9月20日のことです。


月の初旬に病を患い自分でえっちらおっちらと減塩療養食を自炊する生活に入り、入院前からするとちょうど10kgを落とした19日の夜。

Twitterのフォロワーさんから連絡があり、ジロリアン陸選手の試合にお誘いいただき、ふたつ返事でご一緒することに。

FullSizeRender

約30年ぶりの後楽園ホール。

それだけの年月の経過があるものの雰囲気は変わらず、懐かしさを感じました。

FullSizeRender

入り口でパンフレットをもらうと、いよいよなんだなという張り詰めた緊張感を覚えます。

会場内に入ると。

FullSizeRender

すでに第1試合が始まっていました。

席を確認してからすぐに花道の奥にある階段を下り選手控え室に行き、ジロリアン陸選手にご挨拶。

この日が初対面で、もしかしたらピリピリしているかもと思っていましたが、とても気さくにお話ししていただき拍子抜けをしましたが、そこはやはり集中の邪魔にならないようにすぐに会場に戻りました。

FullSizeRender

試合はタイやフィリピンの選手なども出場していてリング内では白熱した試合が続きます。

FullSizeRender

リングサイドには終身名誉会長の席もありましたが来られていないようでした。

そして座っていた席の並びにはラーメン二郎三田本店の親父っさんが応援に来ていました。

その他にミキオさんや二郎店主さんがお見かけしただけで3人来ていました。

この日はKO決着が多く予想よりも早く。

FullSizeRender

ジロリアン陸選手の入場です。

やはりプロはこのくらいのショーマンシップも必要かなと思います。

FullSizeRender

ジロリアン陸さんが所属しているフラッシュ赤羽ジムの会長さんがエプロンサイドに。

そして。

FullSizeRender

コアなボクシングファンにはお馴染みの福地勇治さん。

この日もレフェリーやジャッジと大忙しでした。

福地レフェリーは井岡一翔VS八重樫東のWBA・WBCのミニマム級統一戦のレフェリングも務めていたのでお馴染みの人もいるのではないでしょうか。

そしていよいよ試合開始。

FullSizeRender

1ラウンドはジロリアン陸選手が距離を詰め過ぎない程度に常にプレッシャーを与えて前に出る展開で、対戦相手の松澤選手はロープを背にする展開が目立ちました。

ジロリアン陸選手はやはり下半身の力と上半身の連動が上手くて無駄に手数だけを出すのではなく、的確なヒットで間違いなくダメージとポイントを重ねていました。

特に右のボディーがヒットしていたように見えました。


そして2ラウンド。

対戦相手の松澤選手もサウスポーから繰り出すストレートなどをカウンターで狙っていますがクリーンヒットまではいかない展開で、開始序盤から中盤に差し掛かかるくらいにジロリアン陸選手の連打がヒットしたところで福地レフェリーが割って入り。

FullSizeRender

TKO決着となりました。

ちなみに写真手前のTシャツ姿の人はライト級の元OPBFと日本チャンピオンで、WBCの世界ランキング1位にも輝いた坂本博之さんです。

残念ながら4度の世界戦の挑戦はいずれも勝つことができませんでしたが現役時は野武士のような独特のオーラを放ちハードパンチのファイターで僕の好きなボクサーでした。

特に、2階級王者の畑山隆則選手との試合が強く印象に残っています。

そして。

FullSizeRender

勝ち名乗りを受けるジロリアン陸選手。

勝った嬉しさ、プレッシャーや減量から解放されたという様々な表情が浮かんでいるように見えました。

僕も思わず大きな声で応援していました。

FullSizeRender

リンクから降りた表情(ピンボケすみません)

終わった〜〜!

という表情。


そして、その後会場に姿を現したジロリアン陸選手は別人のような穏やかな表情になっていて。

FullSizeRender

三田の親父っさんとマサル会長の3ショットでパチリ。


いやはや久しぶりに血がたぎりました。


そしてお誘いいただいたフォロワーさんに感謝感謝です!



ではでは







更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村