もるせがの fun to ラーメン二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4周目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 京急川崎店

6月19日のことです。



この日は到着するまで『暑いからつけ麺を食べようかな?』などと行き先を変更しようか迷いつつ当初の予定通り。

IMG_3558

こちらへ

振り返ると実に8ヶ月ちょい振りの訪問です。

13時過ぎの到着で並びは無し。
着くと同時に4人くらいが店から出てきて食券を即購入で即着席。

購入したのは。

FullSizeRender

大豚ラーメン。

豚ダブルは売り切れていました。

まぁダブルじゃなくてもいいやと思っていたのですが……

その後のトッピング伺いに「ニンニクアブラ」とコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

まずは。

FullSizeRender

トウガラシをふりかけて。

いっただきま〜す


野菜は中間くらいの茹で加減でしたが気持ちシャキ残りで美味しいです

それから。

FullSizeRender

豚ならべ〜〜

って豚を並べる時に断面を見て『あちゃ〜血管が通ってる部分だ』と思いましたが、食べてみると何と何と! フワトロとはこのことを言うんだろうなと思うくらいに柔らかくて豚出汁たっぷりな大当たりなやつでした

こういう時に限って豚ダブルが売り切れとか

そして。

FullSizeRender

天地返〜し!

麺は二郎標準からは細めで中山二郎と同じくらいかな? 
この幅でもシッカリと厚さとの対比が僕好みな平打ちで、ほぼ縮れが無く柔らかい茹で加減でデロと言ってもいいかなという感じです

そしてそして。
こちらの麺も僕のような馬鹿には表現できない例の香ばしさがあります

FullSizeRender

スープは非乳化傾向で、醤油で食べさせるやつ。ただカエシが気持ち薄めなのでショッパいのが好きな人には物足りないのでしょうが、そこは卓上のカラメを投入すればいいので無問題です

って僕は薄めが好きなのでカラメは足しませんでしたが。

そうして食べていると店主さんが背後霊の人に「何人ですか?」と声をかけると「5人です」との答え。

そして6番目に並んでいる人を繰り上げて座らせてから、さりげなく食べている人達の進み具合を気付かれない感じでチラ見していたので、これは早めに席を空けた方がいいかなと勝手に忖度して。

FullSizeRender

10分で完食〜〜!



「ご馳走さまでした。美味しかったです」と言いながら席を立つと「ありがとうございます。また来てください」との嬉しいお言葉をいただきました


やっぱりkwsk二郎は好みなので、も少し頻度を上げようかなと思いながら帰途につきました



ではでは





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

10月3日。

1ヶ月近くぶりの直系二郎です。

年が明けてから直系二郎に行く頻度が減っていますが、ただなんとなくではなく確固たる理由があります。

まぁこれ以上は言いませんがwww

って事で。

FullSizeRender

久々のこちらへ

FullSizeRender

13時ちょい前の到着で外待ち2名。

すぐに仲待ち昇格で食券を購入します。

FullSizeRender

食券を購入してからすぐに席が空き着席!

購入したのは、大豚ラーメン。

仲待ち背後霊の時に麺量確認があったので、座ってすぐにトッピング伺いがあり「ニンニクで」とコールします。

川崎は先にある程度の野菜を持ってからコールをするのですが、コールする時点で野菜をはそこそこな山になっていたのでコールはニンニクのみにしたのですが、それからまたふた掴みほど野菜が

僕のブログを見ていて気づいている方がいると思いますが、僕は麺が食べたいので正直野菜はそれほどの量はいりません。 なんだか味のバランスが崩れるような気がして。

ただし盛っていただいたものはありがたくいただきますが(^_^;)

ってことで。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

手が届く位置にトウガラシが無かったので卓上の醤油をかけて。

いっただっきま〜す

野菜は三田を彷彿させる冷めたものでしたが、三田ほとはクタッていません。
熱くないのでバクバクと早めに食べ進めて。

FullSizeRender

豚ド〜〜ン!

豚は「川崎ってこうだったっけ?」というくらいのプルプルフワフワなとろける食感で、味染みもちょうどな感じで美味しいです

それから。

FullSizeRender

天地返〜〜し!

麺はこれぞ川崎二郎! というデロなやつですが、前回とは違いダマダマなのはありませんでした。

こちら川崎二郎は固め申請ができないので、コシのあるパッツン麺が好みな人には合わないかなと思います。

前にも書きましたが、かく言う僕も以前はコシのある固めな麺が正義! だと思っていましたが、二郎を食べるようになってから柔らかい麺の美味しさが分かるようになりました。

でもコシのある麺が嫌いかというとそうではなく、どちらにも良さがあると思います。

ただし、うまく言い表せませんが、圧延を余計にやってグルテンが効いているのか?
はたまた、かん水が多いのか? 妙に粘り気の強い麺の店があります。

正直僕はそれが苦手で、それは僕の訪店頻度にもあらわれています。
さぁ〜どこなんでしょうね?(笑)

まぁ僕の行く行かないは単純に店が狭いからというデブならではの要素もあるので(^_^;)

な〜んて言っているうちに。

FullSizeRender

完食!

久々の微笑み二郎を堪能しました

伏線を振りまいていっさい回収しない3流推理小説のような、もるちゃんブログはまだまだ続く…… とさ。

ん?

続くのかな?

まぁいいや(^_^;)



ではでは





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

3月29日。
今日はラーメンを食べる予定ではなかったのですが急遽食べたくなって。

FullSizeRender

開店25分ほど前に到着で4番目に接続。

FullSizeRender

その後ポツリポツリと並びは伸びていき開店時には15人ほどになっていました。

FullSizeRender

購入したのは

FullSizeRender

大ダブル。男盛り申請。

京急川崎店の麺増しは

ちょい増し<麺増し<男盛り

となっているようです

そしてその申請をした時に川崎店で初の「ウチの麺増しは食べことがありますか?」のチェックが(^_^;)

「3度お願いしています」と答えると大きく頷いたのでOKのようです。

先に麺量確認をしているので座ってそれほど待たずに麺上げが始まります。

川崎二郎は先に野菜を一定量盛ってからトッピング伺いをされます。

その先に野菜を盛った時点で僕の丼はこんもりとしていたので「ニンニクアブラで」とコールします。

野菜のコールはしなかったのにそれから2掴みほど野菜が盛られて。

IMG_9519

着ド〜〜ン!

IMG_9520

横からもド〜〜ン!

豚が丼からはみ出ていて豪快なビジュアルです。


まずは2種類あるうちの粗い方のトウガラシをふりかけてから

いっただきま〜す

野菜は中間くらいの茹で加減でホクホクと美味しいです。

FullSizeRender

豚は全て柔らかくパサ手前くらいな感じの赤身がちで味が詰まったものでした。

そして豚もそこそこに

IMG_9523

天地返〜〜し!


その時点で分かりましたが、ところどころがダマになっているので、その後もかき混ぜかき混ぜ、ほぐしほぐししながら食べ進めます。

麺は二郎標準からしたら細めで今まで川崎で食べた中でダントツでデロっていました。

僕が今まで二郎を食べた中で1番のデロ麺は三田本店夜の部のJr. さんの一杯でしたが、それと同等くらいのデロさ加減でした。

かつてはデロ麺は僕の好みからは外れていたのですが、日を追うごとにプリパツよりも柔らかい麺が好みになっています。

僕は胃下垂の逆で胃が上に上がっている食道裂孔ヘルニアなので、とにかく嚥下力に難があり、硬い麺、つけ麺のように水で〆られているものは大量の水やお茶で流し込まないと胃に落ちていきません。

ということで必然的にそのような特徴のお店からは足が遠のいてしまっています。

ということで麺の熱さと麺が持ち上がらないのと格闘しながら、首リフトと少量の水で温度を下げながら食べ進めます。

そして厨房内は高速オペレーションなので必然的にいつもより慌てて啜り続けます。


なかなか減らない(^_^;)


そうしてけっこう手こずりながらも

IMG_9524

KKで 

ご馳走さまでした〜〜!

いやぁ〜

久々の川崎二郎を堪能できました



ではでは








更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ