もるせがの Road to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店5周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: ラーメン二郎 会津若松店

9月4日のことです。

久々の。

IMG_4474

こちら。

そして初めての夜の部に凸!

って言っても17時半過ぎくらいなので、まだ外は明るいですけど。

しっかし、今期は自重して年末の18きっぷ期間に東北遠征を決行しようと思っていましたが、意志の弱いもるちゃんは来ちゃいました(^_^;)

そして初の会津滞在で。

ってなことで昼間はソースかつ丼をチャージしてから宿に入って、夜の部の時間まで削られたHPを回復させて万全を期しての凸!

到着すると外待ちは無く(ラッキー)8割くらいの席の埋まりでした。

ということで即食券を購入します。

FullSizeRender

購入したのは。

FullSizeRender

大つけ麺エビ味。

しょうがをプラスしょうか迷いましたが、サイドメニューは無しでシンプルに。

そして麺上げが始まり、その麺を水で〆ているタイミングでトッピング伺いがあり「お願いします」とコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

FullSizeRender

まずは野菜にトウガラシをふりかけて。

いっただきま〜す

野菜は久々に食べたようなシャキシャキなやつ。

単なる思い違いかもしれませんが、直系二郎では野菜の茹で加減がシャキよりもシッカリと茹でる傾向になっている気がするのですが。

思い過ごしですかそうですかまる

FullSizeRender

豚は長方形なやつと巻いたやつ。

巻いていない方はフワトロな柔らかさで、巻き巻きの方はそれよりも若干歯応えがありました。 歯応えがあると言っても硬いわけではないです。あくまでも比べたらの話しです。

それから。

FullSizeRender

麺をプレーンで。

形状はシッカリとした扁平な平打ち麺で、カチッと水〆が効いていてパッツンさがあります。

このままでも十分に美味しいなと思いました。

そして。

FullSizeRender

つけ汁に潜らせてからズルズル。

麺を口に入れる前にすでにエビの風味がしてきます。

久々のエビ味

FullSizeRender

ただ、風味はあるのですが塩味が薄めだったので卓上のカラメボトルを回しかけると、ちょうどな感じに。

それからもエビの風味を楽しんで。

FullSizeRender

KK!

食べ終わる頃には学生さんのグループをはじめとするお客さんが入ってきていて、これから本格的な客入りになってくるようで、そそくさと退散してきましたとさ。


いくら東北だと言ってもやはり盆地なので暑さを覚悟していましたが、お店を出た後の風はとにかく気持ちのいい涼やかなものでした。

実は昼間はけっこう歩いたので(旅情編として後日別個に更新します)、体力の回復に努めようとすぐに宿に戻りました。



ではでは



関連ランキング:ラーメン | 会津若松駅


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月5日のことです。


新潟二郎タレかつ丼を食べてから少々時間がありブログを書いたりしていたら出発時刻になり、僕の中の密かなお気に入りの磐越西線に

FullSizeRender

やはり阿賀野川も雪代ガンガンでこんなところに落ちたらひとたまりもなさそうです(^_^;)

途中、狐の嫁入り行列で有名な

FullSizeRender

津川駅で9分ほど停止するとアナウンスがあったので下車して

FullSizeRender

オコジロウの家を激写して。

な〜んて前から知ってる風に言っていますが、これはなんぞやとググッたら、SLばんえつ物語のキャラクターのようです。ってそれでも僕はいまいちピンときませんが(^_^;)

そうこうしているうちに暗くなり外の景色も見えないのでコックリコックリと、うたた寝タイム。


19時ちょうどに会津若松駅に到着。

FullSizeRender

夜の赤べこ。

の撮影もそこそこに

FullSizeRender

駅から徒歩2〜3分のこちらへ!

外待ちは無しでそのまま店内へ。

FullSizeRender

購入したのは

FullSizeRender

大豚つけ麺 エビ味+麺増し(現金100円)

しばしの後にトッピング伺いがあり

「ニンニクアブラで」とコールして

FullSizeRender

つけ汁から着ド〜〜ン!
もう見るからにエビのエキスがいい感じです

FullSizeRender

続いて麺ド〜〜ン!
会津二郎のつけ麺は麺丼側に野菜と豚が盛り付けられているタイプです。

FullSizeRender

横からド〜〜ン!

FullSizeRender

並べてド〜〜ン!

FullSizeRender

トウガラシをド〜〜ン!


してからダ〜ッつって!ダ〜ッつって!

いっただきま〜す

野菜はホクホクなちょうど中間な茹で加減で甘い!  それから

FullSizeRender

豚きたド〜〜ン! 

巻かないバラ肉やほぐし豚とバラエティーに富んだ賑やかさで街はもう大騒ぎさ!

初めて会津二郎を食べたときに当たった粘土みたいな食感(って粘土を食べたことはありませんがイメージとして)豚はやはりたまたまだったようです

それから

FullSizeRender

天地返〜〜し! はしないでそのまま食べ進めます

麺は平打ちな縮れ麺でコガジに似た感じがします。

海老エキスたっぷりのつけ汁はやはり美味しいです。
ザ・甲殻類! という濃厚な風味が箸を持つ手を進めます。


もう少しほしいかも……

と一瞬思いましたが食べ終わってから10分後くらいに腹パンになったので、このくらいが適量だったようです(^_^;)

ということで弾丸ツアー第2弾を食べ終わり会津若松駅に戻りましたとさ。


めでたしめでたし。

とっぴんぱらりのぷぅ。


ではでは






12月21日

坂内食堂のラーメンを食べて



















他のラーメン屋さんも、という考えもあったのですが、乗り継ぎその他の兼ね合いで喜多方駅に逆戻りします(^o^)
やはり雪が積もって、その後溶けている途中のようです。
それからまた磐越西線に乗り



















会津若松駅に降り立ちました。
しかし、会津若松に向かう途中で次に行こうと予定していたお店が休業日だというリサーチ不足満載の事態が

行こうとしていたのは、会津若松駅から2駅、喜多方駅とは反対側の西若松駅近くに「いとう食堂」というご当地グルメのソースカツ丼で人気のお店です(^_^;)

それを知ってソースカツ丼は諦めて二郎に行くかと思いましたが、いとう食堂以外にもソースカツ丼を出すお店はあるよなと思い直してスマホで調べたら、どうやら「十文字屋」というところが人気のようでした。
しかし距離の都合で出来るだけ会津若松駅に近いところはと調べたら……

どうやら「若松食堂」というところが初めてソースカツ丼を提供したらしいことが書いていて、駅からも近いのでそこに決めました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎



















駅から歩いて10分足らずで到着(^o^)



















もちろん注文したのはソースカツ丼の大盛りで

店内は少々寂しい感じで、僕が口開けの客でした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎



















でもってド〜〜ン



















横からドッスン



















蓋開け〜〜の



















ごっちゃんした〜〜

これで生涯で3枚目くらいのソースカツ丼でしたが、僕は好きですね(^o^)  もっと全国的にメジャーに置けばいいのにと思います(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

若松食堂さんの一杯は美味しかったのですが、もう3杯くらい欲しかったかな(^_^;)

ということで若松食堂を後にして、若松二郎に向かいます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

前回は豚が残念だっただけに、今日は当たってくださいと思いながら



















12時ちょっと前に到着〜〜

外並びは無しで即入店。  と……
開店1時間も経っていないのに豚切れでした
つくづくこの店とは相性が悪いのでしょうか。前のは紙粘土を食べてるような、生涯食べたことの無いような変な食感の豚だったし(^_^;)

で、気を取り直して













大ラーメン+生たまご+生たまご+しょうが。を購入します。



















新しいメニューが追加されたようです(^o^)



















生たまごがかわいい器に入ってサーブされます



















このような写真を撮ったりしていると、オッチャン助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」をコールします(^o^)  そして



















着ド〜〜ン



















サイドアングルでド〜〜ン
いつも見ている若松二郎の豚のビジュアル。あの巻いていないバラ肉のそれとは違いますが、大判で厚切りのものが2枚入っています(^o^)

いつものように野菜からではなく、真っ先に豚の端をつまみましたが、柔らかく美味しい



















なんだか一安心して生たまごの器に移してから、野菜を脂とともにいっただっきま〜〜す

野菜も脂も甘くて相乗効果で倍々に美味しいです
野菜は中間よりもややシャキでホクホクしています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
野菜をあらかた食べてから



















天地返〜〜し

ちょいウェーブの平打ち麺が現れます(^o^) 啜ってみると、ややボソな食感でやや固め寄りの茹で加減でパンチがあります

スープはやはり野猿系の乳化ポタな粘度のあるもので、ショッパさも過剰ではない程よい味付けで、ドンドン箸が進みます



















そしてあっという間に完食です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

ご馳走様でした〜〜

外気が低いにもかかわらず大汗をかいたので、駅前のロータリーに行ってベンチに腰掛けて休憩します(^o^)

そして本来ならここから仙台に向かうのですが、22日に用事が入りまして会津若松から一旦家に帰ることに

そして仙台は来週行くことに決めています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎  
数日前に用事が入って行けなくなったのが分かった時点で、ご一緒する予定だった仙台店の生き字引な方に連絡を入れたら、予定を変更した日にご一緒できるという嬉しいお返事が

途中、野猿の丸鶏を楽しんでから来週はまたまた、みちのくひとり旅をします(^o^)


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ