もるせがの fun to ラーメン二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店4周制覇。5周目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 JR西口蒲田店

12月8日のことです。

こちらはメルマガもツイッターなどもやっていないので店前に行かなければ営業しているのかいないのが分からない、僕にとって最難関なお店です。

FullSizeRender

写してはいませんが写真の左側、店の前に配達のハイエースが停まっていて、ものすごい嫌な予感が

ここに行ったことのある方なら分かると思いますが、まさにこの距離が1番ハラハラしますwww

でもって勢いをつけて。

FullSizeRender

どうだ〜! とばかりに入り口を見たら。

営業していました(^_^;)

ということで、すぐに入店して食券を購入します。購入したのは。

FullSizeRender

大豚ラーメン。

厨房内は助手さんが1人です。

それから席についてすぐにトイレから店主さんが登場。

厨房内を見ていると麺茹で釜のお湯が沸いていないようで、着席してから5分くらいしてから麺を投入。

その後麺上げが始まり助手さんからトッピング伺いがあり「ニンニクヌキヤサイトウガラシ」とコール。

翌日に用事があるのでニンニクは入れませんでした。

そして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

結構な量のトウガラシがかかっています。

ではさっそく。

いっただきま〜す

案の定というかなんというか、ひと口目でむせちゃうお子ちゃまもるちゃん発動www

ということですぐにレンゲでスープを上からかけまくって、気管に入るのを防止する措置を。

野菜はシャキでスープをかけると食べやすくなりました

野菜を半分以上食べてから。

FullSizeRender

豚並べ〜〜。

行く前から分かっていて織り込み済みなのですが、枚数を減らしてもいいのでもう少し厚さが欲しいところです。

人間って無い物ねだりです。人間というかもるちゃんが、かwww

それから。

FullSizeRender

天地返〜〜し!

二郎標準では細めな部類に入る平打ちウェーブ麺を啜ると、わずかですがゴワ感があり固め寄りな茹で加減で嫌いじゃないです

スープはなんと言ったらいいのか……  丸みが無いと思いました。

課長なのか、豚出汁なのか、背脂なのか、とにかく醤油が尖っている感じでまろやかさが欲しいかなと思いました。

僕の予想はおそらく脂に起因するのかな? と思いました。

ってなことで。

IMG_0715

完食で、ご馳走さまでした〜〜


ということで、これにて関東圏の直系二郎は5周目が完了しました。←やっとオワタ。


はてさて次はどこに行くのやら。

それは次回の講釈で。


ではでは






更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

7月14日のことです。

直系二郎周回の旅も大詰めになりやってきました。

FullSizeRender
蒲田二郎。

と。

ここの位置ではまだ安心はできません。

FullSizeRender
おお。やってた。

嘘か本当から知りませんが確変がかかれば臨休とか(^_^;)

まぁその話しは置いといて。

開店定時の10分後の到着で内外合わせて並びは無し。

空席が2席ほどあるのですぐに食券を購入してから席に座ります。

FullSizeRender
購入したのは大豚ラーメン。ダブルは回避。

それにしても暑いです

その後すぐに3人ほどの中待ちが。

なのに隣の男女2人連れはペチャクチャ喋りながら食べています。
店員さんが何も言わないのでそれでいいのでしょうが、よほど肝が座っているのかネジが1本外れているのでしょうね。

そうこうしていると麺上げが始まり助手さんからのトッピング伺いに「ニンニクトウガラシ」とコールして。 

FullSizeRender
着ド〜〜ン!

FullSizeRender
横からもド〜〜ン!

薄れつつありましたが僕のイメージにある、そのままの蒲田二郎のビジュアル。

僕がいつも振りかけるよりもシッカリと野菜を覆っているトウガラシの風味がシャキ気味の野菜に効いていて、ムシャムシャと食べ進めます。

9割くらい野菜を食べ進めてから。

FullSizeRender
豚を……

って蒲田二郎の豚ってこんな箸でつまむとホロホロと崩れたっけ?
などと思いながら食べると。

美味い。

柔らかくて味染み良くショッパ旨
それから更に下から。

FullSizeRender

巻き巻きなやつ  これもフワトロ

そして写真を撮り忘れましたが、下からもうひと切れ塊豚が出てきました

それもフワトロの大当たり!

って蒲田二郎の豚ってこんなだったっけ?

などと衝撃と言ったら大袈裟でしょうが、豚の余韻を楽しみながら。

FullSizeRender
天地返〜〜し!
麺は二郎標準からは気持ち細めな適度な厚さのあるタイプ。

それでもっと太かったら僕の好みからは外れる感じになってしまいます。

やはり色々と食べ歩いていくと自分の好みが確立してくるものです。

スープは乳化はそれほど進んでいない醤油が立った感じで、僕には気持ちショッパめかなと思います。

ですがショッパくて食べられないというほどではないので、ズルズルと麺を啜れます。

FullSizeRender

そしてふた口ほどスープを飲んで、ご馳走さまでした〜


いやいやいや。

やはり前回は下ブレにプラスしてハシゴをしたのも要因だったのかな?


兎にも角にも前回のイメージは完全に払拭された1杯でした


ということで直系二郎周回の旅もいよいよリーチとなりました!

ラスワンは来週行こうかなと思います。




ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

10月14日のことです。

桜台のネギ入りラーメンを堪能した後、周回の旅には避けて通れないので(^_^;)

なぜ避けていたかといえば、この店は、店頭に行くまでやってるのかやっていないのかが分からないところ。
まぐまぐなどのメルマガやTwitterをやっているわけでもない。

まぁ自然と足は遠のきますわなぁ〜(^_^;)

でドキドキしながら、かつて住んでいた懐かしい蒲田の地に降り立って二郎に向かいます。




























ブレてる……  僕の心の表れ
















おっ、やってた(^_^;)





















大ラーメン。  豚は増さず。
後から考えたら豚を増しとけば良かったかなと(^_^;)

外待ち無しですぐに着席。

食券をカウンター高台に置く時に麺増し申請をします。 今回は聞き間違えられなかったようです(^_^;) ←終始この顔www

そして前回までは無かった謎の行動が。

丼を調理台に並べてから何もせずに店主さんはトイレに。
そして出てきてから何もせずに数分。

それから冷蔵庫から角型容器を取り出して、中の脂をスープ寸胴に投入。

んでまた数分何もせず。

手持ち無沙汰だったので食券を撮影して時間を見てから、また厨房内の様子を見ていたら、その間15分ほどしてからやっと麺を投入。 茹で湯を沸かし直し?
まぁいっか(^_^;)(^_^;)(^_^;)

それからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラトウガラシで」とコールして。





















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン


いっただきま〜す

野菜はシャキシャキ。













巻豚は柔らかい。





















天地返〜〜し

麺が赤っぽく見えますが、これは証明の影響ですね。
麺は中間よりも若干固めな茹で加減。





















背脂チャッチャなスープ。





















完食、ご馳走様でした。


感想というか食べ終わった後に頭に浮かんだ言葉は


「トンビが鷹を産む」と「前はここまでだったかな?」


でした(^_^;)



いよいよカウントダウン大詰め。(←カウントダウン詐欺www)




ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ