もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店1周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

2019年06月

6月14日のことです。



あまりパッツン過ぎる麺は喉詰まりをしてしまうので敬遠するのですが、この日はどうしてもつけ麺を食べたくて…… 

と、開店前に。

FullSizeRender

到着!

待ち合わせの方はすでに待っておりました。

まずは食券を先買いします。

購入したのは。

FullSizeRender

大つけ麺+和風BB.

ということで喉詰まり対策として1リットルのお茶のペットボトルを用意しています

その後、待ち合わせのもうひと方も到着して全員が食券を購入してから列に接続します。

その後、並びは伸びて開店時には20人以上にはなっていました。

ファスロだったので食券提出時に無料トッピングも先にコールします。

コールは「ニンニク」で。

それから。

FullSizeRender

つけ汁ド〜〜ン!

つけ汁がすり鉢

続いて。

FullSizeRender

麺ド〜〜ン!

FullSizeRender

揃ってド〜〜ン!

FullSizeRender

ご一緒の方ともド〜〜ン!

ということで、いつものようにまずは。

FullSizeRender

プレーンで

いっただきま〜す

お!

パッツン具合が気持ちソフトだ

続いて。

FullSizeRender

和風BB(以下魚粉)のかかった野菜を食べます。

警戒しながら食べたつもりですが魚粉の粉が気管に入りゲホゲホしてしまいました

野菜はシャキではなく中間な茹で加減でホクホクと美味しいです

そして。

FullSizeRender

豚〜〜!

豚は増さなかったので2切れでしたが片方が塊の岩石豚でした

と。

写真を撮るために箸で寄せると、柔らかさで持ち上げたところから切れちゃいます

食べるとやはりフワトロないつもの野猿グレードなやつでした

一瞬やはり豚を増せば良かったかとも思いましたが、つけ麺の時はやはりひたすら麺を楽しみたいので

そしていよいよ。

FullSizeRender

つけ汁に潜らせて啜ります。

写真にも映っていますが、つけ汁に入っている黒ゴマがいいアクセントになっていて美味しいです

つけ麺の場合は辛い奴じゃない方が好かも

そして。

FullSizeRender

終盤には有料のガラムマサラパウダーを味を壊さないない程度にササっとふりかけます。

FullSizeRender

写真でも見た目の変化はありませんがシッカリとカレー風味がして、いい味変です

ということで、最後まで美味しく楽しんで。

FullSizeRender

完食〜〜!


幸せな時間は12分で終わってしまいました


結果、最後まで喉詰まりをしなかったです

やはり暑い季節の野猿では、つけ麺頻度が上がると思います


この日は風が適度な強さでそよいでいたので、京王堀之内駅までの道のりは、いい感じでクールダウンができました



ではでは





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

6月12日のことです。


喜多見大勝軒でワンタン麺を楽しんだ後は同じ小田急線沿線にある。

FullSizeRender

約半年ぶりのこちらへ

昼の部の終わりかけだったので外待ち無しの中待ちがフルで、外待ちの先頭に接続します。

その後、中待ちに進んだタイミングで食券を購入します。

購入したのは。

FullSizeRender

大ラーメン+生卵ダブル。

食券を購入してからすぐに中待ちイスに座るように店主さんに誘導されます。

ん?

これは何かある! と内心ビビリながら両手両足をプルプルと震えさせながら次の指示をひたすら待ちます

すると角席が空いたタイミングで「ここ座れよ」との指示が。

あぶね〜〜

かわいがりタイムじゃなかったみたい(^_^;)

イスに座ってからすぐに「並んでいる人いない? じゃあもう終わりにして」と店主さんが助手さんに言って入口側のシャッターが下ろされました。けっこうギリのタイミングだったようです。

そしてその後のトッピング伺いに「ニンニクアブラ」と耳に手かざしをされないように普段の1.2倍増しの音量でコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

さっそく。

FullSizeRender

粗トウガラシをふりかけて。

いっただきま〜す

野菜はややクタ寄りでトウガラシのピリリと背脂の甘さが相まって美味しいです

野菜はシャキもクタもそれぞれの良さがあるので両方好きなのですが、どちらかと聞かれたらクタの方が好みなのかなと思います。

そして。

FullSizeRender

豚〜〜!

豚は全て柔らかくてカエシが効いていてショッパ旨です

美味しいのですがもう少しショッパさが緩い方がいいので、ひと口食べてから全てスープに沈めます

それから。

FullSizeRender

天地返〜〜し!

カエシの醤油色に染まった麺が現れます

麺は二郎標準からはほんの少し細めな平打ちウェーブで、前にチラリと触れた「あの」香りがします

茹で加減はやや柔らかめでズバズバいけます

中盤からは。

FullSizeRender

すき焼き風でいっちゃいましょう

ってなことで。

FullSizeRender

あっけなく完食です


いつもスモジのニンニクは辛さが強く感じているのですが今回のはそれが無くて良かった良かった


ということで、この日は大勝軒のワンタン麺にスモジの大ラーメンを食べて大満足で帰途につきました



ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

6月12日のことです。


この日は6月15日をもって50年以上の歴史に幕を下ろすこちらへ

IMG_3485

こちらは昭和40年創業という僕が生まれる前からやっている丸長のれん会に所属していて、あの亡くなられた山岸一雄さんと修行を共にしたと言われる店主さんが営むお店だそうで。

開店数分前の到着で15番目に接続します。
やはり閉店前の駆け込み需要ってやつですね。もちろん僕もそうなのですが

ゆっくりな回転でしばし待った後に入店!

厨房は店主夫妻が慌ただしくしていたので、注文はチャーハンは諦めてワンタン麺の大盛りを頼みました。

ややしてから。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

アップでド〜〜ン!

ん?

ワンタンは……

FullSizeRender

まいっかと思いつつ。

いっただきま〜す

麺はモチモチで魚介香るスープをシッカリと持ち上げる角打ち中太で、やや柔らかめな茹で加減です

FullSizeRender

チャーシューは豚モモ肉かな? とにかく赤身でミッチリと密度がありサクサクした食感で柔らかいです

と。

FullSizeRender

麺の底にワンタンが!

ワンタンは箸で摘んでいる写真の4倍量くらいが麺の下にあり、具は無く皮のプルプルを楽しむやつ

ということで厨房内が慌ただしいので必然的にササっと掻き込んで。

FullSizeRender

5分でご馳走さまでした


大勝軒にもこのお店にも特別な思い入れは正直ありませんが、やはり半世紀以上の歴史に幕を下ろすというのは何だか寂しい気がしました。




ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ