もるせがの fun to ラーメン二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4周目巡回中。

2018年01月

1月23日。

今日は二郎の三田本店に朝ラーをいただきに行こうかと思っていたのですが、アレにつき行くのは日にちをずらして。


ずら?


状況が落ち着く正午から行動開始しました。

FullSizeRender

こちらも前から行きたい行きたいと思っていたお店です。

昼時過ぎに行ったので待ちは無くすぐに入店できました。

IMG_8847

ラーメン、つけ麺、まぜそばの他にカレーライスがあるのが気になります。


購入したのは

つけ麺+麺増し+烏龍茶。

こちらでは食券提出時に無料トッピングもコールする仕組みになっているので「ヤサイニンニクアブラ」と麺増しを1.8kg申請して、麺の茹で加減も訊かれるので「柔らかめ」とオーダーします。

麺量は事前に2kgでも大丈夫だと聞いていて、行く途中は2kg申請をしようと思っていたのですが頼む際にチョイ減らしの1.8kgにしておきました。

後から考えるとこの判断は正解だったと思います。

FullSizeRender

卓上調味料は唐辛子、コショウ、醤油がありました。

FullSizeRender
IMG_8849

色々な説明のポップがあります。

そしてまず先に

IMG_8851

烏龍茶が   と一緒にサーブされます。


IMG_8852

ニンニクは別皿提供です。

次に

IMG_8853

つけ汁がサーブされます。こちらのつけ汁はラー油が入っているのを事前に調べていましたが、やはり見るからに辛そうです。

そして間髪入れずに

IMG_8854

トッピングの背脂も別皿提供です。

そしていよいよ

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

IMG_8856

横からもド〜〜ン!

デカすり鉢はやはり重さが違います。

まずは野菜から
いっただきま〜す

シャキ寄な野菜はつけ汁にチョチョンとつけながら食べます。

それから

IMG_8857

豚は巻いてあり柔らかく豚出汁がジューシーですが、カエシに入れていないのか醤油の味はしないのですぐにつけ汁に沈めます。

そしていよいよ

IMG_8858

噂の麺に取り掛かります。

写真では分かりづらいですが直系二郎で1番太いと言われている府中よりも明らかに太いです。

IMG_8859

それをつけ汁に潜らせてから啜る……
って啜れない(^_^;)

太い上に「ゴリゴリ」と表現してもいいくらいのシッカリした麺です。

柔らかめにしてこれなのですから普通茹ででは僕にはキツいかも。

それからもズルズルではなくモグモグと食べ進めて

IMG_8860

中盤からはニンニクを投入して

IMG_8861

終盤には背脂も追加して食べ進めてます。



つけ汁はやはりラー油が効きピリ辛で、ほんのりと酸味と甘味を感じます。

しかし終盤になりつけ汁が薄まると酸味は変わらずほんのりなのですが薄まる甘味がグッと前面に出てきて少しだけ気になりました。

店員さんからは着丼の際に、つけ汁は1度だけお代わりができると言われていましたが卓上のカラメを回しかけて、お代わりがはせずに

IMG_8862

ご馳走さまでした。


いやはやこちらも食べる人を選ぶと思いますが中毒性が高いのは間違いないですね。



ではでは







更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

1月20日のことです。

IMG_8826

7時半くらいに店前に到着して少ししてから接続。

それから2時間くらいで店内へ。
ご一緒した方がいたので待ちはそれほど苦ではありませんでした。

IMG_8827

新料金になっているので要注意!

FullSizeRender

手がかじかんで助手さんに回収されると少々焦りながらパシャリ。

購入したのは

富士丸ラーメン+大盛り+生卵W+野菜マシ+豚かすアブラ+烏龍茶。

食券を渡す際に烏龍茶の現金を渡しながら「麺柔らかめ」を申請。
前回、麺柔を頼もうとして食べ終わってから申請するのを忘れていたのに気づいたので、今回はキッチリと頼めました。

まずは

IMG_8829

チンカチンカの冷っこい烏龍茶が

神谷に来たら頼んでしまいます。

次に

IMG_8830

生卵がサーブされます。


そしてまずはお隣さんの

FullSizeRender

デカイのが着ド〜〜ン!

そしてトッピング伺いに「にんにくお願いします」とコールして

FullSizeRender

着ド〜〜ン!

IMG_8834

横からもド〜〜ン!

その後

FullSizeRender

そして両方合わせて

FullSizeRender

ド〜〜ン!

そして麺の上にある野菜から
いっただきま〜す

麺丼の方の野菜は上にチョンと乗っかっているだけなので2口で食べ終えます。
そして盛り上がっていてスープに浸かっていない部分の麺を

FullSizeRender

別皿の脂につけ麺のように潜らせてから啜ります。

食べる前に想像していたのですが、やはり柔らかめ申請しても富士丸麺は小麦感が強くボソゴワな美味いやつです。 この超ストロング麺はやはり食べる人を選ぶのでしょうね。

別皿脂はけっこうなショッパさなので、スープに浸かっていない部分の麺を潜らせて食べると僕のちょうどいいショッパさ加減でズルズルいけます。

計算していた訳ではないですが別皿脂が無くなるのとスープに浸かっていない部分の麺が無くなるタイミングがほとんど一緒でした。

その後
僅かにあるスープに浸かっていない部分の麺と丼の底の部分を

IMG_8840

天地返〜〜し!

それからは生卵に潜らせて

IMG_8842

すき焼き風でズルズルッと。

いつも食べる前には卓上の調味料で色々と楽しもうと思うのですが、未だに試さずに一心不乱に啜ります。

IMG_8841

今日は豚増しにしませんでしたが、それを後悔するくらい美味かったです。

そのまま食べるとショッパさがガツンときますが、生卵に潜らせて食べるとショッパさがマイルドになります。

麺を食べ終えてから

IMG_8843

別丼野菜を一気にスープに移して食べます。

やはり富士丸のクタ野菜も美味いです。そして野菜を移したのが功を奏して、スープの味も僕好みな濃さになって

FullSizeRender

KKにてご馳走さまでした!


前にも書いたかもしれませんが今年は神谷に来る頻度が上がると思います。


毎回思うのですが富士丸のラーメンは中毒性が高いと思います。



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

1月9日のことです。

やはり1度スープと豚を作ってラーメン1杯で終了というわけはなく、作る前から当たり前のようにやるのを決めていた汁なしを作ります。

初の二郎(のようなもの)スープは前回触れたように透明脂が多すぎて満足できる仕上がりではなく、その後ひと手間加えました。

まぁひと手間というほどのものでもないのですが、まずはボウルに入れて粗熱が取れてから冷蔵庫で冷やすと脂が白く固まるので、それを極力取り除きました。

それから



















量が少ないのでちょうどいいサイズのフライパンで全体量が半分くらいになるまで煮詰めて濃度を上げました。

これで少しはマシになると思います。





















背脂は固形なのと透明なのを全てフリーザーバッグに入れて冷蔵庫へ



ということでいざ汁なしにチャレンジです。

まずはフライパンにて



















冷えて白く固まった背脂を弱火で温めます。


















液体状に戻ったら例の白い粉を

って白い粉が使いきれない〜〜(^_^;)











その次にカエシを投入。
写真でも分かるように目分量で小まめに味見をしながら「こんなもんかな?」という調子で



















そして冷えて煮こごりのようにプルンプルンしているスープをチョチョイと

コムタンスープもこんなだったなと思い出します。

ショッパいなというくらいに仕上げて




















黒コショウを投入。

これで汁なしダレはいちおう完成で





















まずはすり鉢にお湯を張って温めます。
今回は茶塗り8号が出動。














前回に青い頭部分だけを使って余っていたネギの白い部分を白髪に切ります。

白髪ほど細くないのはご愛嬌(^_^;)





















そして水に晒しておきます。




















ネギがありますし、汁なしなので今回はもやしを1パックだけ



















お湯がフツフツしてからキャベツを

「根物は水から葉物は湯から」と相撲取り時代に仕込まれているので無意識にこのような手順を踏んでしまいます。

野菜を茹でている間に



















豚をサイコロに。
今回作った豚はBlogにもTwitterにも上げていませんが途中途中でチャーシュー丼などにしたりして、残っているのはこの肩ロースのみになりました。

そうして


















麺を茹でます。
今回は4分割した少ない方の約920g。
そして茹で加減は前回のラーメンよりはややシッカリめの中間くらいにしようと思います。

麺が茹で上がってからがやはりバタつきます(^_^;)



















まずは麺を



















麺をタレと混ぜ合わせますがブラックペッパーのいつものポツポツが無いので、ここで追加します。
お店ではけっこうな量が入っているんだなと実感しました。

その後、野菜→豚→にんにく→ネギ→フライドオニオン→卵の黄身と盛り付けて














着ド〜〜ン!

















横からもド〜〜ン!

ここで手痛いミスを(^_^;)
白髪ネギはごま油で和えて…… と考えていたのですが盛り付けの時点で冷蔵庫に入っていないのに気づいてガックリと(^_^;)
買いに行くわけにも行かず今回はあきらめ

気を取り直して
いっただきま〜す



















まずは黄身を潰してネギと絡めて豚と一緒に食べます。

美味い!

やっぱり豚とネギは合います。



















天地返〜〜し!  をしたのですがやはりブラックペッパーが足りないのでここでまた追加……

してから麺を啜ると

美味い! 手前味噌ですが。

前回の失敗をリカバリーできています。手前味噌ですが。

小まめに味見をして麺が入るのも考慮していたので、味付けはバッチリでした。手前味噌ですが。

スープを煮詰めたのでスープもシッカリとなったようです。
「酸味が出ちゃうかな」と懸念していたのですが大丈夫でした。














中盤にマヨを投入してジャンクさをマシマシにして

これにフライドオニオンのカリカリサクサク食感がいいアクセントになっていて箸が進みます。

そして
















麺を食べ終わったらこの状態。

セルフKKでご馳走さまでした!


自画自賛はほどほどにしますが、前回の失敗をリカバリーできた1杯でした。


購入してきた食材の半量を使っていて、もう1回分の材料があるので月末あたりにまたチャレンジしようと思います。


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ