もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4週目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 府中店

4月26日
今日は久しぶりの26dayをやっているラーメン二郎 府中店です。

恒例の26day限定トッピングは、今月は「白味噌」です。
という事でまたまた早めの10時30分過ぎにお店に到着。

入り口前に行くとちょうど店主さんが入り口近くにいて、ちょっと質問させていただきました。
前回がラーメンだったので、今日はつけ麺を食べようと決めていました

そして僕の気になるのは、つけ麺の食券と別途でこのお店は「大盛り券」があるので、色々とネットでブログを見ていると大盛り券3枚だ4枚だと載っているけど、はたしてどれだけ追加できるものなのかと。
すると店主さんのお答えは「大盛り券は1枚にしてください。それより多いと何か変てこになるから」というお答え。

一瞬「ん?」と思いましたが僕の(最大限の好意的な)解釈ではラーメンでもつけ麺でも、麺とスープのバランスの兼ね合いの何かこだわりでもあるのかな? などと好意的というかまぁ自分で勝手に解釈して「了解しました」と(^_^;)



















開店まで時間があるので、こんなのを撮ったりしていたら後続の並びの方が。

そしていつものように角席(6番目)に座りたいので順番をお譲りして……  ってみなさん一様に訝しげなお顔をされます(^_^;)

PPで来てどうぞどうぞとやっているのは僕くらいなのでしょうね(^_^;)

そうこうしているうちに11時を数分経過したところで開店になりました。



















大ブタつけ麺+大盛り券

食券を購入して水を汲んでから着席です。今日も前回と同様に店主さんのワンオペです。
ですからなかなか列が進まない。などという反面、とにかく食べる側も焦らずにゆったりと構えることができます(^O^)

そしてジックリと茹でられた麺が各丼に取り分けられていきます
そしてトッピングを訊かれて「ヤサイニンニクミソで」と答えるとすぐに



















11時57分に着丼〜〜 後ろに人がいるのであまり引きでは撮れません(^_^;)



















横からもチョイ切れド〜〜ン

正直盛りが(^_^;)  これは痩せろという天の思し召しかwww

そして気を取り直してまずは野菜をつまみます。気持ち匂いが感じられます。
気持ちですのでまぁいいか(^_^;)

それから麺を持ち上げて……   ってさすがに超極太麺ですので、チョットだけ引っ張り上げてから自らくわえに行って首リフト
うん美味い

強烈に小麦の香りがする訳ではありませんが、やはり水で〆られていて以前食べたラーメンの時よりも食感がゴリゴリという感じで、超極太麺の醍醐味はこれだなと思わせるものです
それに加えて縮れ具合が食感のゴリゴリ具合に拍車をかけているように感じます
ただしこの麺は僕のような修行の足りていない者にはズルズルズルと啜るのはチト無理ですね(^_^;)
それをやったら両隣の人に雫を撒き散らしそうです

なので外国人よろしくお上品に音を立てずにモグモグゴンボ  世代がバレる(^_^;)



















そして豚は伴は小さいですが、そこそこの厚さのものと完全にほぐれたようなものがそれなりに入っていて、全てが赤身肉ですが硬いものはありませんでした。ダメではありませんが見劣りはします。



















麺丼の方に入れられている「白味噌」

僕は間違いを犯しましたね(^_^;)
先に麺を何も付けずに、次に味噌の入っていない状態のつけ汁で麺を食べて、中盤になってから味噌をつけ汁に投入しましたが、あろうことか一気にエイヤッと溶かし入れてしまいました(^_^;)

もちろんつけ汁は超しょっぱ〜い(^_^;)

「しょっぱい相撲を取ってんじゃね〜ぞ〜ゴルァァァ〜」と兄弟子に言われそうっス  自分頑張るっス  自分おちょくってないっス  自分北向いてないっス

注 : 北向くとは、ふてくされるとか反抗的な態度をとるという相撲取り用語っス(^_^;)

こんな感じの相撲取り用語はまだまだあるっス(^_^;) ブログでは書けないようなのもあるっス(^_^;)

という事で、僕の着丼がファーストロットの1番最後という兼ね合いもあってか、皆さんどんどん食べ終えて席を立って行くので、終盤はチョットばかしペースを上げて完食っス



















どうもごっちゃんした

帰りしな店主さんに「足りましたか?」と聞かれたので「大満足です 」と言ってお店を後にしました
ひとつ大人の階段を上ったかな?

階段と言えばまたまた相撲取り用語(^_^;)

相撲取り用語の「ごっちゃんです」の変化というものがあります。
まずは入りたてのペーペーの新弟子は例外なく「ごっちゃんです」
次に年数が経つと「ごっちゃんす」
それからさらに年数が経つと「ごっちゃんし〜」その次が「ちゃ〜んし」
最終ラスボスは「し〜〜」しかも「静かに」の時のように声に出さずに空気だけの「し〜〜」

この「し〜〜」が言えるのは、とにかく古参の兄弟子で、僕らは「大兄弟子」と呼んでいました  これを平仮名にすると「おおあんでし」
しかも段階を踏まえずに次のステップを早めに言っちゃうと兄弟子に「お前みたいな新弟子が何一緒の気になってし〜〜し〜〜言ってんだ 顔じゃね〜〜よ ゴルァァ 」と怒られます(^_^;)

あ〜クワバラクワバラ、つるかめつるかめ(^_^;)


ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月26日


昨日いきなり故郷の味が恋しくなって4日遅れですが、小さな頃冬至の日に食べていた「かぼちゃぜんざい」をこしらえて食べていました。(北海道はこれです)
IMG_0816



























もう少しいいかぼちゃを買ってくればよかったと思いながら食べていると……
メールの着信音が。
見てみると「ラーメン二郎 府中店」からのメルマガで、12/26(土)のトッピングサービスは「揚げネギ」です。
という内容。
府中店もいつかは行きたいと思っていた店舗で、やはり何といっても二郎の中でも麺の太さはトップクラスのようで、ネットなどでいつも見ていました。
それほど悩むこともなく行くことに決めて、そういえばIT二郎さんなどが「26 day」によく行っていたなと調べなおしました。

そして今日。

初めて行くところなので行列の後ろに並んで前の人の動きを参考にすれば間違いないなと、いつもよりは気持ちゆっくり目で出発。
先日紹介した家の近くの勝浦担々麺の専門店「ビンギリ」は外待ち9人で、中待ち1人でした。

そうこうして開店25分前の15時35分に府中駅に降り立ちました。
そして南口に出て西(右)の方を見ると。
IMG_0819



























この看板が。
ここの商店街に入っていきます。
するとそれほど歩かないうちに目の前に。
IMG_0820




























府中店の入る関野屋ビルの看板が。
そして左を見ると。
IMG_0821




























左壁にこの看板が。
そしてその奥に。
IMG_0822




























入居している飲食店の看板が。
奥にはすでに並んでいる人の姿が。

15時40分。ということはここも駅から近い立地で僕の足でも駅から5分で着きます。
通路をくぐると並びが13人で、14人目に接続。
その後も行列は増えていきます。

16時頃になると通路にある看板の明かりが点いて開店。
この時点で行列は30人ほど。
入り口の券売機で食券を買っているので、ゆっくりと列が店内に入っていきます。

店内は逆L字のカウンターで手前の短い辺に4人。奥から手前の長い辺に6人の計10人が座れます。
そして中待ちは黒ウーロン茶の自販機を隔てて、奥と手前にそれぞれ2人づつの4人です。
IMG_0827




























荻窪店の告知が貼ってありました。
僕は中待ち4人目なのですがデカイので食券を買ってから外で待つことにしました
IMG_0826




























26の日の告知。
入り口から中の厨房をボ~っと見ていました。
厨房は店主さん1人のみです。
ゆっくりとした時間が流れます^^
(直截的に書きませんので、行間で感じたことを察してください )

そうこうしていると1人2人と食べ終わり店を後に。
そしてカウンターの下に荷物を置いてから水を汲んできて着席。
IMG_0829




























購入したのはまずは大ブタラーメン(950円)です。
券売機に「大盛り(100円)」というものがあったのですが、それがどういったものか分からなかったので一大決心をして隣の方に声をかけて聞いてみたら、大ラーメンに大盛りをプラスすると麺が2玉になると教えていただいて一瞬迷った挙句に買っちゃいました
それがきっかけでその教えていただいた方と小声でお話を。
するとスマホのメモを見せていただいたのですが、ラーメン二郎30店舗以上を制覇している強者さんでした。

それからまた厨房に注目します。
ここは麺茹でをテボでやるんですね。ラーメン二郎では初めてです。
店主さんはジックリシッカリと注文の確認をしています。
そして16時45分頃に助手さんが登場。ひたすら食べ終わった丼の洗い物を始めます。

トッピング伺いがあり「ニンイクヤサイアブラネギ」で。
IMG_0830




























すぐに着丼。
揚げネギがけっこうシッカリと振りかけられています。
IMG_0831




























横からもド~ン
まずは上の野菜と揚げネギを一緒に3口ほど。
凄く香ばしくていい感じです。
揚げネギの香りを楽しみたいので、ニンニクが混ざらないように天地返し……
と思ったのですが、さすがに噂にたがわぬ極太麺はかなりな重量で思うように引き上げられません
IMG_0832




























やっとこれだけ引き出したので麺を啜ります。
でもやっぱり重いので、少しだけ箸で持ち上げてそれをくわえて首リフトで対応www
それからは一気に掻き込んで、またまた完飲しそうになってあわててストップ。
IMG_0833




























常連さんのような方が「ごちそうさまです。おいしかったです」と言ってお店を出て行って、なんだか僕もつられて「ごちそうさまです。おいしかったです」と言ってお店を後に。
ラーメンの感想は麺は噂通りの極太麺で、あるときいきなりまた食べたいという常習性を感じました。
スープは非乳化というか微乳化な感じで、表面にけっこうな透明脂の層ができていました。
そしてけっこうな豚のダシが染み出していました。
豚は柔らかく、繊維質のような赤身の部分もパサではなくシットリとしていておいしかったです……
ですがやっぱり僕は普段野猿がメインですので、ボリューム的にはもう少しほしいなと思いました。

お店を出る時、先ほどカウンターで教えていただいた方とほぼ同時に出てきて、お話をすると荻窪店の初日は既に仕事の調整をしたので行きますとのことで、年明け17日に再開することを約束して別れました。

総合的に満足できた一杯でした


ではでは


 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


                                                        ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

このページのトップヘ