もるせがの Road to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店5周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

2018年08月

8月21日のことです。

今年の誕生日以来の約4ヶ月半振りに第2の故郷に帰ってまいりました。

IMG_1351

若くして自刃した白虎隊にむせび泣きながら向かったのは。

FullSizeRender

こちら。

店前に到着したら、ちょうど開店した直後で列が少しづつ店内に吸い込まれます。 が、まだ外には10人近くがいます。

店内に入り席の埋まり方を見ると中待ちしないでカウンターに座れそうです。

なんて思いならが購入したのは。

FullSizeRender

大つけ麺エビ味+ネギ。

冷えた水をシバキながら厨房内のオペレーションを寝不足の寝ぼけ眼で見ていると……

ふと背後に視線を感じるんだよな〜

怖いな〜怖いな〜と思いながらゆっくり振り向くと……

FullSizeRender

カネゴンと赤べこのコンビが!


そうしていると。

先につけ汁がサーブされます。

IMG_1340

赤味を帯びた独特なつけ汁。

ほどなくして麺丼も。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

初お目見えのネギは味付けのしていない白髪ネギでした。

ということで。

FullSizeRender

トウガラシと卓上醤油を振りかけて。

いっただきま〜す

うんうん。
ネギはパリパリで野菜は中間な茹で加減のホクホクなやつ。
この食感の違いのコンストラスト。

まさに!
モヤシとキャベツとネギの騎馬戦や〜〜

FullSizeRender

って、ネギは白髪だけじゃなく小口切りなやつも入っていました。

まさに〜

え〜コホン

浮かばないので先行きま〜す(遠い目)

野菜をあらかた食べてから。

FullSizeRender

豚を並べて

豚は巻いているのと巻いていない長方形なのがあり、食べると全てフワホロで美味い

FullSizeRender

麺は扁平で縮れの入った僕好みなやつ

後のお楽しみに豚をひと切れ残しておいて。

FullSizeRender

つけ汁につけてズルズル!

うんうん!

最初のひと口目からエビの風味が。

エビと言っても身というより殻の風味が効いていて、甲殻類の好きな人には堪らないやつです

これはまさに。
エビの最終形態や〜〜


などとやっているうちに麺も減り。


FullSizeRender

残りの麺を全てドバァ〜ッと入れてから啜り倒したら。

FullSizeRender

つけ汁がこれだけになり味もいい感じに薄まったので。


FullSizeRender

KKフィニッシュ!

フラットバ〜ド〜 ナムル〜 決まった〜


と。


昨日、組んだタイムスケジュールでは、そうそうゆっくりもしていられないので、早々に店を出て……


続きは次回の講釈で!





ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。 



ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

8月17日のことです。


どうも〜〜!
クチャラーブロガーのもるちゃんだよ

歌舞伎町にて熱い闘いをした後に向かったのはクールな街である第2の故郷竹の塚

そしてこの日のデナーは。

FullSizeRender

つけ麺 和さん。

こちらは亀有の某名店で修業をした店主さんが営んでいる。

FullSizeRender

つけ麺オンリーで勝負しているお店。

初訪の僕が頼んだのは。

迷わず素つけ麺っしょ!これ1択っしょ!

本当は限定のカレーつけ麺や担々つけ麺も気にはなっていましたが、そこはホレ! 痩せ我慢をさせたら右に出るものがいないと言われている、もるちゃんな訳さ! ここでも痩せ我慢するしかないっしょ!  痩せさらばえているだけに。

そして必死こいて痩せ我慢をしていて顔真っ赤になった頃合いにホレ!

FullSizeRender

刻みネギと自家製のにんにく醤油がサーブされる訳さ。

向かいの2皿は同行者のRな方のカレーと担々に入れる刻みネギとパーダーな訳さ。


あっ!

そうそう。
素つけ麺の他に何らかの食券をゴニョゴニョとポチりましたが、それは内緒で。

某店で食べられもしないくせに真似をしてガッツリ盛りを「差別すんな」の恫喝で無理やり出させておいて、結果2時間居座った挙句に撃沈したパー太郎がいるようなので。
プラスアルファでどんな食券を買ったかと、それにより何グラム(又はキロ)盛られたかは一切書かないことにした訳さ。(チャレンジメニューは別ね)

2時間ってことは仮に夜の部として、実に営業時間の3分の1も居座って挙句に撃沈?は?

それに激怒した店主さんが「もうフードファイターだろうが誰だろうが盛らない!」となってしまったって。

もちろんこのブログも大盛りやデカ盛りを煽った部分は少なくないと思ったので偉そうには言えない立場なのは重々承知で敢えて書いた訳さ!

まぁ僕も対処が遅きに失したってぇのも重ね重ね承知していますし「おめぇが言うなや!」というのも、その通りだと思っております。です。あ? はい!

僕がどれだけの量を食べているのかは写真を見て判断してください。

あ〜〜!  面倒くさ! もう次回からはゴニョゴニョポチリだとかプラスアルファも無し無し。ガキたれじゃないんだから自分のキャパくらい把握しておきましょう。

ちなみにワタク氏のキャパは2kgってことで。どうぞヨロシク! メカドッ(ry


ってなぁことで待ちに待った。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!(2丼強要はしてないよw)

ストレート太麺がピカピカ艶艶してるってなぁ寸法よ〜

プンスカプンスカとピキッた後は食うに限りまさぁ〜)ね〜!

FullSizeRender

ぶっちゃけ本心を言わせていただくと、これがプリパツなら大量の水のお世話になるなと覚悟を決めて。

よぅござんすか?

FullSizeRender

シャ〜! って気合いを入れて、まずはつけ汁には通さずにプレーンで啜ったデブ1人! ブヒブヒ!

するってえとアレだよアレ。予想とは違いコシはあるものの、パッツン過ぎない好みな奴ってなぁ寸法よ〜お立ち会い

k t k r〜〜

FullSizeRender

そして魚介系のドロドロな濃厚つけ汁にチョンとつけて啜ったら、こりゃ堪らんなぁ〜〜!

それからはもうリミッター解除した直列6気筒エンジンの如くズバズバといきますぁ〜ねぇ〜

んでもって。

FullSizeRender

中盤からは刻みネギを入れて風味を加え

更につけ汁をおかわり君してから。

あっ! つけ汁おかわりもルールの内ね。

FullSizeRender

残りの刻みネギと、にんにく醤油を一気に入れてズバズバと!

麺量を控えめにしたのを後悔しながら。

FullSizeRender

完食です!

おお?

これからは二郎系以外も周る感じ?

まぁそれもアリ寄りのアリかもね




ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。 


 


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

8月17日のことです。

某YouTuberの動画を見ていたら海鮮丼が食べたくなり、いざ

IMG_1299

ゴリクジラが襲撃しているのを横目に見ながら。

IMG_1298

昼時からは少し早い時間に到着して店内を見ると、3分の1くらいの客入り具合で、断られるかな? と思いながら「びっくり丼はお願いできますか?」と、産まれたての子鹿のようにプルプルしながら大陸系の店員さんに確認すると……

厨房へと繋がる無線で確認を取るとOKが出ました


僕(デブり散らかしている奴)の苦手な固定イスに所在なげに座っていると。

FullSizeRender

ますは味噌汁からド〜〜ン!

これは個人差があるのでしょうが、僕は喉つまりをした際には水よりも味噌汁の方がありがたいです。(もちろん少し冷めたやつ)

続いて。

FullSizeRender

海鮮ド〜〜ン!

事前に予想していた通りのサイズ感でした。

FullSizeRender

スタートをする前にエビの尻尾を取って醤油をかけていいですよという天使の思し召しのようなお言葉に落涙するのを堪えつつ、途中で手を止めないためにシッカリと醤油を回しかけます。

特に僕が生臭さを感じるサーモンと、生まれ育った環境が故にミョウバンだけでも違和感を感じてしまうウニには醤油を多めにかけます。

ダイレクトにウニの味がしたら間違いなくえずくので(^_^;)

僕の実家は歩いて2分で海だったので小さな頃の夏休みは毎日のように海に行ってウニを採り、陸地に上げると磯舟に乗って密猟を監視している漁師のおっちゃんがうるさいので(と言ってもそのほとんどは同級生の親だったりしますwww)
、波打ち際からは少しだけ沖にある岩場に上がってウニをパッカ〜ンして食べていたので、どうしてもウニには敏感です。僕の故郷の函館でも道東の根室辺りから来るウニはミョウバン水を通っているので僕は無理でした。

では、そうじゃないウニを遠方で食べるには? となると僕はやはり塩水ウニだと思います。昔の牛乳の瓶みたいなのに入っている塩水はミョウバン水には通していないので。(今は蓋つきの四角いプラケースが多いのかな?)

と。


またまた脱線したので軌道修正



先にこのチャレンジのルール。

総重量約2.3kg(うちご飯6合)

制限時間15分で味噌汁も完飲すること。

失敗時には3980円のお支払い。



ってことでスタート!

いっただきま〜す


ということで前述した通り他にお客さんがいるのでタイムアタックはせずにお淑やかに食べます。

海鮮丼で酢飯ではなく白飯なのは初めてですが特にに違和感はなく、熱過ぎもしなかったので食べやすいです。

FullSizeRender

暗くて見づらいですが8分経過。

そしてタコは食べづらいかな? と思っていましたが、スイスイ食べられました

そして意識的に残していた。

IMG_1295

明太子〜〜!

この明太子ごはんは海鮮の〆にはバッチリでした
単なる自分の好みの問題なのかもしれませんが(^_^;)

ってことて。

FullSizeRender

KK〜〜!

FullSizeRender

写真が暗くて見づらいですが5分34秒残しの9分26秒。

なりふり構わず食いをしたら半分くらいのタイムで食べられるかな? な〜んてこの前の博多劇場の時のようなことを考えながら人種の坩堝、歌舞伎町の街を後にしました。とさ。





ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ