もるせがの fun to ラーメン二郎(系)!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4周目巡回中。

2018年06月

6月27日のことです。


軍団の幹部会議があるとの招集がかかりいざ

IMG_0785

久々のコガジ

先月の閉店は一旦閉店とのことで、そのうちに再開するのだろうなと思っていたら、予想の斜め上を行く早さで再開となりました。

しかも藤沢出身の方が店主だというウルトラC!

えっ?


多摩系二郎の店主に鶴見系二郎の出身者が


って勝手に○○系とか言ってんじゃねぇって?

さ〜〜せんm(_ _)m (←秒で謝るwww)

FullSizeRender

昼の部があるというのは、けっこうなアドバンテージ!

開店30分くらいから並びが増えてきました

ということで定時で開店ガラガラ(←時計は見てないwww)

PPなヲレ氏が購入したのは。

FullSizeRender

大豚ラーメン+生卵 × 3 。

すぐに再奥の席に向かったところの、テーブル席近くに店主さんがいて、開店の祝辞を短く伝えてから「麺増しできますか?」と恐る恐る、産まれたての子鹿のようにプルプルと震えながらお伺いをたてると「はい。いいっすよ」という答え。

水を汲んでから厨房内を見ると、ルーミノさんと髭さんという、あまりイメージに無い組み合わせ。

麺を茹で釜に投入するのを見て同行者が「麺をけっこうな量を入れてたよ。ヤバイかも」という恐ろしいお言葉

それから麺固め麺半分の人から先に配膳が始まり、ロットの最後の提供ってことは

とプルプル震えているヲレ氏に髭さんからトッピング伺いがあり「ニンニクアブラで」とコールして。

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

FullSizeRender

野菜&豚ド〜〜ン!

FullSizeRender

麺量は1kgあるか無いかくらいです。
透明脂の層が厚いのが目立ちます。

ということで。

いっただきま〜す

野菜は柔らかめな茹で加減で本店を彷彿させる冷まし仕様。

FullSizeRender

豚は3切れがパサで、そのうちのひと切れは顎力を試される仕様でショッパかったです。2切れはフワトロでした。

お店に行く前は豚増しはしないと思っていましたが、券売機の前に立ったら勝手に指が豚増しに(^_^;)

結果は増さなくてよかったかもという感想です。

まぁ開店して日が経っていないので

そして啜る前に。

FullSizeRender

天地返〜〜し!
Twitterで見た昼の部の写真では「ん?パスタ麺なの?」と思いましたが、実際に出てくるとそこまで真四角な断面ではなく、それよりはやや扁平でした。
やや扁平ではありますが、ふっくらと厚みのあるのは間違いないです。

これはずっとこの仕様なのかな?

まぁ開店して日が経っていないので

スープは出てきた時は透明脂が気になりましたが、天地返しをすると気にならなくなりました。
そして以前のコガジとは違い乳化はそれほどしていなく、非乳化〜微乳化な感じでした。

ということで途中からはいつもの。

FullSizeRender

すき焼き風で手繰って手繰って。

FullSizeRender

ぷはぁ〜〜ごっちゃんシタ


総じて言えば。

まぁ開店して日が経っていないので。
な1杯でした。


日が経って落ちついて安定してきた頃に行かないと真価は分からないと思うので、日にちをあけてまた行こうかな?




ではでは





更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

6月25日のことです。

我が心の聖地スイーツパラダイスの創業祭キャンペーンが6月いっぱいということで、超常連の僕はいざ池袋へ

待ち合わせの方々と合流して。

FullSizeRender

エレベーターを昇り店内へ。


FullSizeRender

券売機で創業祭キャンペーンの1080円コースを。

さすがに2回目ともなると前回の教訓から、ハーゲンダッツやドリンクバーは回避。これぞ常連の風格!

店員さんに案内されて席に荷物を置くと、皆てんでバラバラにビュッフェ台に。

そう。
制限時間は70分と大食いの人にはやや時間がタイトです。

僕はというと最初にガッと食べて早いうちに「もういらね」となるので、そこまでは急ぎません。

まずは。

FullSizeRender

炭水化物っしょ!
ということでカレーライス(2丼仕様)と、スイパラの1番の目的の生パスタを。

パスタソースはペペロンチーノとトマトのソースを半々に麺にかけています。

ではさっそく。

いっただきま〜す


うんうん。

IMG_0769

やっぱり生パスタは美味い

パスタソースは6種類くらいあり、育ちのいい方ならそれらを少しずつたしなむのでしょうが、公家や貴族の出てはない卑しいもるちゃんは少ない種類のものをガッツリと貪り喰います!

続いて。

IMG_0770

カレーライス。

普通に旨し!

ってカレーライスってよほどのグルメ気取りの輩じゃない限り「ハズレた」とはならないっしょ?たぶん。

炭水化物の鬼畜と化した後は。

FullSizeRender

ケーキっしょ!

前回の教訓があるのでスポンジボソボソ系のものは避けて持ってきたので、前回よりもスイパラの印象はよろしゅうおます!
写真手前のプリンのロールケーキ(正式名称は見ていません)が1番好きです。
次いでイチゴのショートケーキはなぜか他のものとは違い、スポンジのパサパサ感が少なく美味しいです✨

もうひと皿持ってきたのですが、手元がおぼつかずに汚ったない盛りになっていたので写真は撮らず(^_^;)

でもって。
甘さにやられそうになっているので。

FullSizeRender

野菜サラダを挟んでの。

パスタ〜〜!
なのですが麺の写真は撮り忘れ(^_^;)

FullSizeRender

お代わりパスタは明太子クリームソースでいただきやんした

スープカップにソースを入れてきて。

FullSizeRender

箸を使って、つけ麺のように食べちゃいます


明太子クリームソースも味がハッキリしていて美味しかったです!

そしてお隣さんの。

FullSizeRender

特製かき氷信号機ver.
氷はカレー皿に大量に!




そして最後は。

FullSizeRender

お代わりに立つのが面倒なのでカレー皿に(^_^;)
そしてクルクルとしたかったのですが、思ったように出来ないのは分かっているので、最初からこのような盛りに(笑)

次のひと口で頭がキ〜〜ンとなる という冷たさとの綱引きをしながら食べ進めていたら、店員さんから「残り5分です!」という最終宣告が。

そのような計算は一切していませんが、ちょうどピッタリの


ご馳走さまでした〜〜!


いやはや満足しました

前回も書いたと思いますが、ここスイパラは生パスタ一択でも来る価値があると思います。

そして来月からは通常の料金に戻りますが、これが1500円でも十分に高コスパだと思います

あとは僕のような糞デブオッサンは周りからの半笑いの視線が漏れなく来ますが(^_^;) 
それを気付かない体でスルーできない方は少々キツイのかな? とは思います(笑)

浮きまくりなのは間違いないですから(笑)





ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

6月23日のことです。

あまりご機嫌が良くない天気の中。

FullSizeRender

向かったのはゴッドバレー。

でもまだ時間が早いので。

FullSizeRender

お馴染みシモジョでブリーフィングタイム!

いい時間になり再び店前に戻るとPPがお1人様、傘をさしながら座っていました。

なんとか2番目3番目の丸イスをゲット!

この展開を予想して長袖のジャージを着て来て正解でした(それでも寒かったですが)

ただし1人ではなかったので待ち時間はそれほど苦にならずに時間が過ぎて。

開店30分くらい前になった時点で雨降りにもかかわらず並びは30人はいました。
神谷恐るべし!

もしかして開店が遅れるかもという雰囲気もあったのですが、それも杞憂に終わり開店

購入したのは。

富士丸ラーメン(麺柔らかめ)+大盛 × 2+ブタカスアブラ+生卵 × 3 。

今日は豚は増しませんでした。

開店待ちの時は購入してすぐに回収されるので食券の写真は無し。

まずは先に。

FullSizeRender

生卵がサーブされます。
そして最近の神谷でのルーティーンとなっている、生卵の3個のうち2個を割っておき、残りの1個は控えのベンチ。

そして麺上げが始まり僕達の盛り付けをしている時に、マスターと助手さんがお互いに盛り付けをしている丼を見ながら笑っています。

この光景は

これは盛られているような(^_^;)

そしてマスターからのトッピング伺いに「お願いします」とコールします。

まずは。

FullSizeRender

麺からド〜〜ン!

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

僕の拙さ故にサイズ感は上手く撮れていませんが、いつもより盛りが多めです。

続いて。

FullSizeRender

野菜、豚の丼が来てツーショット!

味玉AZMS!

続いて。

FullSizeRender

お椀に入ったブタカスアブラが
これが大好きです

そしてまずは麺の上にかかっている脂を絡めて。

いっただきま〜す

麺の上の脂が無くなってからは。

FullSizeRender

別皿提供のブタカスアブラにつけ麺のように潜らせてから啜ります。

麺の茹で加減を柔らかめで申請しましたが、今回はシッカリと茹でられていて僕の好みのド真ん中な柔らかさになっていました

そうして。

FullSizeRender

上側のスープに浸かっていない部分の麺を食べたら。

FullSizeRender

天地返〜〜し!

スープのカエシに染まった麺が食欲をそそります

神谷のスープは濃厚さは抜群ですが、ショッパさは見た目ほどではありません。

しかしショッパ過ぎの苦手な僕はやはり。

FullSizeRender

すき焼き風をやります。

このすき焼き風は、ショッパさの緩和と熱さの緩和。あとはツルツルと喉の通りが良くなります。

ただしドボンとつけ過ぎてしまったら、せっかくの味が薄まりすぎて、ぼやけた味になるので潜らせる量を加減しながら食べ進めます。

しかしやはり卵が薄まってくるので。

FullSizeRender

控えのラスワンを割り入れます。

今回は増しませんでしたが。

FullSizeRender

デカい切り方の豚は両方ともプルプルで味染みも間違いなく、間違いのない美味しさです

神谷の豚も安定して美味しいです!

最後は丼に残った野菜を麺側に全て入れて、麺と野菜をズルズルッとたぐって。


FullSizeRender

ご馳走さまでした〜


やはり美味しい! 食後の満足度たるや、そりゃ〜もう〜


ということで。え〜と。

完食時間は16分でした。


そして食べ終わり外に出ると雨はほとんど止んでいました。

タイミング〜〜(^_^;)
ってこんな日もあるか(笑)

ということで、やっぱり僕の好みの一杯でした


ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。 



ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ