もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店3周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

2019年12月

昨年12月28日のことです。


有吉ゼミで紹介されていたチャレンジメニューをいただきに。

FullSizeRender

地下鉄東西線「茅場町駅」を出てすぐの、こちらに行きました。

こちらは山梨の名産を売りにしているお店です。

FullSizeRender

地階に下りた入り口の扉には、山梨の名産や観光スポットなどが紹介されています。

FullSizeRender

そして、もちろん僕はすいとんが大好きなのと、なんといってもすいとん鍋は、かぼちゃ白菜きのこ、などの野菜を白味噌仕立てにしているので、身体にも優しいチャレンジです。

僕は、有吉ゼミを観て『これいいな』と思うチャレンジがあると電話を手に取ってしまいます。

その際に、あまりにも揚げ物が多いチャレンジメニューの時は、観ているだけで胸焼けをしている自分が頭に浮かんでパスの判断をします。もうオサ〜ンなので(^_^;)
とは言っても、脂っこいものも普通に食べたりするので、最終的には自分の中の独自ルールのインスピレーションで左右されるのでしょうね。
こればかりは僕の拙い文章力では理路整然と、こうこうこうだとは言い表せません
そして、もちろん自分の胃の容量とも相談して最終判断します。

ということで今回のチャレンジは、重量が約3.8kgで制限時間が50分と、けっこう優しい仕様になっています。


そんなこんなでさっそく。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

ちょいアップでド〜〜ン!

あくまでも僕の肌感覚ですが、公称の重量よりも少しだけ多いような気がします。


まずは、いつものベジファーストなルーティンを無視して。

FullSizeRender

信玄どりのもも肉から。

いっただきま〜す

信玄どりは炭で焼かれていて、炭焼き特有の薫香とジューシーさと柔らかさでバクバクいけました。

やっぱりブラジル産とは違いますね(いろんな意味でwww)←分かる人には何を言っているのかが分かります(^_^;)

続いて。

FullSizeRender

坊ちゃんかぼちゃ。

これは丸々1個分が使われているそうです。山梨で話題の天空かぼちゃなのかな? 違うかな?

ホクホクと甘さがあり美味しいですが、そのホクホクさ加減が飲み込みづらく大食いには不向きな食材ですね。

慌てず騒がず、おちょぼ口で食べ進めていきます。

そして。

FullSizeRender

白菜や大根やニンジンに里芋、しめじ茸などがクタクタに煮えていて、僕の好みにジャストフィット!

鍋のクタクタ野菜が堪らなく好きです

とは言うものの。

FullSizeRender

5分経過。

熱々をハフハフしながらですからスピードは上がりません。

まぁ制限時間が50分もあるので慌てる必要はありませんが。

続いて。

FullSizeRender

本丸のほうとう麺。

それほど回数は食べたことはないのですが、ほうとうは大好物です。

ラーメンの時によく言っていますが、平打ち麺が堪らなく好きです

麺はもちもちしていて、それなりにコシも感じられてズルズルい…… きたいのですが、とにかく熱い(^_^;)

FullSizeRender

10分経過。

やっぱりペースが上がらずに、まだハフハフしています。

そうして。

FullSizeRender

富士桜ポークのバラ肉。

これが鍋の底にサプライズのように隠れているのですが、すでにテレビで見ているので『あ〜これね』という感じでした(^_^;)
このような塊が、正確に数えてはいませんが6〜7個ほど入っていて、これも柔らかジューシーで美味し!

FullSizeRender

15分経過。

かぼちゃがもう少しのところまできました。
このくらいになると、もう熱さが和らいで食べるスピードが少しだけ上がりました。

そして。

FullSizeRender

サツマイモも。

これはテレビでは無かったような。

どちらにしてもサツマイモも好みな食材で、実際今も減量食としてチョイチョイ食べています。

減量の話しは最後の方で触れることにします。

FullSizeRender

20分経過。

一応は、このくらいで食べ終わる予定でしたが、まぁ予定通りに事が進むなんてこたぁ滅多に起こらないのが世の常ってもんでさぁ〜ね。そこのお立ち合い!

FullSizeRender

25分経過。

固形物が終了。

実はワタク氏は汁物が得意なのでこざります。

FullSizeRender

ということで24分ちょうど。

で完飲完食のKKフィニッシュ。

はい腹パンです。

普段は質素な減量食生活なので、かつての8kg程度の胃の容量があった頃とは訳が違います。

ということで。

FullSizeRender

成功特典のワインシャーベット。

目の前で店員さんが一升瓶の赤ワインをかけてくれました。美味しそ〜

FullSizeRender

見た目からして美味しそう。

FullSizeRender

食べると、濃厚なぶどうの味と香りで、そこに赤ワインが相まって、食後のデザートとして最高です

そして。

IMG_0212

チャレンジする前は山梨名物の鳥もつ煮を注文をしようと余裕をかましていましたが、味わって美味しく食べるような腹の状態ではなかったので、泣く泣く断念(^_^;)

食べようと思ったら食べられはしましたが、美味しいと思わないで食べるのはもったいないので諦めました。

ってなことで大好物を腹一杯食べで大満足でした。




ということで減量話しです。

9月7日に心臓発作でぶっ倒れて、そこから減量を始めました。
開始時は体重がなんと153kgありました(^_^;)
そして12月28日のこの日の朝の計測では128kgでした。今までSNSなどではハッキリとは発言していませんでしたが、現在の最終目的は85kgに設定しています。
これは、2年くらいの長いスパンで考えていて、2年前にやった減量とは違い、リバウンドをしない減らし方を心がけています。

はてさて、もるちゃんの減量大作戦はどうなるのでしょうか?

予定通り行っても行かなくても、ブログを書いている際に『そうだ』と思ったら随時途中経過を書いておこうと思います。そして気が向いた時には普段の食事も紹介しましょうかね。精進料理よりもはるかに質素ですよ(笑)


乞うご期待です。



ではでは



関連ランキング:居酒屋 | 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月22日のことです。


この日は野暮用があったのですが途中時間が空き、そういえばこの近くに……

と。

向かったのは。

FullSizeRender

ラーメン二郎 八王子野猿街道店で修業していた方が独立オープンしたお店です。

FullSizeRender

ということで、こちらもいつか行こう行こうと思っていたお店です。

PP到着で定時に開店しました。

実はお店に行くまでは、店主さんが野猿二郎で修業していたというのは分かっていたのですが『はたしてどの人かな?』と思っていました。
そして店主さんを見たら『ああ〜この人!』と正直びっくりしました。

話しを戻して。

この日は六等星こってりというメニューのみの提供のようで。(券売機は痛恨の取り忘れ)

購入したのは。

FullSizeRender

六等星こってりデラックス+大盛り。

デラックスだと豚と煮卵が増えるのかな?(聞き忘れました)

それほど待たずして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

斜め横からド〜〜ン!

前もって少し予習していましたが。

FullSizeRender

やっぱり目の前で見るとスープの尋常ならざる濃厚さに圧倒されます。

そして、いつものルーティンを無視して。

FullSizeRender

豚から。

いっただきま〜す

見た目は完全に野猿二郎を彷彿とさせますが、店主さん曰く野猿とは製法が違うそうです。

どちらにしても、柔らかさ、ジューシーさ、豚出汁の味と香り、どれもが高クオリティーで、どこに行っても食べられるようなものではないです。

そして。

FullSizeRender

麺はややウェーブのある太麺でパツンと張りがありますが、それほど硬過ぎない程度の茹で加減で、超濃厚スープをしっかりと持ち上げてくれます。

FullSizeRender

メンマの色も超濃厚。

でも食べると見た目からは想像ができないような優しい味です。

そして。

FullSizeRender

小松菜が一服の清涼剤のようで、これも店主さんのこだわりを感じます。

FullSizeRender

味玉は中の黄身が半熟で旨し!

そして。


FullSizeRender

豚ゲンコツのザラリとする骨粉感がある超濃厚スープには、これが合いそうだなと七味を投入。  

これは正解!

ということで。

FullSizeRender


完飲はやめといて。


ごちそうさまでした!


僕は普段は積極的にはお店の人とは話しをしませんが若い店主さんとお話しできて、その話しの端々に自分の作りたいラーメンを探求する情熱を感じました。

そして、こちらのお店はスープの出来が納得できない時は臨休することもあるので、こちらに行く際は前もってお店のツイートでチェックしておけば安心です。




ではでは




関連ランキング:ラーメン | 稲田堤駅京王稲田堤駅

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月18日のことです。


この日は、なにかとHOTな話題を振りまいている。(カレーだけにwww)

FullSizeRender

こちらへ

FullSizeRender

病み上がり後、初にして久々のチャレンジで、これまた久々の金沢カレーをいただく寸法であります。

ということで金沢カレーについて少し。

あくまでも僕の認識なので、微妙に違っているかもしれませんが先におことわりしておきます。

金沢カレーの源流を辿れば『レストランニューカナザワ』という名前が出てきます。

現在、金沢で『チャンカレ』の愛称で親しまれている『カレーのチャンピオン』の創業者が、このニューカナザワの洋食部門で初代チーフを務めていたのだそうです。

ちなみに金沢カレーが全国的に知られる火付け役になったと言っても過言ではない『ゴーゴーカレー』は実は東京発信で、金沢には逆輸入という変わった流れになっています。
しかし『ゴーゴーカレー』も今では金沢市民に受け入れられて定着しているようです。

この『ゴーゴーカレー』は東京発信だと言っても実は全くの外様ではなく、前述の『チャンカレ』の前の店名である『ターバン』から派生したお店だと言うことでターバン系になるのかな?

そして全国的には名前はあまり知られていませんが『キッチンユキ』というお店の創業者は『チャンカレ』の創業者とは兄弟弟子の関係で、これも前述の『レストランニューカナザワ』の洋食部門の2代目チーフを務めています。

そして、東京にも店舗がある『ゴールドカレー』は『チャンカレ』から独立したお店です。

ちなみに僕はここゴールドカレーのチャレンジメニューで数少ない撃沈を経験しています(^_^;)
その時は6kgチャレンジをしたのですが、金沢カレーを食べたのはその時が初めてで、CoCo壱カレーとは真逆のベクトルのドロドロとしたルーが食べ進めるのを阻んで、とにかく流し込むために水を大量に飲んで(2リットル以上は飲んだかと)あと3口4口くらいで手が完全に止まりギブアップしました(^_^;)

そして今回お邪魔した『インデアンカレー』の創業者も実は『ニューカナザワ』出身で、カレー専門店として独立したのはこちらが最初です。ステンレス皿や先割れスプーンはこちらから始まったそうです。

ってなことで少しと言いつつけっこう書きましたねw


さてさて本編です。

こちらのお店は11月10日に中目黒の地にオープンしたのですが、12月15日からは土曜日・日曜日・祝日はアイドルタイム無しの通し営業となっているようです。


ここでチャレンジの概要をば。

約3.5kgのカレーで制限時間は20分。成功すると無料になり、先に支払ったエントリー料3,000円が返ってきます。ということで失敗したら3,000円のお支払いになります。

券売機に。

FullSizeRender

チャレンジメニューがあります。

FullSizeRender

毎度のことながら内心ドキドキしながら食券を購入します。

FullSizeRender

店の入り口にはチャレンジカレーの食品サンプルが、入店者を『かかってこいや!』と言わんばかりに見下ろしています。

そしてとうとう。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

初ポートレートモードで斜めからド〜〜ン!

これはいわゆるトッピング全部乗せになるのかな?

ということで、チャレンジで先に食べた方がいいかな?と思う順から。

FullSizeRender

イカフライ。

冷めてなくても歯応えがあるので、早めに食べた方がいいと見た。

そして。

FullSizeRender

鶏の唐揚げ。

食べるのが早過ぎたら内側から溢れ出る肉汁とともに熱さが流れ出ますし、冷めると一気に硬くなる大食い泣かせの食材。

続いて。

FullSizeRender

とんかつ。

こちらもやはり、最後の方で食べると硬さが気になる食材です。揚げ物ですしね。

そして。

FullSizeRender

キャベツの千切り。

こちらはベジファーストで食べたいのですが、カレーのルーと絡めて食べるのが好きなので、最初に半分くらい食べてから最後の方で残りを食べる魂胆です。

以上が最良の方法というのではなく、あくまでも僕の中での順番です。

ってなことで写真を撮り終えたので、さっそく。

いっただきま〜す

もちろん。

FullSizeRender

ベジファでキャベツから。

そして、食べる前にひと通り写真を撮ったのは、今回はちょいと時間を意識して食べようと思いまして、途中で写真を撮る余裕が無いだろうとの予測からです。

案の定、食べ始めてからは写真も文章もあっさりなので、あらかじめご了承の程を。

FullSizeRender

5分経過。

キャベツと目玉焼き以外のトッピングを食べ終えて、カレーは3割程度の進捗具合。

そしていきなり。

FullSizeRender

ごちそうさまでした。

FullSizeRender

10分を目標にして食べましたが、5秒足りませんでした(^_^;)

9分55秒残しの10分05秒でフィニッシュ!

これがブランド……  じゃないブランチ…… でもない。そうそうブランクってやつですね。

やる前は『8分くらいで食べられるっしょ』と高を括っていました(^_^;)

思いっきり舐めていたでござるの巻www


途中、書きませんでしたが以前食べたゴーゴーカレーやゴールドカレーよりも、ルーはドロドロ過ぎずに食べやすく、ほんのりとピリ辛感があって美味しかったです。

そして最後に。

IMG_0177

成功したので返金していただき、再訪をお約束してお店を後にしました。


そして今現在、チャレンジメニューは17時30分からの予約制での受け付けになっているので、チャレンジしたい方はお気をつけを。


ではでは





関連ランキング:カレーライス | 中目黒駅代官山駅

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ