もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店1周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

カテゴリ: 大食いチャレンジ

2月21日のことです。

Let's! チャレンジグルメ!

この日は欧風カレーとオムライスなこちらへ💨💨💨

FullSizeRender

実はこちらのお店も1度予約をしていて、その後どうしても外せない用事が入りまして、泣く泣くキャンセルした経緯があり『やっと来られた』という感じでした。

こちらのお店は有吉ゼミで何度か出ていて、知っている方もかな多いと思います。

しかし、今回チャレンジするメニューは有吉ゼミでは、やっていなかったやつだったと。

FullSizeRender

席に案内されると手書きのメッセージが✨✨✨

この温かい心遣いにもる蔵爺ちゃんは人知れず感涙にむせぶのでありました😭😭😭

そして今回挑むのは。

賞味期限1時間 爆盛り飲めるチーズオムカレー!

約4kgのオムライス欧風チーズカレーを制限時間45分完食で成功。

成功すると料金が無料になり、クレームブリュレの特典があります。

そして失敗した場合は4,980円(税抜)のお支払いとなります。

​卵50個を使用したオムライス

FullSizeRender

比較対象物を入れていないので写真ではサイズ感が伝わりませんが、かなりな迫力です👍

そしてこのオムライスは何と卵を50個使用しているのだそうな。

そして。

​欧風カレー

FullSizeRender

木製のボウルに入ったカレーがド〜〜ン❗️

続いて。

​名瀑!モッツアレッラの滝

FullSizeRender

見よ❗️このナイアガラなモッツアレッラチーズを‼️

そのチーズに。

FullSizeRender

店員さんがバーナーで焼き目をつけまして。

FullSizeRender

写真でも分かるようにチーズにごげ目が付きフツフツと泡立っているメイラードな仕上がりに🎉🎉🎉

ってなこって、さっそく。

いっただきま〜す❗️❗️❗️❗️❗️

まずは。

FullSizeRender

後から写真を見て気づきましたが、ひと掬いがおしとやかな量です(^_^;)

このライスは定番なチキンライスではなくカレー風味仕様で、しかもけっこうスパイシーなやつでピリリとしています。

ここで、自分が勝手に思っている攻略法ですが、ライスはドーム状になっているので当然中央付近が量的にガツンとなっています。

なので、端から食べ進めるのではなく、中央付近を切り崩すというか掘り進めて、中央付近に穴ぽこができてから端の方のものをスプーンで中央付近に寄せていくというのが、攻略のポイントだと事前のイメトレで考えていました。

もちろん、あくまでも僕が勝手にイメージしているだけなので、それが正解なのか間違いなのかは分かりませんが(^_^;)

デカ盛りを食べるのは、とにかくメンタル面が重要で『あと少し』という視覚的な情報が大きかったりします。

あっ💦

これはアドバイスではなく、あくまでも自分に対するものです。僕は間違っても人に対してアドバイスをするような、お偉い人間ではありませんから(^_^;)

ということで。

​5分経過!

FullSizeRender
(タイマーの秒数が見辛くてすみません💦)

オムライスは半分以上進みました。

僕は、デブに多い満腹中枢が働いたら一気に手が止まるタイプなので、喉つまりに気をつけながらも飛ばさなきゃダメなんです。

ちなみに、このくらいに某有名大食いYouTuberの方がご来店して撮影を開始していました。

話しを戻して、上の写真で既に写っていましたが。

FullSizeRender

ライスの下からは豚の角煮? が出てきました。

食べると柔らかくて美味しいやつです😋😋😋

そしていよいよ。

FullSizeRender

モッツアレッラに取りかかります。(の部分は巻き舌でね)

このチーズが、このチャレンジの1番の難敵かなと思います。

食べる順番が早過ぎると柔らかく伸びて食べづらいですし、時間を置き過ぎると逆に硬くなってしまい、胃にヘビーにのしかかってきます。

僕はというと、箸を使って麺類を啜る要領でツルツルと食べました。

そして、やはり安定の美味しさです

​10分経過

FullSizeRender

写真では見づらいですが残り39分42秒。

オムライスとチーズを交互に食べ進めます。

この時点でも、カレーにはまだ手を付けていません。

​15分

FullSizeRender

ここで、オムライスをカレーのボウルに全部ドボンします✨✨✨

写真でも分かるように、ライスよりカレールーの分量がかなり多くなってからのドボンです。

やはりライス単体ですと飲み込みづらいので、オムライスで食べている時はフワトロ卵とライスの割合に気をつけて『卵だけ』『ライスだけ』にはならないように意識して食べ進め、カレーライスにしてからもカレールーが優勢の割合で食べ進めると喉詰まりを起こさずにいけました。

力士時代にお会いして、直接ご本人から賜った『カレーは飲み物だからね』というウガンダ師匠のお言葉を忠実に守ります🍛

そして。

FullSizeRender

手が止まりかけたところで。

完食〜〜‼️


タイムは、27分41秒残しの17分19秒でフィニッシュ❗️❗️❗️と相成りました。

食後10分ほどのインターバルを置いてから。

FullSizeRender

アイスコーヒーを注文。

食後のコーシーはウメェっス✨

続いて。

FullSizeRender

成功特典のクレームブリュレがド〜〜ン‼️

FullSizeRender

乗っかっているバニラアイスとの温度差のアクセントと、カラメル部分がパリパリしていて、ホロ苦さと甘さのバランスが堪んねぇっス😋😋😋


普段は砂糖を禁忌食材として一切摂っていないので、久しぶりのスイーツは背徳感も加味されて物凄く沁みます……


ということで、ここリトルヤミーさんは、昼時をヅラして伺いましたが、入れ替わりでお客さんが入っていている地元に根付いているお店だなと感じました。

もちろん。

IMG_0934

通常サイズのオムカレーやスイーツ、お酒などなど様々なメニューがありますので、気になる方は是非とも行ってみられてはと思います。

ちなみに、僕が出る前に食べ終わったお客さんは、会計時に『某YouTuberさんの動画を見て来ました』と言っていました。

とにかく、こちらのお店は店主さんを始めとしたスタッフさんが皆さん親切で感じのいい方々で、ものすごく居心地のいいお店でした💯



ではでは👋





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

時系列が前後しますが1月28日のことです。

Let's!チャレンジグルメ!

有吉ゼミを観ていて食べたいなと思いGO

FullSizeRender

こちらのお店は中国蘭州牛肉ラーメンというのが屋号の前に付くのですが、蘭州ラーメンは回族やその他のムスリムの人達が食べる清真料理(ハラール)のひとつで、豚肉は使用せずにスープにも具にも牛肉が使われます。

牛肉よりも豚肉が好きもるちゃんですが、有吉ゼミを観ていて食べたいなとなったのでチャレンジ決行!

実を言うと最初は昨年末に予約を入れたのですが急用が入りキャンセルをしまして、チャレンジできなかったなと思っていたところ『チャレンジメニューの提供期間を1か月延ばしたのですが、どうですか?』とお店から電話がありまして『それなら』と、この日になりました。

​ルール

総重量約4.1kgの牛肉麺を制限時間45分でスープも残さず完飲完食すると料金無料で、失敗すると9,800円のお支払いとなります。

そしていよいよ。

超特盛り!8種のパラダイス牛肉麺

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

アップでド〜〜ン!

スープの表面をラー油が覆っていて、辛そうな見た目です。

ということでさっそく。

いっただきま〜す

​牛ももチャーシュー

FullSizeRender

牛内もも肉のチャーシューです。

蛇足の蛇足ですが、僕が肉の捌きを教わった際の、最初の肉が牛内もも肉でした。

後から思うと小分け分割がわりと簡単な部位だったからなのですが、なんだかこの部位には思い入れがあります。←超マニアックですが(^_^;)

話しを戻して。

牛チャーシューは適度な歯応えがあり『牛肉!』という風味がしていました。

​牛角煮

FullSizeRender

牛バラの角煮は、見た感じよりは噛み切れるくらいの歯応えでした。

僕はやっぱり豚肉の方が好きなようです。

​手延べ麺

FullSizeRender
(反射でうまく写せませんでした)

このように注文毎に麺を手延べする、いわゆる『拉』をやります。まさしくホントの拉麺です。

そして麺は全部で9種類ありチャレンジメニューでは、そのうちの8種類が入ります。

細かく、どれがどれだとかまでは分かりませんが。

FullSizeRender

細麺。

手延べをしているのでエッジの無い断面がまん丸なものでツルツルとしています。

FullSizeRender

さらに細麺。

素麺かそれ以下の細さで写真でも分かるように箸が透けています。


FullSizeRender

断面が三角形の麺。

これは他ではなかなか食べられないかなと思います。

FullSizeRender

太麺。

うどんでも、この太さはなかなか無い感じて、この太さになるとズルズルと啜るのは難しくモグモグしながら食べる感じです。

FullSizeRender

さらにぶっとい麺。

ここまでくるとゴリゴリとした食感で食べるのに時間がかかりました。

FullSizeRender

一反も麺。

これはさすがに広すぎですが、僕はやはり平打ち麺が好みのようです。

ちょうどいい感じの平打ち麺があったのですが写真を撮り忘れました

って。

これらはあくまでチャレンジメニューなので足早に写真を撮りながらなので、けっこうガンガンと啜っていました。


​味玉


FullSizeRender

中国茶で煮込まれた味玉。

表面が薄っすらと茶色くなっていますが、正直お茶の風味は感じませんでした。
おそらくスープの香りにかき消されているのかな?

​スープ

FullSizeRender

このように表面は自家製ラー油ネギ葉ニンニクに覆われていてガツンという見た目なのですが、スープ自体は牛肉と牛骨と10種類以上のスパイスやハーブなどの香辛料で作られています。

なので見た目より辛さは控えめで、スープ自体はサッパリとしています。

ですが、ネギと葉ニンニクが防波堤となり、すんなりと飲み込むのは難しかったです。

それでチャレンジですが、バラ角煮のブロックを食べたあたりから急にペースダウンしまして。

それからは『45分以内にKKすればいいんだから』と思い直して、マイペースに流して。

FullSizeRender

23分18秒残しの21分42秒でKKフィニッシュ。

正直言って15分くらいでいけるだろうと思っていましたが、甘く見て見ていました(^_^;)

そして。

FullSizeRender

もうひとつの成功特典の糖葫芦(タンフール)という日本でいうところのリンゴ飴のようなもの。

有吉ゼミでは山楂(さんざし)でしたが、これはイチゴでした。


ということで腹パンで、ごちそうさまでした〜


帰り間際に大食いな有名人のお二方に偶然にお会いして、ご挨拶をしてから、お店を後にしました。

ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

昨年12月28日のことです。


有吉ゼミで紹介されていたチャレンジメニューをいただきに。

FullSizeRender

地下鉄東西線「茅場町駅」を出てすぐの、こちらに行きました。

こちらは山梨の名産を売りにしているお店です。

FullSizeRender

地階に下りた入り口の扉には、山梨の名産や観光スポットなどが紹介されています。

FullSizeRender

そして、もちろん僕はすいとんが大好きなのと、なんといってもすいとん鍋は、かぼちゃ白菜きのこ、などの野菜を白味噌仕立てにしているので、身体にも優しいチャレンジです。

僕は、有吉ゼミを観て『これいいな』と思うチャレンジがあると電話を手に取ってしまいます。

その際に、あまりにも揚げ物が多いチャレンジメニューの時は、観ているだけで胸焼けをしている自分が頭に浮かんでパスの判断をします。もうオサ〜ンなので(^_^;)
とは言っても、脂っこいものも普通に食べたりするので、最終的には自分の中の独自ルールのインスピレーションで左右されるのでしょうね。
こればかりは僕の拙い文章力では理路整然と、こうこうこうだとは言い表せません
そして、もちろん自分の胃の容量とも相談して最終判断します。

ということで今回のチャレンジは、重量が約3.8kgで制限時間が50分と、けっこう優しい仕様になっています。


そんなこんなでさっそく。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

ちょいアップでド〜〜ン!

あくまでも僕の肌感覚ですが、公称の重量よりも少しだけ多いような気がします。


まずは、いつものベジファーストなルーティンを無視して。

FullSizeRender

信玄どりのもも肉から。

いっただきま〜す

信玄どりは炭で焼かれていて、炭焼き特有の薫香とジューシーさと柔らかさでバクバクいけました。

やっぱりブラジル産とは違いますね(いろんな意味でwww)←分かる人には何を言っているのかが分かります(^_^;)

続いて。

FullSizeRender

坊ちゃんかぼちゃ。

これは丸々1個分が使われているそうです。山梨で話題の天空かぼちゃなのかな? 違うかな?

ホクホクと甘さがあり美味しいですが、そのホクホクさ加減が飲み込みづらく大食いには不向きな食材ですね。

慌てず騒がず、おちょぼ口で食べ進めていきます。

そして。

FullSizeRender

白菜や大根やニンジンに里芋、しめじ茸などがクタクタに煮えていて、僕の好みにジャストフィット!

鍋のクタクタ野菜が堪らなく好きです

とは言うものの。

FullSizeRender

5分経過。

熱々をハフハフしながらですからスピードは上がりません。

まぁ制限時間が50分もあるので慌てる必要はありませんが。

続いて。

FullSizeRender

本丸のほうとう麺。

それほど回数は食べたことはないのですが、ほうとうは大好物です。

ラーメンの時によく言っていますが、平打ち麺が堪らなく好きです

麺はもちもちしていて、それなりにコシも感じられてズルズルい…… きたいのですが、とにかく熱い(^_^;)

FullSizeRender

10分経過。

やっぱりペースが上がらずに、まだハフハフしています。

そうして。

FullSizeRender

富士桜ポークのバラ肉。

これが鍋の底にサプライズのように隠れているのですが、すでにテレビで見ているので『あ〜これね』という感じでした(^_^;)
このような塊が、正確に数えてはいませんが6〜7個ほど入っていて、これも柔らかジューシーで美味し!

FullSizeRender

15分経過。

かぼちゃがもう少しのところまできました。
このくらいになると、もう熱さが和らいで食べるスピードが少しだけ上がりました。

そして。

FullSizeRender

サツマイモも。

これはテレビでは無かったような。

どちらにしてもサツマイモも好みな食材で、実際今も減量食としてチョイチョイ食べています。

減量の話しは最後の方で触れることにします。

FullSizeRender

20分経過。

一応は、このくらいで食べ終わる予定でしたが、まぁ予定通りに事が進むなんてこたぁ滅多に起こらないのが世の常ってもんでさぁ〜ね。そこのお立ち合い!

FullSizeRender

25分経過。

固形物が終了。

実はワタク氏は汁物が得意なのでこざります。

FullSizeRender

ということで24分ちょうど。

で完飲完食のKKフィニッシュ。

はい腹パンです。

普段は質素な減量食生活なので、かつての8kg程度の胃の容量があった頃とは訳が違います。

ということで。

FullSizeRender

成功特典のワインシャーベット。

目の前で店員さんが一升瓶の赤ワインをかけてくれました。美味しそ〜

FullSizeRender

見た目からして美味しそう。

FullSizeRender

食べると、濃厚なぶどうの味と香りで、そこに赤ワインが相まって、食後のデザートとして最高です

そして。

IMG_0212

チャレンジする前は山梨名物の鳥もつ煮を注文をしようと余裕をかましていましたが、味わって美味しく食べるような腹の状態ではなかったので、泣く泣く断念(^_^;)

食べようと思ったら食べられはしましたが、美味しいと思わないで食べるのはもったいないので諦めました。

ってなことで大好物を腹一杯食べで大満足でした。




ということで減量話しです。

9月7日に心臓発作でぶっ倒れて、そこから減量を始めました。
開始時は体重がなんと153kgありました(^_^;)
そして12月28日のこの日の朝の計測では128kgでした。今までSNSなどではハッキリとは発言していませんでしたが、現在の最終目的は85kgに設定しています。
これは、2年くらいの長いスパンで考えていて、2年前にやった減量とは違い、リバウンドをしない減らし方を心がけています。

はてさて、もるちゃんの減量大作戦はどうなるのでしょうか?

予定通り行っても行かなくても、ブログを書いている際に『そうだ』と思ったら随時途中経過を書いておこうと思います。そして気が向いた時には普段の食事も紹介しましょうかね。精進料理よりもはるかに質素ですよ(笑)


乞うご期待です。



ではでは



関連ランキング:居酒屋 | 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ