もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店2周制覇。3週目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 大宮店

11月07日

今月閉店になる大宮店に行きました。



















10時24分着。 並びは6人で7番目に接続。

さて1時間並ぶか〜と思っていたら、10時30分に前倒しで開店



















購入したのは大豚ダブル+うずら+お土産油そばチャーシューつき。

はい

ここで大宮店に来慣れている人なら気付かれるでしょうが、特大があったのを大を買ってしまいました(^_^;)

まぁ、この後に行くとこれがあるので結果オーライでしたが

それから厨房内のオペレーションを眺めていましたが、今回気が付いたのが課長の量が他の直系とは明らかに少ないです。

な〜んてことを眺めていたら店長さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」とコールします(^O^) そして



















着ド〜〜ン

先に来たお土産が後ろに(^O^)



















横からもド〜〜ン

脂を乗せてから被せるように野菜がチョロリ

まずは野菜に脂を絡ませながらいっただっきま〜〜す

野菜は柔らかめのホクホクで脂と絡まり甘〜〜い
そして野菜を食べ進めたところで豚を引っ張り出して



















並べてパシャリ

脂付きの豚は2切れで、あとは赤身豚です(^O^)

食べてみると……    パサでした(^_^;)
固くはないですが、水で流し込むレベルで唾液が持っていかれるやつでした

ここにきて外れを引くとは(^_^;)
でも脂付きの2切れはジューシーだったのがせてもの救いでした。



















麺は幅に対して厚さのあるストレートで、茹で加減は柔らかかったです。

スープは非乳化で、そのまま課長が足りないなという味で、醤油が勝っているやつです。



















ということで完食ご馳走様でした。

お店を閉めて別の仕事をされるとか。頑張ってください。

ということで。



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

8月11日

今日は大宮店に行ってまいりました(^O^)

17時30分に駅前で待ち合わせてからのノンビリとお店に向かいます(^O^)



















そして17時38分に到着
並びは無しですぐに食券を購入します。



















特大豚Wラーメン+つけ麺交換券

購入後入り口から見て最奥の席に座ります。
厨房は助手さん2人体制です。



















つけ汁が先に提供されます
レンゲでつけ汁を掬って味を見ましたが、かつお節が効いていて爽やかな風味がしました

その後「温かいの」か「冷たいの」かを訊かれたので「冷たいの」を頼みます(^O^)

続いてトッピング伺いに「ヤサイショウガ」をコールします(^O^)
つけ麺はやはりアッサリサッパリで



















そして17時54分に着ド〜〜ン



















麺丼アップ

野菜がシッカリと盛られています(^O^)
そして豚もシッカリと

まずは卓上しょう油をかけて野菜をいただきます(^O^)
野菜はシャキで食べ応えがあります(^O^)

ある程度野菜を食べてから



















豚を広げてパシャリ

豚は脂身がほとんど無いものばかりで、大きさがバラバラですが、総合するとけっこうなボリュームです(^O^)
ひと切れを食べるとシットリジューシーで柔らかく、ショッパ過ぎない程度の味の入りで箸が進みます

そして麺をつけ汁につけてみますが、つけ汁がシャバシャバなのでシッカリと浸してからいただきます(^O^)



















初訪店で僕自身初のリフト写真(^_^;)

つけ汁は豚&脂のスープがベースなのでしょうが、かつお節が前面に出ていて、おそらく玉ねぎだと思うのですが調味料ではなく野菜由来の甘みを感じます(^O^)

麺・豚・野菜と順繰りに食べ進めます(^O^) 途中味の濃さが薄まったので卓上しょう油を追加しながらワシワシモグモグズルズル

めずらしくというかつけ汁も飲み干して



















18時04分。大満足で完食します(^O^)

熱々ラーメンを食べた訳ではありませんが大量の汗をかきながら、ごちそうまでした



ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ