8月19日

今日はプチ遠征のラーメン二郎 栃木街道店に行ってきました*(^o^)/*

行きはラッシュのメチャ混みを回避しようと普段のように開店待ちをする時間よりも遅く家を出ます。

同じ行くのでも僕の場合はなるべく交通費を抑えたいので、都営浅草駅から東武浅草駅まで歩いて乗り継ぎます(^_^;)



















途中この景色を久々に拝みました(^O^)
僕はこの景色を見ると「柔術」という文字が頭に浮かびます(^_^;)
わかる方にはわかるでしょ? w



















そして東武伊勢崎線のスカイツリーラインに乗り込みます(^O^)
この進行方向に対して縦並びの席に座ると「旅」を実感します(^O^)



















久々の隅田川
否が応でもワクワク感が*(^o^)/*

それでもって12時30分に壬生駅に到着



















駅の改札を出て真正面の景色。
このタクシー会社の建物を目印に左折しても直進しても行けます。初めての人は左折する方が分かりやすいかもしれません。今回の行きは直進することにしました(^O^)



















分かりづらいですが、この洋品店の駐車場の誘導看板を目印に左折します(^O^)
とにかく今日は晴れていて直射日光バリバリでしたので、僕はこの時点で汗でビショビショに
そうしてしばらくすると栃木街道にぶつかるので、そこをまた左折します(^O^)



















んでもってこの写真だけで見慣れたものがついに目の前に
この時点で停められている車の数で、けっこうな並びがあるのがわかります(^_^;)

そしてこの直後「もるせがさんですか?」と話しかけられます。
僕が「はい」と答えると、なんとtwitterでフォローをしている浮蟻さんでした   向かう途中に乗り換えた栃木駅の写真を見てくださったようで、来るかもしれない→デブがノッシノッシとやって来た。でわかっていただけたようです(^O^)  浮蟻さん。大変ご丁寧にご挨拶いただきありがとうございます

などと嬉しい出会いがあり、いざ行列に接続……  は〜い   行列は店前を店裏に折り返して目測で30人は超えていました(^_^;) 1時間オーバー確定フラグが立っていますね(^_^;)  ただし運良くというか並ぶ場所が日陰なので、過酷とまではいきません


やはりアジィ〜アジィ〜を繰り返していました(^_^;)  というかほとんど僕が言っていたというのが正確ですね(^_^;)
そして例の進みがジワジワではなく、2人、3人、のように思っていたよりも早く進んでいき



















並んでからこの位置まで45分で到達しました(^O^)  店内は冷房が効いているようなので、とにかく店内待ちになればそれでひとまずはOKです
そしてすぐに店内に入り食券を購入します(^O^)  



















大豚ラーメン+TARO+生たまごW

厨房は店主さんと女性助手さんの2人体制です(^O^)
店内待ちをしながら厨房内を見ていると、リズミカルで無駄のない動きで淡々とラーメンが出来上がっていきます(^O^)

そして助手さんは極力、連れで来ているお客さんは並んで座れるようにしていました  というか、もちろんお店によって違いますが、多くのお店は連席ができるように配慮していただけますね



















先に生たまごWがサーブされます(^O^) 
こちらの卵は那須御養卵というブランド卵のようで、溶くと黄身がシッカリとしているのがわかります(^O^)

店内待ちの時点で麺量の確認をしているので、すぐに店主さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」をお願いしました(^O^)



















14時18分に着ド〜〜ン
なんだかんだでやはり並んでから1時間以上はかかっていました(^_^;)



















横からもチョイ切れド〜〜ン
ほんの少しだけ決壊しての着丼でした(^_^;)
いつものように



















豚を生たまごの器に一時避難

確実にスープの水位を下げてから野菜を脂と一緒にいただきます(^O^)
野菜はシャキまではいかない程度の絶妙な茹で加減で、脂を絡めて食べたせいもあるのでしょうがナチュラルな甘味を感じるホクホクのもの
6割がた食べたところで



















麺はほんの気持ちだけウェーブかかかっている平打ち麺で、啜るとパツンよりも気持ちシッカリめな茹で加減(^O^)

写真でもわかるようにTAROスープには黒ゴマ、一味、ブラックペッパーが入っているようです(^O^)   ちなみに食券提出時に「甘いの」で申請しました(^O^)

ただし辛さは感じなかったので、ほんの気持ちだけ入っているようです。
それよりもゴマの風味がふんわりとしてきて食欲を増進してくれます(^O^)
そして軽く砂糖の甘味もしてきます。やはり化調とは別に白い調味料を入れていたのであれが砂糖だったのかな?



















豚はミチッとしたウデ肉ですが硬さはなくジューシーで、トロッというよりもサクッサクッとしていて僕はこのタイプも大好きです
これだけのミチッとした感じの食感を残しながらパサ感が無いというのは、かなり難しいと思います(^O^)

とにかくスープが夏には優しい甘味を帯びたものなので、スルスルと箸が進みます



















途中すき焼き風も楽しみながら



















14時25分。大満足で完食です(^O^)

「ごちそうさまでした」と言いお店を後にしてから



















写真でしか見ていなかったコチラや



















コチラを写真に収めました

帰りは来たルートと逆回りで帰ります(^O^)  

帰宅したのが19時ちょうどくらいで、改めて近場ではなくプチ遠征だったんだなぁ〜と思いました(^O^)

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村