もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4週目巡回中。

カテゴリ: ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

11月11日

麺の日である今日はどこに行こうかな〜
なんて迷うことなく前もって決めていたこちらへ





















昨晩までの天気予報では午前中の降水確率が高かったのですが、写真のように所々に雲があるもののポカポカの小春日和





















今年は野猿に限らず、限定メニューは期間ギリギリに食べていたので今回は早めに来ました


食券先買いで、購入したのは



















えびな奴 大+麺増し+豚増し+生卵トリプル+しょうが。

なんでも今日は今をときめくフードファイターな方が来店するそうな。
あの人はエンジンが違う

顔見知りな方にご挨拶をしたりして

定時に開店

いつものように10番目に接続したので3塁側の入り口側の角席に座ってから、忘れる前にと先に麺増し募金をチャリンと

厨房内のオペを見ていると各丼にエビの素をディッシャーでガッチャンコ   否が応でも期待が高まります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

そしてトッピング伺いに「ヤサイニンニクで」とコールして



















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン

いつものようにトウガラシを振りかけてから

いっただきま〜す

シャキ寄り野菜を食べながら「以前はもっとシャキシャキだったような」と思いましたが、気のせいかな?

まぁ僕はシャキはシャキのクタはクタの良さがあると思っているので、どちらも好きなのですが





















豚はフワフワの柔らかくタレの浸かりが軽めで僕の好みです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

今日こそゲットできるか? と思っていた炙崩豚(IRUKA)は今回も残念ながら売り切れ。次回のお楽しみです

今回は早めに





















天地返〜〜し
野猿独特のプリパツ平打ち麺が姿を現します


この時点でエビの香りがふんわりと立ち上ります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
麺を啜ると、いつもより茹で加減がしっかりしていると感じました。
プリッとしているけどパッツン具合がマイルドな感じです

そして勿論のことエビの風味がこれでもかと押し寄せてきます

やっぱり美味い

今年もこの美味しさに出会えた喜びを噛み締めながら、途中からはすき焼き風でズルズルと(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


そして、その勢いのまま





















KKでごっちゃんシタ〜〜


ということで大満足でお店を後にします


帰りしなにもお知り合いな方々にご挨拶して、家路へ



ということで今月の26日で当拙筆ブログを開設して2年になります。

つきましては前々からずっと思う事がありまして、26日にその旨を発表させていただきます。



ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

10月21日

朝に目が覚めて、まったく予定していなかったのですが「カレークイテ」となりまして

















ドッカ〜〜ン





















もちろんお目当てはカリードクロ


カリードクロ+ブタ増し+生卵トリプル+kiri 。

6番目に接続。
あまり角席にこだわらなくてもいいようになってきた今日このごろ。

定時に開店。
開店時には並びは20人は軽く超えて、30人に届こうかという感じ(キッチリ数えていないのであくまでも「感じ」です)

着席時に「麺増し」を申請します

ファスロだったのでトッピング伺いは早めの確認で「ヤサイニンニクアブラで」とコール。

いつものようにロットの最後だったので、ドキドキしながら待っていると





















生卵とクリームチーズがサーブされます
生卵の入れ物が2つ来たので、片方に豚を避難させて……  な〜〜んて算段していたら、この時点になってやっと炙崩豚(イルカ)を買うのを忘れていたことに気づいてしまった(^_^;)
豚増し買ったし時すでにお寿司……

炙崩豚は次回のお楽しみにしてと

ん?

な、生卵の器は……

まぁいいやwwwwwwwwwwww    で















着ド〜〜ン
この量が今の僕にはちょうどいいです





















お隣の方のも撮れせていただき

自分のラーメンに向き直り





















横からもド〜〜ン

やはり豚の存在感が目に飛び込んできます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















トウガラシを振りかけて

いっただきま〜す

野菜はシャキではなく中間くらいの茹で加減でホクホクと甘みがあって美味しいです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

途中からレンゲでカレーだれをチビリチビリとかけながら食べ進めます





















豚並べの儀式なのだ。
賛成の反対の反対な〜のだ〜〜。

豚はやはり野猿グレードの柔らかくて豚出汁バッチリなやつ
ただ今日はタレの漬かりが甘いのか、味が薄めだったので、残りの豚はすぐに汁に沈めます。  でもって





















天地返〜〜し

ここでクリームチーズを投入

麺にはシッカリとブラックペッパーが纏っていて、カレーだれも引っ張り上げています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

麺を啜る時に、ふんわりとスパイシーなカレーの香りが鼻腔をくすぐります

何だかここまでのプリパツ麺は久しぶりに食べたような気がします。
関内の麺もプリパツですが、それよりも幅と厚さがありパッツン具合も強くて、まさしくストロングスタイルです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

その後、豚を引っ張り上げてから生卵の器に移してひと切れ食べるとカレーの風味が付いて旨旨っス

そしてカレーだれですが、前回の時よりもカレーの風味が強過ぎない感じでしたが、やはりそこは野猿で、フルボディの豚出汁ガッチリスープによって旨さが濃厚で、箸が進みます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
そしてクリームチーズも当然ながらバッチリ合います

その後は生卵ですき焼き風を楽しみながら食べ進めて


















KKで、ごっちゃんシタ〜〜

って

麺を食べ終わったら汁が無かったです。


いやはや食べる前から分かりきっていましたが満足度の高い逸杯でした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ラスト1店舗はいつ行こうかな〜〜


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

9月15日

いえね。他意は無いですよ。
たまたまというか何というか……

調べるとかれこれ2ヶ月以上行っていないと判明していました。

はい。
僕が今後2度と行かないと決めている直系二郎が2店舗あると言っておりますが、野猿ではありませんよ〜〜(^_^;)

といことで限定のシークワーサーが今週の日曜日で終了するというツイートを見て、最近マイブームとなっている滑り込みセーフでの訪店です。





















超久々にこの駅に降り立ちます。
昨日の夜は雨降りで、いい感じに湿度が高かったですが、昨日はスッキリ爽やかな秋の風が心地いいです















この象も久しぶりだなと思いパシャリンコ





















10時20分くらいの到着で並びは1人。





















食券を先買いに店内入り、店主さんにご挨拶。すると店主さんから「今日は炙崩豚(イルカ)は売り切れだから」と。残念

気を取り直して購入したのは





















大つけ麺+しょうが+ねぎ+ブタ。














その後、並びが9人になったところで10番目に接続します

そして徐々に並びは伸びていき開店時には20人を超えていました。

店内に入ると初めて見た助手さんがいました。その助手さんが食券を確認に来たので「シークワーサーにチェンジ。熱盛り。麺増し」を申請します

いつもの赤鉛筆ではなくポールペンでそれらを書き込んでいくのは何だか新鮮です

しばらくして店主さんからのトッピング伺いに「ニンニク少なめで」とコールして、まずは
















麺すり鉢からド〜〜ン
熱盛りなので珍しく麺から先に来ました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎














横っぺたもド〜〜ン
目測で茹で前1kgってところでしょうか。

それから





















つけ汁ド〜〜ン

















ツーショットでド〜〜ン


猫がニャ〜〜


舞妓はんひぃ〜〜



すみません
変なテンションになってしまいましたことを慎んで陳謝致しますm(_ _)m


てぇ〜こって、ねぎをチョコンと麺に乗っけて
いっただきま〜す
 
う、うんま〜〜い
熱盛りにして大正解だぁ〜〜(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

いや実はねぇ〜。
野猿の麺はプリパツで好きなのですが、つけ麺で水で〆られたものは正直僕にはキツいんです(^_^;)

僕はもともと嚥下力が弱いようで、たとえばインスタントの焼きそばを食べると高確率で胃まで落ちていかずに喉詰まりをしてしまい大量の水を飲んで、胃まで下ろす必要があります。
そして野猿のプリパツ麺にプラスして水〆されたものは、かなりな大量の水(お茶)が必要ななります。

ですから野猿のつけ麺系の限定はやめておこうと考えていたのですが、僕の考えが浅く、よく考えたら「熱盛り」という手があるじゃないかと(^_^;)
こんなのはマトモな頭があればすぐに思い至るのでしょうが当方馬鹿につきすぐには思い当たりませんでした(^_^;)
アフォはアフォなりに大変なのですよ

つけ汁に潜らせずに、ねぎを付け合わせで麺を5啜りくらいしてから





















豚を並べてパチリンコ
巻かずバラ豚は程よい噛み応えで柔らかくバラ特有の、脂と赤身の旨味がシッカリと口に広がり、これぞ野猿だぁ〜   という間違いないやつです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

それからつけ汁に浸かった野菜を食べると、柑橘の爽やかな香りが広がり箸のスピードが否が応でも早まります

それから、しょうがと少量のニンニクをシッカリと混ぜ込んでから、麺を潜らせて啜ります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















けっこうな透明脂の層がありますが、シークワーサーの爽やかさが勝っていてサッパリといただけます

それから、もう少しあってもいいかなと思いながら、最後はすり鉢側の残った素スープをつけ汁に入れてから半量くらいを飲んで





















ご馳走様でした〜〜(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


最後はもちろん忘れずに麺増し募金をチャリンチャリンとして

店を後にします(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


店を出た時点では「ハシゴ行けそうだなぁ〜」と思いましたが、堀之内駅に着いたくらいで遅れて満腹中枢が働き、晴れて腹パンになりました


やっぱり野猿は非乳化・デロ麺とは真逆のベクトルですが、やっぱり僕の好きな二郎なのは間違いないなぁ〜と再認識しました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ