もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

2016年12月

12月28日

ここで〜一緒に〜死ねたら〜いいと〜〜  (中略)  みちのく〜ひとり〜旅〜〜

の前に、1泊2日で青春18きっぷ2回分を消費して仙台店だけというのもなかなかもったいないな〜という、僕の生来の貧乏性が働いて旅程を組む際に、とこかもう1軒と考えて白羽の矢を立てたのは、藤沢二郎さんです

と、書くと前日くらいに思いつきで決めたと思われがちですが、そこそこ前から決めていました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

まぁ具体的には、三田会然り神谷会然り、その他僕1人で行く際も、それぞれ違いはありますが普通で半月前くらいからはボヤ〜〜っとですが決めています   ただし、完全に1人で行く場合は前日に決める時もたまにはあります(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


















ということで、ドッスンドスドス  どすこほ〜い  (←ほっけの燻製でしたっけ?)

11時40分くらいに到着すると外待ちが10人くらい出来ていました(^o^)
それからけっこう順調に並びは進んで、背後霊の際に「麺増し大大」を申請しまして(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎














1番入り口側の席に着きます
ラッキー    購入したのは

大豚入り+ニラキムチ+生玉子×3 ですいね(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎



















先にトリプルなヤ〜〜ツ〜〜がサーブされまして

厨房内を見ていると店主さんと目が合いまして「もるせがさんですか?」と(^_^;)

まぁこんなクソデブはそうそういませんからね

その後トッピング伺いに「ヤサイニンニクアブラ」とコールして



















着ド〜〜ン



















横っぺたもド〜〜ン

まずはニラキムチを端に後のお楽しみにどけといて、まずは脂と野菜をいっただっきま〜〜す

野菜は中間よりもクタ寄りなホクホクなやつで、脂と相まってトロリンホクホクと箸が進みます
そして、豚を生玉子の器に引っ越してからの〜〜



















天地返〜〜し
平打ちウェーブ麺がスープを吸って艶々と(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
啜ってみると、やや柔らかめな茹で加減



















生玉子にくぐらせた豚を戻してパチリンコ   綺麗な@な巻き豚様〜〜(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

食べてみるとシッカリ食感のバラ肉らしいものと、フワトロなのとがありまして2度楽すぃ〜〜

それからは、麺と豚とニラキムチを交互に食べながら、中盤からは生玉子にくぐらせてすき焼き風にしてズルズルと

あまりスープを吸わせ過ぎないようにレンゲと箸の二刀流で、生玉子の丼に移しながらズルズルと(・`◡︎´・)ゝ



















いよいよ汗が止まらなくなってきたぞというタイミングで完食〜〜

「ご馳走様でした。美味しかったです」と言ってお店の外に


いやはや、やはり麺量が多いと定評のある藤沢店(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎  
ここも野猿同様、体調と腹具合がバッチリでないと痛い目にあうお店だと身をもって体感しました

空きっ腹で訪問して正解でした


そして、汗を引かせながら藤沢駅に向かう頭の中は仙台に馳せていました(^o^)


* ということで今回で当拙筆ブログが200回目の更新となりました(^o^)
はい。まだまだ「にわか」ですが、これからも楽しくを第1に掲げて二郎さん巡りをしたいと思います(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
こんな、まだまだ何にも分からない若輩者に色々と教えてくださる諸先輩の方々に心より感謝します。
また、どちらかの店舗でお会いできることを楽しみにしています。


ではでは
>

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月26日

上野毛を後にしてから別の店に行こうか、それとも家に帰るかを考えていたところ、色々あって



















麺友さんとこちらにドッスン
並びは数えてはいませんが、優に外待ち30人は超えています@@;



















今日が夜の部の年内最終日なのね
けっこう待つのかなと思っていましたが、列の進みは早く接続してからわずか15分で



















店内待ちに。
麺友さんが味玉か間違えて生玉子の食券を買ってしまい、パスが来て図らずもトリプルたまき……   に

背後霊をしていると助手さんからの麺量確認があったので、アフォは性懲りもなく「麺増し出来ますか?」と。
すると店主さんから「もうやってませ〜ん」との返答。

もうやらないのね。

そして3塁側の角から2番目に着席。



















先にトリプルたまたまがサーブされます

その後、食べ終わった丼にティッシュを入れて高台に上げた人に「ティッシュは後ろのゴミ箱に捨ててね〜。汚いことはしない」と教育的指導が。
続いて、オペレーションをしながら「さっきみたいな持ち込みは断らなきゃダメだよ〜。持ち込み禁止の二郎もあるんだよ〜」と。
目線を下げたまま言っていたので、助手さんに言っている体で、その場にいるお客さんにも言っているという感じでした(^_^;) 何を持ち込んだんだろ。

それから麺上げが終わり、店主さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」とコールして



















着ド〜〜ン   ン?



















もういっちょド〜〜ン
2丼で出していただきました。店主さんに最大限の「ありがとうございます」を言って

いっただっきま〜〜す

まずはスープに使っていない麺をひと啜り(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
ん? 僕もイメージしていた西台麺よりも芯残しの茹で加減  
そしてやはり小麦の香りを確認してから



















軽めに天地返〜〜し
スープを吸って飴色に染まった平打ち麺が露出します

それから3啜りくらいしてから



















豚をおっぴろげ〜〜
バラと肩ロースですね
バラを食べるとトロではないですが、柔らかく豚出汁の味が存分に楽しめる旨旨なやつです(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
肩ロースはそれよりもシッカリめな食感ですが、パサでもなく水を飲んで流し込まなきゃならないほどは固くはなかったです(^o^)

それからは生玉子で存分にすき焼き風を楽しんで



















あっという間にごっちゃんシタ〜〜

「ご馳走様でした。美味しかったてす」と言うと、店主さんの「ありがとう〜。また来てくださ〜い」のお言葉に、すぐに再訪したくなりました

次は年明けになりますが、こちらをホームとしているJOKERさんと来たいと思います

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

12月26日

用事を済ませてから向かったのは
















お久しぶりの上野毛店(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

前回の初訪問はラーメンだったので
今日は待望のつけ麺にします



















時間が時間なので、どうかなと思いましたが、案の定豚切れになっていました(残念 )
やはり僕のような豚増し必至な人間は、基本的に「開店シャッター」&「土日は避ける」べきかなと思いました(^_^;)















購入したのは、大ラーメン+つけ麺+ふりふりカレー。 
3塁側の最奥地が空いて、「デカイの通ります〜〜。通りま〜〜す。よござんすか」と席に着き、高台にパチる際に麺増し申請をしましたが、店主さんより「ゴメン。麺ギリギリなんだ」と敢えなく却下

はい確定〜〜

ハシゴ確定〜〜


やはり遅い時間はこれからは避けます(^_^;)
その後、店主さんと助手さんが麺の残量と並び客の購入した食券を照らし合わせて、間に合うか間に合わないかのやり取りの末、僕の2人後の人からは大ラーメンも売り切れのアナウンスが(^_^;) アブアブ

それから麺上げが始まり助手さんよりトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」とコールしまして。 



















先につけ汁がド〜〜ン



















続いて麺丼ド〜〜ン



















横からもド〜〜ン



















豚は中くらいの判のものが2枚と



















角切りコロコロなのが、そこそこな量が

食べてみると少し冷めていて、もう少しいったらパサになるかな? という感じだったので迷わず全部をつけ汁に投入。
そしてすぐに引き上げるとシッカリと復活しています

それから麺丼側に守られている野菜をつけ汁にドッポ〜〜ン(^o^)



















気持ち灰色も感じられる、平打ちウェーブ麺が露出します(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎

さっそくつけ汁につけていっただっきま〜〜す

麺は水で〆られているので、ラーメンのそれよりも食感残しの中間の固さです

つけ汁は前評判を参考に僕が勝手に想像していたよりは酸味はマイルドで、ゆずの風味もほのかに香る感じで、ザルでゴリゴリするいわゆる背脂チャッチャと透明脂の甘さと、カエシの醤油が効いていました(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎
ただし、ショッパさはそれほど強過ぎないのでズルズルと啜れます



















口元をテラテラさせながらうおォオン




















終盤はふりふりカレーを一気に投入して、ガッツリ味変

僕は二郎でカレーの味変は初めてでしたが、思っていたよりも強過ぎないのでいい感じで、またズルズルと箸が止まりません(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎




















あれよあれよと完食です(๑❛︎ڡ❛︎๑)☆︎


いやぁ〜美味かった〜〜


店主さんに「ご馳走様でした。また来ます」と言ってお店から出ました

やはり上野毛店は通いやすさがもっとあったなら、またすぐにでも行きたい店でした


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ