もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

2016年07月

7月30日

前回の仙川店訪問の日に梅雨明けしたのですが、あの日はなんだか湿度が高くジメジメでした

しかし今日は梅雨明け後の典型的な真夏の晴れの日という気候でした。ある程度風がありましたが、今日の風はカラッとした気持ちのいいものに変わっていました。ただし、やはり直射日光は着実に体力を奪っていくジリジリとした強さを感じます。

そんな今日、目指すは三田本店です(^O^)



















今日は早めに到着(^O^)



















けっこう早い9時15分に到着。

三田本店の店周りはどこも日陰は無いので、慶應大学の裏裏というか横?の入り口前の木陰に腰掛けられるところがあるので、そこに腰掛けて団扇を全開で扇いでクールダウンを図ります(^_^;)

 それから外待ち5人の後ろの6番目に接続します

そしてそれほど待つこともなく食券を買うタイミングが来ます(^O^)



















大ブタダブルにしようか迷いましたが、今日は大ブタラーメンにしておきました
そして麺量伺いがあり同行のお2人の次に僕が食券をかざして口を開こうとしたら、ミノルさんが先に「麺増しですね」と言われました(^_^;)

そしていつものように麺増しの場合は野菜&ブタ丼が先に出るので、席に誘導される前に無料トッピングを訊かれます。

コールは「ヤサイニンニクアブラ」を頼みました   最近アブラを頼む頻度が高くなってきました。スモジ店主さんの「死ぬぞ〜〜」の言葉が頭に浮かびます   書いていませんでしたが、チャリティーの際にも1度言われました(^_^;)

すると親父さんの誘導で3塁側の1番奥に着席します。座るとすぐに



















10時20分に野菜&ブタ丼が

麺上げまでにしばし時間があるので



















1番奥と、その手前のものがまん丸の塊でした

そうやっていると麺上げが始まり
麺&野菜の丼が大決壊をしながら10時22分に着ド〜〜ン



















隣の丼に麺を移して決壊を止めてから、いっただっきま〜〜す

野菜はいつもの冷め気味のものですが、このような暑い日は逆に良かったり

そして麺は親父さん仕様の柔らかすぎない茹で加減で、今日は啜りながら「荻窪の麺こんな感じだよな〜」とフッと思いました。

そして豚は塊のものも柔らかく醤油の入りもシッカリしていて美味しかったです(^O^) ダブルにしておいた方がよかったかな〜なんて思いながらかぶりつきます

スープは透明脂層が厚めなver で、気持ち乳化された感じでした。そして味の濃さは僕にちょうど良かったので一般的には少し薄めなのかな?

とにかく僕のショッパさセンサーには引っかからないちょうどいい好みの感じでしたので、暑さにもかかわらず箸が進んでいき



















10時32分に完食

「ごちそうさまでした〜」と言い外に出ます。

今日はやはり直射日光がキツいので早々に退散してきました(^_^;)


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

7月28日

今日は別の麺友さんからお誘いがあり、僕にしては珍しく夜の部、それも暗くなっての訪店です(^O^)

行き先はラーメン二郎仙川店

久しぶりだなぁ~とラーメン二郎 アプリ店の記録を遡ると1月以来の訪問です(^_^;) こぶさた~ん (まずい  誰かにパクリと言われちゃうwww)

19時に阿佐ヶ谷駅で待ち合わせて吉祥寺周りで、いざ仙川へ



















19時40分に到着して食券を先買いします(^O^) 並びは5人。 それほど間を空けずにそれからあれよあれよと待ちは12人くらいに(^O^) これからの時間が混むのでしょうね



















大ダブルラーメンを購入して列に接続します。

それから20時くらいに入店します(^O^) 2人連れなので配慮していただきました。前後も見ていると2人連れ3人連れなどは極力連席するように調整していました(^O^)

着席してから平ザルとトングを使ったこの店特有の麺上げを眺めます。店内はなんとも言えないピリついた空気なのですが、ボ~ッとオペレーションを眺めていました(^_^;)

それから亀田パパに似た助手さんからトッピング伺いがあり「全部」でお願いしました(^O^) ショッパイのが苦手な僕でもこの店だけはカラメも付け足します(^_^;)
そして間髪入れずに



















20時11分に着ド~~ン



















横からもド~~ン

まずは野菜と脂をムシャムシャいきます(^O^) 脂の甘みと野菜の甘みが混ざり合って美味い



















やはり豚のカットが写真では分かりづらいですが厚みもあってボリューム満点(^O^)

豚を何切れか食べてから天地返し(^O^)



















別にショッパくもないですし、荻窪店みたいにアツアツ過ぎもしないのですが、ついついルーティンで返しちゃいます(^_^;)
麺は幅は無いですが、厚みがあってほとんど縮れていないストレートでコシのある食感で美味しいです

ほのかに生姜が香るスープを持ち上げる麺をズルズルといただきます

それから残りの豚に



















ブラックペッパーを振りかけていただきます(^O^)
今日の豚は肉屋さんの目線で質のいい奴で、肉質がシッカリしていながら噛むとサクッサクッとするもので、このような豚は若い証拠です(^O^)
僕が肉屋さんの時は、例えば豚ロース肉ですと棒状に成形してあり長さが大体7~80㎝くらいあるもののちょうど真ん中を下から片手で持って、両端がダラリと垂れるのは「水豚」と言って、これは買えないと問屋さんに返します。
一方良質なものは真ん中を持ってもビシッと真っ直ぐなままです。

今日のはまさにサクサクの若豚でした



















スープはまさに仙川ブラックで透明脂層もある程度あり、豚出汁が効いていてほのかな生姜と増したニンニクが相まって塩気は普通なのですが、出汁が濃厚でついついゴクゴクと飲んでしまいます(^O^)



















思いとどまってなんとか完飲するのは堪えて、20時20分に完食

ごちそうさまでした

無いものねだりなのですが、やはり昼の部を週2でもいいのでやっていただきたいな~なんて思ったりします(^_^;)

ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

7月25日
中4日振りの二郎です。

行ったのは三田本店。



















今日はこちらは通らないで別ルートで(^O^)



















11時20分過ぎに到着。並びは8人。
今日はスッキリしない曇天で湿度はそれほど高くはなく風も気持ちいいのですが、もう少し風がシッカリと吹いていたら、デブには優しい二郎日和だったのに

そうこうしていると3人連れの人もいて、どんどん並びが減っていきます(^O^)



















大ラーメンの食券を買い逆向きになって厨房内を見る体制で待ちます(^O^)

麺量を聞かれたので食券をかざしながら「麺増し」の申請をします(^O^)

今日は親父さんは監督役で裏口近くの一角で厨房内のオペレーションを見ています

今日は関内助手さんと野猿助手さん(本店では初めて見ました)、それに麺上げは関内助手さんに背格好が似ているガッチリ体型の坊主頭の助手さんです。僕は荻窪のリニューアルや新代田の冷まし初日にお見かけしていますが、本来どの店舗にいるのかが分かりません(^_^;) (どなたかお分かりになる方、教えていただけたらと思います)

そうこうしていると「先に麺増しの方〜」と通りと並行する背中の隙間のないストレート席の、自販機から見て2番目の席に誘導されました(^O^)

すると親父さんから「ニンニクは?」のトッピング伺いがあり、後の用事があったので「ニンニク少なめ」でお願いしました。


野菜とかマシていなかったと後悔していました   するとまだ麺上げもしていないタイミングで



















写真でも分かるようにすでに持参の決壊用タオルをヒザにかけています



















麺丼が来るのにはもう少し時間がかかるので、野菜の下にある豚を引っ張り出してパチリ
判が大きく写真では分かりませんが、厚さもシッカリしています(^O^)

そして麺上げが始まり各丼に取り分けられていきます(^O^)
そして最後に僕の丼です。麺がどんどん山になっていきます(^O^) そこまでは想定内だったのですが、最後にダメ押しの野菜が麺の上に(^_^;)



















12時01分に決壊しながら着ド〜〜ン



















2丼まとめてド〜〜ン

高台へりにあるキャベツのひと切れに本店izmを感じます(^O^)



















まずは決壊をしなくなる&スープに浸かっていない麺を野菜丼にお引っ越し(^O^)
それからズルズルっといっちゃいます



















軽くウェーブのかかった平打ち麺は軽く芯残しのシッカリめの茹で加減

豚は肉質シッカリでいてシットリとしている旨旨なヤ〜ツ〜

そしてスープは定休日明けの昼の部らしい、ほとんど乳化されていないもので軽く醤油がガツンとくる感じで、薄口好きな僕にはちょうどいい感じでした(^O^)

そうしてズルズルやっていると3分の2くらい食べた時に「これはノンビリ食べていたら終盤ウッと来そうだな」と思いピッチを上げて



















3口ほどゴクリとスープを飲んでから、12時12分に完食〜

「ご馳走様でした〜」と言いお店を出ます(^O^)

本来は暑いのでラーメンなんてとも思うのですが、ついつい来ちゃいます(^O^)


ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ