もるせがの Road to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店5周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

2019年09月

9月22日のことです。

21日にこのようなツイートがありまして。


FullSizeRender
ラーメンは泣く泣く我慢して。

FullSizeRender

翌日に行っちゃいました。


こちらのお店は開店からラーメンとかき氷を提供していますが、かき氷の提供は平日は14時からで休日は16時からとなっています。

でもって少し早めに行ったのですが店頭に。

FullSizeRender

かき氷目当てで時間前に並ぶのは禁止のようで少し離れたところにあるベンチに腰掛けて時間を潰してから、時間になってからまた戻ります。

時計を見てジャスト16時になってから入店します。
店内はテーブル席が埋まっていてカウンター席がちょうど空になったタイミングでした。

FullSizeRender

定番メニューにも目が行きますが。

アジロンが気になりました。

FullSizeRender

やはり初志貫徹でツイートで見た、橋本梨園の梨のかき氷にしました。

梨は大好物で、市川に住んでいた頃は(←色んなところに住んでるw)、市川大野駅から松戸に抜ける、その名も大町梨街道の街道筋にたくさんの梨農園があり、時期になるとよく梨を買っていました。

ってなことで久々の。

FullSizeRender

ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!


見た目は白一色でただの氷に見えますがさっそく。

いっただきま〜す


店内にメニューと一緒に置いてあるお店のこだわりにも書いてあるように、余計な添加物を使用していないという通り、豊水梨そのものの味が濃厚に感じます。

食べ進めていくと。

FullSizeRender

中側からは賽の目切りの梨の果肉がたっぷり出てきました。

正直言って、かき氷のシロップで梨というのはあまりピンと来ませんが、梨特有のシャリシャリとした食感と氷のシャリシャリとした食感が相性抜群でした。

FullSizeRender

早く食べ進めると頭がキ〜〜ンとなるので、バクバクと早く食べ進めるのを、なんとかかんとか抑えるのに苦労します。

それでも至福のひとときは早く過ぎ去るもので……

FullSizeRender

完食〜〜!


いやはや満足度の高いかき氷でした。

もともと美味しいのにプラスして最近の味の薄い療養食生活のおかげで、味覚が敏感になっているのは間違いないと思います。

やはり他のイチゴやアジロン(ブドウ)のかき氷も気になりますし、店主さんの生まれ故郷の瀬戸内の食材にこだわったラーメンも食べたいのですが、ラーメンの方は年明けまで我慢我慢です(^_^;)




ではでは





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

9月20日のことです。


月の初旬に病を患い自分でえっちらおっちらと減塩療養食を自炊する生活に入り、入院前からするとちょうど10kgを落とした19日の夜。

Twitterのフォロワーさんから連絡があり、ジロリアン陸選手の試合にお誘いいただき、ふたつ返事でご一緒することに。

FullSizeRender

約30年ぶりの後楽園ホール。

それだけの年月の経過があるものの雰囲気は変わらず、懐かしさを感じました。

FullSizeRender

入り口でパンフレットをもらうと、いよいよなんだなという張り詰めた緊張感を覚えます。

会場内に入ると。

FullSizeRender

すでに第1試合が始まっていました。

席を確認してからすぐに花道の奥にある階段を下り選手控え室に行き、ジロリアン陸選手にご挨拶。

この日が初対面で、もしかしたらピリピリしているかもと思っていましたが、とても気さくにお話ししていただき拍子抜けをしましたが、そこはやはり集中の邪魔にならないようにすぐに会場に戻りました。

FullSizeRender

試合はタイやフィリピンの選手なども出場していてリング内では白熱した試合が続きます。

FullSizeRender

リングサイドには終身名誉会長の席もありましたが来られていないようでした。

そして座っていた席の並びにはラーメン二郎三田本店の親父っさんが応援に来ていました。

その他にミキオさんや二郎店主さんがお見かけしただけで3人来ていました。

この日はKO決着が多く予想よりも早く。

FullSizeRender

ジロリアン陸選手の入場です。

やはりプロはこのくらいのショーマンシップも必要かなと思います。

FullSizeRender

ジロリアン陸さんが所属しているフラッシュ赤羽ジムの会長さんがエプロンサイドに。

そして。

FullSizeRender

コアなボクシングファンにはお馴染みの福地勇治さん。

この日もレフェリーやジャッジと大忙しでした。

福地レフェリーは井岡一翔VS八重樫東のWBA・WBCのミニマム級統一戦のレフェリングも務めていたのでお馴染みの人もいるのではないでしょうか。

そしていよいよ試合開始。

FullSizeRender

1ラウンドはジロリアン陸選手が距離を詰め過ぎない程度に常にプレッシャーを与えて前に出る展開で、対戦相手の松澤選手はロープを背にする展開が目立ちました。

ジロリアン陸選手はやはり下半身の力と上半身の連動が上手くて無駄に手数だけを出すのではなく、的確なヒットで間違いなくダメージとポイントを重ねていました。

特に右のボディーがヒットしていたように見えました。


そして2ラウンド。

対戦相手の松澤選手もサウスポーから繰り出すストレートなどをカウンターで狙っていますがクリーンヒットまではいかない展開で、開始序盤から中盤に差し掛かかるくらいにジロリアン陸選手の連打がヒットしたところで福地レフェリーが割って入り。

FullSizeRender

TKO決着となりました。

ちなみに写真手前のTシャツ姿の人はライト級の元OPBFと日本チャンピオンで、WBCの世界ランキング1位にも輝いた坂本博之さんです。

残念ながら4度の世界戦の挑戦はいずれも勝つことができませんでしたが現役時は野武士のような独特のオーラを放ちハードパンチのファイターで僕の好きなボクサーでした。

特に、2階級王者の畑山隆則選手との試合が強く印象に残っています。

そして。

FullSizeRender

勝ち名乗りを受けるジロリアン陸選手。

勝った嬉しさ、プレッシャーや減量から解放されたという様々な表情が浮かんでいるように見えました。

僕も思わず大きな声で応援していました。

FullSizeRender

リンクから降りた表情(ピンボケすみません)

終わった〜〜!

という表情。


そして、その後会場に姿を現したジロリアン陸選手は別人のような穏やかな表情になっていて。

FullSizeRender

三田の親父っさんとマサル会長の3ショットでパチリ。


いやはや久しぶりに血がたぎりました。


そしてお誘いいただいたフォロワーさんに感謝感謝です!



ではでは







更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

9月4日から9月6日までのことです。


お食事処むらいで極厚のソースかつ丼を食べた後は、お店のすぐ目と鼻の先にバス停があり少し待てば会津若松駅行きの便があるのですが、途中に休みを取りながら歩いて帰ることにしました。


歩く目的はというと。

FullSizeRender

鶴ヶ城〜〜!

地元の方はこう呼びますが一般的には若松城と呼ばれています。

この会津のシンボル的なものを何度もこの地に来ているにもかかわらず、1度も見ていないなと思いスケジュール的に余裕があるので迷わずに来た次第です。

やはり肉眼で見るとやはり存在感があり言い表すと荘厳という言葉がぴったりです。

この天守閣が見えるとこれにある屋根付きのベンチで一休みしながらクールダウンします。

そして、来た時の入り口とは別のところから出て歩き出すと。

FullSizeRender

武徳殿がありました。

こちらは京都の武徳殿からはけっこう後に建てられたようですが、やはりここで多くの会津剣士が育まれたのだろうな。

実際に建物の中を見ると竹刀を持った方や、なぎなたを持った方が頭から湯気のような汗を立ち上らせながら稽古をしていました。


その後はまたエッチラオッチラと会津若松駅を目指して歩き出しました。

そうして『やっぱり途中からでもバスに乗ればよかった』と汗をかきかき会津若松駅前の宿にチェックインして、シャワーで汗を流した後に少しの間うつらうつらと船を漕いでから。


会津二郎へ。


こうして東北遠征の初日(2日目?)を終えました。



一夜明けて5時過ぎの磐越西線の始発に乗るべく会津若松駅に向かいます。

FullSizeRender

外はまだ夜が明け切れていません。

FullSizeRender

新津行きの始発列車に乗ります。

FullSizeRender

喜多方駅に着いた頃には完全に明るくなっていて空は雲ってはいるのですが、前日のような雨がいつ降ってきてもおかしくない空模様とは違い時折陽が差してきています。

やっぱり日頃の行いの賜物だね!

今回も。

FullSizeRender

喜多方ラーメンの発祥と言われているこちらは写真のみで(^_^;)

目的地のお店に行く途中には色々と。

FullSizeRender

ラーメンに関わるお店や蔵の街喜多方を認識させるような蔵が方々にありました。


そしていよいよ朝ラーを開始!

まずは麺や玄に行き次にあべ食堂で朝ラーを楽しみました。


その帰り道。

FullSizeRender

このようなものもありました。

ということで喜多方駅からまたまた。

FullSizeRender

磐越西線に乗り会津の地を後にしました。

帰りの道すがら。

FullSizeRender

磐梯山は今日はご機嫌なようでした。


そしてドッス〜〜ン! と時間を進めて。

IMG_4516

仙台に到着。

実は予定では仙台駅から乗り換えて女川に行こうと思っていましたが胸焼けというか胃もたれに近い感じがしていて、翌日のことも考えて取りやめにしました。

後々に振り返ると、この判断は正しかったと思います。

そうしてこの日は軽くハンバーガーを食べて早めに体を休めることにして、この日は終了となりました。



翌日。

この日は気持ちのいい晴天で、宿から歩いて仙台二郎でつけ麺を楽しみました。

相変わらず腹の状態が完璧ではなかったのでつけ麺は控えめな量にしました。

そして帰りは、いつもの地下鉄広瀬通駅ではなく。

IMG_4542

こちらの駅から仙台駅へ。

そして。

IMG_4545

前のブログでも書いたように。

IMG_4548

高速バスで帰りました。

IMG_4549


その後、概出の通り帰宅後はまんじりとしない夜を過ごしてから入院ということになりましたが、総じて今回の東北遠征も天候にも恵まれて楽しく過ごすことができました。


今後、また遠征することがあるのかな? とは思いますが、次に来る機会があるのならば、とにかく無理のない日程で行こうと思います。




ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ