8月26日のことです。


3回に分けて夏のみちのくひとり旅の二郎以外の部分を書いてきましたが、最終日(回)です


最終日の朝は雨に降られました

が、泊まっていたホテルからアーケード商店街が違いので、傘をささずに速足でアーケードに逃げ込みます

ほとんどの店が眠っている、というかまだ起きていないというか(^_^;)  開いている店はまばらです。

その中でも





















この店の看板が目立っていました
僕は二郎を中心に食べ歩いていますが、いわゆるラオタではないので、この店が有名なのかどうかは分かりません(^_^;)

ですが、きっと有名店なのでしょうね。
この写真を撮ったのは4時40分くらいでしたが、中にはシメを食べていると覚しい酔客が決して少なくない人数が外から見えました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















もちろんまだ暗い仙台駅。





















もちろん改札へと続く通路も貸切状態。





















もちろん今日も始発に乗って、早目早目の行動です。
まぁ新幹線でも自家用車でもない、青春18きっぷでの移動では、必然っちゃあ必然です(^_^;)
純粋に二郎だけを食べて帰ろうと思ったら、もう少しゆったりとできるのでしょうね。

そしてこの日も天気が良くないので、外の景色を見るのは程々に本を読んだりうたた寝をしていながら会津若松駅に到着です



















駅を降りてからはこちらで書いた通り二郎を満喫して、返す刀で次の目的の店に行ってきました。(その店は明日の記事で更新します)


そうして二郎ともう一軒を満喫して、この度の目的は終了と相成りました


会津若松駅のホームに行くと






















蒸気機関車がいたので、けっこう集まっている鉄オタさんに混じって
















反射的にパシャリンコと

そうして家路へと帰る列車に乗って、またまた読書に勤しみます

途中、郡山駅での乗り換え先の列車がぎゅうぎゅう詰に近い乗車率で、さすがに黒磯駅まで立って行きたくないなと駅員さんに「次の黒磯行きはどちらのホームですか?」と尋ねると
「次のもこのホームですが1時間待つので、この列車に乗るべきです。今乗っている人の多くは花火大会に行く人で2つ先の須賀川駅で降りるので」という回答。

あぁそれなら乗るべきだと、発車ギリで飛び乗ります
それからは高校生くらいの浴衣姿のグループにあたりをつけて、席の前にいるとやっぱり須賀川駅で皆さん降りていき、晴れて座れました(ラッキー )

その後は順調に進んでいき、もうちょっとで帰れるなぁ〜と安堵していると、宇都宮線の蕨駅を過ぎた辺りで急ブレーキが
すると車内アナウンスで「人身事故が……」と

「ゴルァァァァ〜〜   最高の最高にゴルァァァァァ〜〜

しかもその後、緊急停止した場所は車両点検を行わなきゃならない地点だそうで、いきなり車内の電灯が消えて、おまけに空調もストップしました」


「ゴルァァァァ〜〜  デブを殺す気かぁ〜〜 」と内心猛り狂って、そろそろ汗がジンワリと出てくるんじゃと思った矢先に車内の電灯が点き空調も復活

まぁ結果、旅の終わりのちょっとしたハプニング程度で済みました(^_^;)

まぁ今までの東北・札幌などの遠征でも、台風だなんだかんだですんなりとは行きませんでしたが、終わってみたら楽しいハプニングでした(^_^;)

特に東北遠征での新潟から東京に帰る際に、群馬の渋川辺りで集中豪雨による運休でバスによる代替え運行というなかなか経験できないハプニングもありましたし(^_^;)

あれは後から聞いたら、青春18きっぷは運休による代替え輸送には対応していないのだとか。あの時は駅員さんがパニクっていたのか、はたまた単に優しかったのかは今となっては分かりませんが(^_^;)


ということで、すったもんだの珍道中もなんとか終わって帰ることができました


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村