もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店2周制覇。3週目巡回中。

2017年04月

4月30日

今日はカメジの限定和風スープとコガジの限定汁なしのレポートを指をくわえて見ていたら辛抱堪らなくなり、麺友さんのお誘いもあり比較的近場の小金井二郎へ

麺友さんの車で向かったのですが、店前を通ったら外待ちは2人。
これはラッキーと車を停めてから向かうと終了しましたの札が(^_^;)
顔を上げると店奥に店主さんがいて目が合ったらバッテンポーズ(^_^;)

喰らった〜と帰途に。
車内でどうしようかと相談していたら、車で向かっていたので繁華街二郎はダメだし、あまり遠くには行きたくないと言うことでラーメン大にしようかと言いながら青梅街道を

すると反対車線に黄色い看板に「ニンニク入れますか」の文字が。
正面看板を見ると「いごっそう」と。
僕が名前は知ってると言うと、そこ行こうと引き返しました。
















車を停めてから店前に行くと外待ちは無く、入り口のドアを開けると人数を訊かれて2人と告げると「外でお待ちください」と。
待つこと数分で入店。
こちらは券売機方式では無いのですね。
しかも厨房内のザルでお金の出し入れ。
税務署的に大丈夫なの?  と余計なお世話なことを考えながら注文したのは

豚らーめん+大盛り+白めし。
塩ラーメンも気になりましたが、いきなりの飛び入りな感じだったので予備知識ゼロだったので、このメニューに(^_^;)

厨房内はワンオペで切り盛りしています。これがいつものことなのか、そうではないのかも分かりませんが(^_^;)

しばらくして麺上げが始まりトッピング伺いに「ヤサイニンニク」とコールして




















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン





















白めしも一緒にド〜〜ン

まずは野菜から
いっただきま〜す

野菜は見た目通りのクタクタなやつ   そして野菜をあらかた食べてから




















豚を並べてパシャリ
豚は赤身がちなやつで、この後丼の下からも2切れくらいが出てきました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
豚は歯ごたえがありましたが、固いとまではいかない感じのギリでホロホロなやつ。 それから




















天地返〜〜し
麺は断面が真四角な感じでいて、それほど角が無い形状で、加水率の高い柔らかな茹で加減です。
直系二郎を食べつけていると少々上品でパンチに欠ける印象です。

スープは乳化していて、カエシはショッパさが強いなと感じる少し手前な効き具合で僕の好きな塩加減でした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎




















そしてせっかくライスがあるので、これをやらなきゃ
って白米を食べたのは3月3日に秋葉原でカレーライスを食べて以来なので、2ヶ月近くぶりです

はい
絶賛ダイエット中です(^_^;)

昨年末に160キロを超えていて、現在は120キロ台なので順調に進んでいます

んでもって




















完食〜〜


ご馳走様でした(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


こちらのお店は予想していたよりも悪くなかったです
頻繁には行くことは無いかもしれませんが、メニューに塩ラーメンや限定で味噌ラーメンもあるようなのでタイミングが合えばまた来るかもしれません(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

場所的に自転車で15分程度で行ける距離ですし

ただしこれだけは言えますが、ボリュームを求める方は行かないほうがいいかもしれません(^_^;)

しかしして、もうすでに次の店はどこにしようかと考えています(^_^;)


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月27日

今日は家を出てからもどこに行こうか迷っていましたが、結局去年の七夕以来のこちらに




















こちらは食べログとアプリ店の開店時間が違うので、どっちが正しいんだい? と思いながら到着すると




















やはり食べログの方が正しかったです(^_^;) 

あのアプリ店は技術的に難しいのかは分かりませんが、今だに京都店にカッコ書きで(4/1から) とかになっているし(^_^;) 同じカッコをつけるにしても(4/2から)が正しいのでは?
もう姿も形も無い大宮店が残っていたりと(^_^;)
まぁ、記録用に重宝させていただいているので、あまり言いたくはないのですが(^_^;)

と、気を取り直して




















PPで並びます。

11時を回ったあたりからポツポツと並びができます。 その間、開店が11時だと思って来て違っていたから帰って行った人が5人ほど(後から来たかは不明)

その後定時に開店して、その時には並びは15人ほどになっていました。





















豚ダブルは売り切れで(ずっとかな?)、大豚ラーメン+生とじ玉子を購入(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

食券を高台に置きながら麺増し申請をすると、量を訊かれて反射的に「1kgで」と口走ってしまいました(^_^;)
ダイエット中の僕の今の適量は700〜800g あたりですね(^_^;)




















先に生とじ玉子がサーブされます。
これ一気に超和風にラーメンの表情を変える面白さが個人的に好きです

これも僕の趣向の問題なのでしょうが、歌舞伎町の生とじ玉子もこちらのように玉子は攪拌しないでほしいな(^_^;)
いつ割ったの? と考えちゃいます

などと考えていると助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」とコールして















着ド〜〜ン





















もひとつド〜〜ン





















並べてド〜〜ン





















まずは野菜に唐辛子を振りかけて
いっただきま〜す

と……  野菜だけだと思っていたら、こちらにも麺が潜んでおりました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

野菜はシャキシャキで一味のピリリと脂の甘味も相俟って美味しいです

野菜を半分ほど食べてから




















もう片方の丼の豚を並べてパシャリ  
長めの豪快なカットです
そして注目するのはこの写真の奥を見ていただけらば分かると思いますが、透明脂がかなりな層の厚さになっています。

透明脂を視界に入れながら、先に豚を食べます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎    美味い
食感残しで柔らかく、豚出汁の留まりもバッチリ

それから




















天地返し〜〜

麺は前回のものより細くなっていて、断面は四角に近い形状です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
啜ると気持ち芯残しの固め寄りの茹で加減です

カエシの効きは薄めなので卓上醤油をかけながらもう2啜り(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
ここでやはり透明脂のまとわりつきは後半に効いてくるなと思い、早めに生とじ玉子の器に麺を移してすき焼き風を楽しみます

やはりこの生とじ玉子は一気に和風にしてくれます(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
二郎な感じを残しつつ刻み海苔の風味も手伝って、蕎麦な感じもしてくる不思議なコラボです

それからは麺と豚と野菜を交互に楽しみましたが、終盤は若干脂にやられ気味になりつつ(^_^;)
















写真も切れて、息も切れぎれで完食

いやぁ〜久々の新橋店は美味しかったです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

ご馳走様でした〜〜と丼を高台に上げていると店員さんから「まだいけそうですね〜〜」と言われましたが、僕は「いやぁ〜〜腹パンで限界です」と言ってお店を後にしました(^_^;)

謙遜ではなく本当に腹パンで、帰りは近くのコンビニのベンチで汗を引かせてから、新橋駅方面ではなく反対側の虎ノ門・愛宕界隈を散策します。

意外と愛宕あたりはお寺があり




















そしてこんな発見もしたりしながら帰途に着きました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

4月23日

初めて行って「美味いな〜」と思ったこちらにやっと行けました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

















着いた11時30分過ぎたくらいで並びは10人オーバーくらい。




















この外看板を見ると否が応でもワクワク感がマシマシ

人との待ち合わせ時間には少し早いので
















お隣のスーパーのベンチへ。
桐龍さんの味以外のもうひとつの魅力は、こちらのスーパーの駐車場に車を停めてもいいところで、自動車で訪店する方には嬉しい限りですね

待ち合わせの方々が集まりお店に向かうと並びはほとんど変わらずです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

こちらは並ぶ前に食券を購入するルールです




















購入したのは、辛いらーめん+豚2枚+生卵×3。

本当はまぜそばが気になっているのですが、もう少しで提供の終了する辛いらーめんを注文することにしました

そして外待ち中待ちを経て1塁側の奥から3番目の席に座ります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
着席時に現金100円を添えて「800g」と申請します

まず先に





















生たまトリプルがサーブされます
そしてやってみたかった




















辛さと熱さを和らげる目的もあるので、それぞれの量は控えめにしました。
後から思えば柑橘酢をもう少し多めに入れればよかったかなと(^_^;)  これは次回に持ち越しです

そして麺上げが始まり助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアレ、シビレは少なめで」とコールして




















着ド〜〜ン





















横からもド〜〜ン

初訪時に続きすり鉢の登場です




















そしてお隣ともド〜〜ン
お隣は白すり鉢です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

まずは




















野菜にアレ(紅生姜)をまぶしてから
いっただきま〜す

野菜はシャキッとしていて甘さと紅生姜の香りでガシガシと箸が進みます   野菜を9割がた食べてから




















豚を並べてパシャリ
頬張ると柔らかく、豚出汁の留まりもバッチリで味がギュッと濃い感じがします(๑❛︎ڡ❛︎๑)  それから




















天地返し〜〜

こまG謹製麺を啜ります  麺は中間の固さの茹で加減で、ツルツル感がしてズバズバ啜れます

麺が持ち上げる辛いスープは、それほど辛さは強くなく、食事制限中の僕の胃にも大丈夫でした(^_^;)

実は粗食を続けているので、自分の胃の辛さ耐性はどうなのだろう? と、それだけが気掛かりでした(^_^;)

今日のスープもやはり濃厚に出汁を感じるもので、辛さに打ち消されないくらいの強さを感じました

そうして最後の2口くらいに少々キツさを感じましたが勢いで完食  (普通に写真は撮り忘れ )

ご馳走様でした〜〜と厨房内に告げ、製麺室で製麺をされている、こまG様にもご挨拶をしてからお店を後にします(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

外に出て同行者と2言3言話しをしていた時に完食写真の撮り忘れに気がついて




















この写真を撮って、撮影時間をチェックしたら、着丼から上の写真撮影までは17分だったので、時間的にはお店にご迷惑をおかけしていないとひと安心して、同行者さんとの会話を再開してからお開きになりました


次に来た時はまぜそばを頼みたいと思います


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ