もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4週目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 横浜関内店

10月11日

先週の土曜日から体調を崩して……
まぁ腹痛なんですが。(←食べ過ぎ?) 
火曜日はそれに頭痛も加わり最悪な状態
腹は激痛ではないのですが文章では表現は難しい嫌らし〜い鈍痛。
しかも座ろうが右半身を下にして寝ようが、左半身を下にして寝ようが、痛みは変わらず。

僕は胆石もやっているのですが(←10年サイクルくらいで入院や手術を余儀なくなるような大病をしてしまいます )

そこまでは痛さは無いのですが嫌らしい鈍痛(^_^;)

僕は腹痛だから1日2日もすれば治るだろうと高を括っていたのですが4日も長引くのは、ひょっとしてこれは通常の腹痛とは違うのか?


明けて11日になると前日の嫌らしい鈍痛は何処へやら。
しかし2日3日は安静にしておこうと思っていたのですが……

はい。

二郎病が発動して(^_^;)














来ちゃった(^_^;)
















ホイッ     の















ホイ    で














ホイ

到着したのは17時少し前で並びは30人はいたかな? 

そしてそれほどしないうちに前倒ししての開店です

それから1時間ほどして















食券を購入

大ぶた+粉チーズ+生卵。

本当はネギを買おうと思っていましたが売り切れで、反射的に粉チーズをポチり





















今日は周年記念の限定味噌ラーメンです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎













やはり関内は高速オペレーションなのですぐに店内へ

個人的に嬉しい最奥に着席できました

カウンター高台に置いた食券の上に現金50円を載せると特に口頭で申請しなくても生卵が入るようです。(知りませんでした) 教えていただいたフォロワーさん、ありがとうございますm(_ _)m

そしてすぐにトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラタカナベニで」とコールします

実はチェック漏れで店に着くまでは高菜のトッピングがあるのを知らずに、これまた先ほどとは別のフォロワーさんから教えていただきました
重ね重ねありがとうございますm(_ _)m

そして



















着ド〜〜ン


















横からもド〜〜ン

今日の体調だとこの量がバッチリです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

さっそく野菜から
いっただきま〜す

野菜は中間の茹で加減から少しクタに寄っていました。
野菜をあらかた食べてから





















豚を並べてパシャリ
@巻豚はホロホロで柔らかく味も好みなやつです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎       それから





















天地返〜〜し

やはり味噌スープなので、いつもより明るい茶色に染まった麺が現れます

啜るとやはりプリプリとしていて関内らしいやや細めな平打ちストレート麺は、味噌のスープを引っ張り上げて美味い美味い(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そして今日は早めに生卵と高菜と粉チーズをガッツリと混ぜます

すると濃厚でシッカリと下処理が施された味噌スープがトロトロというよりドロッドロになりジャンキーさっそくマシマシになります

人によっては「ちょっと甘いんじゃない?」となるようなスープに高菜の風味と紅生姜の酸味と風味が加わって、すごくマッチしていたと思います(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

本当はここにトウガラシを入れてピリ辛にした方がいいのでしょうが、体調を考慮してピリ辛は控えておきました。





















この濃厚で軽く焦がしているのかな? とも思える味噌ラーメンは年1ではもったいないな〜〜と思いつつ





















KKにて、ごちそうさまでした




これを書いている今は昨日のような辛さは無いので、どうやら回復しているのかな? と思います。

どちらにしても来週は万全の体調に整えておかなければと思います



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

6月23日


先月末くらいから行こうと予定を立てていましたが、予期せぬことがあり「しばらくの間休業ーー」というアナウンスが

今年になってから赤羽店の件があったので、早く再開してほしいな〜と思っていたところ


















とのツイート。
ホームにされいる方には嬉しいお知らせだったと思います
まだ数えるほどしか行ったことのない僕ですら心の中で小躍りしましたから

ってことで















よっこらしょっと
前倒し開店もあるかもと思い早めの到着。並びは3人で4番目に接続

するとPPにあのお方が
そしてなんとなんと列から抜けてお隣に並び直していただきました
ありがとうございます(・`◡︎´・)ゝ

お話しをしていると、店主さんと助手さんが時折シャッターを上げて荷物出しなどの作業をしに出てきます。
お元気そうでホッとしました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

開店前に助手さんが出てきて麺量を申請していきます。
僕は「汁なし大大」と申請します

並びはアーケードを越えていましたが、信号までは達していなかったので定時開店でした


食券を買う前に
















無意識に近い感じでこれを撮っちゃいます





















購入したのは、大ぶた+汁なし+チーズ。 でもって買おうと思っていたネギは売り切れになっていたので、すぐに上にあるズーチーのボタンをポチッと

荷物を置いて席に着くくらいで既に1番目の方にトッピング伺いが始まっています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎  早い

そして助手さんからのトッピング伺いに「ヤサイニンニクアブラベニ」とコールして





















着ド〜〜ン





















横からも思いっきり切れながらド〜〜ン

まずは生たまごを端に落としてから
いっただきま〜す

柔らかめな茹で加減のホクホク野菜と甘い脂を一緒に口に運び、ふた口目は紅生姜も加えて食べます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
これがまた美味い





















野菜を7割程度食べてから豚を並べてパシャリ
巻きバラ豚はトロリではありませんが、柔らかく滋味深いバラ肉特有のシッカリとした味がしています

んでもって





















天地返〜〜し
ブラックペッパーを程よくまとって、タレに染まってところどころ飴色になっています

啜ると固めな茹で加減なプリパツ麺です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
それから少しづつチーズを絡めて食べると、これが合うこと合うこと

これは次回からはズーチーは必須だなと心に決めたアラフィフの初夏。

それからは、たまごの黄身とフライドオニオンも全て一緒にグッチョングチョンに混ぜやがって啜りやがりました

やっぱり関内の汁なしは美味しいですね
二郎直系でも並びの多い店だというのが頷ける味です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

でも


幸せな時間はそうそう長く続くはずもなく、勢いがついてスープ割りもせずに





















KK


って
写真では汁が残っていますが、キチンと完飲しました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


色々と思うこともあり言うべき言葉もあるのでしょうが、僕みたいなポッと出の新参者が余計な事は言うべきではないと思い「ご馳走様でした〜また来ま〜す」とだけ言ってお店を後にしました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


さ〜〜て来週はどこに行こうかな?

って大体は決めているのですが、それは次回の講釈で


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

3月5日

本日は遠く四国から遠征をしてきた方と待ち合わせをして












こちらへ

アーケード超えに接続します
日曜日だしと予想したよりは並びは穏やかな印象でした



















やはり関内店は行列の進みが早く、同行していただいた方と話しをしていたのでなおの事あっという間という感じで助手さんから麺量確認をされます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そして食券を購入します。



















購入したのは、大豚ラーメン+汁なし+ネギ+ネギ。

それからすぐに席が空き、奥から3番目に座ります

厨房内は店主さんとメガネ助手さんの2人体制です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そして麺量を先に確認しているので、それほど待たずに店主さんからのトッピング確認に「ニンニクベニ」とコールして



















着ド〜〜ン



















横からもド〜〜ン

巻き豚が存在感を放っています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

まずはネギと野菜を
いっただっきま〜す

野猿とは違った切り方で、また違った食感とゴマ油の香りで箸が進みます

ある程度ネギ&野菜を食べ進めてから




















ブラックペッパーを纏った平打ちストレート麺が現れます

啜ってみると、甘さとショッパさとブラックペッパーの香りと紅ショウガの香りが渾然一体となっていて、そこにネギとゴマ油の香りも加わって、やはりジャンキーで最高に美味しいですね



















豚展開の図

やはり関内の代名詞でもある巻き豚は柔らかく味もシッカリしていて、豚ダブルがあったらな〜と思いながら食べました

それからさらに全てをシッカリと混ぜてから、ズルズルズバズバと食べ進めて



















スープがふた口ほどでしたので、KKしてご馳走様でしたした

「美味しかったです。また来ます」と言いお店を後にします(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


店を出ると春の訪れが近いのを感じる、気持ちのいい風を感じながらご一緒した方と駅へと帰りました

ご一緒した方は、明日明後日と別の二郎を楽しむ予定のようです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
存分に満喫していただきたいです


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ