もるせがの Road to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店5周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

2018年12月

12月19日のことです。

喜一さんを出てから少し歩きます。雪が積もってシャーベット状の道路状況ですがヨチヨチと向かいます。
車道には解けた雪が水たまりを作っていて、3回くらい豪快に水をかぶりましたwww

僕はいつも心の根底では道産子だと思っていますが、明らかに雪道の歩き方が下手っぴになっていて自然とため息が出ます。
もちろん脳障害の影響もあるのでしょうが。


てなことを考えていたら。

IMG_0966

到着!

「うめはち」ではなく「うめや」です。

こちらも外待ちは無くてすぐに入店

店内はラーメン屋さんというよりは喫茶店のような雰囲気です。

FullSizeRender
醤油ラーメンと塩ラーメンがありますが、こちらでは醤油にします。

IMG_0969
餃子やチャーシュー丼も気になりますが、ボディーラインが気になるのでやめときます(笑)

こちらのお店にも先客が5人以上いましたが全員がすでに食べているので、1ロット1杯でサクサクッと。

IMG_0970
着ド〜〜ン!

IMG_0971
斜めアップ〜〜!

IMG_0972
ビジュアル的には喜多方ラーメンのそれを踏襲していますが、チャーシューが他店よりは若干厚くて表面が黒っぽい感じがします。

食べるとこれが柔らかくで濃厚な豚バラ肉の味があって美味しいです

それから。

IMG_0973
麺を引っ張りだして。

こちらは先程の喜一から見たら少し厚さがあります。

啜ると程よいコシがありツルツルと箸が進みます

醤油ラーメンなのですが色味が淡く、味付けも優しい朝ラーにはもってこいの1杯です

ということで。

IMG_0974
半分くらいスープを飲んで、ご馳走さまでした〜〜!

いやはや喜多方の2軒は両方とも優しい味でしたが程よい満腹感で大満足です


IMG_0975
こちらは元日から営業のようです

ということでまた雪道をヨチヨチ歩きで駅に帰ります。


IMG_0976
途中にあったこの店も事前調べでチェックしていた店です。

外を通り過ぎながら店内を見るとラーメンを啜るお客さんが見えました。ほぼ満席のようです。


まだ10時にもならない時間ですがどこのお店でも朝ラーを楽しむお客さんがけっこういます


スマホのナビゲーションをセットしたら喜多方駅まで30分以上と表示されて心が折れてタクシーが通らないかと車道を気にしながら歩きましたが、結局は駅まで歩いて帰りました。

さぁ喜多方はまた来るだろうかと思いながら駅の待合室で休憩してから、また磐越西線に乗り込みました。

そうそう。今回は喜多方ラーメンを食べたかったので会津二郎には寄らずに帰ります。


ではでは





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月19日のことです。

周回の旅を終え新潟駅近くで一夜を過ごして。

FullSizeRender

始発の磐越西線で会津に向かいます。

FullSizeRender

僕はこの越後平野から越後山脈、峠を越えて飯豊山地を傍らに眺めながら会津盆地に向かい、線路脇を悠々と流れる阿賀野川は大河から渓流の様相を見せつつ蛇行が多いなり、福島県側に峠を越えると河川名も阿賀野川から阿賀川に変わっていくこの山越えの景色が堪らなく好きです。(乗り鉄の素地があるのかも)

FullSizeRender

この越後平野から会津盆地に抜ける山越えのルートは別名「森と水とロマンの鉄道」と言われいます。

FullSizeRender

途中、狐の嫁入りで有名な津川駅で数分停まったりします。

IMG_0949

標高が高くなるにつてれ積雪が目立ってきます。

ということで。

IMG_0950

喜多方駅に到着!

そこから歩いて途中コンビニに寄ったりしながら。

9時くらいに。

IMG_0951

目的のお店に到着!

IMG_0952

外待ちは無しでしたが、こちらも行列必至らしいのでラッキーかな?

店内に入ると先客がすでに7人ほど。
どうやらオープンしてすぐに着いたようです。

FullSizeRender

年末営業は28日までで年明けは3日からの営業だそうです。

メニューを見ますが。

FullSizeRender

次も考えていたので特盛は避けてSioチャーシュー大盛りにしました。

FullSizeRender

限定も気になりましたがやめておきます。

それから、それほど待たずして。

IMG_0958

着ド〜〜ン!

IMG_0959

アップでド〜〜ン!

喜多方ラーメンの標準的なビジュアルを踏襲しています。

真ん中のネギをどかすと。

IMG_0960

細切りのメンマが。

ということで。

いっただきま〜す

まずはチャーシューを食べますが、柔らかくて味染みと豚出汁がしっかりと感じられて美味しいです

そして。

IMG_0962

麺は中太の平打ち縮れ麺で透明さを感じで佐野ラーメンの麺に似ています。

啜るとコシもありツルツルと喉越しが良く美味しいです。

そして透き通ったスープはとにかく優しくて繊細な美味しさがあり、朝ラーには最適な味です

そしてあっという間に。

IMG_0963

KKフィニッシュ!

IMG_0964

今年の6月にオープンした息子さんのお店の告知がありました。

実は並びがキツイ場合は、この息子さんのお店に行くというのも選択肢に入れていました
というかそういう選択肢もあると会津在住のフォロワーさんからアドバイスをいただいていました。

ということで寒さが和らぐ優しい一杯の余韻に浸りながらお店を後にしました



ではまた





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月18日のことです。


いやね。
けっこう前からこの日は天気が悪いのは分かっていたんですね。

でもゲリラ豪雨とか豪雪になるほどではないと自分に言い聞かせで予定通りに第2の故郷である新潟に向かったわけさ。

って新潟市こそ住んだことはありませんが、旧小出町、今の魚沼市には1年近く住んでいたことがあるので、第2の故郷と言えなくもないかなと。強引だけど(笑)

FullSizeRender
(写真は越後湯沢駅を出たあたりの魚野川)

でもやっぱり関越トンネルを抜けるとそこは雪景色だてそ〜

ひとつ心配事は翌日の朝なのですが……

それはホレ。また今度の更新で何故かは分かることだっぺした〜〜!

しかし湯沢の山を下り六日町あたりの平野部になると雪も降りやみ積もってもいませんでした。 やはり標高よって違うものなんですね。

って都会人ぶっちゃったwww

これまで高崎、水上、長岡、と乗り換えできたけど、もるちゃんくらいの18kipperエキスパートにもなると手慣れたもので、いかにスムーズに乗り換えをするかは、周りにいるでかいリュックを座席の小脇に抱えている18kipperの先達の方々の動きを、乗り換え駅に到着する10分ほど前から注視していると、やはり列車が停車した時に階段が目の前に来る車両と扉を熟知しているので、自分が前もって予習しておく必要はなくスムーズに乗り換えができるというずる賢い戦法を会得したって寸法でさぁwww

ってことで無事に新潟駅に着き一路目的地へ

FullSizeRender

到着〜〜!

ってここじゃない

FullSizeRender

ここだぁ〜〜! って違〜う!

って井原道場が新潟にあるのを知りませんでした。会長お元気かな? 10年以上は会ってない。
僕が井原会長と懇意にしていただいていた頃は代官山のジム(本部にあたるのかな?)で、当時は魔裟斗選手や小川直也さん、ボブサップなどが練習に来ていました。
って今の僕を会長が見たら「お前何やってるんだ!ちゃんと節制しろよ!」って雷が落ちるだろうなwww

ってことで。

FullSizeRender

着いたべさぁ〜〜

外待ち無しで店に入ると中待ち席が全て埋まっていました。

FullSizeRender

さっそく超シンプルな券売機で。

FullSizeRender

大豚ラーメンを購入。

そして新潟店はラーメンを配膳する直前ではなく、先にトッピングを訊かれます。

「ヤサイニンニクアブラ」とコールしてから着席します。

そしてそれほど待たずして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

IMG_0931

横からもド〜〜ン!

さっそく。

FullSizeRender

ルーチンパラリンコして。

いっただきま〜す

野菜はシャキでしたが、それよりも何よりも、もやしがそこはかとなく美味しいんです。
富士丸のようにスープで煮てとかではなく、もやし自体が違っていてほんの些細な違いですが甘さと旨味を感じました。
何が違うのかは糞dbヨチヨチもるちゃんには分かりませんが(^_^;)

気を取り直してwww

FullSizeRender

豚並べてポン!

豚は若干薄めな切り方でしたが、これがまた美味い! もともと新潟の豚は使っているモノが違うなとは思っていましたが、その印象の上を行く美味しさで、柔らかくて味染みはこれ以上だとショッパイなという手前の濃さで
そして豚のいい味わいがとにかく濃厚でした

この前の札幌といい、ここ新潟といい、当たりを引いたら長距離移動の疲労も吹き飛びます

それから。

IMG_0934

天地返〜し!

麺は平打ちで気持ちふっくらと厚さがあり、茹で加減はたとえるなら三田の親父っさんの気持ち固め寄りな感じで美味しいです

そして麺が引っ張り上げるスープは、僕には少しショッパイかな? 生卵が欲しかったかな? と思いましたが、食べ進めてもショッペェ〜とはならずにいい感じでした

そしてそのスープは乳化していて、僕は「これってほんの少しバターをトッピングしたら美味しいんじゃなかろうか?」と思いました。

ということで。

FullSizeRender

完食完飲のKK〜〜!



これにて現在営業中の直系二郎、全店5周がやっと終了しました!

前もこれで終わりとか言いましたが、これにて本当に周回の旅は終了します。

正直、自分自身かなり無理をしていましたし、色々と通っていくと自分なりの好みも明確になってきましたし。


ということで、ここでもるちゃんの二郎ランキングを発表〜〜!

な〜〜んて、いくら炎上芸のもるちゃんでも、それは言えねぇなぁ〜〜!

では上位のお店を書いておきますかね。

そこのお店を好きかそうでないかは純粋に味だけではなく、そのお店の雰囲気もありますし、それほど気にしないといいつつ、そこはホレ!

もるちゃん特有の判断基準には店舗の広さ(狭さ)も考えちゃうわけですよw デブなだけにwww

と、前置きが長くなりましたが純粋に味でいったら一之江が好きかな? そして残念ながら閉店してしまいましたが赤羽店のラーメンも好きでした。そして野猿。

こんな感じでしょうか。

でも、あくまでもこればかりは好みというのが大きいと思います。

そして今後ですが周回を意識しないのですから自ずと行く店行かない店が出てきます。

が。

それは敢えて言うことはしません。
ただし、先述した通り距離の問題や狭さの問題もあるので一概には行っていないから、あそこの店はどうだということでも無かったりもします。

難しいですねwww

あとは二郎は洒落た言い方をすればオープンキッチンですよね? ということは調理の一挙手一投足を全てお客さんに見られています。

それにもかかわらずにマジか! というようなことを平気でやっちゃうお店もあるしwww 

あの箸ポトリ事件はさすがに引きました(爆)

スープ寸胴に水道水を流しながら、その上で丼を洗ったり手を洗ったりwww


まぁまぁ色々ありますわな。

ってなことで。



ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ