もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店1周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: ラーメン二郎 新潟店

1月10日のことです。

新春みちのくひとり旅 2軒目

遠征2日目は1年ちょいぶりの。

FullSizeRender

こちらへ

開店15分ほど前の到着で並びは5人で6番目に接続します。

そして、6分ほど前倒しで開店しました。

​購入したメニュー


FullSizeRender

どれにしようかと迷うことなく。

IMG_0412

大豚ラーメン。


食券提出時にあるトッピング伺いに「ニンニクアブラ」とコールして。


FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

湯気がもくもくと立ち上がり、冷えた身体に嬉しい熱々なのが見ただけで分かります

それではさっそく。

いっただきま〜す

​野菜


FullSizeRender

大振りに切られたキャベツが印象的な野菜はシャキ寄りで、背脂と絡めて食べると溜まりません

​豚

新潟二郎はかねてから「もち豚」というブランド豚を使用しているので有名ですが。

あの〜

あのですね。

いちおう元肉屋という立場から思い切って言わせていただきます。

この豚。

半端なく美味いです

FullSizeRender

これこれ。

このピシッとした肉質で、噛むとサクサクっと繊維がほぐれていくやつ。

FullSizeRender

お世話抜き、フカシ抜き、ねつ造抜き、歪曲抜き、忖度抜きでウメェッス!

なまらウメェッス!

いや参った。参りました。

そして味染みも適度でしょっぱ過ぎずに豚出汁たっぷりで文句のつけようがありません

天地返〜し!&​麺

FullSizeRender

平打ちウェーブで、ややふっくらと厚みがありますが、キチンと芯残しでスープの持ち上げバッチリでズバズバいけます

FullSizeRender

​スープ

FullSizeRender

見よ! この細かな油の玉を!

乳化なミルキースープはそこはかとなく甘味があり、豚の出汁が濃厚に効いていて、心の臓のご機嫌が悪くなかったら完飲しないともったいないやつ


ということで。

FullSizeRender

泣く泣く完飲を思いとどまっての完食〜〜!


いやはや。

僕が抱いていた新潟二郎の印象を大幅に上書き修正しなきゃならないほど美味しかったです



ではでは



関連ランキング:ラーメン | 新潟駅

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月18日のことです。


いやね。
けっこう前からこの日は天気が悪いのは分かっていたんですね。

でもゲリラ豪雨とか豪雪になるほどではないと自分に言い聞かせで予定通りに第2の故郷である新潟に向かったわけさ。

って新潟市こそ住んだことはありませんが、旧小出町、今の魚沼市には1年近く住んでいたことがあるので、第2の故郷と言えなくもないかなと。強引だけど(笑)

FullSizeRender
(写真は越後湯沢駅を出たあたりの魚野川)

でもやっぱり関越トンネルを抜けるとそこは雪景色だてそ〜

ひとつ心配事は翌日の朝なのですが……

それはホレ。また今度の更新で何故かは分かることだっぺした〜〜!

しかし湯沢の山を下り六日町あたりの平野部になると雪も降りやみ積もってもいませんでした。 やはり標高よって違うものなんですね。

って都会人ぶっちゃったwww

これまで高崎、水上、長岡、と乗り換えできたけど、もるちゃんくらいの18kipperエキスパートにもなると手慣れたもので、いかにスムーズに乗り換えをするかは、周りにいるでかいリュックを座席の小脇に抱えている18kipperの先達の方々の動きを、乗り換え駅に到着する10分ほど前から注視していると、やはり列車が停車した時に階段が目の前に来る車両と扉を熟知しているので、自分が前もって予習しておく必要はなくスムーズに乗り換えができるというずる賢い戦法を会得したって寸法でさぁwww

ってことで無事に新潟駅に着き一路目的地へ

FullSizeRender

到着〜〜!

ってここじゃない

FullSizeRender

ここだぁ〜〜! って違〜う!

って井原道場が新潟にあるのを知りませんでした。会長お元気かな? 10年以上は会ってない。
僕が井原会長と懇意にしていただいていた頃は代官山のジム(本部にあたるのかな?)で、当時は魔裟斗選手や小川直也さん、ボブサップなどが練習に来ていました。
って今の僕を会長が見たら「お前何やってるんだ!ちゃんと節制しろよ!」って雷が落ちるだろうなwww

ってことで。

FullSizeRender

着いたべさぁ〜〜

外待ち無しで店に入ると中待ち席が全て埋まっていました。

FullSizeRender

さっそく超シンプルな券売機で。

FullSizeRender

大豚ラーメンを購入。

そして新潟店はラーメンを配膳する直前ではなく、先にトッピングを訊かれます。

「ヤサイニンニクアブラ」とコールしてから着席します。

そしてそれほど待たずして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

IMG_0931

横からもド〜〜ン!

さっそく。

FullSizeRender

ルーチンパラリンコして。

いっただきま〜す

野菜はシャキでしたが、それよりも何よりも、もやしがそこはかとなく美味しいんです。
富士丸のようにスープで煮てとかではなく、もやし自体が違っていてほんの些細な違いですが甘さと旨味を感じました。
何が違うのかは糞dbヨチヨチもるちゃんには分かりませんが(^_^;)

気を取り直してwww

FullSizeRender

豚並べてポン!

豚は若干薄めな切り方でしたが、これがまた美味い! もともと新潟の豚は使っているモノが違うなとは思っていましたが、その印象の上を行く美味しさで、柔らかくて味染みはこれ以上だとショッパイなという手前の濃さで
そして豚のいい味わいがとにかく濃厚でした

この前の札幌といい、ここ新潟といい、当たりを引いたら長距離移動の疲労も吹き飛びます

それから。

IMG_0934

天地返〜し!

麺は平打ちで気持ちふっくらと厚さがあり、茹で加減はたとえるなら三田の親父っさんの気持ち固め寄りな感じで美味しいです

そして麺が引っ張り上げるスープは、僕には少しショッパイかな? 生卵が欲しかったかな? と思いましたが、食べ進めてもショッペェ〜とはならずにいい感じでした

そしてそのスープは乳化していて、僕は「これってほんの少しバターをトッピングしたら美味しいんじゃなかろうか?」と思いました。

ということで。

FullSizeRender

完食完飲のKK〜〜!



これにて現在営業中の直系二郎、全店5周がやっと終了しました!

前もこれで終わりとか言いましたが、これにて本当に周回の旅は終了します。

正直、自分自身かなり無理をしていましたし、色々と通っていくと自分なりの好みも明確になってきましたし。


ということで、ここでもるちゃんの二郎ランキングを発表〜〜!

な〜〜んて、いくら炎上芸のもるちゃんでも、それは言えねぇなぁ〜〜!

では上位のお店を書いておきますかね。

そこのお店を好きかそうでないかは純粋に味だけではなく、そのお店の雰囲気もありますし、それほど気にしないといいつつ、そこはホレ!

もるちゃん特有の判断基準には店舗の広さ(狭さ)も考えちゃうわけですよw デブなだけにwww

と、前置きが長くなりましたが純粋に味でいったら一之江が好きかな? そして残念ながら閉店してしまいましたが赤羽店のラーメンも好きでした。そして野猿。

こんな感じでしょうか。

でも、あくまでもこればかりは好みというのが大きいと思います。

そして今後ですが周回を意識しないのですから自ずと行く店行かない店が出てきます。

が。

それは敢えて言うことはしません。
ただし、先述した通り距離の問題や狭さの問題もあるので一概には行っていないから、あそこの店はどうだということでも無かったりもします。

難しいですねwww

あとは二郎は洒落た言い方をすればオープンキッチンですよね? ということは調理の一挙手一投足を全てお客さんに見られています。

それにもかかわらずにマジか! というようなことを平気でやっちゃうお店もあるしwww 

あの箸ポトリ事件はさすがに引きました(爆)

スープ寸胴に水道水を流しながら、その上で丼を洗ったり手を洗ったりwww


まぁまぁ色々ありますわな。

ってなことで。



ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月5日。

今年のバースデー二郎はどこにしようかと前々から漠然と考えていましたが、先日某アプリを見ていたら2回分の青春18きっぷが格安で出ていたので即購入しまて。

急遽みちのくひとり旅へ

今回は始発の電車に乗った途端に目を瞑りうたた寝モードに。

そして高崎、水上と乗り換えて

IMG_9578

トンネルを抜けたら( ゚д゚)ハッ!

車窓からなので色がなんだか(^_^;)

IMG_9580

越後湯沢のこの辺りは「流れが強いな」くらいでしたが、六日町を過ぎる辺りの魚野川中流域に差し掛かると乳白色が混ざって明らかに雪代ガンガンでした。

実は僕は長期ではありませんが六日町のさらに下流域にある旧小出町(現南魚沼市)で仕事をしていて、平日は出勤前に30分。(毎日必ずではないですが)休日は他の用事がない限りほぼ一日中川に入って釣竿を振っていました。

な〜んてらしくないノスタルジーに耽っていたら新潟駅に到着〜!

さっそく二郎さんへ

FullSizeRender

店に着く約300メートルほど前から例の豚出汁が出ている二郎臭が鼻孔をくすぐります! 今日のスープいんでないかい!

FullSizeRender

11時45分くらいの到着で外待ちは無しですぐに店内へ。

FullSizeRender

一律50円の値上げかな?
それでもこのコスパは凄いのひとこと。

購入したのは

大豚ラーメン+麺増し。(食券写真は撮り忘れ)

新潟店は食券提出時に無料トッピングのコールをします。

コールは「ヤサイニンニクアブラで」

店内は座敷席は空いていますがカウンター席は常に満席状態です。

と、おもむろに

IMG_9586

着地〜〜!

IMG_9587

横っぺたもガシャ〜〜ン!

FullSizeRender

トウガラシ…… (じゃなく、これはチリパウダーのようです)をふりかけて。

いっただきま〜す

野菜はシャキッと甘いです

野菜をいい感じにパクついてから

FullSizeRender

豚をギュイ〜〜ン!

端豚あり脂身あり赤身ありでバラエティーに富んでおりまする。

食べると全当たり ホントに美味い!

それから満を持して〜

IMG_9590

天地返〜〜し!

麺は野爆くっきーの世界観のようにエッジが効いていて啜ると芯残しでシッカリ食感な茹で加減です。
でもシッカリ食感な麺なのに喉つまり無しでスルスルいけます!

スープは乳化していますが強過ぎず、かといってライト過ぎない、いい感じで甘さとショッパさのバランスもいいです。

これは僕の好みの話しなので人によってはカラカラにしなければ物足りないのかな?

違うのかな?

オラわがんね〜!

わがんねぇ〜じゃ〜〜!

ということで後々のことを鑑みて、プースーは完飲はせずに

ごっちゃんシタ〜〜


うんうん。

新潟二郎の僕のイメージを覆す1杯でした

したっけ、ほれ!

次の目的地に行く電車まで4時間もあるっぺした!

これは新潟で時間を潰す必要性が出できたずな!

万代そばの黄色いカレーも頭に浮かびましたが、今回は別なものを食べたいなぁ〜


それは次回の講釈で。



ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ