もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4週目巡回中。

2016年10月

10月24日

先週は近くの駅に来たタイミングで臨休のツイートでフラれてしまい、今週こそはと亀戸店に向かいました(^O^)



















少し早く着いたのでこちらの羽根亀(玄武)前で時間を潰します(^_^;)



















10時30分くらいにお店に着くと並びは無しのPPでした

自販機脇のところに腰掛けて小説を読み始めると10分ほどで後続が。
それからポツリポツリと並びができて、11時頃には8人ほどの並びに(^O^)

11時8分くらいに助手さんが出てきて、食券を手売り販売します(^O^) やはり券売機は量産のものでは無いので、新たに設置するのは時間がかかるのでしょうね。

食券販売が最後尾近くになったくらいのタイミングでシャッターが上がり開店です

水を汲んで最奥の席に着席して、食券を高台に置きながら麺増し(大大)の申請をします(^O^)  (食券の写真は撮り忘れました )

しばらくして麺固め申請の方から配膳か始まります(^O^)
そして最近盛り付けを始めた助手さんからトッピング伺いがあり「ヤサイニンニクアブラ」とコールして



















着ド〜〜ン

荻窪店の豚を見ているので小さく感じちゃったりしますが、決して小さくは無いバラ巻き豚と野菜とフライドオニオン、アブラのバランスが綺麗で食欲をそそります



















横からもド〜〜ン

写真では麺量がそれほどでもないように映りますが富士山型の盛り付けになっているので、目測で茹で前1キロちょいくらいでしょうか(^O^)

まずは野菜を脂と一緒にいただきます(^O^) 野菜はやや柔らかめな茹で加減で脂との相乗効果で甘いです

野菜をある程度食べ進めてから



















天地返〜〜し

二郎標準では細めで薄めな亀ニ麺が露出します(^O^) この時に卵黄とフライドオニオンもガッチリと混ぜ込みます(^O^)

麺は柔らかい茹で加減なので細薄の形状と相まって、すり鉢の底にギッチリと詰まっている感じで箸とレンゲの二刀流でなければ持ち上がりません(^_^;)
着丼した際は麺量は800gくらいかな? と思っていましたが、この時点でキロはいってるなと上方修正しました(^_^;)

啜ると茹で加減は柔らかいのですが、デロよりもシッカリめなピロピロ食感です(^O^) そして色々な味が相まって絶妙です



















そして、せっかくの汁なしですからジャンキーにということでまずはブラックペッパーをシッカリめにふりかけます(^O^)
BPの香りとシビレがプラスして箸が進みます

このくらいのタイミングで店主さんから「日曜日並ぶんですか?」と訊かれたので「はい。その予定です」と答えました




















見た目BPに似ていますが、花椒(ホワジャオ)をふりかけて楽しみます(^O^)

BPとダブルの効果でシビレる辛さが加わりまた更に箸が進む君で、麺をすする君です
これが卓上調味料の豊富な亀ニならではの楽しみ方ですね(^O^)



















豚はバラ肉で巻きタイプとブリッジタイプがあり、ある程度の食感残しで豚出汁の留まりがシッカリで表面にカエシが染みていて美味しいです

麺→麺→豚→麺→麺→豚と食べ進めて



















大満足で完食です

中4日の二郎は腹パンでご馳走さまです(^O^)


着丼前に気がついていたのですが、背後霊に漫才師東京ダイナマイトのハチミツ二郎さんが来店していました(^O^)
さりげない感じで立っていたのですが、やはり芸能人オーラを放っていました(^O^) もちろんプライベートと分かるのでその場では声をかけずにお店を後にしました


やはり亀ニの麺増しは破壊力があるなぁ〜と思いながら、明治通りをヨタヨタと満足感・満腹感を楽しみながら帰途につきました


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

10月19日

今日は麺友のYさんとご一緒して、夜の部の荻窪店へ



















18時46分に到着して、店内は4人のお客さんが。



















すぐに食券を購入して












汲んだ冷水のコップ片手に3塁側の奥に着席します(^O^) 

今日の厨房はオレンジ店主さんとJBCガッチリ助手さんのコンビ(^O^)



















先に生玉子がサーブされましたが1個割れw
その後それほど待たずに麺上げが始まり、助手さんからトッピングを丁寧に訊かれて「ヤサイニンニクアブラ」とコールします(^O^)
そして間髪入れずに



















着ド〜〜ン
Yさんのラーメンとパシャリ



















横からもド〜〜ン
やはり豚の迫力が目に飛び込んできます(^O^)



















野菜に一味を軽くふりかけて脂と一緒にいっただっきま〜す

野菜は柔らかめな茹で加減で、脂との相乗効果で甘々です
それから大判の豚を生玉子の容器に引っ越しして



















天地返〜〜し
もうこれで大体固定かな? と思われる平打ちウェーブ麺が露出します(^O^)

ひと口麺を啜ると適度な固さで、こちらもリニューアル当初からは別物になって、こちらも大体固定なのかな? と思います(^O^)



















玉子の器から豚を戻します(^O^)
豚も柔らかくて塩分控えめ。豚出汁はシッカリしていて安定の美味さ

このくらいで満席になり、外待ちができていたのでタイミングが良かったようです



















スープはシッカリと乳化していて、透明脂の層の無い、いつものベビースターミルキーなやつ

とにかく美味しい美味しいと、コショウや給水機横のラー油やポン酢で味変を楽しむ間も無く



















完食しちまいましたでさぁ〜〜


先ほどもチラリと書きましたが、荻窪店のラーメンを一言で表すならば僕は「安定」かなと思います(^O^)  それも高レベルで(^O^)

ですから荻窪店のレポートは自然と似通った定型文のようになってしまいます

まぁ安定しているので似通うのは致し方ないですよね(^_^;) とにかく僕のブログのコンセプトは「奇をてらうことをしない」ですのでwww

とにかくそれほど待つこともなく、こんな美味しい一杯が食べられ……

と、行列がキツくなって……  なんてのもアレなので、この辺にしておきます(^_^;)

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

10月17日

今日は亀戸駅に向かいます(^O^)  と……















はい、くらった〜www

まぁ昨日、券売機の不調があっての定休日前の今日ですから、ある程度想定内でした(^_^;) すかさず次候補にしていたお店へ

ということで一之江駅に着き、雨に打たれながらお店に向かいます(^O^)



















10時45分に到着して、並びは3人でその次にに接続します(^O^)

接続してからすぐに後続がポツポツと  皆さん雨の日なんてなんのそのです(^O^)  って人のことは言えないか(^_^;)

すると5分前倒しの10時55分にシャッターが上がり開店です



















入ってすぐ右に券売機があり

汁なし大盛りラーメンをポチリ(^O^) 食券の写真は撮り忘れ

そして席に着き、現金200円で豚ダブル、50円で生卵をオーダーします(^O^)



















生卵が即サーブされます(^O^)

シャッターが上がったその流れで、岡田義徳似の助手さんが麺量確認していたので、それほど待たずにもう麺上げをしています

そして義徳助手さんからのトッピング伺いに「ヤサイニンニクアブラ」とコールします(^O^) そしてすぐに


















着ド〜〜ン














横からもド〜〜ン

一之江独特の赤肌の豚が目を引きます

まずは野菜と脂を一緒にいっただっきま〜す
柔らかめな茹で加減の甘い野菜に、これまた甘い脂が相乗効果であま〜〜い



















それから豚を並べてパシャリ

伴は小さいですが厚めのカットの赤肌豚は、赤身のみの部分や脂をまとった部分などが入り乱れていますが、食べると1つもパサが無くて柔らかジューシーのお豚様でした  大当たりというヤツでしょうか?  それともこれが一之江グレード?  その辺は僕はまだ2回目の訪問なので分かりません。  が、いつもこのグレードなのかなと勝手に思ってみたり(^O^)



















麺を引っ張り出します(^O^)

表面がツルンとした平打ちウェーブ麺は柔らかめな茹で加減です。僕の好みの話しですが、汁なしは麺は柔らかめの方がいいように思います(^O^)
そして、ただ柔らかいだけではなく、チュルンプルンと食感がいいです



















そして、汁なしはジャンクな方がいいべさ〜ということでブラックペッパーをシッカリめにふりかけて、すする君(^O^)

これまたウメェべさ〜



















終盤は粗めの唐辛子を投入〜〜

ブラックペッパーの痺れと唐辛子のピリリがいい感じです(^O^)

見えてきた汁は微よりも進んだ乳化なや〜つ〜

そして美味い美味いと



















関内に引き続きのKK(完飲完食)


あっ   そうそう
そういえば、この前の関内の限定で今年晴れて二郎100杯目でした(^_^;)

いかんせん僕はマメな人間じゃないので、このようなカウントはけっこう過ぎて後から気付くパターンが多いです(^_^;)

このブログも祝100回〜〜
な〜んてのも途中途中に気付いたりしたのですが、ズルズルとしながらもう更新160回を越していたり(^_^;)


とまぁ、一之江の初汁なしはウマウマで大満足でした

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ