もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

カテゴリ: ラーメン二郎 桜台駅前店

6月5日

移転後初のめ二郎で汁なしを堪能してから帰宅して、満足満足と思っていたら桜台二郎からメルマガが
見ると「本日トッピングに紅生姜あります」という内容。
一瞬「おっ 」と思いましたが、すぐに「リバウンドしてしまう」と思い直して、PCをカチャカチャ。
でも何だか集中できない……

時計を見るといい時間(^_^;)
気づくと自転車を漕いでいました(^_^;)

ってことで





















久々に

3回目の訪店で、しかも間があり座席のスペースをイマイチ覚えていないので、無難に後続の方に順番を譲り得意の角席に座る目論見。
3類側の奥から2席は、外に設置している自販機の影響で超狭いということだけは覚えていました(^_^;)

それから定時に開店

開店時には並びは15人くらいになっていました(いつも通り正確には数えていません。これからも)

購入したのは
















大豚ラーメン+生たまご×2。

今日は店主さんdayでした。
初訪の時も店主さんが麺上げだったのですが、こういう感じの人だったっけ?と記憶が曖昧です(^_^;)

開店時すぐ食券を買う前に助手さんにより麺量の確認をしていたので、それほど待たずに麺上げが始まります

助手さんからのトッピング伺いに「ヤサイニンニクショウガ」とコールして





















着ドーン





















横からもドーン

紅生姜の存在感が目を引きます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
そちらに目を奪われがちですが、巻きバラ豚のボリュームもかなりなものです

まずは紅生姜をまとめて食べちゃうと、味と風味が紅生姜の味と風味に支配されてしまうのは容易に想像できるので、箸で満遍なく広げてから
いっただきま〜す

中間茹での野菜に紅生姜が混ざり、いつもと違う味わいを楽しめます
関内をホームにされている方は「え?そう?」なのでしょうか(^_^;)

野菜を食べ進めてすぐに気づきましたが麺が山なりに盛られていて、けっこうな麺量です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















麺に取りかかる前に豚を並べてパシャリ

右下の豚は端の塊なやつで、そのほかの豚もカットが分厚いです

食べるとサクッと食感残しで柔らかく、脂の部分がプルプルで美味しいです

それから豚を端に寄せてから





















天地返〜〜し

縮れがほとんど無い二郎標準な幅と厚さな中太麺が露出します(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
啜ると茹で加減は柔らかめで小麦の香りがいい感じで、僕のイメージするオールドスクール二郎  という感じです

しかしスープはオールドスクールのそれとは違い、ド乳化で豚出汁の濃いものでした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
しかしカエシの効きは強く無く、ショッパさはありません
僕はちょうどバッチリな味の濃さですが、ショッパ旨好きな方はすぐに卓上醤油を回し入れるパターンかな? と思いました

そしてとにかく熱々です(^_^;)

麺量が多くてなかなか麺を引っ張り上げられませんが、何とか苦労しながら食べ進めます。
この時に引っ張り上げるのを失敗してパチャンと麺が丼に落ちてしまうと、両隣の方にスープの雫が飛び散って迷惑この上なくなるので、けっこう気を張りながら麺を引っ張り上げます(^_^;)

このような時は箸で麺をチョイとつまんだら、すぐに咥えて首リフトするのが、見た目も含めたお行儀は良くありませんがベターですね

2割程度を啜ってからは温度を下げる目的ですき焼き風スタイルに移行します。
とかなんとか理由づけして言っちゃっていますが、早い話が僕は単純に生たまごが好きなだけだっりして(←これが真相)

そして終盤になると、さすがにめ二郎からのも引きずってか脂に「うっ 」となりながらも、箸を止めずに啜っちゃって





















完食ご馳走様でした〜

お店を出るとほぼ同時にドッス〜ン   とハンパない豪雨と雷が


このような日に限って自転車で来ちゃっています(^_^;)

1時間ほど雨宿りをしてから振りが弱まったタイミングで覚悟を決めて帰途に着きました


次は桜台で未食の「ねぎ」トッピングを食べたいです。



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

1月12日

今日は用事が終わって、ちょうど近かったので



















こちらの駅で降りまっしょい















改札を抜けて店前に着くと並び無しの状態で、3塁側の奥から2番目の席が空いています(^o^)

すると不意に「席を変えましょうか?」と話しかけられて、顔を見るとなんとなんと久米仙人さんでした

新年のご挨拶と、ありがとうございますと言って、お言葉に甘えて3塁側の奥から3番目の席に座ります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎















購入したのは大豚ラーメン+生卵です

でも買ってから小でもよかったかなと考えましたが、まぁまぁ



















先に生卵がサーブされます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

それからほどなくしてトッピング伺いに「ヤサイニンニク」とコールして
















着ド〜〜ン



















横っぺたからもド〜〜ン

まずは豚を



















生卵の器に移してから

野菜から  いっただっきま〜す

野菜はシャキシャキで一味をふりかけて辛甘にして(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎  それから



















醤油に染まった平打ちウェーブ麺がテラテラと現れます

啜ると荻窪店でも感じるメイラードな仄かな香りがして熱々のエロ美味です



















生卵に潜らせた豚を丼に帰省させます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
一切れかじると豚出汁が留まっていて、カエシの染み込みのいい旨旨です(^o^)
ただ、これは贅沢なのですがもう少し判の大きさが欲しいかなと(^_^;)

スープは先ほども触れたいい香りの熱々フルボディーな豚ポタなトロみのあるや〜つ〜



















終盤はすき焼き風でハフハフと(^o^)
この時点でもまだアッツアツ

そうして大満足で「ご馳走様でした〜〜  美味しかったです」と言ってお店を後にしました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そうして気づいている方もいるでしょうが、全国行脚旅の2周目がそろそろ終わります
1周目が終わった時に、もうやらないと言っていながら

そして本当に2周目が終わったらあとは僕の好みの店に行くのが集中すると思います。 が、僕がけっこう好みの守備範囲が広いのでチョロチョロすると思います(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月10日


今日は膝の治療に掛かりつけの阿佐ヶ谷の病院に行きました。

しっかしあの膝の注射は何度やっても慣れません

血液採取の注射などはもう慣れっこで、体が体なので逆に看護師さんに「ここをこういう風に血管が通ってます」な~んてやってるのに、膝の注射は痛いというよりも、なんだか膝の皿の裏っ側を指かなんかでグリグリされているような  とにかく気色が悪い





その注射も終わり病院から出て時計を見ると15時40分。

色々と考えてスマホでカチャカチャと調べてみると「ラーメン二郎 桜台駅前店」というワードが目に飛び込んできました。

夜の部は17時30分から。

そしてアクセスを調べていてふと……
「ここなら歩いて行けるな~」と。

まだ時間に余裕もあるので膝に負担がかからないように、ゆっくりとテクテク行くことに。
まずは中杉通りに出てひたすら北上。

しばらくすると鷺ノ宮駅の踏切が。
IMG_0607




























この踏切を渡ってすぐに右折して、またひたすら直進。

ここで時計を見ると16時10分。
さすがに少しのんびりと歩き過ぎたかなと、ここから歩調を早めました。
よって写真も撮らずに黙々と。

んでもって桜台駅の北口に回り込むと
IMG_0609




























鎮座しておりました。
初の「ラーメン二郎 桜台駅前店」
しっかしここは駅近で、西台駅前店よりも近いですね。
店の前には先客が1名でその後ろに接続。
この時点で17時11分。

そしてポツリポツリと後続が続き定時開店。
開店時の並びは12名。

その後も続々と並びは増えていきました。この時間でこの並びはやはりここも人気店ですね。

明日は野猿に行こうと決めていたので、小ラーメンを買おうとしていましたが100円の差ならと券売機の前に立った時に急遽大豚に変更。

大豚ラーメン(950円)+生たまご(50円)

厨房は店主さんとメガネの助手さんの2名体制。

ほどなくして「大豚の方~」とトッピング確認。

コールはヤサイニンニクで。
IMG_0610




























着ド~~~ン

IMG_0611




























横からもド~~~ン
高台からカウンターに丼を下す時にズシリとした重量感が。
「おお~詰まってる~~~

そしていつも野猿でもやっているルーティーンを。

まずは全部の豚を生たまごの器にお引越し。
丼の空いたスペースから麺を引っ張り出して天地返し。
IMG_0613




























そして溶きたまごに豚をくぐらせてから丼に戻します。

それから満を持して麺をズルズルズル。
野猿から比べると角ばっていず平面で茹で加減はシッカリ目の柔らかめ。
他のお客さんの注文を聞いていると、麺量を聞かれる際に「硬めコール」が多かったのも頷ける気がします。

駄菓子菓~子

僕はどっちも好きなんです。
「節操が無く、なんでもうまいって言ってるバカ舌じゃね~か」という声が聞こえてきそうですが、僕はドッチモ派です。

もともと実家(北海道)にいたころは母親が何が何でも「硬め」が好きで、これってコシがあるんじゃなくてただ単に芯が残ってるだけじゃね? みたいなのを好んでいたので僕も自然と「硬茹で」が好みになりました。
その概念が変わったのは相撲取り時代に博多に行った時です。

香川の讃岐うどんほどは有名ではありませんが、博多の人はうどん好きです。
しかも博多のうどんはシッカリ茹でで柔らかくモチモチしています。
僕が初めて博多うどんを食べた時は「ん?んんん?」となりましたが、何度も食べるうちに「これはこれでアリだ~」となりました。

ですから僕は硬茹でもシッカリ茹でもどちらも好きなんです。
結局はスープやその他の具とのバランスというか調和じゃないのかな? と思います。

スープは乳化はしていたのですが、上にはけっこうな厚さの透明脂の層がありました。
「おっ西台みたい」と思いましたが、やはり思った通り温度が高いアッツアツのものでした。
味の濃さは僕がちょうどいいと思ったので、二郎好きの方からすれば少し薄めなのかな?
隣のPPの方は小まめに卓上の醤油ダレを野菜にかけながら楽しんでいました。

豚は判は標準のようでしたがけっこうな厚みがありました。
パサパサとトロトロのものがあったので、パサパサは後半に残すのはよろしくないと思い、最初に処理しましてトロ豚だけスープに沈めておきました。


そして今日もまたムシャムシャズルズルと一気にいただきました。


ごちそうさまでした。


ここは狭いという情報がありましたが、僕はそれほど感じませんでした。
野猿と比べるのはそりゃあ酷ですけどね

ここ桜台は通いやすさもあいまって定期的に通うと思います


ということで胃袋馴らしもしたことですし明日は野猿に行ってまいりやす




ではでは





 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


                                                        ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

このページのトップヘ