もるせがの fun to ラーメン二郎(系)!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4周目巡回中。

2018年05月

5月22日のことです。

5月7日に放送されたのを見て、これは美味そうだと放送の数日後に予約の電話をすると、予約が立て込んでいるというので空きのある22日に。

FullSizeRender

チャレンジは夜の部のみで受け付けているので18時の開店を目指して向かいましたが、安定の早い到着でビルの横の腰掛けられるところでしばし。

定時に開店して地下1階の店内に。

チャレンジするのは
「洋食アベンジャーズ」というメニューで、洋食の人気メニューを集めて乗せちゃえ〜!というメニューです。

ハンバーグ、鳥唐揚げ、ペペロンチーノ、ナポリタン、コロッケ、メンチカツ、カレーライスが1皿に盛られているヘルシーなチャレンジメニューです。

しばらくしてお待ちかねの

FullSizeRender
 
着ド〜〜ン!

高さがありますが見た感じ、量的には行けそうな感じです。


揚げ物や炒め物の油のオンパレードなので、やはり考えなければならないのは油対策です。

って対策といっても油でヴッとなる前に食べ切っちゃえ! くらいなものです
(^_^;)

それと考えたのは時間が経過して固くなったり油が気になりキツくなるものを最初に食べちゃおうと。

ということでまず最初は

FullSizeRender

上に乗っかっていたハンバーグ、コロッケ、メンチカツを取り皿に移して。

FullSizeRender

そうして全体像が出てきたキャベツの千切りをベジファーストということで

いっただきま〜す

うんうん。

キャベツの切り方がとんかつ屋さんみたいに細かくて旨し〜

次に上の写真の手前側にある鳥の唐揚げを。唐揚げは薄衣で鳥もも肉2枚分が10切れにカットされています。
唐揚げは揚げたてジューシーで表面がサクサクで食べやすいですが、この皿にある全ての中で冷めてしまうと1番食べ辛くなると思うので熱々のうちに食べ切ります。

続いて

FullSizeRender

近くにお客さんがいたらフォークでおしとやかに食べましょうかねと思っていましたが、幸いというか何というか、他のお客さんは僕の視界から外れる位置だったのでパスタを箸でズルズルズル。

ペペロンチーノはニンニクがガッツリ効いていて旨し!  その他の細かな味は……

必死のパッチだったので分っかりっませ〜〜ん(^_^;)

FullSizeRender

5分桂花。

この時点で鳥唐揚げとペペロンチーノは完食です!  ってライスとナポリタンの間に5本くらい残ってる〜〜

それと手前側のライスをふた口くらいほじくっています(^_^;)

そしてナポリタンなのですが、普段の僕だとあれば必ず粉チーズをかけるのですが、この時すでにスイッチが入っているのでそんな余裕はございません(笑)

FullSizeRender

8分経過。

ナポリタンも完食。
あとはカレーライスと最初に取り皿に避難させたハンバーグ家族が残っています。

それらはひと口食べてライスをひと口と、ライスをはさみながら食べ進めるます。

FullSizeRender

約10分経過。

ここで早めに頼んでおいた追加のカレールーも到着。

このあたりで軽く「キツっ」となってきました。 

油のキツさではなくギュウギュウに詰められてあるライスがジワリジワリと僕のHPを削ってきやがりました(^_^;)

手が遅くなりかけるのですが、僕の場合は手が止まったらよろしくないので

FullSizeRender

皿の残りがカレーライスだけになったタイミングで追加のルーを豆乳!

最後は空元気て無理やりスピードを上げて

FullSizeRender

完食〜〜!

始める前は、とりあえず20分を目指してダメだと判断したらすぐに切り替えて時間いっぱいを使ってチャレンジ成功を第1の目標にしようと望みましたが、結果なんとかスピードで押し切りました。

タイムは

FullSizeRender

20分21秒。

とりあえずはこの時点での最速記録だそうです。記録はすぐに塗り替えられるでしょうが(^_^;)
実際に食べに行った日からこの記事が更新されるまで2日あるので、すでに塗り替えられているのでしょうね(^_^;)

ということでしっかりと味わう余裕は無かったのですが、ハンバーグなどはナツメグが効いていて手作り感があるのも必死になりながらでも感じましたし、全体的に美味しかったです

そしてこの

FullSizeRender

洋食アベンジャーズは5月いっぱいだそうです。

僕はこのお店は以前からYouTubeやブログなどで知っていましたが、チャレンジメニューではありませんがデカ盛りメニューがあるので、そちらもそのうちに食べて見たいかなぁ〜と思います。


はい。
そのうち詐欺師と言われて久しいですが、タイミングが合えばまた来たいと思います。

え?

また行く詐欺?


逃っげろ〜〜



ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月20日のことです。


開店初日のピコピコポンを後にしてからもう一軒ということになり、高田馬場から新宿へとテクテクトボトボと歩いて移動します。

この日は前日までと打って変わって気温が下がり涼しい風が心地よい1日でしたが、デブな僕は汗をかきかき食後の腹ごなし(^_^;)

途中大久保の人混みをかき分けて

FullSizeRender

到着!

店内は満席に近い状態で外で少し待ってから中へ。

購入したのは大二郎!

すぐに店員さんに食券を渡して3玉申請と無料トッピングは「全部」とコールをします。 2日後のことを考えて量は控えめに。

そして同行の方はなんと8玉申請!
おそらく小滝橋二郎のタイ記録なのではないでしょうか? しかも「バリカタのバリカタ」申請をしていました(^_^;)

僕も前までは麺は固めが正義でしたが、今はもう別世界な感じです(^_^;)

しばしの後

IMG_0405

つけ汁ド〜〜ン!
メンマや味玉が入っていて食欲をそそるビジュアルです

続いて

IMG_0406

麺ド〜〜ン!
ウドン麺というほどは厚みはなく、オーション麺!という感じで軽く灰色がかっています。

まずは麺を何もつけずにプレーンで

いっただきま〜す

うんうん
麺は程よく香り立ち、茹で加減も固過ぎず柔らか過ぎないくらいのちょうどな感じでズルズルいけます!

IMG_0409

豚は安定のフワッフワなやつ


ここで同行のお隣さんの8玉バリカタ麺が着ド〜〜ン!

IMG_0410

大二郎デカ丼が小さく見えるほどのボリュームで、これは実際に生で見なければ分かりづらいと思いますが短い茹で時間なので、ひと目でバリカタだと分かるようなエッジの効き具合でした。



目線を自分の丼に戻して


麺をつけ汁に潜らせてズルズル!
つけ汁はカエシの醤油が前面に出てキリリなのですが、程よい酸味が醤油の角を包み込みマイルドにしています

IMG_0412

僕はつけ麺を食べる時はつけ汁にあまりドボンとは潜らせないのですが、最後はつけ汁も薄まってきたので残りの麺をドボンしてズルズルと


そして

IMG_0413

3玉申請がベストだったなと思いながら大満足で

ごっちゃんシタ

何度か食べてみて僕は小滝橋二郎はつけ麺一択な感じです。年中提供されているのも嬉しい限りです。

二郎の麺は元来つけ麺用に作られていない感じで、つけ汁に絡みづらい印象があるのですが、やはりこのくらいの味のメリハリがある方がバランスがいい感じがします。

ということでいい感じに腹が膨れてお店を出ます 

やはりここ小滝橋二郎はけっこうなお気に入りなお店です

頭の中は2日後のことに想いを馳せていました。


そして小滝橋二郎タイ記録の8玉と格闘していた同行者さんも無事に完食して お店を後にしました。





ではでは






5月20日のことです。

この日は予定が無かったのですが前日にお誘いを受けて急遽行くことに

14時30分過ぎの到着でラストロットでいただきます。

FullSizeRender

こちらの店名のピコピコポン。

Twitterで初めて聞いた時にすぐ頭に浮かんだのは

FullSizeRender

前にNHKで放送していた人形劇。

同行者の方に聞くとやはり店名はここから取ったそうです。

IMG_0387

こちらは入り口の扉にも立て看板にもラーメンの文字が入っていないのですが、中を見ればラーメンを啜っているのが見えるのでいいのかな? それとも今後テント看板ができるのかな?
まぁ僕がそこまで考えるのは余計なお世話か(^_^;)

気を取り直して

15時になったタイミングで店員さんから食券を購入するように誘導されて。

FullSizeRender

開店初日のラストロットなので生卵や麺増しなどは売り切れのランプが点灯していました。

購入したのは

FullSizeRender

ラーメン!

食券購入後店前に出ましたが、外に出てからすぐにカウンター席が空き店内に誘導されます。

店内はダークカラーの抑えられたインテリアでスペースも十分に確保されていて、カウンターテーブルも奥行きがあり居心地がいいです

厨房内の店主さんはピークな時間帯が過ぎたのもあるのか落ち着いていて無駄のない動きをしています。

こちらの店主さんも先日開店した麺屋 歩夢の店主さんも以前に某店でお会いしてご挨拶だけはさせていただいていました。

そして厨房内の野菜を茹でているのが見えましたが、かなりなクタな茹で加減です。

あそこを意識しているのかな?

そうこうしているとトッピング伺いがあり「ヤサイニンニク」とコールします。

そしてすぐに

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

そして横から……  写真を撮ろうとしていたら店主さんから「ニンニク入っていました?」と言われて見てみると無かったのでその旨を伝えると

IMG_0393

トングでドッサリなニンニク(^_^;)

ということで

FullSizeRender

横からもド〜〜ン!

やはりニンニクの破壊力抜群な量が目を引きます。

FullSizeRender

シャレオツな容れ物に入ったトウガラシをふりかけて

いっただきま〜す

野菜は見た目通りのクタクタな茹で加減で、やはり見た目が同じボリュームだとクタの方がズシリと量があります。

それを食べ進めてから

FullSizeRender

天地返〜〜し!

麺はこの系統のラーメンにしては細目でつるんとしています。
スープとの絡みがもう少し欲しい感じがありましたが、それはこれからの試行錯誤なのでしょうね。

それから

FullSizeRender

豚を引っ張りだしてパシャリ
箸で持ち上げるとホロホロと崩れる柔らかさです。

食べると味がしっかりしていてやはり柔らかいです。
そして他のお店では食べた記憶がありませんが通常の豚の他に軟骨があり、それがかなり煮込まれた感じで軟骨特有の食感はあるのですが絶妙な柔らかさがあり食べやすいです。
これは驚きとともに嬉しいサプライズでした 今後も軟骨は入るのでしょうか?

そして気にしていたのはスープで昼前から時折ツイートを見ていましたが、けっこうな割合でショッパイという感想が目につきました。


僕の中で勝手にハードルを上げたのか確かにショッパさはありますが、この薄味好きな僕が生卵無しで完飲できたので大丈夫な範疇でした。
そしてスープをひと口飲んだら相当な豚出汁を感じました。
さらに軟骨の影響もあるのかゼラチン質も抽出されているようなトロトロ感もしていました。(とにかく濃厚です)

ということでデフォな量も手伝ってかサクサクっとKKして

IMG_0399

ごっちゃんシタ


これからの変化も楽しみなお店です。

再訪を告げて店前に出てまたしばらく談笑をしてからお店を後にしまた




ではでは




更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ