もるせがの fun to ラーメン二郎(系)!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4周目巡回中。

カテゴリ: 大食いチャレンジ

7月12日のことです。


先月18日に提供開始日に行こうと思っていた。

FullSizeRender

こちらへ

FullSizeRender

パセラはやはりハニトーをはじめとする皆んなでシェアするようなデカ盛りメニューが豊富ですね

FullSizeRender

そして入り口の反対側にはチャレンジメニューのPOPと使用している製麺所の看板が。

予約は入れていないので入店してチャレンジの旨を伝えると、快く了承していただきました。

ただし今日お目当の二郎風ラーメン「パ郎」の写真撮影をしていて提供ざ遅れるとのこと。

特に急いでいないので。

FullSizeRender

チャレンジルールなんぞを読みながら、その刻を待ちます。

と。

ぜんぜん待ったという感覚の無いままに呆気なく。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!
豚と刻み玉ねぎが目を惹きます。

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!
予想はしていましたが、すり鉢は8号で最近食べる10号すり鉢からは小ぶりに感じます。

麺量も茹で前750gなので、普段食べているよりも少ない量です。

ということでさっそく。

いっただきま〜す

野菜はシャキシャキで玉ねぎも存在感はありますが、ピリッとくる辛さは無いので食べやすいです。

野菜をあらかた食べてから。

FullSizeRender

豚を並べてパシャリ

FullSizeRender

豚は二郎のそれとは違い角煮みたいな形状です。
食べてみると全部で6枚(個)あるうち、3枚が柔らかくて3枚が歯応えがありました。味はシッカリめに入っていたので、こちらもパクパクいけました。

豚はいつもとは違い一気に全部食べてから。

FullSizeRender

天地返〜〜し!

麺は極太でいわゆるうどん麺とかパスタ麺のような断面が四角な形状で、僕の好みからは外れます。

そしてコシがあるというほどではありませんがシッカリ食感で啜り辛さがあります。

FullSizeRender

写真に撮り忘れましたが、チーズやニンニクなどトッピングメニューも用意してあるので、二郎好きのポイントを押さえていますね

僕はいつもの生卵(50円)をダブルで頼んでいて、やっぱりすき焼き風をやるよね〜〜

そしてズルッモゴモゴと食べ進めて。

FullSizeRender

10分経過。

食べる前はとりあえずの想定時間を10分にしていましたが、余裕でオーバー。

まぁ30分以内に食べたらOKなので、それほど必死にタイムを追うことはしません。

そして残るはスープですが僕がちょうどいい味の濃さなので、気持ち薄めな味加減かな?

予想していたほどではありませんが、スープはそこそこ熱くてゴクゴクとはいけず。

FullSizeRender

11分56秒で K K。


食べ終わった感想は、カラオケ店で出すにしてはレベルが高いと思いました。
たまたま麺などは僕の好みからは外れるというだけで、嫌いじゃないという方はけっこういるのでは? と思います。

そして特別に提供期限は設定していないようなのでチャレンジしてみたいという方は是非!

そしてノーマルなパ郎は数年前から通常メニューとして提供しているようなので、カラオケを熱唱下の後にお腹が空いた際の腹ごしらえにいいのでは? と思いました



ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

7月3日。

ここも前から行きたかったお店です。
この日も梅雨明けらしいジリジリする暑さで。

FullSizeRender

京王線の布田駅に降りてから急いでお店に
駅からは歩いて10分もかかりません。

到着してチャレンジの予約した旨を伝えると、すぐに調理に取り掛かります。

IMG_0840

店内にはチャレンジメニューの説明書きが。

IMG_0841

成功者はMAX鈴木さんのみです。

こちらのチャレンジは制限時間30分以内に完食したら無料になります。
そしてこのチャレンジは先着10名までとなっています。

そうこうしていると料理が出来上がり。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

IMG_0824

横からもド〜〜ン!

結構な迫力はありますが食べられない量ではありません。

ただ、この時は後に訪れる地獄の瞬間を知る由もありません! 
⬆︎今日もこのフレーズが出たぁ〜〜



ではでは


ってことでタイマーをポチッとしてから

いっただきま〜す

FullSizeRender

まずはセオリーとなりつつあるベジファースト。

次に。

IMG_0826

冷めたら皮が本当につらくなる餃子を先にいっちゃいます!

続いて。

IMG_0828

チャーシュー。
これは街の中華屋さんによくあるタイプの冷めていて食感がどちらかと言うとハムみたいなアレです。

チャーシューも終盤には残しておきたくないので全て食べます。

IMG_0829

そしてメインであるチャーハン。
パラパラとしっとりが同居した、これまた馴染み深い落ち着くお味です

IMG_0831

そして頂点にあるネギは白髪ねぎ風の斜め細切りで、これまた細切りにしたチャーシューと和えてあります。
これもよくラーメンに乗っかってある、あの感じで美味しいです

IMG_0835

10分経過。

まぁこんなものかなという進み具合。
当初は目標を15分に設定して、無理そうなら…… というか僕の今の順当な実力からすれば20分。
最悪は30分以内の成功となるようにとイメージはしています。

IMG_0836

15分経過。

はい。約13分を過ぎたくらいから明らかにペースダウンしてしまいました(^_^;)

理由は得意の喉詰まり。
僕の胃下垂の真逆の胃袋、食道裂孔ヘルニアはとにかく喉詰まりをしてしまいます。

しっとりはしていますが家庭のそれとは違い、適度にパラパラなチャーハンは早食いをすると、とにかく喉詰まりをします。ということで水をガブリガブリと飲んじゃいます。

喉詰まりの経験のある方なら分かると思いますが、詰まった際は水をチビリチビリではなく、食べ物が胃に落ちるまでゴクゴクと飲むと思います。

ということでガチファイターの皆さんのような胃の容量の無い僕はみるみるうちに腹パンになっていきます

IMG_0837

20分経過。

見た目ではあと少しのようですが、腹パンになっている状態ではここからがキツイ(^_^;)

何度か限界の頭触りのポーズと、けっこう大きめな溜息を出しながらも。

FullSizeRender

1分23秒残しの28分37秒でなんとかクリア(^_^;)

あっぶね〜〜


ということで何事も舐めてかかったら手痛いしっぺ返しに遭うというのを中学生の時に経験しているにも関わらず、学習能力の無いバカは繰り返してしまうのでした(^_^;)


ということで、こちらのチャレンジはあと8名様となりましたとさ。


ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

6月21日。
SPYなもるちゃんが向かったのは……

前々から餃子のチャレンジメニューが都内だけでもけっこうな数のお店でやっているなと思っていて、そのうち機会があればチャレンジしようと考えていましたが、いよいよやり始めます。

ノゲジを食べてから向かったその第1弾は。

FullSizeRender

こちら! 味鮮 餃子坊 渋谷店さん。

お店の存在とチャレンジの存在は前から知っていましたが行かずじまいで時は過ぎ、さあやろう!と思った時に話しはトントン拍子に進みTwitterのフォロワーさんとダブルチャレンジをすることに相成りました。

お店に着いたのは予約していた時間より15分ほど早かったのですが、お店の大陸系の店員さんは快く招き入れてくれてちょっぴり「おお」となりました。

普段は……

ヤバイヤバイ  ネットが荒れるから書かないでおこう(^_^;)

これが普通の接客なんですけどね〜(笑)

ってことでこちらのチャレンジ、お店は約2kgと言っているようですが。

FullSizeRender

出てきた餃子は明らかに2kgじゃきかないのでは? というボリューム(^_^;)

餃子が出てくる前に。

FullSizeRender

酢醤油&ラー油と。

FullSizeRender

最近のマイブームである酢&白コショウのタレを作って準備を整えていましたが、餃子のボリュームで一気に気持ちの余裕が無くなり結果的にはタレを使う余裕が無い感じでした(^_^;)

そんなことを言っていても始まらないので、さっそくスタート!

いっただっきま〜す

餃子は通常イメージするものとは全く異なり、ニラ・玉子・エビのみで作られているようです。


僕は余裕が無かったのかニラと玉子は感じますが、残念ながらエビのじ感は分かりませんでした(^_^;)
結果、餃子の皮の中にニラ玉が入っている感じです。

餃子が何枚なのかも数えていませんでしたが、1枚食べるのに1分はかかっていません。これが早いのか?遅いのか?
それは分かりませんが後に訪れる地獄は容易に想像ができました。

これはヤバイ……

FullSizeRender

5分経過。

勢いよく食べていたのはこのくらいまででした。

餃子は美味しいのですが、大量のニラと皮の分厚い部分の小麦のクニュクニュ感が咀嚼と嚥下のスピードを明らかに鈍らせます

ピ〜ンチ!

もるちゃんピ〜ンチ!

頑張れヲレ!

FullSizeRender

それでも何とか手は止めずにスピードは鈍りながらも食べ続けていましたが。

この半分を経過したあたりから一気に手が止まりました(^_^;)

限界に近付いている頭触りのポーズが飛び出ましたが(^_^;)
僕の浅い経験上、気持ちが折れたらガタガタと奈落の底に落っこちるのを知っているので、脳みその「もう食べちゃいけないよ」という司令に背き、遅いながらも何とか手は止めずに食べ続けます。

はい。この時既に味わうのではなく作業になっています(^_^;)

この作業というのは普通の人には「何言ってるの?」だと思いますが、大食いをやった経験のある方は「あ〜ね〜」と分かると思います。

そしてこのお店の記録は約16分だそうで、どのチャレンジでも最初はその最速の分数を頭に入れながらやるのですが、不可能なのが分かった時点で時間内に食べる方向に考えをシフトします。

FullSizeRender

23分08秒経過。

いつもと違いこの時点でやっと安心感が出ました(^_^;) やっとです(^_^;)

ということで。

FullSizeRender

5分28秒残しの24分32秒でフィニッシュ。

やる前はただただ舐めていました(^_^;)

チャレンジ前に二郎さんを食べるなんて回復力の悪い僕はやっちゃいけなかっと反省しきりで、汗をかきかき道玄坂を渋谷の駅へと向かいました。

餃子をシリーズ化してポンポンとと思っていましたが、ちょっとインターバルをおきます(^_^;)

なんせ来月は餃子の食べ放題を予約しているので(^_^;)




ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ