10月6日

雨が降ってくる前に

ということで



















(また外観を撮り忘れたので写真は前回のです。今日はもっと雲が多かったです)

プチ遠征〜

開店20分ほど前に到着して並びは30人くらい(いたかな?)
行列はお店の真裏に折り返していました。

でもって刻は過ぎ













大豚+那須御用卵ダブル。

今日で3回目の訪店でしたが、これまでの2回はTAROを食べていたので、涼しくなったことだしデフォのラーメンをいただきます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















先に生卵がド〜〜ン

その後店主さんからのトッピング伺いに「ヤサイニンニクアブラで」と呪文を唱えまして

間、髪を入れずに





















着ド〜〜ン
むぎ茶が秋を感じさせます

え? 違う? (^_^;)

秋の季語は?  村上春樹?

ってことで





















横からもド〜〜ン





















最近ルーチン化しているトウガラシをパラリンコして
いっただきま〜す

野菜はシャキ寄りで歯応え残しと甘味が絶妙で、そこに脂の甘味とトウガラシのちょいピリが相乗効果で美味しいです





















豚を広げてパシャリンコ

僕はけっこう…… というかかなり味のストライクゾーンが広いと自負していますが基準を厳しく設けても、見事に全当たりでした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

柔らかさ、ジューシーさ、豚出汁の留まり、カエシの入り具合。
どこを取っても万人が納得する美味しさでした    そうして





















天地返〜〜し
して出てきたふっくら中太平打ちウェーブ麺は、カエシに染まって醤油色をしています。  見た瞬間に「ちょっとショッパそうだな」と思いました。

そして啜ってみるとコシ残しの柔らかめな茹で加減の麺が引き上げたスープは、やはり僕にはややショッパいです。

そういう時に活躍するのが





















生卵〜〜

ショッパさとアツアツをいい具合にコーティングしてくれます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

しかもチョン浸けなのか、半分浸けなのか、ドボンと浸けるのかを自分の食べた感じでひと口ごとに加減できるのが嬉しいところです

願わくは全店で生卵を置いてほしいのですが、やはりそれは僕のわがままで、それぞれのお店のポリシーがあるのでしょうから、その辺の各店の違いも楽しむべき部分なのでしょうね。

なにぶん僕は本格的に二郎に通い始めてまだ2年ちょいで、ブログを開設してからはまだ2年が経っていないですから、何もわかっちゃいないですからね(^_^;)

そうそう。

今日の一杯で直系二郎250杯目でした。
やっとですね(^_^;)


話しを戻して





















スープは油の球が細かく、乳化していてカエシも効いていますがスッキリとしていて





















あっちゅう間に飲み干しましたとさ

どうもごっちゃんシタ〜〜(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


さていよいよ3周目の旅も終わりが近づいてきてカウントダウンもあとわずかに……


って


それ前から言ってねぇ?


これはカウントダウン詐欺だぁ〜〜  って言われそうなので、いい加減フィニッシュしないとね(^_^;)

まぁそのうち終わるっしょ。


そうだ




ソーダが飲みたい。

じゃなくて(^_^;)


最難関の大田区の二郎さんが残っているではあ〜りませんか(^_^;)

行かなきゃやってるのか分からないというのが僕の足を遠ざけてしまってる(^_^;)


まぁそのうちそのうち。



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村