8月25日のことです。

新潟駅近くのホテルで泥のように眠って、起きたのは夜明け前の4時30分くらい。
























仙台に行くのに本来乗ろうと思っていたのは、まだ通ったことのない山形ルートです。
しかし、前日から集中豪雨の影響で新潟⇆秋田が運休したりしていたので、山形ルートはけっこう運休の可能性が高いかなと思い早起きをしました。
ホテルで天気予報を見ていてもラチがあかないので6時にホテルを出て新潟駅に向かいます。
外は激しめの雨が降っています

山形ルートが運休になったら望みは
































こちらの会津若松→福島を通って仙台に行くルートです。

先に会津若松で降りて次の日に仙台に行くというのは、仙台のホテルを予約しているので選択肢にはありません。

どうにか仙台に行きたいなと。

そして新潟駅に着いて、駅員さんに尋ねるとやはり山形ルートは運休が決定していると(^_^;)

会津の山越えルートも今の時点では、運休するかしないかは分からない状況のようです(^_^;)

まぁ天気相手なのでジタバタしても変えることはできないので、この状況を楽しむしかないと諦めて本を読みました。

その後しばらくして駅員さんから、途中で運休するかもしれないとの前提で出発するというのを聞いて改札を通りホームに行きます。





















頑張ってくれ  あがの号





















一抹の不安はあるものの何とか出発





















案の定、阿賀野川はどちゃ濁り&流れが暴れています
釣りをする方は分かると思いますが、本流の大河は見た目は流れが緩いように見えて流れるエネルギーはハンパなく、川に立ち込むとググッと押されるような流れの強さがあります。
それが明らかに流れが速く、ところどころで渦を巻いているような状態なので、子供なら足首より少し上くらいが川に浸かっただけで為すすべもなく流されるでしょうね。 おお〜〜こわ〜〜

しかし会津の山越えに入る頃には


















陽射しが出ていました。

ただし地滑りや倒木の可能性があるので、ノロノロ運転で慎重に進んでいます。

この先は本が面白くて、これ以降は写真を撮らずに読書にのめり込んでしまいました(^_^;)






















この本は読むのが4巡目ですが実に面白い
ここまで笑って泣ける本には、そうそう出会えないかなと
これは僕がかつて、これでもかと言うくらい体をいじめ抜いていた経験があるので共感してしまう部分も大きいのかもしれません。

ということで定時より1時間以上遅れて仙台駅に到着しました。

その後仙台二郎を堪能して前回仙台店の門番の御仁に教わった、仙台店のすぐ近くにある

















山田精肉店へ(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
(写真掲載は了承済みです)

こちらのカレーパンをと思っていたのですが無念の売り切れ






















次回は是非ともゲットしたいです

お店の方は命にかかわる大病から復活されたそうで、細かな病名こそ違いますが僕も似たような病気をしているので他人事ではありません。


そうして、仙台に来た際の恒例になりつつある「ずんだシェイク」や「牛タン」などが頭に浮かびましたが、何だか疲れがドッと出ていて早めですがホテルに直行して、この日は終了しました。



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村