もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

カテゴリ: ラーメン二郎 仙川店

6月15日

病院の待合室で診察待ちをしている間、終わったらどこに行こうかと、あっちにしようかこっちにしようかと考えていました。
その延長上で過去記事なんぞを遡っていて行き先を決定しました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















ジュワッとこちら仙川店。
実に去年の11月29日が最後で来ていない(^_^;)

開店10分過ぎたくらいに到着して外待ちは無し。

「ご無沙汰で〜す」と言いながら店内に入れる訳の無い新参者の僕が(^_^;) 
券売機で食券を買いながら店内を見ると、奥から3番目と4番目の席が空いています。





















大豚ダブルの食券に現金300円を添えて助手さんを見ると目が合ったので「お願いしま〜す」と言うと、目顔で ー了解ー とのシグナルが

1杯ロットの麺上げが終わり阿吽の呼吸で助手さんからトッピング伺いが(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

「全部で」と仙川店での僕の決定事項のコールをして





















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン
これでもかという豪快なお豚様

かなりな柔らかさのクタ野菜を脂と一緒に食べてから





















豚を何枚か並べてパシャリ
全てを並べれば綺麗で迫力のある写真になるのでしょうが、余計な時間がかかるので3枚くらいを寄せて撮りました(^_^;)

はい。
店主さんと助手さんのサイレントプレッシャーに僕はビビりながら撮っております事をご承知おきください(^_^;)
それからほんの少しだけ決壊をしているので、麺をひと啜りしてから





















仙川ブラックに染まっている麺は、けっこうな量が入っています

麺は断面が真四角に近い、二郎標準からは幅は狭めで、厚みのある形状です。
あらためて麺を啜るとプリパツを通り越してゴリゴリな固い茹で加減(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

また麺上げを見ていましたが、今日はいつもより麺を平ザルで掬ってから丼に入れるまでにワンテンポ湯切りタイムがあったので、味は薄過ぎずショッパ過ぎずのちょうどな感じです

豚は、岩石な端豚が2個と厚さが2cmはある仙川店ならではの狂暴なやつ(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

ウチ岩石ひとつと他2枚は硬めでパサでしたが、その他は当たりな柔らかいやつでした
写真は撮りませんでしたが、仙川店の豚はなぜかコショウを振ってしまいます





















スープはやはり仙川ブラックの名の通り、醤油色がしていますが、味自体は色から想像するほどにはショッパく無いです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そして最後はKKする勢いでゴクゴクといきましたが、さすがに終盤にショッパさを感じて





















ちょい残しで、ご馳走様でした〜〜




帰りしなに写真を撮り忘れていた戦利品をリュックから取り出して





















内心ニンマリしながらパシャリ

やはり仙川はプラスアルファの楽しみがあるので、もう少し訪問頻度を上げようかなと思います


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

11月29日

今日はPC相手に難しいことをしていたら、根詰め過ぎて頭から湯気が出てくる勢いになり、気分転換に「そうだ  ニンニクチャージしよう 」と相成りまして(^ω^)

はてさて、との店にと考えると……  荻窪店。近いので真っ先に思い浮かぶ   ちょいキープで(^O^)

明日で閉店の大宮店。 さっき宣告が出たとかツイートがあった。

小金井店。 今日は肉の日限定だ  でも並びがキツそうだな〜


などと考えていて、結局は仙川店へゴ〜ゴゴ〜〜

決め手は、比較的近いのと出発時間から計算すると開店時間に合うことと、豚が僕の好みのボリュームと味だということ。そして最終的には生麺の持ち帰りをしたかったことです

焼きそばや、麺つゆでシンプルにつけ麺を楽しみたいと常日頃から思っていて、今日がそのタイミングだとなんとなく思ってしまいました(^_^;) ハイなんとなく

ということで到着したのは開店時間の7分くらい前で、並びは11人で12番目に接続します(^ω^)




















定時2分前の17時28分に看板に電気が灯り、ロールスクリーンが上がって開店です(^O^)

僕は12番目なので、3塁側の1番端。
茹で釜の正面席で真夏には避けたい席ですが、この季節には無問題です




















購入したのは大ダブルラーメンで、食券の傍に300円を置き、助手さんと目が合ったタイミングで指を3本立ててアイコンタクトをします(^O^)
すると助手さんもオッケーとばかりにアイコンタクト返し

それからは厨房内のオペレーションを眺めたり、スマホをカシャカシャしてマッタリと時間を過ごします(^O^)

店内に充満するスープの香りはやはり生姜を感じます(^O^) ですが実際に飲むとそれほど強烈には主張して来ません(^O^)

そうこうしていると自分のロットの麺上げが始まり、並びの順番からすると僕がロット最後の提供だなと思って見ていると、僕が1番先にトッピング伺いがあり「全部」と答えて



















着ド〜〜ン



















横からもド〜〜ン
いい湯気が上がっています

まずはいつものように野菜から。
プリプリ脂か一緒にいっただっきま〜〜す

野菜は完全なクタで、僕の記憶とは違っていました。もう少し中間寄りの茹で加減だったと勝手に記憶していました(^_^;)
でも僕はクタ茹でも好きなのでムシャムシャ食べます(^O^) 
というか野菜は3口ほどでほぼ無くなり、富士山盛りの麺が現れます



















先に豚を広げてパシャリ
写真では分かりづらいですが、みんな分厚いカットでボリューム満点(←死語?)です(^O^)  僕はあまり写真撮影には時間をかけないので、アングルはこだわらずにサッと撮ってサッと食べます(^_^;)

それから今日は半分だけ



















天地返〜〜し
仙川のラーメンはショッパ過ぎないので、それほど天地返しをする必要はないのですが、ルーティーンになっています(^_^;)

仙川麺は二郎標準の幅に、標準より気持ち厚さのある、ほぼストレートなものです(^O^) 茹で加減は中間よりやや柔らかめでしょうか。ズバズバとヌーハラなんてなんのそので啜れます(^O^)



















豚はみなシットリジューシーで、分厚くて豚出汁満載。カエシの味しみは僕好みの控えめで、とにかくムシャムシャといける肉の日祭りな美味いやつで、ダブルにしたのが大正解な仕上がりでした

そしてアップの写真は撮っていないのですが、スープは仙川店の代名詞の醤油色のいわゆる仙川ブラックです(^O^) しかし、味はショッパくなく濃い味の好きな人はカラメかカラカラが必須だと思います(^O^)  今日も前のロットなどを聞き耳を立てていたら、カラカラのコールの人が多い感じでした(^O^)

そうこうするうちに幸せな時間はすぐに終わってしまうもので



















完食と相成りました

ここのスープはついついゴクゴクと完飲しそうで、途中で止めるのに苦労します(^_^;)

僕はせめてものあがきで、これくらいを残してご馳走様します(^_^;) そして



















食べてる途中で受け取った生麺を、食べ終わりお店を出てからパシャリ

これで長い期間、熱望していた生麺を手に入れたので明日は焼きそばを作ろうと思います(^O^)


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

7月28日

今日は別の麺友さんからお誘いがあり、僕にしては珍しく夜の部、それも暗くなっての訪店です(^O^)

行き先はラーメン二郎仙川店

久しぶりだなぁ~とラーメン二郎 アプリ店の記録を遡ると1月以来の訪問です(^_^;) こぶさた~ん (まずい  誰かにパクリと言われちゃうwww)

19時に阿佐ヶ谷駅で待ち合わせて吉祥寺周りで、いざ仙川へ



















19時40分に到着して食券を先買いします(^O^) 並びは5人。 それほど間を空けずにそれからあれよあれよと待ちは12人くらいに(^O^) これからの時間が混むのでしょうね



















大ダブルラーメンを購入して列に接続します。

それから20時くらいに入店します(^O^) 2人連れなので配慮していただきました。前後も見ていると2人連れ3人連れなどは極力連席するように調整していました(^O^)

着席してから平ザルとトングを使ったこの店特有の麺上げを眺めます。店内はなんとも言えないピリついた空気なのですが、ボ~ッとオペレーションを眺めていました(^_^;)

それから亀田パパに似た助手さんからトッピング伺いがあり「全部」でお願いしました(^O^) ショッパイのが苦手な僕でもこの店だけはカラメも付け足します(^_^;)
そして間髪入れずに



















20時11分に着ド~~ン



















横からもド~~ン

まずは野菜と脂をムシャムシャいきます(^O^) 脂の甘みと野菜の甘みが混ざり合って美味い



















やはり豚のカットが写真では分かりづらいですが厚みもあってボリューム満点(^O^)

豚を何切れか食べてから天地返し(^O^)



















別にショッパくもないですし、荻窪店みたいにアツアツ過ぎもしないのですが、ついついルーティンで返しちゃいます(^_^;)
麺は幅は無いですが、厚みがあってほとんど縮れていないストレートでコシのある食感で美味しいです

ほのかに生姜が香るスープを持ち上げる麺をズルズルといただきます

それから残りの豚に



















ブラックペッパーを振りかけていただきます(^O^)
今日の豚は肉屋さんの目線で質のいい奴で、肉質がシッカリしていながら噛むとサクッサクッとするもので、このような豚は若い証拠です(^O^)
僕が肉屋さんの時は、例えば豚ロース肉ですと棒状に成形してあり長さが大体7~80㎝くらいあるもののちょうど真ん中を下から片手で持って、両端がダラリと垂れるのは「水豚」と言って、これは買えないと問屋さんに返します。
一方良質なものは真ん中を持ってもビシッと真っ直ぐなままです。

今日のはまさにサクサクの若豚でした



















スープはまさに仙川ブラックで透明脂層もある程度あり、豚出汁が効いていてほのかな生姜と増したニンニクが相まって塩気は普通なのですが、出汁が濃厚でついついゴクゴクと飲んでしまいます(^O^)



















思いとどまってなんとか完飲するのは堪えて、20時20分に完食

ごちそうさまでした

無いものねだりなのですが、やはり昼の部を週2でもいいのでやっていただきたいな~なんて思ったりします(^_^;)

ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ