もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4週目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 JR西口蒲田店

10月14日のことです。

桜台のネギ入りラーメンを堪能した後、周回の旅には避けて通れないので(^_^;)

なぜ避けていたかといえば、この店は、店頭に行くまでやってるのかやっていないのかが分からないところ。
まぐまぐなどのメルマガやTwitterをやっているわけでもない。

まぁ自然と足は遠のきますわなぁ〜(^_^;)

でドキドキしながら、かつて住んでいた懐かしい蒲田の地に降り立って二郎に向かいます。




























ブレてる……  僕の心の表れ
















おっ、やってた(^_^;)





















大ラーメン。  豚は増さず。
後から考えたら豚を増しとけば良かったかなと(^_^;)

外待ち無しですぐに着席。

食券をカウンター高台に置く時に麺増し申請をします。 今回は聞き間違えられなかったようです(^_^;) ←終始この顔www

そして前回までは無かった謎の行動が。

丼を調理台に並べてから何もせずに店主さんはトイレに。
そして出てきてから何もせずに数分。

それから冷蔵庫から角型容器を取り出して、中の脂をスープ寸胴に投入。

んでまた数分何もせず。

手持ち無沙汰だったので食券を撮影して時間を見てから、また厨房内の様子を見ていたら、その間15分ほどしてからやっと麺を投入。 茹で湯を沸かし直し?
まぁいっか(^_^;)(^_^;)(^_^;)

それからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラトウガラシで」とコールして。





















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン


いっただきま〜す

野菜はシャキシャキ。













巻豚は柔らかい。





















天地返〜〜し

麺が赤っぽく見えますが、これは証明の影響ですね。
麺は中間よりも若干固めな茹で加減。





















背脂チャッチャなスープ。





















完食、ご馳走様でした。


感想というか食べ終わった後に頭に浮かんだ言葉は


「トンビが鷹を産む」と「前はここまでだったかな?」


でした(^_^;)



いよいよカウントダウン大詰め。(←カウントダウン詐欺www)




ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

2月7日

昨日、川崎店で食べた後に開いているかな〜とダメ元で



















こちらへ。
恐る恐る入り口を覗くと営業中の札が下がっていました(^_^;)

大豚ラーメンの食券を買い(写真は撮り忘れ)、前回の記憶から「麺増し」申請をしましたが、店主さんが助手さんに「麺固めね」と(^_^;)
聞き取りやすくハッキリ言わなきゃと反省して
あえて訂正はせずに待っていると助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニク」とコールして



















着ド〜〜ン

そういえばトウガラシをコールするのを忘れていました(^_^;)
ついつい頼んじゃうという程度のことなので、まぁいっかと気持ちを切り替えて
いっただっきま〜す

野菜は気持ちシャキな茹で加減で、少し匂いを感じ(土臭さというのかな)たので、ひと口食べてすぐに



















天地返〜〜し

固め申請なので、芯残しの茹で加減の平打ちストレート麺(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎



















柔らか過ぎず固すぎずのバラ肉らしさの@巻き豚

スープは甘さを抑えてあり、脂は通常の二郎のそれでは無くチャッチャしたのか? はたまた仕入れ時点で帯状の背脂では無く粒状のミンチ背脂を使っているのか?

それからスープに浸した野菜を食べてみますが、先ほどの匂いは気にならなくなっていました。

そして、先ほど食べた川崎のデロとは真逆の食感の麺と豚と野菜を交互に楽しみながら完食   (写真は撮り忘れ)


これにて2周目リーチになりました
最後の1店舗は来月にしようかなと思っています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そして今日2月8日、正式に川越店オープンのアナウンスがありました





















楽しみですね(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

8月21日

本当は明後日に行こうかなと思っていたのですが、台風や何やかやで何日か天気が悪そうなので急遽蒲田店に行ってきました(^O^)



















17時50分くらいに到着してPPでした。
僕が着いてから5分もしないうちにポツポツと人が来て、すぐに並びは6人になりました(^O^)

18時より少し早く入り口の扉が開き、助手さんに「どうぞ」と促されます(^O^)



















大ブタラーメンの食券を買い水を汲んでから1番奥の席に着きます(^O^)

麺が茹で上がるまで、マッタリとした時間が流れます。厨房内は白髪混じりの少々貫禄のある店主さんと若い助手さんの2人体制です(^O^) この方が元鶴見店主さんなのでしょうね。

そして麺上げが始まり助手さんからのトッピング伺いに「全マシで」と答えます。 前評判では何やら味が薄いようなので、僕が普段はまずしないカラメもした方が無難だと思い結果全マシにしました



















18時11分。ピンボケでド〜〜ン



















横からもド〜〜ン

やはうりこのトウガラシが降りかかっているのが蒲田店の特徴なのでしょうね(^O^)
ただし、トウガラシはだいたいの店舗では卓上に置いてあるのでスペシャル感は僕には感じません(^_^;)  えっ? これって触れちゃいけないやつ?


そして気持ちクタ寄りの野菜を7分目くらい食べてから豚を引っ張り出します(^O^)



















豚は@のバラ肉で柔らかく甘味を感じて、とても美味しかったです(^O^)
それから豚は一旦スープに沈めて



















麺は気持ち柔らか目の平打ちストレートです(^O^)
この天地返しをする時に感じたのがめちゃくちゃ量が少ないです(^_^;)

まぁ飲み屋街にあり酔客の多い立地では、お残しが多いだろうから、これは致し方ないですね(^_^;)
これまで野菜と豚と麺を食べた時点では、よく言われている賛否両論の否の部分は特別思いませんでした



















そしてスープですが、表面に透明脂がある程度の層を形成して、いわゆる背脂チャッチャ系のように細かな脂が全体的にプカプカと。

味の濃さは、あらかじめカラメにしていたのでちょうどいい具合でした(^O^)

でしたが

僕がちょうどいいのですから二郎の味に慣れている方からすれば若干味の濃さが足りないのかもしれません(^_^;)

もう一つ。

これも若干そう感じるという程度ですが、醤油の味が勝っていて甘味が足りないように感じました。
その甘味は豚の出汁からか、野菜の出汁からか、はたまたカエシに入れるみりんからなのか、いずれにしてもあとほんの少しほしいかなと思いました(^O^)

ただしこれだけは言えますが、これは飲んだ後の〆の一杯には格別だと思いました   そして 



















18時17分。半分ほどスープを飲んでご馳走様でした




これで僕の関東エリアの二郎訪問店は全て行きました(^O^)
そして2カ月ほど前までは一切考えていませんでしたが、せっかくここまで行ったので二郎全国制覇を終わらせてしまいます(^O^)

もう東北&信越用のJRの切符と、北海道用の飛行機のチケットの予約は済ませています(^O^)
あとは当日に台風などの影響で運行を見合わせるという事態だけは無いように祈るばかりです(^_^;)
あとそれぞれの訪問店の臨時休業

こればかりはある意味ギャンブルですね(^_^;)

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ