もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4週目巡回中。

2017年10月

10月18日のことです。


【お断り】
今回はラーメンは出ていないので、興味のない方はここで退出してください。


札幌遠征2日目は前日のジンギスカンを食べた帰りにザァ〜ザァ〜降りの雨に見舞われてしまいました。が、1夜明けてその雨は上がり曇りの空模様。

昼前から夕方にかけては、めちゃくちゃ久しぶりの知り合いと待ち合わせて15年以上ぶりの再会。  

途中で着信メールを開くと




















臨休のメルマガ。
一応このようなこともあるだろうなと想定済みだったので、それほど食らった感はありませんでした(^_^;)
これが1泊2日だったらキャ〜〜なのでしょうね(^_^;)

話しを戻して

その人の家で色々ご馳走になり、積もる話を色々と  (9割以上は犬の話し)

時間を忘れる勢いで話しをしていたら、あっという間に夕方に交わしていた約束の時間に。


約束とはこちら

















北海道大学内にある武道場。

1カ月ほど前に北海道大学柔道部の関係者の方に恐る恐る「来月札幌に行くのですが、その際に柔道部の稽古を見学するのは可能でしょうか?」との問いに快く承諾していただきました。

この建物の前に到着して立っていると(入り口はオートロックになっていて部外者が入れないようになっています)

すると、僕がアポを取った方はこの日はいないので主将に話を通していると言われた通り、入り口に主将をされている方が来て中に通されました。

そして柔道場のある2階に案内されます。
















やはり道場に来ると気持ちがピンと張り詰めます。

京都遠征時に旅のお供をしていた「七帝柔道記」の舞台の只中に足を踏み入れた興奮が否が応でも湧きあがります

道場内では部員の皆さんがテーピングをしていたりストレッチをしていたりと稽古開始前に思い思いのことをして、その時を待ちます。

そして稽古開始時間になると主将の号令で集合して、正座からの礼をしてから準備運動が始まります。

部員が輪になって屈伸運動などのストレッチや道場内を走ったりと身体を温めます。





















その後、エビやブリッチなど寝技に必要な基本運動が続きます。





















こんなことや





















このような動きも。
自堕落極まりない今の僕は、この段階でハヒイ〜ハヒイ〜と撃沈しているでしょうね(^_^;)














その後打ち込みなどをしてから


















そして乱取り稽古が始まります。
怪我をして稽古ができない部員が、隣で乱取りをしている組みと近づいて危なくなると、その間に入りぶつかるのを防ぎます。


やはり稽古を見ているとやりたくてウズウズしてしまいます(^_^;)
僕は身体を壊してからが逆に想いが強くなった気がします。


そして稽古が終わりお腹いっぱいになって柔道場を後にしました。
稽古見学を許可してくださった関係者の方並びに部員のみなさんに感謝の最敬礼です。


そして話しは変わりますが今回の旅のお供は





















「七帝柔道記」の著者で北大柔道部の副主将をつとめた増田俊也さんの「北海タイムス物語」です。

今回の作品では主人公は本人ではなく、別のキャラクターで(実在する人なのかな?)、増田俊也さんが本当に在籍していた北海タイムスという新聞社で新入社員の主人公が奮闘する話しです。

最初は数多く受けた新聞社で唯一受かった北海タイムスに入社して、そこで仕事をしながら翌年の朝日・毎日・読売などの一流新聞社の入社試験を受けようという、いわゆる腰掛けという考えで正直仕事に身が入っていないのですが、様々なエピソードを経てその考えが変わっていく様を描いています。

七帝柔道記同様に笑いあり涙ありの熱血青春小説です。

そして作者の増田俊也さんは「松田さん」という名前で作中に登場しています。

そしてこの作品も七帝柔道記同様でモチベーションをどう持ってそれを保つのか? がテーマになっていて、内容は重厚でその物語世界にどっぷりハマります。


こちらもオススメですので興味のある方は是非


ということで札幌遠征2日目も二郎には行けませんでしたが楽しく過ごすことができました



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

10月29日

台風情報を気にしながら向かったのは














こちら
最近こちらが店を紹介される際に「二郎インスパ系NO.1の」と枕が付くのが目立つようになっていますが

僕はそれほど多くのインスパイ系には行っていませんが、どなたかに「好きなインスパ系は?」と聞かれたら迷わずに「桐龍と富士丸」と答えます。

富士丸はやはり脂耐性が無ければキツい部分があるので人を選ぶと思いますが、多くの方の口に合うか? を考えたら桐龍さんはやはり僕の中ではイチオシできる店です

最近の口癖になっていますが(^_^;) この店が近所だったら……

通いつめるフラグ立ちまくりですね






















この看板を見るとパブロフの犬よろしく生唾ゴックンとなります(^_^;)

開店から少し経ったくらいに到着しました
並びは10人くらいです
食券を先買いしてから……





















隣のスーパー「コモディ イイダ」のベンチで休憩します。





















まぜそば+生卵ダブル+マヨ3。

今日は寒かったのでラーメンにしようか、はたまたしばらく食べていない、まぜそばにしようか迷いながら券売機の前に立ったら指が自然と、まぜそばをポチッていました(^_^;)
今日の深層心理は「ジャンキーでいこうぜ〜〜」だったようです。ということでジャンキーついでにマヨネーズを3枚をポチポチポチッとな(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

その後「刻は来た」の脳内突撃ラッパの号令に従い店に向かいます。(←このような部分は適当に書いているので、適当に流してくださいwww)

大所帯が一気に並んだので25人待ちくらいに(^_^;)

































店頭には来月の6周年記念イベントの告知が

それほど待たずして店内へ















店内待ちの椅子の前のこれに従い、カウンター席に空きがあっても立ち上がらずにジッと我慢の子

そして着席。

入店時に「食券を見せてくださ〜い」と確認済みなので、着席して1分とかそのくらいの早さで

















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン
マヨネーズがプニュップニュップニュッと3絞りされています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


「茹ですぎたので〜」と追い麺ならぬ追い素ラーメンが(@@ ;)
もちろん愛情はありがたくいただきます     ってことであらためて



















着ド〜〜ン
追いラーメンは200g〜250gくらいあるのかな? 

ということでまずは生卵に、カラメ・コショウ・柑橘酢を入れて





















3Kを完成させて、まず追いラーメンから
いっただきま〜す

komaG謹製、麺美味〜〜い
気持ち細くなった? 気のせい? まぁいいや(^_^;) とにかくこれが美味いのさ  

そして本体のまぜそばに取り掛かります。






















しょっぱなから黄身を割ってトロ〜リ(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎   次に





















マヨネーズ部分を残して混ぜ込みます。





















平打ちちぢれ麺にブラックペッパーがまとわりついています(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

啜ると適度なショッパさの旨旨ダレにブラックペッパーのスパイシーさが加わり、なまらウメェべさぁ〜〜

「出てきた出てきた山親爺〜  笹の葉担いで鮭しょって〜

とローカルCMを脳内で口ずさむくらい旨旨し〜〜   
注 : 山親爺はヒグマの意。





















豚は分厚いカットで食べるとトロントロン(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎  今までの桐龍豚で1番柔らかで大当たり





















その後は僕の好きなすき焼き風でズルズルッと食べ進めて


最後まで美味い美味いと





















完食〜〜

大満足で、ごっちゃんシタ


ということで今日は黄金の盃が出動するなど嵐の前の賑やかな日曜日でした

次はあなたのホームに現れるかも。



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

10月17日のことです。

先日、札幌に行った時の二郎以外の話しです。今回は前回以上に行ったり来たりはしていませんが(^_^;)





















今回は朝の8時出発のフライトなので、万が一を考えて成田空港に前日の終電にて到着して1夜を過ごします。

夜の空港ロビーは思ったよりも快適で本を読んだり軽く寝たりして過ごします。
やはり外国人が多く慣れた風で、寝ていたり音楽を聴いていたりカードゲームに興じていたりと思い思いに時間を過ごしていました。

でもって出発。

出発の前日のニュースで北朝鮮のミサイル発射台が移動しているという報道がされていて、正直内心ヒヤヒヤしていました(^_^;)






















雲の上を飛行している時の風景を見ていると「まぁいっか〜」といつもの楽天主義に(^_^;)

9時40分くらいに新千歳空港に到着して電車で札幌駅に向かいます。

そして10時30分過ぎに札幌二郎に到着。


二郎を食べ終えてから、いつも立ち寄るイートインスペースのあるファミマに立ち寄り、ドリップコーヒーを飲みながら汗を引かせます

人心地ついたのを頃合いに、すすきの方向へと歩きます。

そしてまたまた来たのは
















六花亭の札幌本店。
















こちらは1階が北海道土産でお馴染みのマルセイバターサンドなどが売られています。 そこの2階は喫茶スペースになっています
















これぞ六花亭というデザインのクッション。

そして前日食べられなかった





















マルセイアイスサンドをいただきます
こちらはクッキー部分のサクサクとした食感を大事にしていて、通販や他のアンテナショップなどでは売られていなく、ここ本店でも注文があってからアイスをサンドするというこだわりがあるそうです。





















ボリューム的には、二郎の後では特にもっともっととなるのですが、夜のことも考えてこれだけにしておきます(^_^;)


そして、もう少し食べたいなぁ〜という思いを残しつつ宿に向かいます。

六花亭から宿のあるすすきのに行く道すがら





















ここを通ったり(樺太資料館)

前回は夜だった



















ここを見たり。夜景の方が綺麗ですが、僕の拙いスマホの撮影技術では夜景は上手く撮れません(^_^;)


チェックインをして休憩してから夜のすすきのに繰り出します。 


















すすきののアイコンな、この看板はやはり夜の方がいいですね。光量があるので僕でも撮れました(^_^;)

で、今回は違う店に行こうと思っていたのですが、今回も





















だるま本店さんに(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















久しぶりの生を





















お新香をつまみながらグビリ





















すぐに成吉思汗かサーブされて





















店員さんが玉ねぎと長ネギをジンギスカン鍋の端に投入して、鍋のてっぺんにラードを乗せます。

鍋のドーム部分にラードの脂をのばしてから





















生ラム肉を投入(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎





















アッサリめのつけダレに潜らせて
いっただきま〜す

やっぱり僕のダントツでナンバーワンのソウルフードは堪んねぇなぁ〜


ついついお代わりなんかしちゃって、札幌の初日の夜は更けて行きます




ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ