汁なしラーメン+豚増し+生卵2。

豚ダブルは回避しましたが、これが後に訪れる悲劇の引き金となるのは、この時は知る由もありませんでした。

着丼待ちの間に厨房内のオペレーションを見ていたら、ちょうどスープの寸胴から豚を引き出すところで、どんな豚を使っているのかなと思っていたら、見た感じ肩ロースのようでした。

その後トッピング伺いがあり「ヤサイニンニクウオコ」とコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

キャベツの緑が目に飛び込んできます。

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

野菜はいつもより多い感じがしますが気のせいでしょう(^_^;)

今回はいつものルーティーンとは変えて、野菜は食べずに。

FullSizeRender

豚を並べてパッシャ〜ン  してから、ひと切れを食べますが、これがドンピシャ好みなやつ

肉質がミチミチと密集しているのですがサクッサクッと歯切れのいい柔らかさで、豚出汁の留まりはいいのですが、カエシに浸かり過ぎていないちょうどな味加減です これダブルにしてたらよかった(^_^;)

それから。

FullSizeRender

カエシに染まった平打ち麺が現れます!

啜ると、中間よりやや固め寄りな茹で加減です。

ブラックペッパーをかけるともっとらしくなるのでしょうが、そのままで十分に美味しいので、ブラックペッパーもトウガラシもかけずにズルズルと啜ります。

そして普段はここで得意のすき焼き風をやるところなのですが、なんとなく今日は溶き卵を麺の方にかけようと思い、生卵の半分量を。

FullSizeRender

ぶっかけ〜〜

そして啜ってみると。

美味い! これ美味いんでないかい

ってことで。

FullSizeRender

残りも入れちゃえ!

そして野菜を食べずに天地返しをしたのもあってか、それに加えて生卵もぶっかけたのもあってか、汁なしを食べている後半に感じるショッパさも無く。

FullSizeRender

KKでごっちゃんシタ

いやはややっぱり一之江はブレが少ないと思います。
って言うほど回数は来てませんが(^_^;)

この時点での腹具合なら並び直しのおかわりと行きたいところですが、後の予定があるので後ろ髪を引かれながらもお店を後にしました。




ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ