もるせがの Fun to 二郎系!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンのニッチなブログです。                         通常営業中のラーメン二郎直系店全店1周目終了。その他、食べ放題や大食いチャレンジなども。現在は心臓疾患のため療養食生活中。

2016年05月

5月14日
今日はどちらに行こうかと迷いましたが、徒歩とバスを使って交通費を経済してこちらへ



















ゆっく〜り歩いてと思っていたのですが、10時10分に着店。ちょっと計算より早かったです(^_^;)
お店の横で寄りかかりながらスマホをカチャカチャしていると10時40分くらいに2人目が。
いつものようにどうぞと順番を譲ります(^_^;)
やはり狙いは入り口近くの2席に座れればいいな〜と思っていて狙いは9番目か10番目でしたが、あと20分であと7〜8人はどうやらキツいようです(^_^;)
しかしできるだけ奥には入りたくないので、もう何人でもいいから来てくれ〜と心の中で叫んで待ちます(^_^;)

結果はそれ以後3人が来て5番目に接続です。それから定時からほんの少し早くシャッターが開きます。

と同時にいつものメガネ助手さんが麺量伺いをしてきて僕が「麺増し」と答えると「800ですね」と言いながら厨房の中へ

本当は前回に店主さんから「僕らが憶えていないようでしたら、前回800g食べましたと言ってください」と言われていたので、それを伝えようと前の人が食券を買っているその後ろから首を伸ばして厨房を見ると、店主さんはすでに麺を茹で釜に投入していっているところでした(^_^;)

どうやら憶えてもらえていないようです(^_^;)
諦めて購入したのは



















小豚(850円)+大盛り(現金100円)+麺増し(現金100円)+生たまご×2(現金100円)

それから常連さんが来て食券を購入しながら店主さんを見ながら「1000ネ」と言っていました。
どうやら「1キロ」とは言わずに「1000」と申告するようですね(^O^)

そして麺上げが始まります。
僕のひとつ前の方も麺増し800を頼んでいたので、全く同じような盛りの麺が丼に取り分けられていきます

1番からトッピング伺いがあり僕は
「ヤサイニンニクアブラ」とコールをしました

僕は普段はアブラコールはしないのですが、やはり味付けの飴色脂を見ると反射的に頼んでしまいます(^O^)
小さめのキッチンポットのようなものに味付けされた飴色脂が(^_^;)















こんな感じの容器です(^O^)

そして



















着丼〜〜



















麺だけ丼〜〜



















野菜と豚入り丼〜〜
こちらの丼にも麺がしっかりと入っています(^O^)

まずは野菜をそのままで1口。やや柔らか寄りの茹で加減です(^O^)
それから飴色脂と野菜を一緒に食べます(^O^)  
やっぱり美味い

そして野菜をちょい残しで麺だけ丼に取り掛かります(^O^)



















やはり丼の底から麺を引っ張り出すと、しっかりと醤油色に染まっています(^O^)

麺はいつものように極太で啜りごたえがあります(^O^)
3口ほど啜ったくらいで、これ以上は醤油がガツンと来そうなので生たまごに潜らせてすき焼き風で



















それから満を持して豚をいただきます(^O^)
伴は小ぶりですが、やはりバラ肉という感じで脂身との絶妙のバランスで間違いないですね(^O^)
しかし若干パサさを感じたのですぐにスープに潜らせて後半で食べたら無問題でした(^O^)

今日は「顔を覚えられていないか〜」という言葉を頭に浮かべながら食べたので、自然と普段より早食いになってしまいました(^_^;)



















いつものようにスープはお残しで8分後に「ごちそうさまでした〜」

とお店を後にしましたが、今日はなぜか満腹感がありませんでした(^_^;)
よほど胃のコンディションが良かったのでしょうか(^_^;)

このような日に大食いチャレンジをしたらバッチリなのでは?  な〜んて思いながら、また帰りもバスと徒歩で帰途につきました(^O^)

ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月12日
今日は西台店に行こうかと考えたりしましたが、昼の部は麺量や麺の固さ、別途現金のメニューを一切やらないらしいので諦めていざ亀戸店へ

今日は都営新宿線の西大島駅で降りて、少しだけ歩いて向かう事に



















途中JRの亀戸駅を通過しますが、思ったほど距離は無いですね。もう少し歩かなきゃ(^_^;)



















でもって10時35分くらいに着店。
並びは1人いました。この方前にも見たような……
そして僕はいつもの角席狙いで。ここは確かコの字型のカウンターで奥の席は3席で角があると記憶していたので、後から来た方に順番をお譲りして4番目に接続。

定時を10分少々押しての開店です(^O^)

前回の初訪は大豚ラーメンだったので、今回は迷わずに汁なしで(^O^)



















大豚(890円+汁なし100円+玉ねぎキムチ100円+麺増し

食券提出時に「麺増し」を頼もうとして「め……」と口に出すのと同時に店主さんが「表に車を停めているお客さんいませんか〜?」と(^_^;)
やはり路駐には神経を使っているようです。

そして誰も名乗らないので、どうやら二郎のお客さんではないようですね。

そして店主さんが顔を麺茹で釜に顔を戻したタイミングで「麺増しお願いします」と言うと、ほんの一瞬だけキッとこちらに視線を向けましたが「は〜い」と言い麺を追加して入れてくれました(^_^;)

それから順番にトッピング伺いがあり僕の番です(^O^)
コールはいつもの「ヤサイニンニクで」
そしてとうとう



















11時23分、着丼〜〜



















横からド〜〜ン
一見様の麺増しといったところでしょうか?



















とにかく最初に目に飛び込んでくるのは最近バラ肉に変更したというお豚様です(^O^) このビジュアルはたまりません

まずは麺を引っ張り上げてズルズルズル
二郎基準からは細身でしかも短め。そして柔らかめで麺量があるにもかかわらず、簡単にリフトできます
麺は今まで食べた汁なしとは違いブラックペッパーが入っていませんが、これはこれで僕は好きですね(^O^)

豚は表面はカエシの醤油がキリッと利いていますが、中心部はしょっぱさが無いので、ふた口目は中心部までを齧って一気に咀嚼すると、醤油味と豚の風味が程よく混ざり合い美味しいです(^O^)

野菜と一緒に食べ進めて6割がた食べたところで、前回余裕が無くてすっかり忘れていた卓上調味料のひとつ魚粉を投入します  


















今回は忘れなかった〜と、勢いあまってスマホの画面にも粉雪を散らしてしまいました(^_^;) ついでにレンゲの柄にも

それからタマチを全体に混ぜ込んでラストスパート

とにかくバクバクと箸が進み



















11時34分、完食
麺が吸い込んでスープはほとんど無いですね(^O^) かなり汁なしチック(^O^)

ということで大満足で「ごちそうさまでした〜」と言いお店を後にしました

あくまでも僕の主観ですが、前回の訪問から比較して店主さんのご機嫌が良かったように感じました(^O^)

帰りはJRでと弱気の虫が囁きましたが、そこは初志貫徹で西大島駅までけっこう強くなった直射日光を浴びながら、テクテクと帰途につきました(^O^)

ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月8日
今日は初めて、ラーメン二郎荻窪店恒例の月1回の日曜特別営業に行ってきました(^O^)



















11時に知り合いの方と待ち合わせをしたのですが、いつものように早い到着で、10時10分にこちらサイドに着きました。

到着すると並びは2人で、紛らわしくなるのでお店の向かいのコンビニで待ちます(^O^)

待ち合わせをした方が10時50分くらいに到着して、知り合いの方が4番目で僕が5番目の角席確定



















接続したところで新たに設置された自販機でお茶を購入(^O^)
やはり知り合いと並んでいると時間が進むのが早く、開店の時間になりました(^O^)



















大豚ラーメン(950円)+生卵×2(100円)

店内に臨時休業情報が張り出されていないかを見ましたが、特に見当たりませんでした。見逃していたらごめんなさい(^_^;)
そうこうしていると順番にコール伺いが始まります(^O^)

コールは「ヤサイニンニク」で。
そしてすぐに



















11時39分、着丼〜〜



















サイドアングルもド〜〜ン

日曜特別営業の特別トッピングは「梅干し」でした。しかも「カツオ梅」

また景気のいい塊豚が食欲をそそります(^O^)
いつものルーティーン通りに豚を引越しをしてからの



















天と地を返させていただきます(^O^)
豚も戻させていただきます(^O^)

最近荻窪店は味が濃くなったと聞いたので、まずはそのまま麺を啜ります(^O^)
「ん? えええええ〜?」
しょっぱくない。むしろちょうどいい。

もしかして僕はしょっぱさの耐性がついてきたのでしょうか?



















気を取り直してこの厚切り豚をいただきます(^O^)

やっぱり上手い

荻窪店の豚はリニューアルオープンの時に出涸らし豚を頂戴したのだけで、あとはハズレはありません(^O^)

それからスープをいただきます(^O^)

美味えっス

前回のチョイとプ〜ンと鼻をかすめた豚臭さはありません。
いつもの荻窪店の焦げる手前のような、なんとも言えないフレーバーが食欲をそそります(^O^)
例えるなら「ベビースターラーメン」を彷彿させるなんとも言えない香ばしさを感じます(^O^)(いいたとえじゃないかもです

それからすき焼き風にズルズルズル

荻窪店では味が濃過ぎないので、天地返しもすき焼き風もしょっぱさ対策ではなく、熱さ対策です(^O^)
とにかくスープと麺が極熱です(^O^)(ぬるいよりは全然いいです

それから特別トッピングの梅干しをつまんでみますが、悪くはないです

僕は梅干しは特別に好きではなく、かといって食べられないというような嫌いなものでもありません(^O^)
んで、つまんでみるとベストマッチとまでは言いませんが、他の邪魔はしていません(^O^)
しかも大きさ的にも控えめサイズなので、ちょうどいい比率だと思いました(^O^)
柑橘系とはまた違った爽快感を感じました
そして終盤には前回には叶わなかった、ポン酢とラー油を味のバランスを崩さない程度に回しかけていただきます(^O^)

やはりいい感じで味変ができてなかなかいけます(^O^)



















11時50分、大変美味しくいただきました(^O^)

「ごちそうさまでした〜」と滑舌よく言いながら丼を高台に上げると、店主さんとおねぃさん助手さんが満面の笑みで答えてくれました(^O^)

もう僕には荻窪店スタイルはほぼ安定したのでは? と思いました(^O^)

人は無い物ねだりの困ったちゃんなので(人ではなく僕だけでしょうか )、やはり次なる期待はつけ麺などのメニューの拡張ですね(^O^)
正直言いまして、僕は今日の1杯が過去最高に美味しい荻窪の味だと思いました(^O^)

ということで大満足でお店を後にしました(^O^)

ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ