もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

カテゴリ: ラーメン二郎 亀戸店

11月24日

今日は昼前の用事を済ませてから、あそこに行こうかな〜と思っていたら












朝にこのようなツイートが

ということで行き先を変更して(^_^;) 雪が降っているのでいつ臨休ツイートが流れるかヒヤヒヤしながら、向かったのは亀戸店へ

14時少し過ぎに到着しましたが、並びは無しで、店内に入ると5席ほどの空きがありました。

入店時の看板や券売機の写真は取り忘れ(^_^;) 券売機が新しくなっていました



















大ラーメン+汁なし+たまねぎキムチ。
豚増しは売り切れでした(^_^;)

ちょうど麺を茹で釜に投入するタイミングだったようで、券売機で食券を買っている際に店主さんから「麺増しですか?」の確認が(^O^) 
すかさず「お願いします」と返事しました

それから厨房からの出入り口側の1番奥の席に座ります(^O^)

それから1人2人と食べ終わり、店内のお客さんが4人くらいになりました。
どうやら僕が昼の部の最後の客なのかな? と思っていると麺上げが始まります(^O^)

僕のは今日もすり鉢にけっこうな麺量が入れられて、助手さんがトングで丁寧にタレと麺を混ぜています

それから助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニク」と答えます(^O^)
そしてすぐに



















着ド〜〜ン



















横からもド〜〜ン

まずは野菜からいっただっきま〜〜す  

野菜の茹で加減は気持ちシャキに寄っていて、今日は最初からブラックペッパーや魚粉をふりかけて食べます(^O^)



















僕の場合はサッとだけしかふりかけません(^O^)

野菜を8割ほど食べてから、麺に取りかかります(^O^)  麺はツルツル食感の細めの平打ちです

麺量があるので食べていると、どうしても下の方の麺がダンゴになってしまうのでレンゲと箸の二刀流でかき混ぜながら、ついでにたまねぎキムチを少しづつ混ぜながら食べます(^O^)

すると店主さんから「味噌いりますか?」と(^O^) こちらもすかさず「お願いします」と答えます



















店主さんアザァ〜ス

こちらも少しづつ味変の役割で混ぜながらいただきます



















味噌を入れると少々味が濃くなり、どちらかと言えばラーメンの方が合うのかな? と思いますが、本当にいい味変のアクセントになるので大満足です

この味噌はキムチ味のベースに味噌が効いているので僕の好みの味です(^O^)

この味噌は炒め物の調味料にも重宝しそうです(^O^)

それから14時15分ほどに店主さんが助手さんに「よし、閉めよう」と。
本当に昼の部最後の客になったようです。 いつも開店待ちなので、初のラスト客になりました(^O^) アブアブ

その後、店主さんは厨房内で、助手さんはカウンター最奥席でまかないラーメンを食べはじめます(^O^)

店主さんは小ラーメンくらいの量をササっと食べていました(^O^)

僕の方のラーメンも終盤になり、亀戸店の醍醐味である種類豊富な卓上調味料をかけてラストスパートです




















僕は花椒の麻痺系のシビレ辛旨が好きですね(^O^)

魚粉は粒子が細かいので、高い位置から振ると丼からハミ出て撒き散らすようになるので要注意
とか言いながら今日もチョイとハミ出してしまいました

などと様々な味を楽しみながら



















大満足でご馳走様でした

食べ終わってから、ちょいと前にあったことを、ちょいとお話ししてからお店を後にしました

それからお店の外観写真を撮り忘れていたなと振り返ると



















すでにシャッターが下りていました。

明後日は初めてのあのお店に行く予定です(^O^)

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

10月24日

先週は近くの駅に来たタイミングで臨休のツイートでフラれてしまい、今週こそはと亀戸店に向かいました(^O^)



















少し早く着いたのでこちらの羽根亀(玄武)前で時間を潰します(^_^;)



















10時30分くらいにお店に着くと並びは無しのPPでした

自販機脇のところに腰掛けて小説を読み始めると10分ほどで後続が。
それからポツリポツリと並びができて、11時頃には8人ほどの並びに(^O^)

11時8分くらいに助手さんが出てきて、食券を手売り販売します(^O^) やはり券売機は量産のものでは無いので、新たに設置するのは時間がかかるのでしょうね。

食券販売が最後尾近くになったくらいのタイミングでシャッターが上がり開店です

水を汲んで最奥の席に着席して、食券を高台に置きながら麺増し(大大)の申請をします(^O^)  (食券の写真は撮り忘れました )

しばらくして麺固め申請の方から配膳か始まります(^O^)
そして最近盛り付けを始めた助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」とコールして



















着ド〜〜ン

荻窪店の豚を見ているので小さく感じちゃったりしますが、決して小さくは無いバラ巻き豚と野菜とフライドオニオン、アブラのバランスが綺麗で食欲をそそります



















横からもド〜〜ン

写真では麺量がそれほどでもないように映りますが富士山型の盛り付けになっているので、目測で茹で前1キロちょいくらいでしょうか(^O^)

まずは野菜を脂と一緒にいただきます(^O^) 野菜はやや柔らかめな茹で加減で脂との相乗効果で甘いです

野菜をある程度食べ進めてから



















天地返〜〜し

二郎標準では細めで薄めな亀ニ麺が露出します(^O^) この時に卵黄とフライドオニオンもガッチリと混ぜ込みます(^O^)

麺は柔らかい茹で加減なので細薄の形状と相まって、すり鉢の底にギッチリと詰まっている感じで箸とレンゲの二刀流でなければ持ち上がりません(^_^;)
着丼した際は麺量は800gくらいかな? と思っていましたが、この時点でキロはいってるなと上方修正しました(^_^;)

啜ると茹で加減は柔らかいのですが、デロよりもシッカリめなピロピロ食感です(^O^) そして色々な味が相まって絶妙です



















そして、せっかくの汁なしですからジャンキーにということでまずはブラックペッパーをシッカリめにふりかけます(^O^)
BPの香りとシビレがプラスして箸が進みます

このくらいのタイミングで店主さんから「日曜日並ぶんですか?」と訊かれたので「はい。その予定です」と答えました




















見た目BPに似ていますが、花椒(ホワジャオ)をふりかけて楽しみます(^O^)

BPとダブルの効果でシビレる辛さが加わりまた更に箸が進む君で、麺をすする君です
これが卓上調味料の豊富な亀ニならではの楽しみ方ですね(^O^)



















豚はバラ肉で巻きタイプとブリッジタイプがあり、ある程度の食感残しで豚出汁の留まりがシッカリで表面にカエシが染みていて美味しいです

麺→麺→豚→麺→麺→豚と食べ進めて



















大満足で完食です

中4日の二郎は腹パンでご馳走さまです(^O^)


着丼前に気がついていたのですが、背後霊に漫才師東京ダイナマイトのハチミツ二郎さんが来店していました(^O^)
さりげない感じで立っていたのですが、やはり芸能人オーラを放っていました(^O^) もちろんプライベートと分かるのでその場では声をかけずにお店を後にしました


やはり亀ニの麺増しは破壊力があるなぁ〜と思いながら、明治通りをヨタヨタと満足感・満腹感を楽しみながら帰途につきました


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

9月18日

今日はもう今月中に終わってしまう、つけ麺をいただきにYさんとNさんと待ち合わせて、いざ亀二へ



















いつものように安定の待ち合わせよりも早く到着して、亀戸駅の北口(アトレ口)から出て、ぼちぼち亀二の店前に行きましょう、と思っていたら後ろから声をかけられて振り返るとNさんもお早めの到着でした(^O^)



















それから明治通りを渡った亀戸駅前交番脇にある、亀戸駅前公園へ(^O^)



















こちらの公園には四方の方角を司る四獣のうちのひとつ玄武が鎮座しています(^O^)  そこの喫煙所で待っているとYさんの登場です

それから明治通りを駅側に戻り、何かと誘惑の多いアーケード通りを直進します(^O^)

そして京葉道路の信号を渡って



















右に曲がるとテンションを上げてくれる黄色い看板が
ちょいと早めの10時32分に到着(^O^)
この写真では誰も人がいないように見えますが、並びは11人で12・13・14番目に接続(^O^) 僕は14番目で

そしてやはり3人集まれば二郎話しに花が咲き待ち時間はあっという間に過ぎていきます(^O^)

そして11時を過ぎたあたりで「僕の予想では今日の開店は11時18分とみた」と冗談半分で言っていたら、予言通り11時18分に開店です(^O^)  自分の自覚していない何らかの能力が?
開店時には並びは約30人。さすが日曜日(^O^)

















ブタ入り大ラーメン+つけ麺を
(角に手が見切れちゃってる )

僕は店内待ちの先頭です。先頭位置を指示する貼り紙を写真に撮り忘れた〜〜











代わりにこちらをパチリ

「店前に路駐したお客さんいませんか〜」などのプチ劇場があるかな? などと思いながら待っていましたが今日は平和な亀二でした(^O^)

そうこうしていると3番席の人が食べ終わり、水を汲んでレンゲを持って着席(^O^)
店主さんがオペレーションからこちらに意識が来たタイミングで「麺増し大2で」と申告します

そしてまずは「ラーメン」と「汁なし」から配膳されます(^O^)
それからいよいよ店主さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニク」を頼み
















着ド〜〜ン



















麺ド〜〜ン
麺量は体感で茹で前1200〜1300gくらいかな?

さっそく麺をつけ汁につけてから啜ります(^O^)  うんうん、個々人の好みがあるのでしょうが、やはり亀麺はラーメンよりも、汁なしかつけ麺で良さが増すように思います
二郎標準からはやや細めの平打ち縮れ麺が、醤油がビンビンと効いた亀つけ汁をまとわせて、めちゃくちゃ美味しいです



















亀バラ巻きブタ(^O^)
これは関内などのそれとは違い、食感残しで食べ応えがあります(^O^) ただし決して硬いとかパサパサではないので、バラ肉特有の味わいもあり、このタイプも美味しいと思います
これはフワトロのとろけるようなのと、肉の食感を味わいたい人との好みで分かれそうですね(^O^)

それにしても麺の美味しさをダイレクトに楽しめて箸がどんどん進みます(^O^)



















それにしてもキリリと醤油を感じるつけ汁が美味しいです(^O^)

それからは卓上の調味料をつけ汁の味を大きく変えないように、麺側にふりかけて楽しみます(^O^)

まずは魚粉。この魚粉が無料で卓上にあるのはいいですね(^O^)

次に花椒(ホワジャオ)。 こちらはけっこうシッカリとふりかけて食べましたが、やはりシビれる辛さですが、さすがに麻痺する感じになるにはかなりな量が必要のようですね(^_^;)
ですからあの四川風激辛麻婆豆腐などはかなりな量の花椒が入っているのでしょうね(^O^)

と、もっと食べたいな〜と思いながらも



















ごちそうさまでした〜〜*(^o^)/*

いやぁ〜〜、なぜだか今日は胃の調子が良く同じ量をお代わりできそうだなぁ〜と思いながらお店を後にします(^_^;)














YさんとNさんと「美味しかったですね〜」などと話しながら歩いていると、亀戸四丁目の交差点から亀戸駅前までの明治通りが歩行者天国になっていました(^O^)

そして歩行者天国になって間がない道路は人通りがまだ閑散としていて、その通りの真ん中を歩いていましたが、何だか後ろからクラクションを鳴らされそうな感じがして僕はチラチラと振り返りながら歩きました

それからまた玄武さんが睨みを利かせている公園で休憩してから解散になりました(^O^)

ご一緒したYさんNさん、お疲れ様でした〜〜*(^o^)/*

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ