もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

カテゴリ: ラーメン二郎 西台駅前店

10月30日

今日はそれまでいた西台駅高架下の耐震工事のために移転して、仮店舗でオープン再開の西台駅前店に行ってきました。

一応アナウンスでは100食限定となっているので、日曜なので早い時間に並びができるのか? はたまた既存店の移転オープンなので並びはそれほどでもないのか?
と考えた結果、寒いのは寒いですが今年1月の荻窪店のリニューアルオープンの時ほどの凍える寒さではないと思い、夜から並ぼうと決めました(^O^)



















0時少し過ぎに到着して並びは1名で2番目に接続します(^O^)
内心、朝でも大丈夫だったかなと思いつつ持参のクッションを強いて座ります。

今日は寒さよりも体調がすこぶる悪いので、途中脱落しようかなと考えたりしましたが、終電も無いのでなんとか耐える事に決めました

その後2人が例に接続して、その後はこの4人だけでしばらくは並びに来る人はいませんでした。
僕の具体的な体調不良は、腹を壊してしまいました(^_^;)
2日連チャンのドカ食いにプラスして、前日に一睡もできなかったので、そのダブル攻撃で身体が悲鳴をあげたようです(^_^;)  自分の身体を過信し過ぎちゃダメですね

とにかく西台駅前のコンビニに30分サイクルくらいで往復して、それに加えてピロリ菌撃退後に1度も無かった胸焼けがしていました(^_^;) それも胸焼けは寒空の中でも汗が引かないくらい辛いやつでした(^_^;)

しかし時間の経過とともに回復してきているので、開店予定の11時くらいには何とかなるんじゃと楽観視していました(^_^;)

その後3時を過ぎたくらいに後続の方々がポツポツとやってきました(^O^)
ちなみに今日はお知り合いのブロガーさんやtwitterでやり取りをしていただいている方々が大勢いましたが、万が一漏れがあったら失礼になるのでそれぞれのお名前は割愛させていただきますorz

その際に某トップブロガーさんと東北二郎の話題になり、僕か今年の東北遠征が予想を遥かに上回る楽しさだったので、12月の発売になったらまた青春18きっぷで鈍行旅行に行こうかも経過しているのを話しました

その際な僕が行きたかったけどスケジュールの都合で行けなかったので、今度は喜多方市の坂内食堂本店に行ってみたいと話すと、そのブロガーさんが「あそこは僕がここ10年で1番美味しいと思ったラーメンです」と言っていました(^O^)

それを聞いてさらに行きたいという想いが強くなりました

その後辺りが明るくなり、6時少し前に助手さん達が2人3人と現れます(^O^)

そして約6時にヒロシ店主さんがバイクで登場(^O^)



















そして店前に花輪を出して、店内で開店準備が始まります

その後6時30分くらいから整理券の配布が始まりました(^O^)
僕は整理券をもらってから西台駅前に行き、駅前ロータリーの噴水のところにある椅子で軽く仮眠しました(^_^;)

それから8時50分くらいに店前に戻ると、千住や新代田の店主さんが店前の道路にいてご挨拶を(^O^)

整理券の指定時間は9時30分になっていますが、親父っさんが来るのは10時くらいになりそうとのこと(^O^)

9時30分オープンは無さそうです。でも親父っさん待ちならば4の5の言う人はいないでしょう(^_^;)

その後10時くらいにjrさんが登場して、店内で「かんぱ〜い」の声が

その後親父っさん不在で開店しました(^O^)



















券売機が刷新されています(^O^)

そして僕のお初です。










ラーメン「少なめ」をチョイスしました(^_^;)
いつものような頼み方をしたら下手したら事故をしかねず、違う意味でレジェンドになってしまいそうなので、安全策を

そして麺の茹で上がりをピカピカの店内をキョロキョロと見ていると、親父っさんが登場
待ち客がいっせいに拍手で出迎えます(^O^)



















例のTシャツの親父っさんは機嫌が良く「仮店舗なのにこんな立派なのかよイッヒッヒ〜」と親父っさん節
それから店前に出て行きました(^O^)
表で親父っさんパフォーマンスをしているのかな? なんて思っていると麺上げが始まります。
その後助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイ少なめニンニク少なめ」とコールします。そして間髪入れずに



















着ド〜〜ン



















横からもド〜〜ン

この時に豚がキチンと見える反対側をパシャっているのに気がつき(^_^;)



















反対側もド〜〜ン

時間の経過とともに回復してはいますが、本来なら味わっている場合ではないのですが、美味しいです(^O^) 柔らかピロ麺に柔らか豚(^O^)  透明脂の層が多めなスープ
純粋な新店オープンでは無いので、いつものやつで安心して食べられます(^O^)

しかし、麺少なめにもかかわらず




















けっこうアップアップで完食(^_^;)

「ご馳走さまでした。また来ます」と言ってお店から出ます(^O^)



















前の店舗から持ってきたこの看板は、見ると何だホッとしますね


そして体調不良なのでお知り合いの皆さんにご挨拶して帰途につきました(^_^;)

数日は体調回復に専念します。


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月23日
高架下の耐震工事で休業をする西台駅前店に行ってきました(^O^)
次はいつ行けるのか分からないので、行けるうちに行こうと思いいざ出撃です。




















16時40分を少し過ぎて着店。
並びは1人ですぐに来た方2人に順番を譲り4番目に接続(^O^)
順番を譲った方に怪訝な顔をされましたが先に僕が「この体なので角に……」と言うと「あ〜ね〜」と得心のいった苦笑いをされました(^_^;)
そうさっ  これはデブにしか分からないのさっ
って西台の店内スペースは座席の後ろに余裕があるので、まぁ別にどこでもいいっちゃいいのですが、気持ちの問題です(^_^;)



















定時より15分ほど前倒しでの開店です。
今日は生玉子は現金ではなく食券になっていました(^O^)

そして食券を高台に出して「麺増し」をお願いすると、若干食い気味に「は〜い」とのお答え(^O^)
一時閉店までに麺増しを食べたいな〜と思っていたので心の中で「ヨシッ 」とガッツポーズを(^O^)

そうこうして厨房を眺めていると麺上げが進み、店主さんからのトッピング伺いに「ヤサイニンニク」を頼んで



















17時32分、別丼にて着ド〜〜ン

野菜の崩壊を気にしなくていいので別丼はありがたいです(^O^)



















麺ド〜〜ン けっこうな透明脂の層です。



















野菜&豚ド〜〜ン

お客さんも心得た方ばかりで淀みのない配膳で、心なしか店主さんもご機嫌がいいように感じました

まずはスープに浸かっていない麺をプレーンでいただいてみます(^O^)
もちろん野猿のようなプリパツ麺とは一線を画しますが、西台麺もしっかりと小麦が香ってグ〜〜  でした(^O^)

それから麺を天地返ししてスープに使っていた部分の麺を啜ります(^O^)
うんうん
若干塩味が薄い感じですが僕には大丈夫な濃さです(^O^)
おそらく二郎常連の先達の方々には少々薄いかもしれません(^_^;)

そして3割ほど啜ってからはすき焼き風でいただきます(^O^)
今日の生玉子は完全に荻窪店同様、麺を冷ます役割です(^O^)



















豚は上がウデ肉で下がバラ肉。
まずはバラ肉を頬張ると赤身と脂身の層が実にいい食感で美味しいです(^O^)
ウデ肉をひとかじりするとほんの気持ちジューシーさが欲しいので、残りの豚は全てスープにつけ込みます(^O^)

それから残り2割くらいまで麺を食べ進めてから残りの野菜を麺丼に入れちゃいます(^O^)
それから豚と麺と野菜を交互に食べると
なまらうんめぇ〜〜べさ〜〜



















そして僕にしては珍しく卓上調味料をパラパラと(^O^) これは粗みじんの鷹の爪ですね(^O^)  適度なピリ感で箸が進みます















そうこうしているうちに17時43分。スープを残った半分だけ飲んでごちそうさまでした(^O^)

「美味しかったです」と言いながら席を立つと店主さんが「また来てくださ〜い」とのお声がけ(^O^)

もう少しで一時閉店になるのは実にもったいないですね。聞くところによると同じ板橋区内で物件探しをしているようなので1日でも早く見つかることを願います(^O^)

ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月2日
もう正真正銘の初夏の陽気で汗をかきかきこちらの駅に



















高架下の路地を入ってすぐに



















こちらの看板が(^O^)

16時15分に着店でPPでした。ちょい早いか(^_^;)
なんて思ったら僕が着いて2〜3分で後続の方が

2番目の方は栃木からGWを利用しての遠征のようです(^O^)
ロードバイクをやっていて近く大会があるそうで、頑張っていただきたいです(^O^)
「袖振り合うは他生の縁」ですから

しばらくするとポツリポツリと並びができて、お店の外にある4脚あるイスは埋まり、それからも並びが増えていきました。

そして数えていませんが並びが20人を楽に超えた17時ぐらいに30分ほど前倒しで開店になりました(^O^)

やはり二郎話をしていると時間はあっという間に経ちますね(^O^)

購入したのはいつもの、大豚ラーメン+生たまごW

先に食券をカウンター高台に置いて、後ろ側の端に荷物を置いてから水を汲みに行き、着席。

食券の隣に100円を置いてしばらくすると店主さんから「何かオーダーありますか?」の確認が。
僕はダメ元で「麺増しできますか?」と聞くと「次からでお願いします」とあえなく却下(^_^;)
前回に来たのは去年の11月の頭なので、特徴のある僕でもいくらなんでも覚えている訳がないですね(^_^;)

気を取り直して「生たまごダブルで」とお願いします(^O^)

そして17時18分に



















着丼〜〜   モヤシ1本だけ飛び出しver.



















横からもド〜〜ン

まずは野菜をそのままムシャリとしたら、軽くカエシがかかっていました(^O^)

それからいつものように豚を生たまご容器に一時避難



















ウデ肉と巻き巻きバラ肉の混合ダブルス

それから天地返し半分だけver.



















色づいた麺が現れます

麺は二郎でもトップクラスの柔麺で、やはり「麺固め」をオーダーする人が多いのですが、僕はその店の店主さんのデフォルトを楽しみたいので、敢えてそのままでいただきます

幅や厚さは野猿のそれに近いですが、若干薄めです。そしてもちろん食感と硬さは正反対のピロピロ麺です
これはこれで嫌いじゃないです(^O^)
そして、スープをこれでもかと吸い上げてズバズバと啜れます

そして豚はウデ肉とバラ肉の半々で、どちらもその部位の良さが出ていて      うまままま〜

そしてスープは表面にそれほど厚くない程度で透明脂の層があり、かき混ぜると醤油の色が出てきて一見非乳化に感じますが、近くでスープを見ると脂の玉が小さく程よく乳化していました(^O^)

このスープが絶妙で、そのスープを吸い上げた麺がまたまた美味しくて箸が止まりません(^O^)

そして残りのスープもグビグビと飲んでしまいましたが、なんとか完飲を避けて箸を置きました



















これじゃあ飲み干しても一緒かぁ〜(^_^;)

と大満足で、この勢いではこれをあと2〜3杯食べたかったです(^_^;)
後で撮影時間をチェックしたら6分で食べちゃった(^_^;)

それから丼を高台に上げながら「ごちそうさまでした。美味しかったです」と腹から声を出して言っちゃいました(^O^)

そしたら店主さんが「ありがとうございます〜」とニッコリ笑って答えてくれました(^O^)

今までの僕は失敗しないようにだとか、後続客に迷惑をかけないようにと萎縮しながらの一挙手一投足だったのだと思いますが、心からの感謝を込めて「ごちそうさまでした」と言うと、僕の単なる思い込みかもしれませんが、店主さん及び店員さんは嬉しそうに答えてくれます  
そこまで大きな声で言っちゃうと店員側も答えないわけにはいかないでしょう、という声もチラホラとwww

いくらなんでも相手がドキリとするほどの大声はいけませんが、言葉はハッキリクッキリいこうと思います(^O^)

兎にも角にも閉店前までにまた訪れたいです(^O^)

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ