もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

カテゴリ: ラーメン二郎 相模大野店

6月7日

いや、あのですね。
本当はですね。木曜日にどこかに行こうと企らんでいたんですね。

でもですね。明日は雨降りだという予報を見てですね。こりゃあ〜今日行くしかなかっぺした   と思った次第なのですが…… 
さぁてどこに行こまいか? と考えていたんですね。

そうしたらTwitterで「賄い」のレポートが目に飛び込んだ次第でしてね。
そういえばスモジにはしばらく行っていないなぁ〜と、アプリ店の記録を紐解いたらですね。

なんとなんと去年の3月の頭から行っていないのが判明した次第でしてですね。

耳に入ってくる巷の噺によると、なにやらもるせがという白髪頭の薄気味悪いデブ野郎が、スモジの昼の部の開店待ちをしていて。オープンして店内に入ってすぐに店主さんに「麺増し申請」をして出禁をくらったというのが通説になっているそうな。
そのような話しになっているのなら、そのままそっとしておくのも一興かと思っていた次第なのですね。

でもやはり未だ食べた事のない「賄い」と「お茶漬け〜麺」は是非とも食べてみたいと日頃から思っていたので、覚悟を決めて麺増し申請をした愚行を謝罪するべく向かったのですよ。


ん?



してない  してない
麺増し申請はしてなかったんだ(^_^;)
って言っていると自分自身でもこんがらがってきたのでwww











ドッスンコ〜   っと





















この提灯も年季が入ってきていますね。

10時くらいの到着で並びは2人。3番目に接続します

それからは、そこそこなペースで並びが増えていきます。
そうしたらお知り合いな方がいらしてご挨拶をしました

その後、開店時間の少し前にシャッターが上がり、店主さんが顔を出して「中入れよ〜」と招き入れられました。
その際に半分上がったシャッターにしこたま頭をぶつけて、けっこう豪快な音を出しながらの入店です(^_^;)

すぐに食券を購入すると店主さんが「ここに座れよ」と1番奥の席に座るように促されます。その際に僕が「前に並んでいた方が2人連れだったので、こっちに座りますか?」と端から3番目の席を指差すと、店主さんが「いいよいいよ。あっち側から座るから」と入り口側を指差していました(^_^;)

あら
そうだったんだ(^_^;)
普段使い慣れない気を使うと、こうなるのね  と独りごちながら席に座ります(^_^;)













購入したのは、大ラーメン+豚増し+賄い+生卵。それに



















この情報に倣って現金10円を食券に添えて「ナムルお願いします」と申請します(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

それから開店までのほんの数分だけですが、お話しをさせていただきました

するとスモジ特有の開店を知らせるベルを鳴らしてシャッターガラガラ

すると店主さんが「お前1番最後な」と言われました。察するにファーストロットの最後という意味のようです

この差配は僕自身にも、また並んでいる方々にも余計な気を使うことが無いのでありがたかったっス

自分わくわくっス

すぐにカウンターが埋まり、中待ちも埋まって外待ちができていました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















先に助手さんより、さがみっこ&キャベツナムルがサーブされます

それから、それほど待たずして麺上げが始まりコの字型のカウンターの入り口側からどんどん配膳が進み、店主さんからトッピング伺いがあり「ニンニクヤサイアブラ」とコールして
















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン

軽く一味を振りかけてから
いっただきま〜す

中間よりもシャキ寄りな野菜はホクホクと甘く、脂の甘さと相まって美味しいです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















重ね丼で出てきた下の丼に豚を移してパシャリ
僕が下手くそなだけで豚のボリュームはけっこうなものでした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
特に1番手前のが塊な端豚で食べ応えがありました   それから





















天地返〜〜し

水で〆られた平打ちウェーブ麺が現れます
そして、そのままキャベツナムルも加えてグッチョングチョンに混ぜやがります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

初めて頼んだ賄いは、汁なしとも違いタレも熱くなく麺も冷たく〆られているので、言うなれば「冷やし混ぜ油そば」という感じです

控えめなカエシとスープと先に麺には魚粉白ごまなどがまぶしてあり、醤油&ごま油風味の特別トッピングのキャベツナムルも相まって味自体は濃過ぎる訳ではありませんが、実に様々な風味が重なりとにかく美味しいです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
そしてキャベツナムルのキャベツがシャキシャキな食感のアクセントになっていて、どんどん箸が進みます





















豚を間間にかじりながら、グチャ混ぜジャンク麺を楽しんで





















もっと食べた〜〜い  と思いながら完食、ご馳走様でした〜(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

大満足で「また来ます」と店主さんに言いお店を後にしました


人によってはキワモノだと言う方もいるのでしょうが、旨いものはあくまでも旨いです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

やはり次はお茶漬け〜麺を食べてみたいと再訪を胸に帰途に着きました


これからは野猿の「なみのり」や中山の夏のローテメニューなど、楽しみが沢山ありますね

実は僕は中山トリロジーの中では「ねぎ汁なし」のみしか食べたことがないので、今年は食べ逃さないと思っています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

3月9日

今日は秦野で待ち合わせをして









こちらの見学会に参加してきました。



















こちらの施設は僕からしたら突っ込みどころが各所にありますが、こちらのブログではこれくらいにしておきます(^_^;)

ということで11時30分頃にはセンターを出て秦野駅に向かいます。
ここの施設の住所は平塚ですが、秦野駅の方が交通の便が良いのでしょうか?

ということで小田急線に乗り帰りますが、途中に相模大野駅があるじゃないですか

ということで途中下車。



















雨の中こちらに (写真は退店時のもの)

そういえば千秋楽イベントのおみあげ品の予約受付を開始しているとFacebookで告知をしていたのを思い出していたので、予約もしちゃおうと。
13時を少しまわった時刻に着店して、外・店内ともに待ちなしですぐに食券を購入して着席。
僕が着席した後からお客さんがポンポンと来てすぐに外待ちができていました。



















大ラーメン(820円)+豚入り(250円)+極上生卵×2(160円)

この食券をカウンター高台に置くと店主さんが「死ぬぞ〜 節制しなきゃ死ぬぞ〜 」とニヤニヤしながら言っていました(^_^;)

それから千秋楽イベントのチャーシューの予約をする旨を告げると、予約記入表を助手さんが持ってきていただき必要事項を記載します。

それから店主さんが生麺を茹で釜に投入した後などのオペレーションの合間に僕の前に来て「○○とは連絡取ってる?」などと相撲取り時代の力士の話題をしたりして
そして話の終わりにはまた「死ぬぞ〜」って(^_^;)

やはり僕が一時期から見たら太っているので、このままじゃマズイよという助言なのでしょうね

節制しなきゃ

ということで麺上げが終わりトッピング伺いが。いつもの「ニンニクヤサイで」と。
呪文の際のヤサイが先かニンニクが先かでよく考えるのですが、僕は各店舗の店内の無理トッピングの告知ポップを見て、その順番通りにしています。
そしてこの無料トッピングの順番は各店舗でバラバラですね。

僕はあまり記録付けが得意ではありませんが、これから行ったお店のそれぞれの無料トッピングの順番を記録していこうかな?



















な〜んて言っているうちに着丼〜〜



















横からもド〜〜ン

伴は大きくありませんがゴロリとカットしたたくさんの豚が入っています

いつものように生卵の器に豚を引っ越して、ついでにニンニクもレンゲに乗っけて一時避難してから天地返し。



















野猿から比較すると気持ち細めのプリパツ麺が姿を現します
そして啜ると詰まった食感や風味、茹で加減は野猿を彷彿するものです

豚は先ほど言ったように伴は大きくありませんがゴロリとカットされていて、柔らかく醤油がほどよく入っていて豚の風味もバッチリで、バクバクいっちゃいました

スープは久々に拝んだような気がするド乳化の黄金色。
カエシがけっこう効いていますが、すき焼き風でズルズルやっているので問題なし

前半はニンニクを豚に乗せながら食べて、後半はニンニクをスープに溶かしていただきました

やはり二郎のスープはニンニクを溶かした時に完成系になりますね
そして生姜も合うんですよね〜(^O^)



















そうこうしているうちに完食
スープは自己規制で今日もお残し。

「ごちそうさまでした 」と丼を上げて、千秋楽の27日に再訪することを告げてからお店を後にしました

ではでは

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

過去の訪問記がやっと11月に突入しましたが、ここで割り込んで今日のものを。

今日はかなりご無沙汰していた力士時代の兄弟子のお店に、ご挨拶がてら行って来ました。
ハイ、スモジです。


今日はブログを書くつもりで写真を多めに撮ってきたので、相模大野駅からラーメン二郎 相模大野店までの道順をば。


IMG_0501
























12時40分に相模大野駅に到着。
ちょいと思っていたよりも早く着いてしまったので、パシャパシャやりながらゆっくりと行くことに。
IMG_0499
























街はもうクリスマス^^
ここは北口改札を抜けた突き当りにあるホールのところ。
それにしてもこの相模大野駅の駅ビルはゆったりと大きいですね。
ここが都心だとしても大きな部類だと思います。
このツリーは改札突き当りの左手に鎮座していますが、その反対側、北口改札を出て突き当りを右に向かうと北口ロータリーに出ます。

そこを左に行くと
IMG_0496
























「ボーノ」というショッピングモールが現れます。
ここは僕の記憶によると4年前にはまだ出来ていなかったかと思います。(記憶違いだったらごめんなさい)
そしてこの横丁の入り口のコンビニにて
IMG_0474
























これを購入。前もって入れておきます。(果たして効き目はあるのか?)
そしてまたボーノを直進。
突き当たった正面にあるエスカレーターorエレベーターで地上に降ります。

エスカレーターを降りた右手に大野銀座という商店街の入り口のアーチ看板があります。



IMG_0494























(逆光で見づらいので相当斜めに逃げて撮りましたが、やっぱり見づらい)
IMG_0491























看板文字にズーム。

そこのアーチをくぐってしばし直進します。
IMG_0478
























このドラッグストアを右折して数歩ほど歩けば、ブタとニンニクのかほりが。
IMG_0490
























そしてそこには見慣れた黄色に黒字の看板が。

13時ちょうどに到着。
ぶらぶらしながら歩いてもこのくらいで着きます。

到着したら外待ちが5人。
後から作業服を着たおいちゃんが来て、僕はちょっと早く来たな~と思い「前行っていいですよ」と言うと「いいの?悪いね~」と満面の笑顔で前に。
しっかし僕も変わったな~ あんなに並ぶのがダメだったのにwww
こんなのは二郎の常連ベテランの方なら当ったり前の常識なのかもしれませんが、待つ間にワクワク感が膨らみます^^ この感覚を知らないで40を過ぎるとは……
そうこうしているうちに13時15分、並びは店内待ちへ。

前のおっちゃんに倣って券売機の前に行くと店主さんから「出るお客さん優先です~」と
やっちまった~~~~
よく聞くと助手さんもハモっていました
IMG_0484
























大ラーメン+ブタ入り+極上生たまご。

すると店主さんが「そこのイスに座ってて」とカウンター後ろの荷物置き場にしているところの前にポツンと丸イスが1つだけあり、そこに座ります。
5分ほどで「そこに座って」と奥から3番目の席に誘導されました。
ほとんど待たずしてットッピング確認がありコールはニンニクヤサイで。

コールをした時に店主のHさんに「大丈夫か?」と言われましたが、余計なことは言わずに「ハイ」と(^_^;)


店主さんは、オペをしながら「お前頭が白くなったな〜」とか「住んでるところは前と変わっていないのか?」と一言つづのコール&レスポンスをしていただきました。

13時25分着丼。

4年ぶりのスモジの二郎は、ほんの少しですがスープの塩味がキツく感じ、やっぱり生たまごをWにすれば良かったと思いました^^;

麺はいつも野猿のものを食べているので、それよりも若干細く感じました。その麺がスープを吸っていて、ブタも柔らかく味が染み込んで大変美味しかったです。

美味しかったのですが……

そこで原因不明の気持ち悪さが
腹が膨れているという感じはしないのに箸が進まない。なぜ?
ケップが出そうになったので、音が出ないようにこそ~っと
さっき飲んだ水がほんのちょっぴり きゃああああああああああ
もしかしてオウトリバース

イカンイカンイカン 違う意味で伝説になっちゃうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
丼に残っていた4口ほどの固形物を頑張って頬張り完食
先ほど飲んだ飲むヨーグルトがいけなかったのか?

もしもこれが野猿のすり鉢でだったら……
ヤメヤメヤメヤメ
恐ろしい想像をしてしまった


と、とにもかくにも「どうもごっちゃんでした^^;」

「ごちそうさまです」と丼を高台に上げると「この後用事はあるの?」と聞かれたのですが「あっ今日はここで失礼します」と店を後にしました。

店を出てすぐに前もって買っておいた緑茶でこの

IMG_0505



















緑の方の飲むブレスケアを5粒流し込んで、黄色の噛むブレスケアを2粒噛みました。

と大体のニンニク対策はしたのですが、帰りの電車の近くにいた人に「こいつニンニク臭え」と思われたのかな?
などと思ったのですがすぐに「まぁいっか~」と能天気にその考えは自己完結ということでwww

どちらにしてもいろいろと良くしていただいていたのに、しばらく行かずに不義理をしていたので何だかホッとしながら帰途につきました。


ではでは


ポチッとお願いします
                                        
                                                        ラーメン ブログランキングへ
 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

このページのトップヘ