もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4週目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

5月29日

本当は明日どこかに行こうと思っていたのですが夕方に用事が済み、暑さも手伝ってかいきなりつけ麺欲がフツフツと湧いてきました(^_^;)

時間と懐具合とに相談して向かったのは





















こちら

豚が変わったと言われてから、まだ行けていませんでした。
どちらかといえば新宿は近場なのですが、最近行けていませんでした。





















ということで購入したのはつけ麺。
それも大二郎つけ麺

店内はテーブル席は両方埋まっていて、カウンターは3人が食べています。

入り口に入って奥の席に行き食券を提出しながら5玉と申請します。
初めて見た若い助手さんが「えっ?」という表情をしながら麺上げの方(店主さん?店長さん?)に振り向いてお伺い。
麺上げの方が頷いてOK。通りました
そしてこちらは無料トッピングも先にコールするんだった。トッピング伺いには「ヤサイニンニク固まりアブラ」とお願いします(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

その後初めてのお客さんが来ていましたが、助手さんの丁寧な説明をしていたのが印象的でした

そうこうしていると茹で上がった麺がザルに上げられて氷水で〆られます

今日はさすがにつけ麺率が高いようです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎  そして





















着ド〜〜ン





















麺ド〜〜ン
縮れのほとんど無い厚さのある平打ち麺です   まずはそのまま
いっただきま〜す

啜ると水〆の相乗効果も相まってかシッカリ歯応えのプリパツ麺です

僕が持っている滝二麺のイメージと違い、感じとしては野猿のつけ麺に似ていると思いました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















つけ汁ド〜〜ン
スープも写したかったので、具材があるのと逆側をパシャリ
つけ麺には味玉とメンマが入るのですね(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

3啜りめからはつけ汁につけて
いっただきま〜す

ウンウン普通に美味〜〜い
つけ汁には仄かな酸味があり、背脂の甘さとのバランスで麺が進む進む

それから野菜の下に隠れている豚を引き上げます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎













豚は部位や切り方は同じなのですが、とにかく箸で持ったら崩れる柔らかさです
食べてもやはり歯が必要無いのでは? というくらいのフワトロさ加減です
味染みはショッパくない程度の優しい入り具合(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

これは大二郎ではなく、豚ダブルも食べてみたいと思いました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎ というかそれほど期間を開けずに豚ダブルを求めて再訪すると思います

そしてプリパツ麺ゆえに飲み込んでもなかなか麺が胃に落ちていかないので、水をけっこう飲みながら食べ進めます





















そして終盤まで取っておいた味玉を満を持してパクつきます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

う……

うまい……

この味玉美味いです

これで次回の滝二メニューは大豚ダブルに味玉で決まりです

そうしてラーメン提供時に「つけ汁足りなくなったら言ってください」と言われましたが、足りなくなることもなく最後まで味わって





















ご馳走様でした〜〜

いやはや美味しかった〜〜
滝二のつけ麺美味いです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

今の所僕の中では次回は大豚ダブルですが、つけ麺も捨てがたいですね


ということで今月はインスパを含めて14杯と少々ストッパーが外れかけているので、来月はもう少し杯数を制限しなければ。   できることなら……

無理かも〜〜(^_^;)



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月5日

昼過ぎに千葉に行って、後からtwitterにて女二郎女史とニアミスをしていたのを知り「くそ〜逃げられたか〜」と勝手に思い込みながら帰りの電車に飛び乗ります(^_^;)

そしてもう少しというところで魔が差して途中下車します(^_^;) ヤッチマッタ〜
な〜んて言いながら、けっこう早い時点で行こうと決めていたり

新宿駅で降り立って向かうは



















こちら〜〜










「こたきばし」じゃなくて「おたきばし」ね。

してこの小滝橋通り店は前回の初訪の時に痛い目を喰らっているので、リベンジというか、あれは何なん? あれがデフォ? という疑問を解消でしるか。それとも返り討ちに遭うかを試しに

な〜んて言いながら、ただ単にビールを一杯ひっかけたいだけだったりして

それで前のこともあるし、ハシゴなので大二郎ではなく大ブタにしました。
さすがに大二郎や大ブタダブルは喰らった際のダメージがデカイので(^_^;)

ということで大盛り豚入りラーメンとビールをポチっとな。
高台に食券を置くと先に無料トッピングを訊かれて「全部で」と答えます(^O^)



















すぐに瓶ビールとつまみの、もやし&チャーシュー&背脂がサーブされます(^O^)

ちびりちびりムシャムシャとビール&つまみを食べ終えたタイミングでラーメンが高台に。それを下ろして



















着ド〜〜ン
ここは自動でレンゲが付いてきます(^O^)



















横からもド〜〜ン

ん?



















スープが塩ラーメンみたい((((;゚Д゚)))))))
もしかしてお湯?

気を取り直しきれていないのですが、いつものように野菜からいっただっきま〜〜す

はへっ?
全部って言ったのにアブラが無い……

そこでようやく思い出しました(^_^;)
ここはアブラをコールする際には「かたまり」と言わなければ透明アブラを増されるんだった@@;

まぁ気を取り直して野菜を食べてから



















天地返〜〜し
二郎標準よりも幅があり厚さもある平打ちストレート麺が露出します(^O^)

そして天地返しをしたら丼の底からカエシが出てきて、スープが醤油色に。
でもそこで透明アブラの分厚さが分かりました(^_^;) コレヲノンダラジュミョウガチヂマル

ということで(←どういうこと?)麺を啜ります。 麺は幅と厚さに加えて、茹で加減も固めなので食べ応えがあります(^O^)



















豚は判が大きいのと、ちゃいち〜なものが混在しています。食べてみると肉の繊維が残るシーチキンみたいな感じで、パサではないので食べやすいです(^O^)

そして麺と豚とを交互にいただき



















あっという間に完食〜〜
スープが醤油色(^O^)



















その上に鉄壁の透明アブラ要塞が@@;

とりま。
前回のは極端だったのかと思える一杯でした
しかしやはりここも一杯ひっかけた〆の二郎かなと思います(^O^)

あっ
一杯ひっかけてたんだwww


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月30日
病院終わりでこちらに〜



















到着したのが12時を少し過ぎたくらいで、外の並びはありませんでしたが店内はほぼ満席。
ちょうど昼時なので通りも人が行き交っていて、のんびりと食べたかったので周りをタラタラと散歩と決め込みました(^O^)
医者に「体重を落としましょう。歩きましょう」と言われたというのもありますし(^_^;)

んでもって13時過ぎに店前に帰ってみるとカウンター席に3人で奥のテーブル席に2人でしたので13時25分に入店。



















購入したのは大二郎。50円値上げの950円でした(^O^)

紙の食券をカウンターに置きながら「5玉で」と言うと一瞬奥の人(おそらく助手さん)に「大丈夫?」と確認をしたけど「は〜い」と通りました(^O^)
それと同時にトッピングを聞かれて「ヤサイニンニクアブラ」を頼みました。
一応その後に麺量を聞くと1玉は約250gだそうです。



















こんな写真を撮ったりしていると



















13時36分に着ド〜〜ン
ここって自動レンゲなのね  先にカウンターからレンゲを取ったので、レンゲWになっちゃった(^_^;)



















サイドアングルもド〜〜ン

でもって野菜をプレーンでムシャリ。
……  ちょい臭い
漂白剤のかほりが…… 



















すぐに天地返しをします。

それから麺をひと啜り……
んんん〜〜……

茹で不足???
コシがあるとか野猿のようなプリパツではなく、単に茹でが足りない固さ……

この状態を簡単に表現すれば、家でスパゲティーを食べようとして麺を茹でる際に横着をして鍋ではなくフライパンでお湯を沸騰させて、それで茹でたら茹で湯が少ないが為に麺の表面がベタベタしていて妙に粉っぽい状態。
分かります?

そして味がしない。
また丼の底からかき混ぜるように更に天地返し。
すると少しカエシの味がしますが絶望的に味が薄い(^_^;) 僕が薄いと感じるのですから相当薄いかと。
これは人によっては「お湯」と表現するレベルかと。
しかもスープの色はド乳化の黄金色。
しかし豚の出汁感やコクを感じられない。



















豚を引っ張り出してみると伴は大きくはありませんが、そこそこな厚さで食べてみると肉感が満載でサクサクという食感で僕の好きなものでした(^O^)

気をとり直して麺を……  と思いましたが、このままでは正直キツいので卓上のブラックペッパーと醤油をシッカリめに振りかけていただきます。

途中途中で豚をつまみながら食べ進めますが、最初は腹が減っていたのでいいのですが中盤からは正直キツくなりながらも、なんとかかんとか



















13時50分に完食。

う〜ん  完食の写真を見てもスープの色はシッカリついていますが、味がしない(^_^;)

これはまだまだ1回しか食べていないので単なるブレ?

まぁ好きで通っている方々もいるのでしょうが僕はもうごめんなさいです(^_^;)


ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ