もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店2周制覇。3週目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 環七一之江店

9月25日

サブタイ通り3周目の大詰めで残りの数店舗のうちの……  と火曜日に行こうと決めていた、久しぶりの一之江店でしたが、昨日のツイートで26日(臨休)と27日(定休)に連休しますとあったので、いざ





















12時ちょっと前に着いて並びは15人ほど(正確には数えず)















しばらくして前から5番目くらいになってから食券を購入します













購入したのは大汁なし。

その後助手さんが出てきて麺量確認をしていきます。その際に口頭で大汁なしの他に豚ダブルを伝えます

そして入店して入り口から4番目(かな?)に着席
僕は一切メモなどは取らないので、この辺はけっこう適当です(^_^;)
(この辺「は」ではなく、この辺「も」かwww)





















すぐに生卵ダブルがサーブされます。(生卵は現金で1個50円也)

その後、助手さんよりトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラウオコで」と答えます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎  でもって


















ド〜〜ン






















横っぺたもド〜〜ン
今日は豚は赤肌ではなかったです。





















いつものルーチンで一味をパラッて
いっただきま〜す

野菜はちょい冷め気味で、中間な茹で加減です。





















判はそれほど大きくはないですが、厚めなカットのものがゴロゴロと
食べると柔らかく、真っ先にショッパさ感じます。
ってことで豚を生卵にドボンさせてから





















天地返〜〜し

ちょい幅のある平打ちウェ〜ブ麺がタレの醤油に染まっています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

啜るとやはりショッパめなので、すぐに生卵ですき焼き風に
僕は生卵が好きだなぁ〜とつくづく思います

1年近くぶりで記憶がぼんやりですが、ここの汁なしはブラックペッパーはかかっていないのですね。

まぁ、たまたまなのか今日はブラックペッパーはいいやとふりかけずに





















豚にホワイトペッパーをふりかけて食べ進めます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そして今日は生卵を早い段階で丼にかけて食べ進めます

するとショッパさが緩和されて、最後はグビグビッと





















KKでごっちゃんシタ

まぁこちらも退店時には外待ちが20人くらいには伸びていて、お爺ちゃんお婆ちゃんの2人連れが食べているなど、とにかくノンビリとした雰囲気の二郎さんでした

ということでカウントダウンはまだ続きます

週末はラスボスに行くので体調を整えておかないと自分が終末になりかねないので、心して今週を過ごさなければと思った初秋の昼下がりでした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

10月17日

今日は亀戸駅に向かいます(^O^)  と……















はい、くらった〜www

まぁ昨日、券売機の不調があっての定休日前の今日ですから、ある程度想定内でした(^_^;) すかさず次候補にしていたお店へ

ということで一之江駅に着き、雨に打たれながらお店に向かいます(^O^)



















10時45分に到着して、並びは3人でその次にに接続します(^O^)

接続してからすぐに後続がポツポツと  皆さん雨の日なんてなんのそのです(^O^)  って人のことは言えないか(^_^;)

すると5分前倒しの10時55分にシャッターが上がり開店です



















入ってすぐ右に券売機があり

汁なし大盛りラーメンをポチリ(^O^) 食券の写真は撮り忘れ

そして席に着き、現金200円で豚ダブル、50円で生卵をオーダーします(^O^)



















生卵が即サーブされます(^O^)

シャッターが上がったその流れで、岡田義徳似の助手さんが麺量確認していたので、それほど待たずにもう麺上げをしています

そして義徳助手さんからのトッピング伺いに「ヤサイニンニクアブラ」とコールします(^O^) そしてすぐに


















着ド〜〜ン














横からもド〜〜ン

一之江独特の赤肌の豚が目を引きます

まずは野菜と脂を一緒にいっただっきま〜す
柔らかめな茹で加減の甘い野菜に、これまた甘い脂が相乗効果であま〜〜い



















それから豚を並べてパシャリ

伴は小さいですが厚めのカットの赤肌豚は、赤身のみの部分や脂をまとった部分などが入り乱れていますが、食べると1つもパサが無くて柔らかジューシーのお豚様でした  大当たりというヤツでしょうか?  それともこれが一之江グレード?  その辺は僕はまだ2回目の訪問なので分かりません。  が、いつもこのグレードなのかなと勝手に思ってみたり(^O^)



















麺を引っ張り出します(^O^)

表面がツルンとした平打ちウェーブ麺は柔らかめな茹で加減です。僕の好みの話しですが、汁なしは麺は柔らかめの方がいいように思います(^O^)
そして、ただ柔らかいだけではなく、チュルンプルンと食感がいいです



















そして、汁なしはジャンクな方がいいべさ〜ということでブラックペッパーをシッカリめにふりかけて、すする君(^O^)

これまたウメェべさ〜



















終盤は粗めの唐辛子を投入〜〜

ブラックペッパーの痺れと唐辛子のピリリがいい感じです(^O^)

見えてきた汁は微よりも進んだ乳化なや〜つ〜

そして美味い美味いと



















関内に引き続きのKK(完飲完食)


あっ   そうそう
そういえば、この前の関内の限定で今年晴れて二郎100杯目でした(^_^;)

いかんせん僕はマメな人間じゃないので、このようなカウントはけっこう過ぎて後から気付くパターンが多いです(^_^;)

このブログも祝100回〜〜
な〜んてのも途中途中に気付いたりしたのですが、ズルズルとしながらもう更新160回を越していたり(^_^;)


とまぁ、一之江の初汁なしはウマウマで大満足でした

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ