もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4週目巡回中。

カテゴリ: ゆなみ屋

2月11日

年明けの営業初め以来、実に1ヶ月ぶりに



















こちらへドスドス



















途中のコンビニでキャンペーンのくじで当たったコレを引き換えて……
飲む前に食券を先買いします  



















購入したのは、ずっと食べたかったアブラかけご飯+ねぎ+生たまごWにお年玉の食券(つけ麺)です。


11番目に接続すると数人前に人気ブロガーさんがいてご挨拶を

並びはじめて見ていると、まだまだ食券を先買いしない方がいます。
が。
後から来た人が先買いしているのを見て慌てて買うという感じでした。 
ということで、開店してから入り口で食券買い渋滞ができるということはありませんでした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

ということで定時を前倒しで開店です

開店時で並びは目測で30人を超えていたかな? という感じでした。
僕は11番目に接続していたので、座ったのは3塁側のいちばん入り口に近い角席です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

今日はファーストが9杯で、僕はセカンドでした。そして店主さんが食券をもぎる際に、つけ麺を同額の小豚ラーメンに変えていただきました。
すると「ダイエットだ〜」とお湯を入れてスタンバイしていたすり鉢を元の場所に戻していました(^_^;)

小豚ラーメン変換と同時に辛い奴を申請します
辛い奴を食べたのはどのくらい前だったっけか?



















先に助手さんより生たまごとアブラかけご飯がサーブされます
ご飯の上に炙られた脂が乗っていて、否が応でも生唾マシマシです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

麺上げが進み店主さんからのトッピング伺いに「ヤサイニンニクで」とコールします(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎      そうして




















着のド〜〜ン

まずは写真の通り生たまごの黄身をひとつ、アブラかけご飯に乗っけます

そして、落ちんじゃね⤴︎ とばかりに乗っている、ねぎをアブラかけご飯の器に避難。



















問答無用のロールケーキ豚を生たまごの器に引っ越します

豚は、ひと切れをアブラかけご飯の器に乗せましたが、それでも全ては乗らないので先に
いっただっきま〜す

豚はこれぞ野猿グレードとばかりの柔らかで、豚出汁しっかり。カエシの入りは優しいやつで僕の好みのど真ん中です

それから野菜を食べます
野菜はシャキとクタのちょうど中間くらいの茹で加減です
最近はずっとシャキじゃないように感じます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
野菜を食べる際に、ねぎを少しずつ乗っけて食べます
野菜をあらかた食べ終わるのと同時に、ごま油香るトッピングのねぎも無くなりました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎    それから




















天地返〜〜し
辛い奴のスープを纏ったプリパツ面が現れます

麺を啜ると、跳ねっ返りのあるパッツン麺の食感と主張してくる小麦の香り、辛い奴のスイートチリソースにシーズニングの香りが、それぞれしてきて、心の中で「これだよこれ」と嬉しくなりながら麺を啜ります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎



















そして、待ちに待った野猿豚のOTR
たまごの黄身と白髪ねぎと炙り脂で、一気にかき込んでしましたした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そうしてあっという間に



















大満足の完食〜〜


食後は行く前から決めていた、お隣の閉店のアナウンスをしたゆなみ屋さんへ



















焦がし醤油ラーメン出汁ぽってり+たらこ飯をいただきました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

中華鍋でガツンと火入れした、動物系と魚介系を感じる粘度の高いまさに「ぽってり」なスープに、断面が丸い固めな茹で加減の中細ストレート麺の相性が良く、一気に食べてご馳走様でした〜〜

また同じ場所で店名を変えてやられるそうですが、後からお客さんが来て入っているので、再開してのお楽しみですね(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ということで大満足で京王堀之内駅へと帰途につきました。


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

7月9日
野猿のラストなみのりを堪能し満足満足とお店から出て、さぁ堀之内駅に向かおうと思っていたら視界に




















野猿二郎のお隣のこちら「ゆなみ屋」さんの看板が。
こちらのお店はいつか行かなきゃ行かなきゃと思っていて、野猿二郎に並んでいる時にこちらの店主さんと会釈をするたびにその思いは強くなります(^_^;)

駄菓子菓〜子

やはり野猿二郎という登頂難関店を食べた後は御多分に洩れず、お隣にハシゴをする余力は残っていません

しかしこの日は何故だか腹の調子が良く、胃に若干の余裕がある感じで足が無意識に左に曲がり、ゆなみ屋さんの店内に(^_^;)



















食券機を見てもいまいちどれがいいかなと事前予習をしていない自分を呪いながら、素直に店員さんに声をかけて「おすすめ」をお聞きしました

すると



















写真の左上の「焦がし醤油ラーメンぽってり 炒めもやし煮卵1/2」をポチリ

そして、これまたいつも気になっていた「ロービーミニ丼」もポチッと(^O^)

食券を店員さんに渡してからカウンター席に着きます(^O^)

ラーメンが提供される前にカウンター席の後ろの壁にある



















立派な看板をパシャリ

すると先にロービーミニ丼が



















その名の通りローストビーフが御飯を隠すように盛られています

ムシャリと食べると牛肉と白飯と甘いソース(グレービー?)と、写真の中央に見えるサワークリームに蝦夷山ワサビ?(それとも西洋ワサビ?)が口の中に広がります

でも一気に食べてしまってももったいないので、3分の1くらい食べてから一旦ストップ(^_^;)

するとすぐに



















綺麗なビジュアルの焦がし醤油ラーメンぽってりが着ド〜〜ン

早速上の野菜から取り掛かります(^O^)
適度に炒められたモヤシが美味い
メンマは本当に久しぶりに食べたような気がします(^O^)

そしてスープをいただきます(^O^)
やはり焦がした醤油の風味が香り、魚介系と動物系のWスープ(かな?)が濃厚に押し寄せてきます(^O^)
この濃厚さは思わず「味噌が入っている?」と思うほどです(^_^;)

そして麺を引っ張り出します。
ストレートの細麺でおそらくタマゴが練り込まれているのかな?
北海道出身の僕には懐かしさすら感じる麺で、これで縮れていたらモロそうですね(^O^)

チャーシューも判が大きく(肩ロース?)、柔らかくて豚出汁がシッカリと留まっていて美味しい


そうこうしていると店主さんが奥から来てご挨拶を(^O^)
色々とお話しをさせていただき、ツーショット写真をパシャリ(^O^)

それからまたラーメンに取り掛かり美味しく完食

二郎の分もあるので腹パンでごちそうさまでした
こちらのゆなみ屋さんはメニューが多く、違うメニューも試してみたいと思いながら、店主さんに17日のチャリティーでの再会をお約束してお店を後にしました*(^o^)/*

17日のチャリティーではゆなみ屋さんは焼き鳥を焼いているので、そちらも当日の楽しみです


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ