もるせがの fun to ラーメン二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店4周制覇。5周目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

2月27日のことです。

つけ麺を食べたいなとなりまして。

IMG_2146

こちらへ

開店30分後くらいの到着で外待ち無しで店内待ちがフルの状態でした。

その後それほど待たずして食券を購入して着席します。そしてここ小滝橋二郎では食券提出時に無料トッピングをコールします。

今回は今まで頼んだことの無いつけ麺のみのトッピングである、魚だしと辛味噌を頼みました。

コールは「ヤサイスクナメニンニクスクナメサカナダシカラミソ」で。


そしてすぐに。

FullSizeRender

辛味噌がサーブされます。

ごく普通のコチュジャンですね。

そして。

FullSizeRender

つけ汁ド〜〜ン!

中央に魚だし(魚粉)が。

続いて。

FullSizeRender

麺ド〜〜ン!

FullSizeRender

麺は表面のぬめりを撮る程度の水〆具合で申請しました。

FullSizeRender

前回よりも厚みがあって、うどんのような形状でプレーンで啜るとゴリゴリに近い歯応えのある食感で、キンキンに〆なくて正解だったなと思いました。

それから。

FullSizeRender

つけ汁に潜らせてズルズルではなくモグモグと

つけ汁はサッパリとしていてショッパさと甘さと酸っぱさの爽やかさがあり魚粉の香りがほんのりと効いていて、これはこれで僕の好みです

FullSizeRender

つけ麺にデフォで入る半割りの味玉は甘さが勝った味付けです。

続いて。

FullSizeRender

今回は増さなかった豚。

真四角なカットで、脂部分はトロトロで赤身部分はホロホロな食感で程よい味染みで美味しかったです

そしてつけ麺には。

FullSizeRender

二郎では珍しいメンマも入っています


終盤に差し掛かり。

FullSizeRender

辛味噌を投入!

量的に少ないので辛いのが得意では無いお子ちゃまなもるちゃんでも大丈夫でした

ってなことで。

FullSizeRender

KKフィニッシュ!


ん?
何玉にしたかって?

それは写真で判断してちょ

ちなみに14分で食べました。


もっと空席のあるお店ならもう少しゆっくり食べるのですが、行列ができている状況ではどうしても早く食べちゃいます。





ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月20日のことです。


開店初日のピコピコポンを後にしてからもう一軒ということになり、高田馬場から新宿へとテクテクトボトボと歩いて移動します。

この日は前日までと打って変わって気温が下がり涼しい風が心地よい1日でしたが、デブな僕は汗をかきかき食後の腹ごなし(^_^;)

途中大久保の人混みをかき分けて

FullSizeRender

到着!

店内は満席に近い状態で外で少し待ってから中へ。

購入したのは大二郎!

すぐに店員さんに食券を渡して3玉申請と無料トッピングは「全部」とコールをします。 2日後のことを考えて量は控えめに。

そして同行の方はなんと8玉申請!
おそらく小滝橋二郎のタイ記録なのではないでしょうか? しかも「バリカタのバリカタ」申請をしていました(^_^;)

僕も前までは麺は固めが正義でしたが、今はもう別世界な感じです(^_^;)

しばしの後

IMG_0405

つけ汁ド〜〜ン!
メンマや味玉が入っていて食欲をそそるビジュアルです

続いて

IMG_0406

麺ド〜〜ン!
ウドン麺というほどは厚みはなく、オーション麺!という感じで軽く灰色がかっています。

まずは麺を何もつけずにプレーンで

いっただきま〜す

うんうん
麺は程よく香り立ち、茹で加減も固過ぎず柔らか過ぎないくらいのちょうどな感じでズルズルいけます!

IMG_0409

豚は安定のフワッフワなやつ


ここで同行のお隣さんの8玉バリカタ麺が着ド〜〜ン!

IMG_0410

大二郎デカ丼が小さく見えるほどのボリュームで、これは実際に生で見なければ分かりづらいと思いますが短い茹で時間なので、ひと目でバリカタだと分かるようなエッジの効き具合でした。



目線を自分の丼に戻して


麺をつけ汁に潜らせてズルズル!
つけ汁はカエシの醤油が前面に出てキリリなのですが、程よい酸味が醤油の角を包み込みマイルドにしています

IMG_0412

僕はつけ麺を食べる時はつけ汁にあまりドボンとは潜らせないのですが、最後はつけ汁も薄まってきたので残りの麺をドボンしてズルズルと


そして

IMG_0413

3玉申請がベストだったなと思いながら大満足で

ごっちゃんシタ

何度か食べてみて僕は小滝橋二郎はつけ麺一択な感じです。年中提供されているのも嬉しい限りです。

二郎の麺は元来つけ麺用に作られていない感じで、つけ汁に絡みづらい印象があるのですが、やはりこのくらいの味のメリハリがある方がバランスがいい感じがします。

ということでいい感じに腹が膨れてお店を出ます 

やはりここ小滝橋二郎はけっこうなお気に入りなお店です

頭の中は2日後のことに想いを馳せていました。


そして小滝橋二郎タイ記録の8玉と格闘していた同行者さんも無事に完食して お店を後にしました。





ではでは






4月2日。

けっこう前から、いつ行こういつ行こうと思っていましたがタイミングが合い、いざ

FullSizeRender

12時過ぎの到着で並びは無し。
店内は空きが5席ほどでしたが、着席後ほどなくして満席に。

購入したのは

FullSizeRender

大二郎つけ麺。

6玉申請をしたのですが、すぐに思い直して5玉に変更(^_^;) 
聞いたところ1玉が茹で前で約270gだそうです。

ということで腹の調子と今後のスケジュールを考慮して控えめにしました。
(今後のスケジュールとは何かはあと数日で言っている意味が分かります)

すぐさま店員さんに「増しは食べたことがありますか?」と言われました。

やはりお残しが多いのでしょうか?

ツイッターかどこかだったかな? 「某馬鹿ブロガーが麺増しばかりして煽っているから悪いんだ」な〜んてエアリプを見ましたが、正にその通りなのでしょうね。
ただし僕は「無理せずに」だとか「真似せずに控えましょうね」な〜んて偉そうな口はききません。
食べる人は少なくとも幼稚園児や小学生ではなくそれなりの大人なのですよね?

そしたら自分がどれだけ食べられるのか? 何分くらいで食べられるのかなどは分かるはずですよね?

ひとつだけ言えるのは僕は満腹中枢がぶっ壊れていて尚且つ「長く生きていても良いことなんかない」と刹那的に生きているただのアホなので、真似はしない方がいいのにな〜とは思います。

ただしフードファイターなどキッチリと自己管理しながらやっている方々もいますので、もちろん全ての人に対して言っている訳ではありませんのであしからず。


話を戻して

そういえばこのお店は食券停止時にトッピングのコールをするんだった。
すぐに忘れちゃいます(^_^;)

ということで「全部でアブラは固まりで」とコールします。

こちらのお店はアブラコールの際に「固まりで」と言わなければ透明脂が増されるので注意か必要です。


そうしていよいよ

IMG_9553

つけ汁から着ド〜〜ン!
メンマや味玉が目をひきます

続いて

IMG_9555

麺ド〜〜ン!

麺上げの方が「これがラーメンで6玉だったら乗り切らないんだよな〜」と助手さんが盛り付けているのを笑いながら見ていました。

FullSizeRender

さ〜てそれでは

いっただきま〜す

IMG_9557


麺は「麺上げの際にヌメリを取る程度でガッチリと〆ないでください」とお願いしたので、やはりキンキンには冷えていなくギュッと締まっていないので僕のような嚥下力に難のある人間でもスルスルと食べられます。
食べ始めて分かりましたが今日の胃は絶好調のようでした。

そしてこればかりは個々人の好みなのでしょうが僕にはこの感じがベストです!

つけ汁はほのかな酸味があり醤油のキレを感じて美味しいです!



IMG_9556

豚は少し前各方面で「小滝橋二郎の豚が変わった」と言われいた通り、以前より完全にベクトルの違うものでフワトロで美味しいです

麺は柔らか茹でで温〆なのですがプリプリ感はあり「これは6玉申請でもよかったな」と思いつつ名残惜しく

KKでご馳走さまでした〜〜!


後から気づきましたが食べ終わりの写真を撮り忘れていました(^_^;)

いちおう正確ではありませんが完食時間は12分くらいかな? まぁ僕の体内時計は北朝鮮くらい当てになりませんwww


ということでポカポカ陽気の中を大満足で帰途につきました。




ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。 



ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ