もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

カテゴリ: ラーメン二郎 府中店

11月02日

昨日の続きです。

神保町で漢のお顔を拝んだ後、家でパワポなんかをカシャカシャしていたら電話がかかってきて、麺友さんからの二郎へのお誘いがあり、即答で行くことに
そして、どこに行こうかと話していたら、麺友さんが以前お店まで行ったものの休みで振られた過去を持つ府中店に決まりました(^O^)

自動車で行くから拾いに行くからと言われて一旦電話を切りました。

麺友さんの家からだと僕のところは遠回りになるので、また電話がかかってくることになっている時間には歩いて四面道の交差点の高井戸側に
思い返すと車に乗って二郎に行くのは初めてです(^O^)

待ち合わせ時間になって車に乗り、いざ府中へ



















20時15分くらいに到着(^O^)
並びは外に5人で6番目7番目に接続。

店内の背後霊の5人と合わせて待ちが10人。どのくらいで食べられるかな?

厨房内はリフレッシュした店主さんと僕は初めて見る助手さんの2人。

券売機前まで列が進み



















後ろを気にせずに、ど・れ・に・し・よ・お・か・な。 で



















購入したのは、大ブタ+大盛り+チーズ。 今日は初めてチーズを買ってみました

そして到着から30分で、3塁側の1番奥に着席(^O^)  数分して僕の隣の席が空いたら、店主さんが麺友さんを僕の隣に誘導してくれました   アザァ〜ッス(^O^)

それから10分少々で店主さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」とコールして



















着ド〜〜ン



















横からもド〜〜ン

野菜の上にかかっている脂には、ほぐれたフレーク状の豚や出汁野菜が混じっています(^O^)

まずは野菜と脂を一緒にいっただっきま〜す
野菜はクタ気味でホクホク。それに脂を絡めるといろんな甘みを感じて美味しいです(^O^)



















豚は角ばった切り方のものがコロコロと
みな赤身部分のもので写真でわかる通り、フレーク状にホロホロと崩れて、フワトロとは別の柔らかさがあり旨ぁ〜い(^O^)

野菜を9割がた食べてから



















天地返し

醤油を吸った府中ごん太麺がこんばんは(^O^)  このルックスだけで堪りません

啜るというよりも、首リフトでモグモグとかっ込みます

麺は絶妙な茹で加減で、柔らか過ぎず、かと言って固過ぎず、とにかくちょうどいい加減です(^O^)



















ゴロゴロ豚たちの反対側にチーズにサンドされた豚が2切れ(^O^)
写真では分かりづらいですが、こちらの豚は大きめスライスで食べるとめちゃくちゃフワトロの大当たり豚(^O^)  それにチーズが包み込んでいるので、相乗効果でなんとも言えないフワフワ食感

豚&チーズ美味えッス

そしてスープは夜なので非乳化ではなく、やや乳化くらいで出汁に使っている野菜由来の甘さが加わり、特筆もので美味いです(^O^)  超僕好み


そして幸せな時間は早く終わるもので



















スープをゴクゴクと2口ほど飲んでから、命根性分だけ残してごちそうさまでした〜(^O^)

すると店主さんが「ありがとう  また来てね 」と嬉しいお言葉


やはりお休み後は軽快さを感じますし、再開初日の時とも違い、助手さんに任せるところはシッカリ任せて、オペレーションが前回よりスムーズになっていました

外に出て先に食べ終わっていた麺友さんと合流して、駐車場に向かいます(^O^)

その道すがら麺友さんが、府中は美味しかったと言っていて嬉しくなりました


今は野猿のエビドクロ、大宮店など、行きたいところがたくさんで、次にどこに行こうかなと悩むところです(^_^;)


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

9月24日

数日前に「府中店の店主さんが三田本店にいた」というツイートがあって、その後すぐに府中店再開の記事がありまして。
どの店に行くかと考えていたら、やはりというか何というか足が府中に向きました(^_^;)
府中に着いて二郎が入っているビルのここの曲がり角を曲がる時に並びの有無がわかるので、僕はいつも心の中で「どうだ〜 」と見ます(^_^;) わかるわかるという方もいるのではと思います



















今日もこの位置から首を伸ばして見てみると、並んでる並んでる(^O^)

16時開店なのに対して14時20分くらいに着いて並びは6人で7番目に接続します。



















雨が降っているのでニャンコ先生はご機嫌ななめでした(^_^;)

その後、チャリティーでもお目にかかった某有名なお方が来て店内に入り、しばらくして建物の一番端に並んでいた僕の前に来て「雨が降っているので次に来た人からは濡れてしまうので、裏の空き地側ではなく折り返して表側に伸びるように並ぶように言ってもらえますか」と言われました(^O^)
濡れるからとお気遣いしていただいたようです

それからはtwitterを見たり小説を読んだりしていたら時間が進み



















店前の看板にライトが灯り、定時よりも数分前倒しで開店します(^O^)

まずは気になる店主さんですが、やはりリフレッシュしたような感じがします(^O^) そして助手さんは新小金井や新代田でお目にかかっているO助手さんでした(^O^)



















購入したのは大ブタ+大盛りです(^O^)
大盛りを2枚にしようか考えたのですが、以前店主さんに「バランスがガチャガチャするよ」と言われたのを思い出して1枚にしました(^_^;)

それからオペレーションを見ていたのですが、やはり店主さんはワンオペに慣れてしまっているようで、助手さんと息が合ったという感じは無くぎこちなさを感じます(^_^;)
助手さんも出過ぎたことはしないように気を使われているのを感じます(^_^;)

まぁこれも慣れなのでしょうね(^_^;)

そうこうしているうちに配膳が進みセカンドの麺上げが終わり店主さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニク」とコールします
そして待ちに待ったラーメンが



















着ド〜〜ン



















横からもド〜〜ン

野菜はキャベツが目立ちます(^O^)

まずは野菜を8割がた食べて



















豚を並べてパシャリ

スライスするときもチラリと見ましたが、この豚は肩ロースなのかな?と思いました。 が自信はありません(^_^;)

長期休業明けなので、ひょっとしたら出汁ガラのパサに当たるのでは?と思いましたが食べると単なる杞憂で、柔らかくて出汁感は若干薄く感じましたが、パサ感は無くて美味しいです
それから



















天地返し

府中店といえばコレ  という二郎全店随一の極太麺がスープを吸って現れます(^O^)

啜ってみるとスープの豚出汁と脂とケミをまとって美味しいです(^O^)
食感は僕のイメージでは少しコシのようなものが欲しいかなと思っていたのですが、今日のは今までのものよりもシッカリとしていてプリクニュ感があり、府中店には多くは来ていませんでしたが一番の美味しさです

スープは非乳化だと思っていたのですが、今日のは少し乳化した微乳化で、豚出汁とカエシの醤油もシッカリと出てはいるのですが、出過ぎではなく調和のとれたバランスのいいもので、そこにシッカリめの脂がコーティングされている感じです
そして麺の食感とスープの旨味、豚の美味しさと柔らかさを楽しみながら



















あっという間に完食です


今日は、もしかしたらかなり長くなるのかもしれないと思っていた府中店の再開で、店主さんのお元気な姿を拝めたというスパイスも加味して大満足でお店を後にしました

店を出ると並びは20人弱くらいはいましたが、僕が予想したよりも並びは大人しめでした。
これは明後日の26dayにという方と、雨を敬遠した方もいたのかなと思います。これはうまい具合にばらけた形になっていたように思いました(^O^)


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月26日
今日は久しぶりの26dayをやっているラーメン二郎 府中店です。

恒例の26day限定トッピングは、今月は「白味噌」です。
という事でまたまた早めの10時30分過ぎにお店に到着。

入り口前に行くとちょうど店主さんが入り口近くにいて、ちょっと質問させていただきました。
前回がラーメンだったので、今日はつけ麺を食べようと決めていました

そして僕の気になるのは、つけ麺の食券と別途でこのお店は「大盛り券」があるので、色々とネットでブログを見ていると大盛り券3枚だ4枚だと載っているけど、はたしてどれだけ追加できるものなのかと。
すると店主さんのお答えは「大盛り券は1枚にしてください。それより多いと何か変てこになるから」というお答え。

一瞬「ん?」と思いましたが僕の(最大限の好意的な)解釈ではラーメンでもつけ麺でも、麺とスープのバランスの兼ね合いの何かこだわりでもあるのかな? などと好意的というかまぁ自分で勝手に解釈して「了解しました」と(^_^;)



















開店まで時間があるので、こんなのを撮ったりしていたら後続の並びの方が。

そしていつものように角席(6番目)に座りたいので順番をお譲りして……  ってみなさん一様に訝しげなお顔をされます(^_^;)

PPで来てどうぞどうぞとやっているのは僕くらいなのでしょうね(^_^;)

そうこうしているうちに11時を数分経過したところで開店になりました。



















大ブタつけ麺+大盛り券

食券を購入して水を汲んでから着席です。今日も前回と同様に店主さんのワンオペです。
ですからなかなか列が進まない。などという反面、とにかく食べる側も焦らずにゆったりと構えることができます(^O^)

そしてジックリと茹でられた麺が各丼に取り分けられていきます
そしてトッピングを訊かれて「ヤサイニンニクミソで」と答えるとすぐに



















11時57分に着丼〜〜 後ろに人がいるのであまり引きでは撮れません(^_^;)



















横からもチョイ切れド〜〜ン

正直盛りが(^_^;)  これは痩せろという天の思し召しかwww

そして気を取り直してまずは野菜をつまみます。気持ち匂いが感じられます。
気持ちですのでまぁいいか(^_^;)

それから麺を持ち上げて……   ってさすがに超極太麺ですので、チョットだけ引っ張り上げてから自らくわえに行って首リフト
うん美味い

強烈に小麦の香りがする訳ではありませんが、やはり水で〆られていて以前食べたラーメンの時よりも食感がゴリゴリという感じで、超極太麺の醍醐味はこれだなと思わせるものです
それに加えて縮れ具合が食感のゴリゴリ具合に拍車をかけているように感じます
ただしこの麺は僕のような修行の足りていない者にはズルズルズルと啜るのはチト無理ですね(^_^;)
それをやったら両隣の人に雫を撒き散らしそうです

なので外国人よろしくお上品に音を立てずにモグモグゴンボ  世代がバレる(^_^;)



















そして豚は伴は小さいですが、そこそこの厚さのものと完全にほぐれたようなものがそれなりに入っていて、全てが赤身肉ですが硬いものはありませんでした。ダメではありませんが見劣りはします。



















麺丼の方に入れられている「白味噌」

僕は間違いを犯しましたね(^_^;)
先に麺を何も付けずに、次に味噌の入っていない状態のつけ汁で麺を食べて、中盤になってから味噌をつけ汁に投入しましたが、あろうことか一気にエイヤッと溶かし入れてしまいました(^_^;)

もちろんつけ汁は超しょっぱ〜い(^_^;)

「しょっぱい相撲を取ってんじゃね〜ぞ〜ゴルァァァ〜」と兄弟子に言われそうっス  自分頑張るっス  自分おちょくってないっス  自分北向いてないっス

注 : 北向くとは、ふてくされるとか反抗的な態度をとるという相撲取り用語っス(^_^;)

こんな感じの相撲取り用語はまだまだあるっス(^_^;) ブログでは書けないようなのもあるっス(^_^;)

という事で、僕の着丼がファーストロットの1番最後という兼ね合いもあってか、皆さんどんどん食べ終えて席を立って行くので、終盤はチョットばかしペースを上げて完食っス



















どうもごっちゃんした

帰りしな店主さんに「足りましたか?」と聞かれたので「大満足です 」と言ってお店を後にしました
ひとつ大人の階段を上ったかな?

階段と言えばまたまた相撲取り用語(^_^;)

相撲取り用語の「ごっちゃんです」の変化というものがあります。
まずは入りたてのペーペーの新弟子は例外なく「ごっちゃんです」
次に年数が経つと「ごっちゃんす」
それからさらに年数が経つと「ごっちゃんし〜」その次が「ちゃ〜んし」
最終ラスボスは「し〜〜」しかも「静かに」の時のように声に出さずに空気だけの「し〜〜」

この「し〜〜」が言えるのは、とにかく古参の兄弟子で、僕らは「大兄弟子」と呼んでいました  これを平仮名にすると「おおあんでし」
しかも段階を踏まえずに次のステップを早めに言っちゃうと兄弟子に「お前みたいな新弟子が何一緒の気になってし〜〜し〜〜言ってんだ 顔じゃね〜〜よ ゴルァァ 」と怒られます(^_^;)

あ〜クワバラクワバラ、つるかめつるかめ(^_^;)


ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ