もるせがの fun to ラーメン二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4周目巡回中。

2019年01月

1月27日のことです。


FullSizeRender

今年初ピコポンで、前2回はラーメンだったので今回は辛いラーメンにしようと思っていましたが、ツイートで何やら限定で冷やし中華をやっているというのを発見!

FullSizeRender

やはりここは知らない方は注視しなければラーメン屋さんだとは気づかないと思います(^_^;)

ということで、当初の予定をあっけなくスライドさせて冷やし中華をチョイスすることに。

ただ見逃していただけなのかもしれませんが、冷やし中華の購入方法が分からずじまい。

ということで開店してから店員さんに購入方法を訪ねると、券売機の右下にある水色の食券とのことで無事に購入

FullSizeRender

あとは現金を添えて有料トッピングも頼みます。

ってことで購入したのは。

限定冷やし中華+ネギ+バラ軟骨+ジャバラ+生卵ダブル。

ジャバラはねぇ〜〜全くもって何だか分からずに、事前に調べました。

あるんですね〜〜

こんなアラフィフになって、それまで1度も聞いたことも見たことも無いものが。

厨房内のオペレーションを眺めていると、そのジャバラと覚しい柑橘類をカットしたものを絞っています。
おそらく最初からタレに柑橘系の酸味と香りがするのでしょうね。

続いて電動のミルで花椒(ホワジャオ)をけっこう長い時間クラッシュしていました。

ってなことで助手さんからのトッピング伺いに「ニンニクアブラ」でとコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

FullSizeRender

前回は食べ終わって店を出てから注文を忘れてしまっていたバラ軟骨

IMG_1599

豚も分厚いものが

ということで。

いっただきま〜す

まずはネギと野菜を一緒に食べます

FullSizeRender

ネギは見ても分かるようにピリ辛で風味も良く、クタ野菜と同時に進む進む

そして。

FullSizeRender

バラ軟骨。

やっぱり間違いないですね
丁寧に仕込まれているのがわかります

バラ軟骨のコリコリプニプニ感を楽しんでから。

FullSizeRender

天地返〜〜し!

それほど幅は広くない平打ちウェーブ麺は水でしっかりと〆られていて食べ応えがあります

やっぱりここの麺は好みです

それとホワジャオの香りとジャバラの香りが同時にしてきて、これまた箸が進みます

そして器の底から。

FullSizeRender

ジャバラ〜〜!

柑橘類でレモンすだちかぼすのように絞って食べるんですね。

これでまたひとつ賢くなった


そうして。

FullSizeRender

すき焼き風も楽しんで。(←冷やし中華にすき焼き風は無理矢理感が否めませんがw)

ってことで最後に。

FullSizeRender

ラスボスなデカ豚が。

でもこれもサクサクっと歯切れのいいタイプで食べやすく一気にかき込んで。

FullSizeRender

完食〜〜!

いくら悪食のもるちゃんでもさすがにジャバラの皮はお残しで、ご馳走さまでした〜〜

いやはや。

全二郎系の中でもトップクラスで僕の好みなお店でした


そしてもちろん「ご馳走さまでした。美味しかったです」と言い、学生時代を謳歌した高田馬場の街を後にしました。(←大嘘www)



またや〜さい




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

1月25日のことです。

朝も早よから鼻息荒くブヒブヒ言いながら向かった先は?

FullSizeRender

こちら

けっこう久しぶりだなと思い過去記事を遡ると実に1年と3ヶ月ぶりでした。

新年はじめましてのAKBな方と合流しまして。

4番目に接続。

FullSizeRender

いざ開店!

購入したのは。

FullSizeRender

大豚ラーメン+汁なし+ネギ+粉チーズ。

席に座るくらいにはすでに丼にスープを注ぐ作業をしています。さすが高速ロット

その後のトッピング伺いに「ニンニクベニ」とコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横アップでド〜〜ン!

FullSizeRender

まずは頂点の卵の黄身を割りまして。

いっただきま〜す

関内のネギは野猿とは違う切り方と味付けなのですが、これまた美味〜〜い

そして。

FullSizeRender

豚並べ〜〜

僕は、汁なしやつけ麺の時は基本的には豚は増さないのですが、関内の豚はまさなきゃ帰り道で後悔しそうなので増しちゃいました

結果やはり増したのは正解で、豚バラ肉の良さが出た美味しい仕上がりです

それから。

FullSizeRender

天地返〜〜し!

麺は二郎標準からはやや細めの平打ちストレートで、程よくブラックペッパーが効いています

そして、豚もタレもやや甘めの味付けですがショッパさとのバランスが取れていて、さすがさすがな美味しさです

そして関内は高速オペレーションですがお客さんが食べるのも早いので、僕もおのずと食べるスピードがマシマシで。

最後は具材を全て混ぜ混むと、フライドオニオン、粉チーズ、ブラックペッパー、刻み紅生姜の香りが渾然一体になり、加えてフライドオニオンのザクッザクッとした食感が加わり、堪りませんなぁ

そして。

FullSizeRender

KKで、ご馳走さまでした〜〜


今年は関内二郎を訪れる頻度が増えそうだなと思いながら、我が心の故郷である関内の地を後にしました。


ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

1月23日のことです。

FullSizeRender

こちらのお店はTwitterのフォワーさんの某氏に「今度行きます」「もう行きます」と言い続けて早1年以上が過ぎ去り、「お前行く行く詐欺やんけ!この糞デブの白髪野郎!」と罵られてきたのであります

が。

2週間後の○曜日に行こうとスケジュールに組み込むのですが直前に別の予定が入ったり、直前で他の店にしようと変更したりで行けずじまいでおりました。(←苦しい言い訳)

嘘つきでいい加減なのは自他ともに認めるもる太郎も、いよいよ年貢の納め時だと、とうとう行くことになった訳さ。

FullSizeRender

それも場所中に。

遠いからというのは岡山に行ったり京都に行ったり、もっと足を伸ばして札幌に行ったりしているので言い訳にはありませんね

そしてこの鶴嶺峰なるお店は実は僕の1年後輩(新弟子)の営んでいるお店です。
僕は覚えているのですが向こうが覚えていなかったら常陸(ひたち)を決める(先輩風を吹かす)のは実にお寒いことになるので、ヒヤヒヤハラハラで参ったのであります。

FullSizeRender

食券を購入して顔が合ったので尋ねると……

完璧に覚えていませんでしたぁ〜〜www

まぁまぁ4半世紀前の話しですから(←またまた言い訳w)

その後、店内待ちの3番目に接続して、それほど待たずして席に案内されます。

FullSizeRender

待っている間に卓上のお品書き。

FullSizeRender

う〜〜ん
さすがにこれは小食の僕には食べられないな。


そしたら。

FullSizeRender

つけ汁からド〜〜ン!

続いて。

FullSizeRender

麺ド〜〜ン!

FullSizeRender

役者が揃ってド〜〜ン!

まずはマイセオリー通りに。

FullSizeRender

角打ちストレート太麺をプレーンで。

いっただきま〜す

麺は水〆バッチリでツルツルしていてコシがあり、それと同時に小麦の香りがいい感じで、これだけでもどんどん啜れそうです

が。
当然そんなことをする訳はなく。

FullSizeRender

つけ汁にドボン! 

茶濁しているつけ汁は魚介系と動物系の出汁と甘さと塩味のバランスが良く、ズルズルといけちゃいます

んで。

FullSizeRender

いつもこの海苔の処理に悩みます。

海苔は片面に醤油をつけてご飯に巻いて食べるのがベターだと思います。

すると。
兄弟子風の圧をかけていませんが。

FullSizeRender

嬉しいお心遣いを

ごっちゃんです!

もるちゃんの腹の内のように真っ黒な烏龍茶アザス

FullSizeRender

豚しゃぶもごくごく薄い味付けで他のものを邪魔しない憎いお仕事
つけ汁にチョンづけするとちょうどな味加減

FullSizeRender

青春時代のあの頃を思い出す肉団子

FullSizeRender

ヲレのおいなりさん……

FullSizeRender

最後は味玉をパクリ!

そうさ!パクリのもるちゃんさ!

FullSizeRender

固形物を食べ終わると、つけ汁はこのくらいだったので店主さんの「スープ割りをお出しします」という優しいお言葉をお気持ちだけいただいて。


FullSizeRender

完飲完食のKK


幸せな時間は14分で呆気なく幕を閉じました


これで濱のアイドルな方に「行く行く詐欺締め!地獄に落ちやがれ!」と言われなくなるかな?


食べ終わった感想ですが先日のとみ田さんのつけ麺を食べた後でつくづく感じたのは、ここ鶴嶺峰しかり東十条のほん田さんしかり、キングオブつけ麺の王者の味には全く恥じないかなりのレベルなんだったんだなぁと


そんなことを感じながら第2の故郷、鶴見の地を後にしました。


あっ?

そういえば最近つけ麺が続いているような。

ってなことで次回はラーメンか汁なしをいただきますかね




ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ